【空前絶後】「マスクしたまま水を飲む方法」をインスタグラムに投稿したらヤバイことになった! それで感じた新機能・リール動画に足りないもの

インスタグラムが新しく公開した機能・リール動画。これは動画にBGMをつけられるものである。動画の再生速度を変えたり、エフェクトや文字も入れられるTikTok的な機能だ

ちなみに、インスタグラムもTikTok同様、JASRACと利用許諾契約を結んでいるためBGMに使用されたアーティストに著作権利用料がちゃんと入る。もちろん、ユーザーが曲の使用に際しお金を払うことはない。

というわけで、ミュージシャンでもある私(中澤)はこの機能に興味を持っている。SNSの曲使用で利用料が入るってまだまだ珍しいのだ。そこでコツコツとリール動画を投稿していたんだけど、「マスクしたまま水を飲む方法」をインスタグラムに投稿したらヤバイことになった

・リール動画の投稿方法

TikTok的なものに慣れていないとなかなかわかりにくいリール動画。まず、リール動画の投稿方法を以下にご説明したい。

1. ホーム画面の左上の自分のアイコンをタップ

2. ストーリーズやライブ配信の画面で一番下の文字をスワイプし「リール」に合わせる

3. 左側に表示されたマークをタップして動画の編集を行う

4. 編集ができたら画面下の「>」をタップし文字の編集画面へ

5. 文字の編集が終わったら画面下の「>」をタップ

6. 投稿コメントやタグなどを入れて画面下の「シェア」を押すと完了だ

──で、分かりにくいのは動画の編集画面かと思うのでざっくり機能にも触れよう。まず、音源を選ぶのは左側一番上の音符マーク。これをタップすることで音源の検索画面に遷移する。

で、曲名右に表示されている「▶」で視聴し、「これだ!」と思ったら曲名左の画像をタップするとBGMとして選択することができるぞ。下の波形を左右に動かすことで動画で使用する部分の選択も可能だ

なお、使用する動画は、編集画面下真ん中の「▶」でリアルタイム録画、左下の画像をタップするとライブラリを呼び出すことができる。最低ここまで覚えておけば、一応のリール動画っぽい動画は作れるかと思う。

・フォロワー数に対する再生数の割合

速度を変更したい場合、上から2番目の「|▶」のマーク、上から3番目でエフェクトをかけることができるなどの機能があるが、あとは実際触って学ぶで問題ないだろう。

このリール動画の機能が公開されたのは2020年8月5日。前述の通り、興味深かったため、さっそくお試しで投稿してみた。

View this post on Instagram

夕暮れに染まる濡れ煎餅

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on Aug 9, 2020 at 2:56am PDT

この時の私のフォロワーは2800人くらいで、「いいね!」が200くらい、再生数は2500回くらい。その後3個リール動画を投稿してみたが大体平均はそんな感じだ。

「いいね!」がついてもタイムラインに表示されるわけではないインスタグラムはTwitterほどの拡散力はなく、言わばちょいクローズドな雰囲気がある。誰でも見られるんだけど存在を知らない秘密基地的な。これはアプリ側が意識的に行っている仕様だと思うのだ。

・突然の再生数増加

したがって、フォロワー2800人で、2500回くらい回るのは、インスタグラムにしてはコスパが良い機能な気がする。そう感じつつも、新しく投稿する動画もなく1週間が経ったある日、ふと以前投稿したリール動画で個人的に気に入っている「マスクをしたまま水を飲む方法」を見てみたところ……

1万3000回を超えてる……!

最初は見間違いかと思った。なぜなら、昨日までは3000回だったから。特にインスタグラムからの通知もなく、その動画だけいきなり1万回増えたのだ。なにこれバグ? しかし、それは序章にすぎなかった

・3時間後とんでもないことに

その後、ファミレスのテイクアウトの取材で私はインスタグラムを見ている暇がなくなる。ガスト、サイゼリヤ、デニーズを回って3時間が経過。

マスクをしたまま水を飲む動画を確認してみたところ、いまだバグは継続中な模様。1万3000回のままだった。しかし、なんか数列が長く見える。そこで一の位からひと桁ずつ数えてみたところ……ええッ!?

節子、それ13万回や

・再生数爆発の理由

なんと、3時間で12万回増えている。どういうこと!? しかも、「いいね!」やフォロー通知も鬼のように来ているではないか。怖い怖い怖い! そこで、動画を今一度よく見てみたところ……

動画の下の方に「注目」というタグがついている!

このタグを初めて見たが、少し状況は理解した。どうやらインスタグラムにピックアップされているようである。私のインスタグラムの検索トップには出てきていないが、誰かには表示されているのだろう。

・狂騒曲

その証拠に、プッシュ通知をオンにすると「いいね!」やフォローの通知が止まらない。記事書いてる間に通知53件とかになっている。だが、ここに至ってもまだ狂騒曲の始まりでしかなかった

5時間後には再生数55万回を突破!

だが、まだまだ行く!! 止まらない通知、翌朝には……

120万回突破

ここまで来ると、コメ欄がTwitter化。フォロワー外の人からのコメントが中心に。「超絶超絶つまらん」「馬鹿らしい暇人」などのディスコメもつきはじめ、私に全く興味がない人も見ていることが分かる。イラつかせてしまい申し訳ない。

「つまらん」「暇人」はまさしくその通り。私もくだらないと思うし、暇じゃなければインスタグラム自体をやらないだろう。とは言え、ほとんどの人はイラつくより、そのくだらなさを楽しんでくれているようなので良かった。ちょっと「フフッ」となってくれる人がいるならそれだけで投稿した甲斐があったというものである

・空前絶後のバズを経て

そして、伸び始めて24時間経った現在、150万再生、2000「いいね!」を突破。フォロワーも300人以上増えた。私史上、空前絶後にバズっている。現在進行形で。

インスタグラムでこんなことあるんやね。イケメンでもないのに。で、このバズを経て、少し思うところがあったので書き残しておきたい

・インスタリール動画に足りないもの

現在、検索トップに表示されるインスタ投稿は、イケメンや美女がそのセクシーさやラグジュアリーさで無双しているだけの投稿も多い。圧倒的に真顔度が高いのである。もちろん、その投稿自体に全く文句はないのだが、つまり何が言いたいのかというと……

インスタグラムのリール動画には、現状ユーモアが足りていないのではないだろうか

その証拠に「初めておすすめに出てくるリール動画で笑いました」というコメントも。そこで調査のため、検索トップからインスタグラムのユーモアタグを見てみたところ……

マ ジ で 足 り て な い

「旅行」「建築物」「インテリアデザイン」「アート」「食べ物」「スタイル」「テレビ・映画」「DIY」「音楽」「美容」全部、タップすると投稿がズラ―ッと表示されるのに、「ユーモア」だけは12個しかないのだ(2020年8月28日13時現在)。

・ブルーオーシャンか?

というわけで、ユーモアを感じさせるリール動画はひょっとしたら狙い目かも? 面白い人はバズるチャンスが転がってるかもれないぞ。

ただでさえ明るくはない世の中だ。それだけに、私はできるだけ笑って過ごしたいし、みんなにもイラつくよりは笑って日々を過ごしてもらいたいと思う。そんな私の誕生日はチャールズ・チャップリンと同じ。最後にチャップリンのこの名言をお贈りして筆を置こう。

人々には人生を自由で美しくする力がある。あなたはあなたの人生を素晴らしい冒険にする力がある──。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【戦慄】マスクのプロが勧める「夜の街」対策がショッキングすぎて震えた / これがコロナ禍のニューノーマルになるのか?

新型コロナウイルスの感染者が多数出ているとされる「夜の街」。多くの飲食店が全力で対応にあたってくれているものの、やはり不安を覚える人は多いだろう。かく言う私(あひるねこ)もその一人だ。何かもっと根本的な解決策はないものか?

そこへ声を掛けてきたのが、“マスクのプロ” を自称する当編集部の中澤星児だった。プロは言う。「マスクをしたまま飲み会をする方法」を知っていると。……つい先日、これとまったく同じことがあったような気もしなくはないが、とりあず話を聞いてみることに。

・ある日の昼下がり

──いや~、酒が飲みたいな。マスクをしたまま酒が飲みたいな。

──酒を飲む時いちいちマスクを外さないといけないのが非常に面倒だ。

──あ~、マスクをしたまま一刻も早く酒が飲みたいな……。

「何だそんなことかい」

──え?

──その声は、まさか星児さん? でも一体どこに……。

「ここだよ」

いや……

またお前か。

・まさかの再登場

そこには前回と同様、スーツ姿にフルフェイスのマスクという異形な姿の中澤が座っていた。

中澤「マスクじゃないよ」

分かってますがな。中澤がうるさいので補足すると、これは正確にはマスクではなく、フルフェイスのシュノーケルなのだ。よって水の中にも入れる。じゃあマスクのプロ関係ねーじゃんって話だが、そのあたりの文句は中澤までお願いしたい。

中澤「さっき、酒を飲むのにいちいちマスクを外すのが面倒って言ってたでしょ? だったら教えてあげるよ。マスクをしたまま酒を飲むどころか、飲み会だってできる方法を。個人的には『夜の街』対策にも有効だと思う。ちょっと手伝ってくれる?」

そう言ってスッと立ち上がった中澤。気のせいだろうか? 完全にデジャヴでしかない。しかしこの直後、予想だにしなかった人物が現れることになる。

Yoshioである。

・望まぬ珍客

そう、当サイトの創設者にして、我々のアホな上司としてもお馴染みのYoshioが突如としてやって来たのだ。しかもどういうワケか、中澤と同じフルフェイスのシュノーケルをすにで装着している。え、まさかそのまま来たんすか?

ただでさえ厄介な中澤に加え、アホのYoshioまで参戦とは……。これは考え得る限り最悪の組み合わせと言っていいだろう。私一人の手に負えるのか甚だ不安である。

さて、やはりと言うべきか、中澤の案は前回とほとんど内容が同じだった。常人には理解しがたい部分があると思われるため代わりにご説明すると、要はシュノーケル上部の通気口に酒を直接注げば、

脱がずに飲めると主張しているのだ。

どうやら最初に中澤がお手本という名の生き様をYoshioに見せるらしい。さっそく中澤シュノーケルの通気口に酒の瓶を構えるYoshio。ん? ふと手元に目を移すと……う、うわーーーーーー!

赤ワイン持っとるーーーーーーー!!

・嫌な予感

よりによって何で赤ワインなんだよ! ビールとかでいいだろ!! 謎すぎるチョイスに困惑と震えが止まらない私。が、両者はすでに戦闘態勢だ。

中澤「よし来い! 僕が終わったらすぐYoshioさんにチェンジね!!」

Yoshio「分かった!」

中澤の合図で、まずはYoshioがシュノーケルの通気口に勢いよくワインを注ぐ。

中澤「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!」

続いて中澤のターン。

Yoshio「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!」

中澤とYoshio「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!!」

頭沸いてんのかコイツら。

中澤「うーん、なんか思ったよりも飲み会感が出ないな」

Yoshio「ホントだよ! これじゃ家で一人で飲んでるのと一緒だよ!!」

Yoshioの発言はちょっと意味が分からなかったが、たしかにこれでは飲み会というより不毛な奇祭である。もういっそのこと、お互いのワインをお互いの通気口に注ぎ合ったらいいんじゃないですか? なんてね。ハハハハハ。

中澤「その手があったか!」

──ええ!?

そして次の瞬間……

中澤とYoshio「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!!」

うわーーーーーーーーー!

何だこのシステムーーーーーーーーー!!

・カオス

ええい、もうここまで来たら付き合うしかない。そんなに飲みたいなら私がたっぷり飲ませてあげますよ! さあ瓶を貸して!!

中澤とYoshio「ゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!!」

──行っけェェェェェエエエエエ!!

中澤とYoshioゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボゴボ!!!!!

──こうして中澤とYoshioは、

新宿の一角で危なく溺れかけるも……

マスクをしたままグラス半分ほどのワインを飲むことに成功したのだった。

その顔は、まるで雨上がりの青空のように晴れ晴れしい。

・結論

……なぜかイイ話感を出す二人だが、フルフェイスだと暑すぎて熱中症リスクが高まるのと、赤ワインのせいでもはや瀕死レベルの吐血量にしか見えないため、基本的には真似をしないことを強くオススメする。酒はマスクを外して普通に飲め──。これが今回またしても得られた最大にして唯一の教訓だ。覚えておいて欲しい。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24