【私的ベスト】記者が厳選する2019年のお気に入り記事5選 ~ショーン編~

どうも、「お前誰やねんオブザイヤー」をセルフ受賞した新人外部ライターのショーンです。”ロケットニュースのバンクシー” を目指して顔も素性も隠して活動した結果、単に影の薄い奴になってしまったよハッハッハ。薄い担当(髪の方)の耕平先輩とは共生していきたい。

ともかく、そんな私のようなザコでもバズった記事が……特になかった。それでも少しはネットをざわつかせた記事……もなかった。だがしかし、これが俺のカラダの張り方だ! とばかりに人1倍丁寧な取材をしてきたつもりだ。そのうちの5本を選出したから見ていってくれ〜!

・寿司の名店「すきやばし次郎」はランチに行けば1600円で食べられるが、客に1つだけ厳しいルールが課せられる

店へ行く前から「こんな感じに書いて、こんな感じでオトす記事にするかな〜」と想定していたのが、実際に取材へ行ってみたら超特殊なルールを突き付けられパニック状態に。しかしその結果、ひとひねり効いたオチが生まれ、取材する楽しさを教えてくれた思い出深い記事がこの1本。

ちなみに私、同じ二郎でも「ラーメン二郎」が大好きなジロリアンだが、二郎違いでうっかり入っちゃったとか、二郎フェチだとか、そういうわけではない。

 

・無印良品でオリジナル靴下を作ってみたら絵心なさ過ぎて泣いた → 店員になぐさめられて2度泣いた

これは簡単に言うと、無印良品でクツ下を作ろうと思ったら “クソ下” が出来上がったというクソ記事です。書いた奴も御多分にもれずクソです。

取材中、ピンチに追い込まれた私はなぜか師匠(研修時代の教育係)である和才副編集長の顔を何度も思い浮かべたほど脳がバグった。おそらく無意識下で頼れる人物にすがろうとしたのだと思う。今では無印を見ると和才を、和才を見ると無印を思い出すという謎の後遺症を抱えることになった。

 

・【ガチ検証】使い捨てカイロ6社の性能(速暖性・持続時間・最高温度)を比較した! いちばん優秀だったのは…

丸1日(12時間)、30分おきにカイロの温度をひたすらチェックするという鬱検証記事。カイロに軟禁された男の「苦行ドキュメンタリー」という側面もあるが、そんなことはみじんも感じさせないようポップに仕上げました。

とはいいつつも、アイリス製のカイロがドラゴンボールのヤムチャばりに爆死(2回)してくれたおかげで なんだかんだ楽しかったし、読者にとっても有益なデータを取得することができ……ましたよね?

 

・【知ってた?】Googleで「動物」を検索するとAR表示できるよ → 限界まで巨大化させたら怪獣映画みたいになった

Googleから「使い方、間違えてますよ」とツッコまれたら愛想笑いをキメ込むつもりだが、幸い今のところそういったご指摘は届いていない。ゆえに今も絶賛、愛想笑いスタンバイ中だ。

とにかく検証・取材・撮影・画像編集・執筆と手がかかりまくった子(記事)だけども、それだけの苦労をかけた甲斐があった お気に入りの1本だ。「お、おう……」としか言いようがない読後感も気に入っている。

 

・【名店】人気ラーメン店主が推すラーメン屋『支那そばや 本店』へ行ってみた

私のラーメン好きの原体験とも言える『支那そばや』、その本店に初訪問した記事は外せない。今はなきラーメンの鬼・佐野実氏の奥さまに貴重な独占インタビューをすることもできて、ロケットニュースに入ってよかったなぁ〜とつくづく思わされた記事だ。

ちなみに本連載の続編、つまり「『支那そばや』が推すラーメン店」にも取材済みなので、近日公開予定だ。チェックしてくれよな!

 

・来年もよろしくお願いします

以上、私のお気に入りの記事5本である。「お前の記事、読んだことあるよ!」という方、心の底から感謝です(泣)どうしても硬くマジメに書いてしまいがちなのが悩みの種だが、皮肉にも 一番のびのびと自分らしく書けたのは このベスト記事かもしれない。

何年も前から愛読してきたロケットニュースに自分が記事を書いていることには感無量だが、諸先輩方の “下らな面白さ” にはまだまだ追いつけず、力不足を実感している毎日だ。来年はもっと多くの方に覚えてもらえるようガンバルぞ~! それでは良いお年を。

執筆:ショーン
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ! → 「ロケット記者が選ぶ私的ベスト2019」


Source: ロケットニュース24