いちごと餡子とソフトクリームで全てを塗りつぶすコメダ「小倉ノワール」 / ソフトクリームと善きB級スイーツ感の帰還

美味さはもちろん、とぐろを巻くチョコがナニかに似ているということで、一部のSNSでも大人気だったコメダとゴディバのコラボ。そちらは当初の予定通り終了しはじめたもよう(店舗次第)。

チョコが終わって帰ってきたのが、いつものコメダのソフトクリーム。そして、いつものコメダ度100%なシロノワールだ。ソフトクリームの帰還と共に、2017年11月以来の復刻となる「小倉ノワール」の販売が2020年2月20日から開始された。ということで、さっそく食べてきたぞ!

・帰ってきたコメダ

ゴディバコラボは、見た目こそいつものどことなく脳筋感があるコメダスタイルだったが、チョコの味はやはりゴディバだった。個人的にはとても美味しかったのだが、ソフトクリーム派にとってはしばしの辛い別れの日々だったことだろう。

およそ2週間ぶりとなるソフトクリーム付き「小倉ノワール」はノーマルが750円~770円。ミニサイズだと550円~570円だ。値段や取扱の有無は、店舗によって異なるぞ。

外見で真っ先に目につくのは輝く純白のソフトクリーム。デニッシュにこれでもかと乗せられている。そして豪快にぶっかけられたいちごソースと、柔らかいいちご。派手でよろしい。

・あんこがいっぱい

デニッシュを開いてみると、これでもかというほどにガッツリと あんこ が詰め込まれている。甘くてうまいものに、別の甘くてうまいものを大量にブチ込んでいく安心の脳筋スタイルだ。

溶けだすいちごソースとソフトクリームがデニッシュに染み込み、あんこと混ざっていく魅惑の化学反応がここに。

なお、上に乗っているいちごは、まるでジャムに入っているような感じでトロトロだ。

ソフトクリームにあんこにいちごソースにということで、コテコテの激甘な感じをイメージするかもしれないが、これがなかなかにいい具合になっている。ソフトクリームもあんこも単体では甘さが控えめなので、全部合わさるとちょうどいい感じ

コメダのシロノワールは時折このバランスがぶっ壊れていて、甘ったるすぎる場合があるのも事実。しかし、今回の「小倉ノワール」は安心して通常サイズを頼んで大丈夫だろう。

公式HPによると、販売予定は3月下旬までとのこと。チョコレート漬けで体がソフトクリームを欲していたコメダニストの皆さん、ソフトクリーム帰還祝いは「小倉ノワール」でどうぞ。

参照元:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメダ新作「ベリー黒みつシロノワール」と「黒みつミルクコーヒー」を食べてみた / これはナイスな苺の食べ方を知った

デニッシュパンに苺ジャムを合わせたらどうなるか。ほとんどの方はすぐにどんな感じか想像することができるはず。デニッシュパンに黒みつを合わせた場合もまたしかり。では、苺と黒みつ同時に合わせたら……?

言われてみれば、なかなかに謎なのではないでしょうか。どちらも割と定番の味なのに、同時に味わうのはレアな気がします。どうでしょう。どんな味か気になりませんか? なりますよね? 

・ベリー黒みつシロノワール

2020年1月20日から全国のコメダ珈琲店にて提供が開始された「ベリー黒みつシロノワール」を食べれば、この好奇心を満たすことができます。お値段はノーマルサイズが税込み750円~770円で、ミニサイズは税込み550円~570円。

今回はシロノワールのほかに、同じく黒みつを使った「黒みつミルクコーヒー」も新登場。こちらはホットとアイスを選ぶことができ、お値段は税込み480円~620円。なお、どちらも店舗によって扱いが無かったり、値段が違ったりします。

まずは「ベリー黒みつシロノワール」から。ホカホカのデニッシュの上にソフトクリームが乗っているのはいつもの通りですが、今回はソフトクリームの上から黒みつがかけられています。

そして、デニッシュの間に苺ジャムが塗られており

表面にトッピングされているのは、ココアファンティーヌとチェリーと砂糖。

・めっちゃ合う

今回は折角なので、私(江川)なりの食べ方をご紹介しつつレビューしていきましょう。一切れ別皿に移し、くっついているデニッシュをバラします。そして、適当にトッピングもろともソフトクリームをぶち込みます

ぶち込んだら、開いたデニッシュを閉じます。シロノワールはいつもデニッシュの間と表面に何かしらのフレーバーが配置されているので、こうすることでいい感じに混ぜられるという考え。お行儀はよろしくないかもしれませんが、そんなこと気にしたら負けです。

食べてみると、これは知らなかった……。なるほど、黒みつと苺の相性は実にいい。どんな感じかというと、ぶっちゃけどこまで行っても黒みつと苺の味。混ざった結果別の何かに進化する的なことはありません。

ただ、苺の酸味が黒みつの素朴な甘さを引き立て、黒みつの甘さが苺のフルーティ感を増強する感じ。これはいいコンビですよ。フレッシュな苺にも、黒みつをぶっかけて食べてみたくなりました。

はちみつじゃ多分こう上手くはいかなかった気がします。黒みつなのが鍵ですね。もしかして中部や関西方面では定番だったりするのでしょうか? 今まで生きてきて、初めての組み合わせでした。良いこと知った感。

・ヤツを思い出した

続いて「黒みつミルクコーヒー」にいってみましょう。コメダのHPには「まろやかな口当たりのミルクコーヒーと、ほんのりやさしい黒みつのハーモニーをお楽しみいただける商品」とあります。これは、ミルクコーヒーに黒みつを入れた感じなのでしょうか。

飲んでみると……どこかで似たようなものを飲んだことがある感。この甘さに全ステータスを極振りした感はとてもよく似ている。そうこれは……

_人人人人人人人人人人_
> マックスコーヒー <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

完全に一致するというわけではありませんが、近いものを感じます。いい勝負ができるのでは。さすがコメダ、真顔でどこかタガが外れた感じを出してくるので油断なりません。

ということで、2020年最初のコメダの新作はこんな感じ。シロノワールはかなりグッドです。もしかしたら構成的に甘すぎる印象を抱くかもしれませんが、なかなかどうして。スルッといけます。大きいサイズでも余裕で食べきれちゃいます。黒みつミルクコーヒーは、甘いのが大好きな方向け。

参照元:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

コメダの「シロノワールプリン」のイメージ画像がイメージすぎた → でも味はイメージどおりだったのでOKです / あるいは悲しい誤解が起きた仕組みについて

2019年11月13日から全国のコメダ珈琲店にて販売が開始された「シロノワールプリン」。特にTwitterなどでは販売開始前に各メディア経由で発表されたイメージ画像でかなり話題になっていたもの。発売前にここまで話題になったシロノワールは他に無いだろうというレベル。

そのイメージ画像とは、半端なくデカいプリンの上にシロノワールが乗っているという、この世の全てのハッピーを具現化したかのような一品。普段はコメダに無縁だが、今回ばかりは気になっていた……という方も多いだろう。そして発売日をむかえた今、明らかになったその実態は……

・プリンが無い

_人人人人人人人_
> プリンなし <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

もう一度言おう。プリンはない。シロノワールプリンは、シロノワールのみである。販売前から話題になっていたTwitterでは期待を胸にコメダを訪れ、プリン不在による絶望にうちのめされた人々の嘆きを多数見ることができる。

そうだよな。イメージ画像では、ミニサイズと思われるシロノワールの下に、馬鹿デカいプリンがあったものなぁ。みんな食べたかったよな……デカいプリン。

店舗にてプリンなしの事実を知った人々の悲しみは、それは相当なものだったはず。例えるなら、サンタクロースを楽しみにしていたクリスマスの夜に、いきなりサンタが自分の親だと暴露され、しかもプレゼントが国語辞典だったりした子供の抱くそれと同じくらいの失望だろう。

・許した

個人的には画像がイメージであることを知っていた。しかし、それでもコメダなら……あのコメダならワンチャン……と淡い期待を抱いていた筆者も、それなりに絶望した。事前に分かっていても、いざ現実を突きつけられて初めて受けるダメージというのは存在する。

が、いざ実物が出てくるとどうだ。ほぉん、これ結構イイんじゃないの?

今年食べたシロノワールの中で、食べる前の香り的にはNo.1だと主張したい。テーブルの上に置かれた瞬間から、半端なくカラメルソースのイイ匂いがする。デカいプリンが無いのは残念だけど、でもめっちゃイイ匂いするし、もうそれでいいかなって。

眺め回してみると、これでもかというほどにカラメルソースがブチかまされている。上から見える量だけでなく、上からあふれ出て、シロノワールの下に流れ込んでヒタヒタになっている。まあ店舗や個体差もあるのかもしれないが。

ヘイヘイ! こんなにドバドバと甘ったるいソースがぶっ掛けられている食い物は、ステイツ(USA)で食ったパンケーキ以来だぜ! 賛否はあると思うが、個人的に甘いソースは多ければ多いほど良いと思っている。シロノワールプリンにかけられたカラメルソースの量は、全米が歓喜する基準を満たしていてグッドだ。

・プリンはあった

カラメルソースの匂いと量だけで満足して見逃すところだったが、何やら横から黄色いものがあふれ出ていることに気づいた。どうやらカスタードらしい。なるほど、これが「プリン」というわけか。

しかしカスタードクリームならその辺のクリームパンにも入っている。クリームパンがどうやってもプリンではないように、デニッシュにカスタードを挟んだところでプリンにはなるまい。むしろクリームパンの方が近いんじゃないのか? そう思いつつ食べると……

_人人人人人人_
> プリン! <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

すごいぞ! プリンは本当にあるんだ! 思わず天空の城を見つけた人のごとく叫びそうになったが、マジでプリンみがある。本物のプリンのプルプル感こそ無いが、味的にはプリンを主張してもいい水準だろう。

イメージ画像はあまりにもイメージ過ぎたと言わざるを得ない。しかし、その味についてはイメージどおりであるように感じる。ちゃんと美味いし、プリンみあったので、僕としてはOKです。

ちなみに値段はノーマルサイズが750〜770円(店舗によって異なる)、ミニサイズが550〜570円。コメダのシロノワールは、場合によってはノーマルだとデカ過ぎて最終的には味がクドくなってあまりお勧めできないパターンがなくもない。が、シロノワールプリンはわりとノーマルでいって良いと思います。甘いけど何故かあっさりと食べられました。

・不幸な事故

とまあ味の感想はこんな感じ。通常ならここで終わりだが、今回についてはやはり「イメージ画像」と事前のメディアによるリリースから生まれた悲しい誤解についても触れておくべきな気がする。

まずコメダが出したイメージ画像については……もっとデカく「画像はイメージです」とか書いておくべきだったんじゃないかなと思う。ぶっちゃけ文章で書いても読まれないことの方が多いし、どうやっても文章では画像よりも目に付かない。

コメダが事前に配布したリリース画像が、最初からどうやっても見逃さないレベルでプリン無しだと分かるようになっていれば、それだけでプリンの不在に絶望する人々を生み出さずに済んだと思われる。

そして次に報じた各種メディアである。事前に出ていた多くのメディアの記事では、ちゃんと画像はあくまでイメージであり、実際にはシロノワールのみであることが分かるように記載されていた。それに、実際に出てくるシロノワールの画像を掲載しているところもそこそこ。

ただし一部では、画像があくまでイメージであること。そしてプリンが無いことが明確ではない伝え方になってしまっているところがあったのも事実。そして、それが多くの人の目に触れてしまったのだ。

この事態についてはおそらく不幸な事故……だと思う。より具体的にぶっちゃけていこう。Twitterでシロノワールプリンが話題になるきっかけを作ったのは、ライブドアニュースのツイートだろう。リツイート数的にも、「いいね」の数的にもシロノワールプリン関連の中で相当バズっている。

URLを踏んだ先で見られるのは、マイナビニュースが配信元の、シロノワールプリンの告知記事。こちらだけ斜め読みすれば、シロノワールプリンにプリンがついているように思える。

しかしよく読むと、シロノワールプリンを構成するものについてはデニッシュパン、ソフトクリーム、カラメルソース、そしてチェリーしか記載されていない。しかしまあ、ほとんどの人はそんな細かく読まないだろう。読み手が受け取るイメージとしては、デカいプリンがついていそうな感じだと思う。

一方で、元になったマイナビニュースの記事を見てみよう。文章は全く同じである。記事の配信とはそういうもの。ただし、こちらには本文中ほどに、実物のシロノワールプリンの写真が掲載されているのである。

これなら文章を一切読まなかったとしても、本物にプリンが無いことは明確。配信先で画像が1枚抜け、オリジナル記事よりも配信先の記事がバズってしまった結果が、この悲しい事件を引き起こした……というのが事の顛末ではないだろうか。プリンがきっかけで問われるメディアリテラシー

参照元:コメダ珈琲店マイナビニュース、Twitter @livedoornews
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コメダ新作】エスプレッソの苦味が利いた「大人ノワール」は一瞬で大量にイケてしまう魔のスイーツ

2019年9月4日から、コメダ珈琲店の季節のシロノワールに「大人ノワール」が帰ってきた。こちら、去年の秋にも発売されていたものの復刻である。いかにも秋っぽい、落ち着いた雰囲気なシロノワールのうちの1つ。

見た目は茶色7割に白3割と、華やかさこそ無いが、味の病み付き度は半端無い。シロノワールの大半は甘みが強く、ノーマルサイズを1人で食べると後半が辛かったりする。しかし「大人ノワール」は、ともすれば無限に食べられそうなアブない一品だ!

・落ち着いた見た目と魅せる香り

これまでのシロノワールは、赤だの緑だのをまとっており、どことなくガチャガチャしたデコられ具合がそこはかとなくあった。そこにきて「大人ノワール」の潔さ。茶色いデニッシュに茶色いコーヒーシロップをぶっかけて、茶色いココア味のフィアンティーヌをふり掛けた、THE茶色なコーデ。

ソフトクリームこそ白いままだが、見た目からして普段とは雰囲気が違う。そして、香りも違う。普段は正直言って、食べるまでは素材の香りはそこまで目立たない。しかし「大人ノワール」は、テーブルに運ばれてきた段階で、香ばしいコーヒーの香りを纏(まと)っている。

香りの元は、たっぷりかかっているエスプレッソ風味なコーヒーシロップ。これが上からもたっぷりぶっかけられているだけでなく、デニッシュとデニッシュの間にもしっかりと染み込ませてあるのだ。

・テクい苦味

ホカホカなデニッシュのサクサクな表面と、やや苦めなコーヒーシロップがジュワッと染み込んでやわらかくなっている中身。食感を他で例えるなら、カリカリに焼いたトーストに、ハチミツなりバターなりを塗りたくって食べた時の、サクサクとジュワッが共存する状態に近い。

そして時間の経過と共に、デニッシュの熱でとろけていくソフトクリームが染み込んでいき、しっとり感が増していくシロノワールマジックはいつもの通り。ただし、ぶっかけられてるコーヒーシロップの苦味の按配が中々にテクい。

この苦味のおかげで甘みが常にリセットされるため、甘いと苦いで永遠に食べられる。時にはノーマルサイズの最後の一切れが、飽和した甘さで辛いときもあるシロノワールシリーズ。だが「大人ノワール」は、くどさと無縁。

これは復刻するのもうなづけますわ……コーヒーならぶっちゃけ季節とか関係なさそうだし、いっそ常設メニューにして欲しいレベル。値段はノーマルサイズが750円で、ミニサイズが550円(一部店舗では販売価格が異なる)。販売予定は9月下旬までと短めなので、みんな急いでコメダにGO! 

参考リンク:コメダ珈琲店
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コメダ新作】するどい辛さがウマい「カリーコロッケバーガー」と、メロン感が生々しいシロノワール「北海道メロン」

2019年7月16日から、全国のコメダ珈琲にて季節のシロノワール「北海道メロン」と、新宿中村屋とコラボした「カリーコロッケバーガー」の販売が開始された。

シロノワール「アップルカスタード」が出てからまだ1月程度で新作とは、なんだかスパンが短い気がする。そして脈絡もなく同日にカリーコロッケをぶち込む雑さがコメダらしい。なんにせよウマそうなのでさっそく食べてきたぞ!

・カリーコロッケバーガー

まずは「カリーコロッケバーガー(税込460円)」からいこう。こちら新宿中村屋とのタイアップ第2弾で、一応9月下旬ごろまでを予定した期間限定商品とのこと。

注文の際に、カットするか否かと、味付けにマヨネーズとからしマヨネーズの選択を迫られた。この辺はそれぞれ好みの方を選ぼう。

バーガーの構造はシンプルで、刻んだキャベツにコロッケ、そしてカレーソースのみ。パンが結構デカいのと、刻みキャベツが思いのほかガッツリ入っていてボリューム感がある。

味の特徴としては、カレーのスパイス感がけっこう強い。まずはフルーティな甘みを感じるのだが、やや遅れてチクチクと刺すような感じの辛さがあるタイプ。

カラッと揚がったコロッケと、ザクザクと歯ごたえのあるキャベツが良い感じの食感を演出してくれていて実にウマい。そしてそこはかとない昭和な後味

昭和な後味とはいささか抽象的すぎる気もするが、しかし昭和なのである。硬いカスタードプリンとか、ケチャップ感が強いナポリタンとかと同類の雰囲気をまとった風味。「カレー」じゃなくて「カリー」なのがなんとなくわかる味とでも言おうか。

・北海道メロン

お次はシロノワール「北海道メロン」にいってみよう。価格は通常版が税込み750円で、ミニサイズは550円。デニッシュにソフトクリーム、そしてフルーツいう組み合わせはいつも通りだが、味の構成はちょっといつもと違っていた。

コメダのシロノワールはだいたい「甘み」と「酸味」で攻めてくることが多いが、今回はひたすらメロン一色で甘い。しかもそのメロン味が、妙に生々しい。

一瞬メロンの切り身が無加工で入っているのかと錯覚したが、そういうわけではない。外側のメロンクリームと、デニッシュの間のメロンソースのみで、リアルなメロンみを出すことに成功しているようだ。

メロンの部位の中でも、外側に近いエリアの果肉ではなく、種のそばの水分多めな部位っぽい味。メロン風味を通り越してメロン臭さすら感じるレベル。メロン好きにはたまらないと思われる。

1つ注意点をあげるとすれば、ノーマルサイズを頼むとちょっといつもよりくどいかもしれないということだろうか。これは、何の躊躇もなく、ひたすら甘いメロン味なためである。

・新商品2品とも一緒に

なお、今回筆者はレビューの都合上「カリーコロッケバーガー」と「北海道メロン」のミニサイズを同時に頂いたわけだが、この組み合わせがナイスだったことを最後にお伝えしておこうと思う。

先にお伝えしたとおり、「カリーコロッケバーガー」はそこそこパンチの効いたスパイシーさを有している。それに対して「北海道メロン」はとにかく甘い。

もうお分かりだろう。両方一緒に注文して食べると、実に程よい感じになるのだ。お値段的には税込みで1010円とややお高いが、たまにはいいのでは? 新商品2つ、同時にいっちゃいなよ。妙に満たされた気分になるから

参考リンク:コメダ珈琲
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【コメダ新作】シロノワール「アップルカスタード」を食べてみた → キュートなビジュアルとりんごたっぷりな味わいで荒んだ心を癒された

2019年6月7日から、コメダ珈琲店の季節のシロノワールに「アップルカスタード」が新登場。なんだかHPの写真の時点でいつもよりもビジュアル面のクオリティが高い気がする本商品。

りんごをイメージしたのであろう赤いソースに、緑のフィアンティーヌなる極薄なクレープ生地の欠片的なものがふりかけられている。なんだろう? いつもよりオサレというか、女子力高いというか、キュート感が高い。さっそく気になる味を確かめてきたぞ!

・りんごたっぷり

コメダ珈琲店におもむくと、店頭には「アップルカスタード」の看板が。何度見ても赤と緑の組み合わせが強い。あと「アップルカスタード」のフォントのマッチング具合。

気のせいかもしれないが、いつもよりビジュアル関連への配慮を感じる。しかしシロノワールにおいて最も重要なのは味。見た目にほだされることなくジャッジしていこう。注文して待つことしばし……

これは……やはり女子力高めな気がする。どうしちまったんだコメダ。いつもはもっとこう、ウマいものとウマいものをとりあえず大量にブチ込みましたみたいなスタイルで、オサレになろうとしながらも欲望ダダ漏れな感じがどことなくあっただろ!(個人の感想です)

それがなんとまぁ、フィアンティーヌなどというハイカラなもので着飾って……しかも上手くまとまっている感がある。個人的にビジュアルは歴代シロノワールの中でもトップレベルだ。メンタルが荒んだおっさんな筆者だが、思わず「可愛い系じゃんこれ」と呟いてしまった

しかも味も文句なし! りんごソースの酸味とソフトクリームの甘さのタッグは安定のクオリティ。フルーツの酸味とソフトクリームの甘みのタッグはもはやシロノワールの定番。今回もしっかり仕上げてきている。

生地の間に塗られたカスタード風味のクリームも、りんごのソースやソフトクリームといい感じにマッチ。ホカホカでサクサクのデニッシュ生地も、安定の良い仕事をしている。

・りんご感マシマシ

しかし、またしても気づいてしまった。今回のシロノワールは中身もいつもより小細工が多めである。かかっている赤いりんご風味のソースに、程よいサイズにダイスカットされたりんごが入っている……!

おいおいおい、コメダちゃんどうしたの? こんな、食感に配慮して……シャクシャクしてりんご感マシマシじゃないですか。なお、緑のフィアンティーヌはガチで見た目だけで、味や食感への影響は筆者には認識できなかった。こちらは完全にファッション。でも可愛いは正義なのでOKです。

ということで、新作シロノワールの「アップルカスタード」。ここ数カ月のシリーズに比べると、若干オサレ方面への配慮がパワーアップしている感が強かった。赤と緑でキュートにまとまっていたり、ソースに仕込まれたダイスカットりんごなど、結構いい感じである。

あまりのキュートさに、筆者の無意味に荒廃したメンタルも気づけば穏やかになっていたレベル。奇しくも提供開始日の2019年6月7日は金曜日。この週末はぜひ最寄りのコメダに足を運んで、りんご感たっぷりなシロノワールに癒されてはいかがだろう。

2019年7月中旬までの販売予定で、お値段は大きいサイズが税込み750円。ミニサイズは税込み550円。よく冷えたアイスコーヒーとの相性もばっちりだ。しつこいようだけど、これ絶対いつもより可愛いさに配慮されてる気がするんだよなぁ。気のせいかなぁ……。

参照元:コメダ珈琲店
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24