【衝撃】今週のジャンプの「巻末ページ」に一部の音楽ファンが騒然となった理由

昨日2020年4月27日に発売された「週刊少年ジャンプ21・22合併号」。『ボーンコレクション』という新連載が始まったくらいで、特に変わった点はないように思われる。しかし、一部の音楽ファンにとって今週号は衝撃に他ならなかった。

と言っても、連載中の漫画に何か問題があったワケではない。実は巻末の2ページで、ちょっとした事件が起きていたのである。これは……本当に少年ジャンプなのか? 手元に本誌がある人はぜひ読み返していただきたい。

・巻末ページにて

今週号の476~477ページに掲載されている『巻末解放区! WEEKLY 週ちゃん』というコーナー。少年ジャンプの巻末カレンダー型連載で、昔で言うところの『ジャンプ放送局』枠だ。ってことは読者からのハガキ投稿? と思いきや、今週号はまさかの……

シティポップ特集である。

・謎のガチっぷり

シ、シティポップ……? ジャンプで……? 教科書的な説明をすると、シティポップとは1970年代から80年代にかけてリリースされた日本の音楽ジャンルの一つ(と言っていいのか分からないが)で、ここ数年、ネットを経由した海外からの再評価により国内でも再び注目を集めている。

まあファッション誌などでも取り上げられたりするので、特にマニアックすぎるということはないのだが、今週のジャンプの何がスゴイかって、「スカート」で知られるミュージシャン・澤部渡さんを召喚して、シティポップの何たるかを知るための名盤を10枚ガチで選出してもらっているのだ。

これは例えるなら、「りぼん」や「なかよし」の特集ページに吉田類を呼んで、オススメのもつ焼き屋10店を選ばせるようなものである。「散歩の達人」かよ! 「りぼん」でやんなよ!! ジャンプは過去にドラマーやベーシストを特集したりもしているが、今回もやることがほぼ音楽誌ではないか。

・手加減なし

澤部さんも澤部さんだ。山下達郎や大滝詠一、松任谷由実あたりはまだ分かるとしても、「(((さらうんど)))」て! 「SaToA」て!! 思わずここが少年ジャンプであることを忘れてしまいそうな、まさに本気のチョイスである。この件に関し澤部さんは、自身のTwitterで以下のように語っているぞ。

「【なぜ】今出ている週刊少年ジャンプの巻末コーナーにてシティポップ縛りで10枚、選んでます。なぜ私……とも思ったのですがこんな面白そうなこと滅多にないので乗っかりました。これまでの5枚とこれからの5枚、のような形で選んでおります。異論反論数多あると思いますがどうかお手柔らかに……」

・無料公開中

『WEEKLY 週ちゃん』の公式Twitterでは該当ページがフルで公開されているので、ジャンプの本気を見たい人はぜひご一読あれ。まあシティポップだ何だと言われたところで、一般的な中学生ならポカン間違いなしだろうが、こういった意義ある企画は今後もぜひ続けてほしいものだ。応援しております。

参照元:Twitter @skirt_oh_skirt@WEEKLY_shuchan、Instagram @skirt_oh_skirt週刊少年ジャンプ
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】『キャプテン翼』、試合中にいきなり打ち切られた感じで終了する

日本だけでなく世界でも人気のサッカー漫画『キャプテン翼』。その最新作『キャプテン翼 ライジングサン』が現在「グランドジャンプ」にて連載中……なのだが、今週号でとんでもない事件が起きてしまった。

2019年11月20日発売の「グランドジャンプ」24号に掲載された第102話では、日本 vs ドイツによる緊迫した試合が続いている。これは熱い展開だ! 興奮して最後のページをめくると……え? な、何だってェェェェェエエエ!?

・最新話にて

U-23日本代表のキャプテンとして活躍する翼くん。日向くんや若林くんといった盟友らと共に、マドリッド五輪の金メダルを目指して戦うというのが『ライジングサン』のメインストーリーだ。

本誌では現在、日本代表とシュナイダー率いるドイツ代表による準々決勝がいよいよ佳境を迎えている。だがしかし……! ここから先はネタバレがあるため注意していただきたい。

・白熱の試合終盤

第102話『最後の……最後のシュート』は、サブタイトル通り非常に熱い展開になっている。ドイツに1点ビハインドで迎えた後半終了の直前、日向くんのラストシュートはゴールの枠を逸れてしまうのだが、そこに飛び込んできた新田によって奇跡的に同点に追い付く日本。

・衝撃の最終ページ

試合はそこで終了し、15分ハーフの延長戦へと突入することになった。勝つのは日本か? それともドイツか? 絶対に負けられない戦いを前に、翼くんがチームに檄(げき)を飛ばす。「この試合……この延長戦……」

「必ず勝つぞ!!」

「おう!!」

うおおおおおおおおお! って……え!? 次の瞬間、私(あひるねこ)の目にとんでもない文字が飛び込んできた。見開きで叫んでいる代表メンバーたちのすぐ下のコマに、こんなことが書かれているのだ。

「グランドジャンプ誌上においての長らくのご愛読 誠にありがとうございました」

・終了

お、終わったァァァァァアアアアア! 延長戦直前で終わったァァァァァアアアアア!! え、打ち切り!? 『キャプテン翼』で打ち切りとかあんのかよォォォォオオオオ!

あまりにも絶妙な “間” で終わったため、吹き出すと共にしばし呆然としてしまう私。これは一体どういうことなのか? もう一度よく文面を見てみると……なるほど! そういうことだったのか!! 結論から言うと、『ライジングサン』は打ち切られたワケではないようだぞ。

・事の真相

集英社によると2020年の春、「キャプテン翼マガジン(仮)」なる雑誌が刊行されるらしいのだ。『ライジングサン』の連載はそちらに電撃移籍し、来年春よりこの続きから掲載されるとのことである。な~んだ、よかった~~。

作者の高橋陽一先生は今回の移籍について、「『キャプテン翼』の集大成を、この雑誌で表現したいと思います!!」と語っており期待が膨らむ。少々時間が空いてしまうが、今は新雑誌の刊行を楽しみに待とうではないか。いやそれにしても、あそこで終わってたら伝説になってたな。さすがキャプ翼。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【衝撃】ワンピースの尾田栄一郎先生が「ハマった」という漫画『異世界おじさん』を読んでみた結果 → 思ってたのと全然違った

ここ数年、タイトルに「異世界」と名の付くライトノベルやアニメ、漫画が増えている。超乱暴に言うと、冴えない主人公がある日異世界に転生し、無双することで現地の女の子にモテまくるみたいなジャンルのことだ(すべてがそうではない)。人気の裏には、人生をリセットしたいという世間の願望が潜んでいる……のかもしれない。

さて、話は今週発売の「週刊少年ジャンプ」に移る。『ONE PIECE(ワンピース)』の尾田栄一郎先生による、巻末の作者コメントに注目だ。ここで尾田先生が紹介しているのが、なんと『異世界おじさん』という漫画なのである。異世界……おじさん……? 何なのだそれは。

・尾田先生がハマった?

今週の週刊少年ジャンプ26号で、尾田先生が何やら謎の漫画を紹介している。これはネットでもちょっとした話題になった。その時の作者コメントがこちら。

「『異世界おじさん』の2巻を買ったということは僕はこの漫画にハマったんだろうか。」

ハマった! というよりは、どういうわけかハマっている的なニュアンスの一文だ。とはいえ、あの『ワンピース』の作者が紹介している漫画である。恥ずかしながら初めて耳にするタイトルだが、漫画好きとしてはチェックせねばなるまい! というわけで、さっそく本屋へGO。

・買ってみた

「KADOKAWA(カドカワ)」から出版されている『異世界おじさん』は、現在2巻まで発売されているとのこと。それらしき棚の前に立ってみると……おいおいおい。何だこりゃ! いくらなんでも異世界モノ多すぎるだろ!! 探しづれーーーッ! が、よく見ると平積みにされているな。ほほう、かなり売れているようだ。

とりあえず1、2巻を購入し、予備知識なしで読み始めることに。『異世界おじさん』というタイトルから、おじさんが異世界に行く話だとばかり思っていたのだが……その予想は最初のページをめくった瞬間に覆されることになる。

・異世界モノではない

書いたところでネタバレにはならないため書いてしまうが、舞台は異世界ではなく、我々が暮らす現実の世界だ。17歳の時にトラックにはねられて以来、17年間も昏睡状態だった おじさんがついに目を覚まし、その甥っ子が病院を訪ねてくるところから物語は始まる。

・帰還者だった

実はおじさんは17年間を剣と魔法の異世界で過ごしており、この度ようやく現実に帰ってくることができたのだ。一見すると完全にヤバイおっさんのため甥っ子も最初はドン引くが、マジで魔法が使えることが分かると態度が一変。おじさんを引き取り、その力を金にかえて食っていくことを心に決めるのである。

・皮肉っていくスタイル

そう、これは異世界冒険譚などではなく、ガチガチのコメディ作品なのだ。しかし、作中で回想されるおじさんの過去は壮絶そのもの。顔の醜さを理由に迫害されるわ、科学を披露すれば吊るされかけるわと散々極まりない。世に蔓延する異世界モノへの痛烈な皮肉が、これでもか! というくらいに効いているぞ。

それだけではない。異世界モノに必要不可欠な可愛い女の子との恋愛フラグをも、おじさんは自らバキバキにへし折っていく。それも無意識のうちに……。他の作品のキャラクターたちは異世界に行くことで尊敬と名誉、そして女の子を得るが、おじさんにはそんな特典は一切ないのである。お、おじさん……!

・ハマるのも納得

この記事を書いている時点で1巻まで読み終えたが、早く続きが読みたくて仕方ない自分がいることに気付く。もしかすると、尾田先生もこんな気持ちだったのかもしれない。『異世界おじさん』……当初抱いていたイメージとはまるで異なる奇妙な作品だが、かなり笑えるのでオススメである。

執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24