ワンコインで釣りが来るとは思えぬ味! 近大生に愛されるパワフルメニュー「あま辛丼」は食べるガソリンだ / 学生グルメの旅・近畿大学編

各地の学生にウマイ飯屋を教えてもらう、シリーズ「学生グルメの旅」。第3弾の今回は近畿大学の周辺グルメを調査することにしよう。

キャンパス周辺は多くの飲食店が立ち並ぶ激戦区で、票レースもトップが同数となる熱い展開に。そして出会った「あま辛丼」なる未知のメニューとは。今回も熱血取材でお届けします!

・飯屋は無限にありそう

近畿大学は以前に紹介した「近大マグロ」などの先進的な研究に取り組んだり、スポーツにも力を入れたりと、とにかくエネルギッシュな大学だ。学生数も多く、キャンパス周辺は活気に満ち溢れている。

東大阪キャンパスの最寄駅は近鉄の長瀬駅となっており、大学へと向かう道中にはガッツリ系の飯屋が数え切れないほどある。これは有益な情報を期待できそうだ。

それではさっそく、学生たちにオススメグルメを教えてもらうことにしよう。

・ラーメン屋以外が初のトップに

例によって通行中の学生20名に取材を行い、それぞれオススメの店を1つずつ挙げてもらった。得票数は以下の通りである。

・味店 焼マン(丼など) 4票
・家系ラーメン 教道家(ラーメン) 4票
・きりん寺(油そば) 2票
・麺家 蝉(ラーメン) 2票
・海から空へ…(ラーメン) 1票
・尾道ラーメン とんぼ屋(ラーメン) 1票
・インド料理 スリヤマハル(インド料理) 1票
・居酒屋 呑(居酒屋) 1票
・元祖汁なし担々麺 ヤンヤン(汁なし担々麺) 1票
・タコシュー(お好み焼きなど) 1票
・唐揚げDON(からあげ) 1票
・鉄板Shaun(鉄板焼き) 1票

全体的には相変わらずラーメン強しといった感じの勢力図。しかし丼物をメインに扱う「味店 焼マン」が4票を獲得し、シリーズ3回目にして初めてラーメン屋以外でトップ(タイ)に輝いた。今回はそちらを訪れることにしよう。

・パワフル&エナジー

「味店 焼マン」はテイクアウトが中心のお店で、丼物の他に惣菜やお好み焼きも販売されている。店外にイートスペースもあるが、持ち帰る学生の方が多いような気がした。

ちなみにオススメのメニューを学生に聞くと「どれも美味しいんですよね~」と言葉を濁す回答が多かった。おそらく全体的に味のレベルが高いということだろう。それでも「強いていうならどれがオススメ?」と粘り強く聞いてみたところ、推薦されたのが……

「あま辛丼」なるメニューだ!

価格は420円と学生プライス。名前のとおり、甘辛く味付けされた豚肉&鶏肉がライスの上に盛り付けられている。その他にも焼いた卵、マヨネーズ、紅ショウガ、ネギがスタンバイ。まさに学生が好みそうなパワフル丼だ。

食べてみると味付けは濃い目。マヨネーズも絡めると、かなりコッテリとした味わいになる。これ男子が好きなやつですわ。

また一般的な丼物に比べると、おかず対ライスの割合が少しだけライス多め寄りのようにも感じた。味の濃さに見合ったバランスになっており、何気に一杯の丼としての完成度も高い。ワンコインで釣りが来るとは思えない味だ。

いずれにせよ肉&肉&卵&マヨというエナジーの塊のような丼で、遊びに勉強に忙しい大学生にはピッタリの料理といえよう。これはもう食べるガソリンですよ!

このあと帰って寝るだけの筆者がスタミナを付ける必要があるのかはさておき、とにかく元気の出る一杯だった。そして420円という値段。まさに当企画の趣旨にふさわしい、安ウマグルメと出会うことが出来た。

ネットの検索では出てこない、学生のナマの声に基づくグルメ企画。次は貴方の街の大学に行くかもしれません!

・今回紹介したお店の情報

店名 味店 焼マン
住所 大阪府東大阪市小若江2丁目2-6
時間 10時30分~20時30分
休日 土日祝

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「学生グルメの旅


Source: ロケットニュース24