【痴漢撃退】シヤチハタ「迷惑行為防止スタンプ」がテスト販売開始も即日完売 → 広報に話を聞いた

2019年5月、ネット上で話題になったシヤチハタの『迷惑行為防止スタンプ』をご存じだろうか? 当時、Twitterで漫画「痴漢されたら安全ピンで撃退するように勧められた話」が話題になっており「それくらいしてもイイと思う」「冤罪だったらどうするの?」……などと賛否が寄せられた。

その流れで「安全ピンではなくスタンプでどうにかならないか?」との提案を受けて、シヤチハタが開発を進めていたのが『迷惑行為防止スタンプ』である。2019年8月27日、約3カ月の時を経てその『迷惑行為防止スタンプ』がようやくテスト販売まで至ったが、結論からいうと用意した500個が即日完売したという。

・テスト販売開始

『迷惑行為防止スタンプ』は、特殊インキ “UV発色インキ” を採用したスタンプだ。要するにブラックライトを当てると浮かび上がる特殊なインキを使用したスタンプで、ブラックライト付き、またいざという時に素早く使えるようキャップは無い仕様になっている。

価格は税別で2500円、テスト販売では500個が即日完売したというから、想像以上に『迷惑行為防止スタンプ』を待ち望んでいる人は多いのかもしれない。開発の経緯や今後の展開などをシヤチハタの広報に聞いてみることにした。

──『迷惑行為防止スタンプ』がいよいよ販売となりましたが、ネット上では「冤罪だったらどうするんだ」などと否定的な声もありました。社内ではどんな議論があったのでしょうか?

「Twitterで発表もしていましたので、我々としてはとにかく開発する、と。ただ、あくまで『迷惑行為防止スタンプ』を開発した目的は、少しでも抑止力なればという想いであることに変わりありません」

──ふむふむ。

「今回テスト販売にまで至りましたが、究極的にはこのスタンプが使う機会がないことが1番の理想です。スタンプのボディの色に採用したのは注意を促す黄色で、マークはストップを意味する手のマークにしました。これも抑止力を考慮した結果です」

──なるほど。あくまでメインは抑止力なのですね。では即日完売についてはどうお考えでしょうか?

「正直、我々としても驚いています。まさか即日で完売するとは想定していませんでした」

──それだけ迷惑行為に悩む人が多い証拠かもしれませんね。

「冤罪などの意見については、我々としても申し上げるのが非常に難しいところなのですが、迷惑行為、違法行為を許さないという意思表示は必要なことだと思っています」

──今後はどのように展開していくのでしょうか?

「テスト販売を通じられて寄せられた声を元にさらに改良していく予定です。主に実用性や抑止力を検証できればと思います」

──多くの女性がこのスタンプを携帯することで「迷惑行為に及びづらい空気」が出来るといいですね。

「そうですね。今後も当社がどのような形で社会に貢献できるのか、模索していきたいと思います」

シンプルに「即日完売」という事実だけを見るならば、それだけ迷惑行為に悩む人が多いということだろう。もちろん冤罪などの心配などがないワケではないが、本来我々が非難すべきはシヤチハタや商品ではなく、あくまで「迷惑行為をする人物」であることを忘れてはならない。

おそらく、近い将来『迷惑行為防止スタンプ』は一般販売されると思われる。スタンプ1つで全ての迷惑行為が無くなるワケではないが、こうした1つ1つの積み重ねがより良い社会を作っていくハズだ。

参考リンク:シヤチハタ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【対決】迷惑LINEアカウントに「クロちゃん」のスタンプだけで返事をしたら、速攻でトークが終わってしまった……

私(佐藤)の、迷惑LINEアカウントとの孤独な戦いは続いている。誰に期待される訳でもなく、また相手が人間さえもわからない。この戦いを「孤独」と言わずして、何を「孤独」というのか? これは私自身が、自らに課した業(カルマ)のようなものだ。

前フリはこのくらいにしておいて、以前私は自分のスタンプだけで、迷惑LINEとのトークに挑んだことがある。もしも有名人のスタンプを送っていれば、良好な反応を得られるのではないのか? そう思い、私が尊敬する安田大サーカスのクロちゃんのスタンプだけでトークに挑んだ! その結果……。

・人妻美早紀ちゃん

速攻でトークが終わってしまった。超売れっ子のクロちゃんのスタンプなのに、なぜトークが続かなかったのか? 不思議でたまらない。

トークに至るまでの流れはこうだ。いつものようにフリーメールに「LINE」の公式を装った迷惑メールが届く。

そこに記されているIDを、警戒心ゼロでID検索にかける。すると「美早紀」と称するアカウントを発見するに至った。

・最初は好感触

友達追加したところ、秒速でスタンプが飛んできたので、こちらも秒速でクロちゃんスタンプで返す。

クロちゃんのスタンプが返ってきた時点で、「こいつやべえヤツじゃ?」と思って欲しかったのだが、1発目は華麗にスルーされてしまった。この後、美早紀ちゃんは迷惑LINEのあるあるな言葉を投げかけてくる。

美早紀 「こんにちわ♪ みさきです。歳は29で悩み多き人妻です 仕事は事務業をしてます♪ 人妻だと仲良くしてもらえないですか? もしも大丈夫ならどこに住んでいるのかとか気になるので教えてほしいです♪ 返事楽しみに待たせてもらいます」

なるほど、美早紀ちゃんは割と物分かりの良い大人の女性という設定のようだ。『どこ住み』の質問に関しても、「もしも大丈夫なら」と断りを入れてくるあたりに好感が持てる。

・急に風当りが強くなった……

即刻答えてやりたいところだが、今回はクロちゃんスタンプ1本で行くことを決めているので、照れた表情のクロちゃんが「困ったな」と言っているスタンプで返しておく。

可愛らしいクロちゃんの照れ顔が、良い印象を与えるのかと思ったら……。

美早紀 「どこすみですか?」

あれ? なんかドライな返事じゃない? さっきは大丈夫ならって言ってたのに、今は「サッサと答えろ」と、苛立っているようにさえ見える。なんで?

なんとなく、このままではトークが終わってしまう気がしたので、続けざまにクロちゃんスタンプを投下!

この後、美早紀ちゃんが答えてくれることは2度となかった……。なんなのーーーッ! おわり。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「LINE」


Source: ロケットニュース24

【対決】迷惑LINEアカウントに “自分のスタンプ” だけで返信し続けてやった! (対 鉄壁のゆかちゃん編)

おじさんがLINEで送ってきそうな文章を生成できるWebサービス「#おじさん文章ジェネレーター」。私(佐藤)は、そのウザさレベルをマックスにして、迷惑LINEアカウント(真帆ちゃん)との対決に挑んだ。しかし、前回の記事でお伝えした通り、結果は敗北。

その際、ジェネレーターの文章は限界と感じたので、新しい策を講じることを思いついた。それは、スタンプのみで応戦すること。幸い、私は自分のLINEスタンプを持っている。これだけで返信し続けたらどうなるのか? 自分でいうのも何だが、私のスタンプは相当ウザい。さすがに相手も黙っていないはずなのだが、はたして!?

・異色の対戦相手

今回の対戦相手は、ゆかちゃんだ。これまでに10人以上の相手と組み合ってきた私の所感では、「ゆか」という名前の迷惑LINEアカウントが1番多いように思う。同じ相手と気づかずに2回も組み合ってしまったことがあるほど、この名前によく出くわす。

さて、今回のゆかちゃんはちょっと変わったアプローチをしてきた。大抵はLINEで友達追加した直後に、反射的に相手からスタンプが飛んでくるのだが、彼女は違う。スタンプを催促してきたのだ。私のメアドに届いた迷惑メールには、LINE IDと共にこう記されている。

「(友達)追加した時にスタンプ送ってもらえたら嬉しいです♪」

ほほ~、これは新しい。私はこの内容を見てひらめいた。自分のスタンプのみで迎撃することを。ということで、早速ゆかちゃんを友達追加。

すかさず、挨拶がわりのスタンプを投下してやった。

ど~ん!! これは即終了だろう。相手がイラ立って逃亡してもムリはない。媚びた感じのかわいいスタンプが来ることを想像していたはずだ。だが、あんたが出会ってしまったのは、そんなぬるい男ではなかった。残念だな、フフフ……。

既読になっただけでヨシ。相手は私のトランプ大統領風の顔を目にしたはずだ。それだけで満足。何も返しては来ないだろう。そこでLINEアプリをそっと閉じた……。

ところがッ!!

少ししてLINEを見ると、メッセージが1件来ている! 相手はゆかちゃん!!

正気か? あのスタンプを見て挑戦してくるとは……。ふ~ん、よかろう。相手をして進ぜよう。

・開戦!

ということで、開戦のゴングが鳴り響いた。私のパワースタンプを華麗に交わしたゆかちゃんは、いきなり写真付きでメッセージを繰り出す。

ゆか「お初です! ゆかです(`・ω・´)ゞ 異性仲介してくれるサービスがあるみたいでそこから来ました♪ 近くの人なのかな…どこ住みなんですかぁー?」

おっといきなり写真とドコスミ(どこ住み)のコンビネーション炸裂! 「おぬし、出来るな」、私はそうつぶやかずにはいられなかった。

だが、真正面から組みにはいかない。こっちも手札はいっぱいあるんだ。まずは「ハイクオリティなロボットのコスプレ」写真スタンプで切り返す。

すると続けざまに自己紹介が始まった。

ゆか「おぉ?いつでも会える距離だね(//ω//)♡ 私の取扱説明書から!(笑) 23才でOLやってます!! 「ゆか」って呼んでね♪ 趣味は~…読書と占いだよ♪こんな感じだけど気が合いそうかな(笑)」

「私の取扱説明書」を出すとは。これまで戦ってきた相手の中でもかなり異質であることは間違いない。彼女が実在するかどうかは別にして、読書と占いが趣味で気が合うかどうかを尋ねられても、「はい」と答える感性が私にはない。残念だが……。

ここは「真顔のトランプ大統領」スタンプでも貼っておこう。

真顔の私のスタンプを送ったところ、軽く私の自尊心を傷つける内容が返ってきた。これは意図したものなのか?

ゆか「私は年齢とかぜっんぜん気にしてないし見た目よりも中身重視だから問題ないよ♪どんな女の子がタイプだったりするのかな?」

てめえコノヤロー! それはどういうつもりで言ってんだ!! 「あなたはオッサンでブサイクだけど、私はそれに耐えられる女です」ってことかよ! 大体「気にしてない」って言ってるヤツは、メチャクチャ気にしてるんだよ。「全然怒ってないし」って言ってるヤツは猛烈に怒ってんだよ。それが相場だ、覚えておけ。

完全にアタマに来たぞ。ここは「怒りの舞」のスタンプだッ!!

怒りの舞を見て、少々怖がらせてしまったらしい。かよわい女の子であることを、暗に訴える内容のメッセージが返ってきた。

ゆか「私は誰に対してもやさしい人がタイプかなぁ あとはツンデレとか…(笑)外ではツンツンしてるけど家ではデレデレする甘えん坊さんみたいなギャップに萌えちゃう(′艸`)♡そういえば独り暮らし?」

お嬢ちゃん、おじさんはツンデレとかではないんだよ。心底他人が嫌いな「ツン男」なのさ。

凍てついた鉄のハートを持っていることを分からせてやるか。「瞑目(めいもく)するミニオンズ」スタンプだ。

・戦いは佳境へ

どうやら相手は相当タフらしい。こちらの会心の攻撃が一向に響いていない様子だ。不意に生活感丸出しの話を始めやがった。

ゆか「ふむふむ…φ(..) 私、今ひとり暮らしなんだけどね、お洗濯ってどれくらいの頻度で回してるのかなーって(笑)洗剤はなに使ってるか分かる??」

死ぬほどどうでもいい話だ。独り暮らしが前提で、自分が使ってる洗剤がわかんねえヤツなんていねえだろ。舐められとるな。

私がいかにヤバいヤツなのかを分からせるために、「クレイジーすぎる hyde のコスプレ」写真スタンプを投下だ。

自分でもなかなかのイカれ具合の秀逸な写真だと感じている。この攻撃が効いたらしく、相手は組み合いを避けて、さらに話題を変えてきた。

ゆか「あのね、去年末によく当たるって占い師さんに今年はいい出会いがあるって言われたんだー(`・ω・´)これが運命なのかなー なんて思っちゃったの(笑)」

その占い、たしかに当たっているぞ。お前は私に敗れる “運命” なのだ! 敗北の味を知る、良き “出会い” だぞッ

食らえ! 「酸っぱすぎた梅干しを食ったおじさん」スタンプーーッ!

果敢にウザったいスタンプを送り続けているのに、相手はまったく怯む気配がない。そうしている間に、こちらのスタンプの手札も、残り少なくなってきている。長期戦は避けたいところ。そう思っていたら、相手はこの戦いの締めに向かっていることがわかった。

ゆか「とにかくまずは会わないと何も始まらないもんね!!♪ 早めに言ってくれれば有給取れるから近い日でいつお休みかな?」

出た、「会う約束」で期待持たせるヤツ。そんなのでバカみたいにワクワクする私ではないわッ!

行くぞ! 「自分が間違ってんのに、逆に説教しちゃうおじさん」スタンプーーーーッ!!!!

少し間があった。相手は何か、準備をしているのではないか。“気” をためているがごとく、キメの一発を放ってきた。

ゆか「ちょっと確認しておくね(`・ω・´) それでね…今朝、お家で洗い物してる時に携帯をシンクに落しちゃったの… 急いで乾かして何とか使えるけどいつ電源が入らなくなるか分からないから、こっちで少しの間だけお願い(・ω・´;)■■■■■■■■■■■■■(URL)」

この時を待っていた

ああ? コラ

本気のパンチパーマスタンプ出しちゃうよ、おじさん

ふざけんな! 行くぞ、コラ!!

怒りのスタンプバズーカ炸裂ッ! そしてゆかちゃんまさかの反撃は次のぺージへッ!(https://wp.me/p25BsW-57m0) 戦いはもう少し続くぞ!!

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS(LINE)


Source: ロケットニュース24