チェア、ベンチ、スツール…ダイニングに向くのは?イスの使い分けと選び方

革張りのベンチ

ダイニングチェア、ベンチ、スツールなど、ダイニングで使うイスにはいくつかの種類があります。それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか、自分の家に合ったイスはどのように選べばいいのか、家具工房「フリーハンドイマイ」の代表・今井大輔さんに詳しく教えていただきました。

きちんとした姿勢を重視するならダイニングチェア

ダイニングテーブルとダイニングチェア

食事のときは「ダイニングチェア」と呼ばれる背もたれやひじ掛けのあるイスに座って食事をするお宅が多いと思います。きちんとした姿勢で食事できる、という点がメリットです。

私が考える使いやすいダイニングチェアの条件は、以下の3つです。

  • 座ってテーブルにひじを置いたとき、背筋が丸まらない程度の高さがあること
  • 座面は水平で、ほどよいクッション性があること
  • 適度にリクライニングできるよう、背もたれの角度は座面に対して95~100度くらい

また、基本的に長時間座ることを想定していないので、背もたれは頭や肩までカバーする高さは必要なく、肩甲骨の下あたりから腰にフィットするくらいの高さの背もたれがあれば十分と考えています。

掃除がしやすいよう、イスは軽い方がいい

ひじ掛けなしのダイニングチェアはテーブル下に収めやすい

工房にきてくれたお客様から、よく「イマイさんのつくったイスはとても軽いですね」と言われます。イスはなるべく最小限の部材でシンプルにつくりたい、という気持ちでつくっているからだと思います。

昔は、どっしりとした頑丈な材を使ったダイニングチェアも多く、座る際に両手で引かないと動かしにくいようなものも結構ありました。

でも、ダイニングは汚れやすい場所ですので、気軽に(できれば女性が片手で)持てるくらいの重量のほうが使い勝手がいいですよね。わが家ではテーブルの周りを掃除するときはイスをひっくり返してテーブルに載せるので、イスは軽いほうがいいという思いが強いのかもしれせん。

ひじ掛けのありなしは好みが分かれるところですが、最近はひじ掛けなしのものを選ばれる方が多い印象です。ひじ掛けがあるとイスを引く際にスペースが必要になることや、テーブル下に収めにくいといった理由のようです。

ベンチは家族が多いお宅に最適。動線をよく考慮して配置を

最近はベンチをダイニングチェアのように使う方も増えています。ベンチは基本的には背もたれがないので、前からも後ろからも、横からも座ることができます。イスを2脚を並べるより見た目もシンプルですし、家族が多いお宅などにも向いています。

ベンチに座る子ども

以前わが家ではダイニングチェア2脚と、ベンチを組み合わせて使っていました。子どもたちが小さいうちは同じタイミングで食事をしたり、遊んだり、勉強したりするので、不便はありませんでした。ですが、だんだん大きくなるにつれて、どちらかベンチから離れたいときにいったん立ち上がらなければならないような場面が出てきてしまい、不便を感じるようになりました。

配置によってはそうした問題が起きてしまうので、ベンチを取り入れる際は、動線的なこともよく考えて配置するといいと思います。

スツールは簡単な食事をとるときやキッチンでの休憩に

スツールに腰かける子どもたち

もっとシンプルに、簡素なスツールでいいです、というお客様もいます。たしかに、簡単な食事をとるときなどは便利に使えます。来客時などに引っ張り出してきてちょっと座ってもらうときなどにも役立ちます。

どの方向からでも座れるようにシンメトリーな形になっていることが多く、円形のものをよく見かけます。座面はそれほど大きくなく、お尻を座面に載せるようなイメージです。

以前、もう少し座りやすいスツールができないかと思い、お尻をしっかり支えられる大きめの座面で、さらにフィットしやすいように四角い座面を緩やかにくぼませたスツールをつくったことがありました。でも、座面が大きいと転びやすくなり、また四角い座面だと座る方向が4方向に限られてしまい、かえってスツールとしては座りにくくなってしまいました。

キノコのように中央がこんもりと膨らんだ座面のスツール

座面を小さめにして、キノコのように中央がこんもりとふくらんだ形で、少し硬めのファブリックを張った座面のスツールもつくったことがあります。お尻の角度を変えやすく、ほどよくフィットするので、キッチンでちょっと休憩したいときなどにも役立ちます。

妻に聞くとキッチンでの長時間の単純作業(たとえば、モヤシのひげ根を取ったり、ギョーザを包んだり)をするときにスツールがあると便利、と言っていました。

きちんとした姿勢で食事をとることや掃除のしやすさを重視するなら軽量のダイニングチェア。家族が多く、フレキシブルに使いたいならベンチ。簡単な食事をとるときや、キッチンでの休憩などにはスツール。そんな具合に、暮らし方や使い方に合わせて使い分けるといいと思います。

●教えてくれた人/今井大輔さん
暮らしに寄り添うオーダーキッチンやオーダー家具を手掛ける家具工房「フリーハンドイマイ」代表。神奈川県高座郡に工房とショールームがある。

Source: 日刊住まい

洗面室のスツールがズボラ対策に!ラク以上によいことって?

女性の方はとくに、洗面室で髪を乾かしたりメイクをするとき、ちょっと座れるといいなと思ったことはありませんか?
ライターのshiga asakoさんは洗面室にスツールが欲しいと思うようになり、家具ショップやネットショップを探し回ったそう。

洗面室にスツールがあるといい理由と、見つけたおすすめのスツールを紹介してもらいます。shigaさんの場合は、ズボラ対策にもなったといいます。

40代になり洗面室で「座りたい」という欲求が

洗面所

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

洗面室では洗顔や歯みがきのほか、髪のセットやメイクもしているという人は多いと思います。

筆者は40歳を過ぎたころから、洗面室でちょこっと「座りたい」と感じるようになりました。座りながら優雅な気分で身支度を、というのではなく「加齢による体力減退」がその理由。情けないですが体は正直です。

パイプ椅子

そこでまず導入したのが、このパイプ椅子です。
ホームセンターで1000円前後とリーズナブルでした。でもリフォームでモノトーン調にまとめた洗面室に置くと、微妙な色や全体に漂う安っぽさが「悪目立ち」してしまうのが気になってきました。

パイプ椅子

使わないときは、このようにたためるのもパイプ椅子のメリットでしたが、たたんで立て掛けた姿もなんだかイマイチ。
掃除中に掃除機をぶつけてしまい、バタンと倒してしまったことも数知れずです。

洗面室に椅子があることのメリットとは?

スツール

Pojcheewin / PIXTA(ピクスタ)

デザインがイマイチとはいえ、洗面室に椅子がある暮らしをしばらく体験してみて「体がラク」という以外に以下のようなメリットを感じました。
・ゆったりとした気分でメイクができる
・歯みがきをしっかりできる(早めに切り上げないようになる)
・ドライヤーでしっかり髪を乾かせる(半乾きで切り上げないようになる)
・お風呂上がりに、足の爪を切るときに便利(座って切ることも、立ったまま座面に片足をのせて切ることもできる)
・洗面室の天井にある、換気扇のフィルター掃除のときに役立つ(気づいたらすぐに椅子にのって掃除ができる)

歯みがきやドライヤーを早めに切り上げなくなる、というのは筆者ならではかもしれませんが、ズボラ対策にも洗面室の椅子は効果大と分かりました。

洗面室にぴったりのスリムなスツールを発見!

マッシュルームスツール

デザインも満足できる、洗面室にぴったりのスツールが欲しい! そう思い立ってからは、家具ショップやネットショップでスツールばかりチェックする日々。

そして、探しに探して見つけたのが、旭川の家具メーカー「匠工芸」のマッシュルームスツールです。
木肌を生かした仕上げのものがメインですが、筆者はインテリアショップ「SEMPRE」でブラック(税込18,700円)を購入。

職人さんの手によるしっかりとした木製家具という点もさることながら、いちばんの決め手になったのは「サイズ」でした。SSからLまでの4サイズ展開で、筆者が購入したLサイズは、座高65cmと洗面台で使うのにぴったりの高さ。

マッシュルームスツール

丸い座面の部分は直径22.5cmしかなく(本体の幅&奥行きは各33cm)、とにかくスリムなデザインなのです。

マッシュルームスツール

洗面室にスツールを置こうとすると「使わないときに邪魔」なのがいちばんのネックになりますが、このスツールの場合、片隅に置いておいてもそれほど圧迫感がありません。

スツールはキッチンでも大活躍

スツール洗面室はもちろん、スツールはキッチンでも活躍。野菜の皮むきなどの作業がラクな姿勢でできます。
とくに対面式キッチンの場合、スツールに腰掛けられるようにしておくと、ホームパーティなどで料理中に「1人だけ立ちっ放しにさせて悪い」とゲストに心配をかけなくて済みます。

さまざまな場面で活躍してくれるスツールは、筆者の場合はとりわけ洗面室で威力を発揮してくれました。洗面室にスツールを置いてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

「台所仕事がつらい!」を解決する優秀アイテムとは?

キッチンでの作業はほとんどが立ち仕事。仕事や育児など、一日フル活動したあとにキッチンに立つのはとくに大変です。

そんな台所仕事を少しでもラクにするアイテムを、ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんに教えてもらいました。

キッチンに小さな椅子を1脚、置いてみる

仕事も家事もがんばる人は、どんなに疲れて帰ってきても、食事づくりも手を抜かない傾向が。コンロにシンクに食器棚に冷蔵庫にと、あちこち動き回るから、疲れた体にはこたえますよね。

でも、鍋で煮込んでいる時間、レンジをかけているわずかな時間、少し手がとまることもあります。

そんなとき、ちょっとでも座れる場所があると、体を休ませられます。背もたれ付きの大きな椅子でなくてOK。小さな椅子を1脚、キッチンに用意してみましょう。

狭いキッチンにも置けるミニスツールがオススメ

そうはいっても、うちのキッチンは狭すぎて椅子を置く場所がない…。そんなケースでは、ミニスツールを選ぶのが正解です。

一般的なスツールは円形が多いのですが、四角形や台形に近いデザインだと、壁際に寄せたとき、足元が邪魔にならず省スペースでおさまります。折り畳み式のスツールなら、使わないときはしまっておけるのでさらに便利。

わが家で使っているのは、NOCEのミニスツール。

座面の奥行が17㎝と小さめですが、ちょっと腰かけるには十分。奥行きが狭い分、場所も取りにくいので狭いキッチン向き。インテリア性も兼ね備えているので、お気に入りの雑貨を飾る台としてもオシャレです。

腰かけるだけじゃない!便利な使い道もいろいろ

とくに狭いキッチンの場合は、椅子としての役割だけでなく、いろいろ使えるとさらに重宝。

木製などの平らなデザインの座面を選べば、小さなキッチンにありがちな作業スペースが足りない!という悩みも解消。スツールにトレーを載せて、ちょっとした作業台として使うことも。もちろん、踏み台としても便利です。

新築やリフォームのキッチンプランでは、ゴミ箱の置き場を計画するケースも多く見られますが、それと同じような感覚でミニスツールの収納場所も考えてみては。初めから置き場所があると、キッチンの床スペースをより広く使えます。

ミニスツールは通常の椅子より軽いので持ち運びやすいのもメリット。キッチンだけでなく、家中あちこちで活躍します。たとえば、洗濯物を干すときは洗濯カゴを乗せる台として、玄関に置けば靴を履くときに腰かけられて便利。来客時には予備の椅子としても使えます。

家事の手間がほんの少しあいたときに、お気に入りのスツールに腰かけてプチブレイク。そんな暮らし方も素敵ですよね。

Source: 日刊住まい

STANDARD TRADE.が提案する「家具らしい家具」、SMALL STOOL(試作品)

ナラ材を使った端正なオーダー家具に定評のあるSTANDARD TRADE.。
代表の渡邊謙一郎さんが本当につくりたかった「家具らしい家具」について、語ってくれました。

ちょっとした工夫で暮らしの質は高められる

SMALL STOOL(試作品)
家にお客さんが来たとき、荷物やコートの置き場に困ることってありませんか。
たとえ数時間であっても、部屋の中が乱雑になってしまうのはあまり気分がいいものではありません。
そんな小さなストレスを解消したくて、小ぶりなスツールをつくりました。
カフェやレストランでも、よく荷物用のカゴが足元に置いてありますよね。それに近い発想です。

暮らしの質がちょっと高まる家具

SMALL STOOL(試作品)
脚はあえて細くまっすぐに挽き物で仕上げ、3本脚にしたことで軽やかな印象になっていると思います。
3枚の幕板が天板の中心で組み上がることで強度も確保できています。
短い時間だから多少だらしなくなっても仕方ないと諦めるのではなく、ちょっとした工夫で心地よく過ごすことはできます。
必需品ではないけれど、こうした小ぶりなスツールがあることで、暮らしの質がちょっと高まるのではないかと思っています。

SMALL STOOL(試作品)

スタッキングもできるので使わないときはコンパクトに収納できる。 座りたいときは革製のクッションを敷けば快適。3 本脚でもしっかりとした強度があるのは確かな木工の技術があるからこそ

STANDARD TRADE. 渡邊謙一郎

渡邊謙一郎さん。1972年生まれ、横浜育ち。1998 年にSTANDARD TRADE. を設立。横浜の本社工場でナラ材を使ったオリジナル家具を製作し、世田谷区内にある玉川SHOPで販売をしている。デザインから製作・販売・メンテナンス・買い取りまで一貫して行う姿勢は評価され、住宅の設計やオフィス・ショップの内装まで幅広く手掛けている。
※掲載した家具は試作品です。ご質問等ありましたら店舗までお問い合わせください

【STANDARD TRADE.】

玉川SHOP*東京都世田谷区玉堤2-9-7 telephone*03・5758・6821
山手SHOP*神奈川県横浜市中区山手町100 telephone*045・263・6555

[文]渡邊謙一郎( STANDARD TRADE. CO., LTD.)
[写真]飯貝拓司

Source: 日刊住まい