【実践】ストレッチを2年半以上続けたら、開脚で顔が床につくようになった!

誰の日常にも、「これやってて、意味あんのかな?」と思う瞬間があるはず。私(佐藤)自身もそう思う瞬間が、何度もある。幼児の服を着てみたりペヤングラーメンを湯切りしたりラオウになってスタバに行ったり

振り返ればこの10年、「意味あんのか?」の連続だ。そう考えると暗い気持ちになる……。いや、伝えたいのはそれじゃない! 私がポールダンスをやり始めてから練習の度にストレッチを行っている。オッサンのストレッチほど、意味を考え、効果を疑ってしまうものはない!

だがしかし、続けることで見えにくい変化は着実に進んでいるのだ! 私はなんと、開脚で顔が床につくようになった! 日々の努力に意味はあったーーッ!!

・オッサンは硬い

オッサンの身体は硬い、とにかく硬い。本人が考えるよりも10倍、20倍は硬いのである。だからこそ肩こりや腰痛に悩まされる。そのくせに私も含めてオッサンは横着だから、対処療法的にマッサージに行き、ほぐして終わり。自らストレッチを実践して、身体の使い方を改善しようとしないのである。

つまりオッサンは、身体も硬いが頭も硬い。

・ふと、柔らかくなっていることに気付いた

私自身も “カタブツ” のオッサンだった。2016年12月、ポールを始めた頃は、長座前屈で背中を押してもらわないと、身体を曲げることもできなかったのに、この2年半で少しずつ柔らかくなり始めた。

この1年は、とくに大きな変化は感じられず、飛躍的に柔軟性が高まることなんてないんだろうなあ~。なんて思っていたら、最近ふと「あれ? 脚の伸びがなんか違う?」と思う瞬間が訪れた。

私は個人練習を週に2回、レッスンを週1回受けている。1週間で3日、しっかりストレッチをする機会がある。決まったルーチンを繰り返していたある日のこと、仰向けの状態で片脚ずつ前後開脚をしていたら、その変化に気付いた。1年前は両手で脚をサポートしなければいけなかったが……。

今は片手で十分。腿裏がスムーズに伸びる!

・開脚でペッタンコ

これはもしかして、開脚も本気出せば結構いいところに行けるんじゃないか? そう思い、まずは1年前の記録をたしかめると、頭が床につくようになったことを思い出した。そうだ、そこからは特に変化した気がしていなかった。

いつもより時間をかけて、開脚に集中してストレッチに挑むと……。

腕は肘まで着くようになり、頭だけでなく顔半分、鼻まで着くようになってるじゃないか!

足先を持つとペッタンコ!

これは柔らかくなってるでしょ! 日々「意味あんのか?」とか思うけど、少しずつ少しずつ柔らかくなってたんだなあ。うれしい~。

・前腿は進歩がない……

しかしストレッチのすべてが順調に進んでいる訳ではない。やはり苦手なものは後回しにして、日によって熱心にやらないモノもある。その結果、腿裏は少しずつ柔らかくなっているのに、前腿はこの1年ほとんど変化なしだ。

やりたいことだけやって、頑張ってるフリをしてもダメなんだよなあ……。わかっちゃいるんだけど。やりたいことだけやっても、それこそ意味がない。これからコツコツ積み上げていくぞ。

季節は秋、スポーツの季節でもある。普段身体を動かさないという人も、何か始めてみてはいかがだろうか。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【保存推奨】あんま指圧マッサージ師に聞いた! 5秒 × 5セットで肩コリをやわらげる簡単ストレッチ

デスクワーカーにとって肩コリは大敵だ。机に向かって仕事をしている以上、避けることのできない肉体疲労のひとつであり、ひどい場合には頭痛を引き起こす原因にもなる。

それを和らげるために、前回は壁を使った簡単ストレッチについてお伝えした。今回は5秒 × 5セットの簡単ストレッチを3種紹介しよう。短時間でできるので、ぜひとも実践して欲しい。

・腕と肩甲骨のストレッチ

今回もストレッチをお教え頂いたのは、東京・市ヶ谷のオレンジ治療院の院長、高橋麻衣子先生だ。デスクワークで肩コリになる理由については、前回お伝えした。パソコンを使用する際に、机に腕をついて画面をのぞき込む姿勢が原因のひとつである。

首・肩にかかる負担を和らげるために、前回は壁を使って胸を開くストレッチを紹介したが、今回は硬くなりがちな上腕の筋肉と、肩甲骨を開くストレッチをお伝えしたい。

・5秒 × 5セット

長時間机に向かってパソコン作業をしていると、腕で上体を支えることになるため、上腕の筋肉が硬くなりやすい。とくに腕の前側にばかり力んで、後ろ側は緩みっぱなしである。

また、肩甲骨を開いた状態で日々数時間作業しているので、胸が閉じて自然と頭も前に出る。その頭の重さを支えるために、首・肩が踏ん張って筋肉がコリ固まってしまう。

まずは上腕の後ろ側の筋肉を動かすことで力のバランスをとり、肩甲骨を寄せる動きで胸を開くようにしたいと思う。

その1. 腕のストレッチ

最初に腕の5秒 × 5セットストレッチから。

肘を90度に曲げた状態で、開いた手のひらを外側に向け、そのまま肘を逆にそらすように完全に伸ばし切る。上腕の裏側の筋肉がギュッと引き締まるのを感じるはずだ。これを5秒で1回、5セット行う。左右それぞれの腕で行う。

その2. 肩甲骨のストレッチ1

次に肩甲骨のストレッチの1番目。

手のひらを上に向けた状態で脇を締めて、腕を左右それぞれの方向に開く。胸を開き、肩甲骨をしっかりと引き寄せるように行う。これも5秒1回を5セット。

肩甲骨をギュッと寄せるように意識しよう。

その3. 肩甲骨のストレッチ2

最後に肩甲骨のストレッチの2番目。

腕を肩の高さまで上げて肘を90度に曲げる。そして脇を開いた状態で手のひらは真後ろに向ける。この状態でやはり5秒1回を5セット行う。

これも先のストレッチと同じく、しっかりと肩甲骨を寄せるように心がけよう。

肩甲骨まわりの筋肉を動かすことで、胸が開きやすくなるはずである。

ゆっくりストレッチをやる時間がないし、人目が気になってできないという人は、トイレに行った時でも良いので、5秒 × 5セット。3種全部やっても1分40秒だ。内容は難しくないはずなので、「トイレに行ったらストレッチ」を習慣づけると良いだろう。

取材協力:オレンジ治療院
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24