【実録】いきなり迷惑メールが増えた! もしや迷惑メールフィルターも機能していない? と思ったのでSoftbankに聞いてみた

未読ゼロ! そう、かつて私のiPhoneの緑アイコンの「メッセージ」アプリには未読の迷惑メールが6000件以上も溜まっていたのだが、その後まじめに整理して今やゼロ!! こうしておかないと、たまに届く母からのメールにも気づけないので、未読ゼロ状態は維持したい。──ところが!

突如。本当に何の前触れもなく、突如として昨日あたりから迷惑メールがジャンジャンと届くようになってしまったのである。それはまるで、堤防が決壊するような勢いで。いったい何が起きたのか!?

・フィルター「強」をすり抜けてくる

ここ数カ月の私は、特にネタになるような迷惑メールが届かなくなったこともあり、Softbankの迷惑メールフィルターを「強」にして防衛していた。たまーに強フィルターをすり抜けてくる迷惑メールも存在したが、フィルター「強」の威力は絶大なり。ほぼ無着信の日々が続いていた。

しかし、昨日から、2〜3分に1通の頻度、6時間で200件以上のペースで迷惑メールが届くようになったのである。ど、どうして? 迷惑メールフィルター「強」の威力、どした? フィルター、壊れたか? Softbankに聞いてみた!

──(かくかくしかじかな状況なのですが、)何かあったのでしょうか?

A「迷惑メール判別は難しいこともあり、また、発信元も対策をしてくるため、フィルターだけの設定では防げない場合もございます。お力になれず大変申し訳ございません」

──もしかして今、迷惑メールフィルターのメンテナンスや、フィルターの設定等が変わったりしているのでしょうか? 

A「現在メンテナンス中などの通知は受け取っておりません

──となると、ソフトバンクの迷惑メールフィルター「強」にしても突破される迷惑メールが登場したとの認識でよろしいでしょうか?

A「申し訳ございませんが、フィルターの学習機能が現状追い付いていない状況でございます」

──改善される予定や、改善される可能性はございますでしょうか?

A「日々学習しておりますが、対策が追い付かない場合がございますので、もし可能でございましたら、『メールの拒否設定』などの設定もお試しいただければと存じます」

──もう少し質問させてください。私のまわりでも、私と同様に「ここ最近になって迷惑メールが増えた」と証言する人が大勢います。そのような報告はソフトバンクさんの方にも届いていますでしょうか?

A「過去最近に限らず、迷惑メール対策はいたちごっこのようなものでございます。ご希望に沿った対策ができず大変申し訳ございません」

──イマイチ会話が噛み合わなかった気もするが、Q&Aは上記の通り。

つまるところ、現状、日々大量に送信される迷惑メールが「迷惑メールフィルター」のキャパを凌駕(りょうが)して処理が追っつかなくなっているということだろう。それはまるで、水処理施設の水が溢れてしまうかのごとく。

・対策

なお、フィルター機能でブロックできない迷惑メールへの対策としては、「PCメール拒否」や「URLリンク付きメールを拒否」、はたまたメールアドレスの「後方一致」か、「部分一致」での着信拒否登録が効果的であるとのこと。

もしくは、iPhoneユーザーであるならば、溜まりに溜まった迷惑メールを、ツツーッっとスワイプしつつ下にスクロールしながら選択して一気に削除すればOKであろう。

よく「年の瀬になると迷惑メールが増える」と言うが、増えすぎてフィルターの柵ごと押し倒してくるとは、なんという強引な突破力。一刻も早く、迷惑メールフィルターだけで迷惑メールが捌(さば)ける状態に戻ることを切に願うばかりである。

Report:迷惑メール評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → 『GO羽鳥の【実録】迷惑メールシリーズ


Source: ロケットニュース24

【実録】進化した「LINE乗っ取り」と凶暴性について

もう絶滅したであろうと思われていた「LINE乗っ取り」だが、なんと令和になった今もなお、「近くのコンビニでWebマネーのカードを何枚か買ってきて欲しい」的な、昔ながらの方法で犯行を重ねているようだ。

というのもつい先日、海外に住む私の友人から、Facebookのメッセンジャー経由で「LINEを乗っ取られた!」とのSOSが舞い込んできたのである。現在進行系なので、「こらしめてくれ!」と。

話を聞けば、すでに何名かの友人がLINE乗っ取りだとは気づかずに、Webマネーを購入&教えてしまったとのこと。それはイカン。こらしめられるかどうかは未知数だが、とりあえず乗っ取り犯との接触を試みた。

まずは「hi」と英語で挨拶してみたが、反応なし。続いては「○○サーン」と、知人の名前を呼びかけつつ、「いまどこ?」と探りを入れてみた。すると、ダダダッと「既読」がついた。相手は、いる。読んでいる。

さて、どうしよう。

引っ張るか?

──と、ここで、私はある意味、賭けに出た。昔のように、静かな攻防から……が通用しなくなっているのが昨今の短気なスパム(詐欺師)である。これまで何度も何度も「静かな出だし」で失敗してきた。なので、今回は……

いきなり飛び出すことにした。

しかし、それと同時に……

これである。顔を見ただけでファッ●ユーって……。なんという機嫌の悪さ。なんという凶暴性。どんな人生を送ったらそんなにキレやすくなるのか。非行に走りそうで心配だ。

ともあれ、これ以後、二度と「既読」が付くことはなかったのであった。

・「なりすまし」のレベルが格段に進化

ちなみに今回のLINE乗っ取りによる被害者は2名。乗っ取りのニセモノだとは気づかず、5万円のWebマネーを買って送ってしまったらしい。しかし、ここで「いまだに騙されるって(笑)」と思ってはいけない。

なぜならば、さらに詳しく事情を聞いてみると、昔のLINE乗っ取り」とは違う点が、いくつか浮かび上がってきたからである。やってることは同じだが、「なりすまし」のレベルが格段に進化しているのだ。

・日本語が上達

まず第一の進化は、日本語が相当に上達しているということ。今回、被害にあった人たちが撮ってくれた数枚のスクリーンショットを見せてもらったが、かなり自然な「日本語の会話」になっていた。私が昔バトルした時のような「ちぐはぐな会話」にはなっていなかったのだ。

・過去のLINEを読んでいる

最も恐ろしいのはコレ。おそらくだが、乗っ取り犯は、LINEを乗っ取ってから数十分の間に、過去のLINEを読みまくって、その人の状況を理解しているようなのだ。事実、今回のケースでも、私の知人が海外に住んでいることはもちろん、知人が務める会社の名前も熟知していた。

──細かい変化は他にもあるが、大きく言えば上記の2点。オマケで1つ付け加えるとすれば「カモにならないとわかった瞬間にキレてくる」もか。

いずれにしても、絶対に忘れてはならないのは、「LINE乗っ取り」は決して過去のものではなく、今なお進化しながら生き続けているということ。また、昔よりも注意しなければならないということ。時代と共にAIが進化して人間に近づいていくのと同じく、LINEの乗っ取り犯のスキルもまた進化し、“その人に近づいていく” のかもしれないのだから。

Report:迷惑メール評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → 『GO羽鳥の【実録】迷惑メールシリーズ


Source: ロケットニュース24

【知ってた?】iPhoneの「メッセージ」はツツーッっとスワイプしつつ下にスクロールしながら延々と選択可能! 「メール」でも同様に選択可!!

つい先日、気持ちも新たに iPhoneを機種変! ピッカピカのiPhone11Proなので、画面の中もキレイにしたいと思い、未読の迷惑メールが6000件以上も溜まってしまった緑アイコンのメッセージ(SMS)を整理しようと決意した。

でもこれ、大変なんだよなぁ……。なにせ6000件オーバー。ポチポチポチポチって選択して、スクロールして、またポチポチポチポチって選択して……を繰り返さなければならない。時間と気合いと根性が必要な作業だ。

ところが!

(…)のボタンを押してから……

「メッセージを選択」を選択して……

ひとつひとつポチポチやろうとしたら……

ツツーッって……!

さらに……

延々と下にツツーッって……!!

何を言っているのか分からないかも知れないけれど、ツツーッっと下にスクロールしながら延々と選択できるようになっているーっ!!

これなら6000件も楽々選択できるーっ\(^O^)/

ちなみにこのツツーッ、緑アイコンのメッセージ(SMS)だけではなく、封筒アイコンの「メール」でも……

ツツーッできたっ٩( ‘ω’ )و

一体全体、いつからこんなことができるようになったのか! 私の持っている5台のiPhoneで調べてみたところ、

iOS 13.2.2(iPhone11Pro) → できる
iOS 13.1.3(iPhoneXs) → できる
iOS 13.1.2(iPhoneSE) → できる
iOS 12.4.3(iPhone6) → できない
iOS 10.3.4(iPhone5) → できない

……てな感じだったので、おそらく iOS13からの仕様であると思われる。よくやった iOS13。昔からこういう機能を待っていた! 迷惑メールの整理に苦労している人なら待望の機能と言えるだろう。さ〜て、6000件、ツツーッっと整理するぞーっ٩( ‘ω’ )و ツツーッ……。

Report:迷惑メール評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24.
Screenshots:iOS


Source: ロケットニュース24