安くて高品質なIKEAのスピーカーで音楽とインテリアを楽しむ毎日を!

リビングで思いっきり音楽を楽しみたい!そんなケースでは、スピーカー選びが大切です。

「音がいい。デザインがいい。値段が手頃。そんなわがままをかなえてくれるスピーカーが、IKEAにありました」と教えてくれたのは、インテリアライターとして活躍する遠藤舞衣さん。おすすめポイントのほか、スピーカーのデザインを引き立てるディスプレーも紹介します。

棚とスピーカーとグリーン

IKEAのスピーカー「ENEBY」がおすすめなワケ

これまで、音楽はタブレットで聞くしかなかったわが家。リビング全体に音を届けようとボリュームを上げると、キンキンとした音が耳につき、音楽を心から楽しめないでいました。

スピーカーを欲しいとは思っていたものの、スピーカーメーカーのものはどれもデザインが気に入らず、たまにいいデザインがあっても高い…と悩む日々。そんなとき、ふとIKEAに立ち寄った際に見つけたのが「ENEBY」というスピーカー。デザインも値段も音も納得の品でした。

低価格なのに音質がいい

ENEBYは正方形のデザインで、カラーは黒と白、20cmサイズ(5999円・税込み)と30cmサイズ(9990円・税込み)があります。この値段の安さで、モノラルスピーカーとしての音質は満足いくものでした。また、高低音の調節もできるので、より音質にこだわりたい方にもおすすめです。

一般的なリビング(12〜20畳)に使うのであれば、30cmサイズを設置位置に気をつけて取りつけることで、部屋の隅々まで音が行き渡ります。

20サイズと30サイズの音の差は?

両方の音を店内で試したのですが、何せIKEAは広い…。広い空間では、やはり、30サイズのほうが音の広がりを感じました。しかし、場所によっては20サイズでも問題なさそうです。

たとえば6畳程度の書斎で一人で聞くというのであれば20サイズで十分でしょう。わが家はリビングで使うのが大前提のため、30サイズを購入しました。

壁掛けと直置き、スタンド置きが選べる

「ENEBY」の魅力は、音や価格だけでなく、置き方のバリエーションにもあります。棚などに直に置くほか、スタンド(別売り)に置いたり、専用のブラケット(別売り)で壁掛けにもできます。

スピーカーを設置してみると…

壁にスピーカーを取りつけてみました。わが家の壁は真っ白なため、あえて黒をチョイスしてアクセントに。取りつけた場所は、部屋の一番奥側。長方形のリビングなので、奥に取りつけることで部屋全体に音が行き渡ります。

壁掛けを選んだ理由と取りつけ位置

ENEBYを壁に取りつける場合、8mm程度の穴を開ける必要があります。壁を傷めることになりますが、それでも壁掛けを選んだ理由は、子どもが倒したり、持ち運んだりしないようにすることと、高い位置にあったほうが音がよさそうと思った結果です。

棚をプラスしておしゃれなディスプレーに

スピーカーを取りつけたものの、単品だけではどこか殺風景…。そこで、オークカラーの棚をつくることに。スピーカーと合わせて、黒のアイアンバーと棚受けを選びました。棚板も合わせて材料はすべてカインズで購入。材料費はおよそ4000円でした。


スピーカーと棚の間はわずかに隙間をあけています。これは、万が一スピーカーが落ちてきたときに、棚がワンクッションになりスピーカーが壊れにくくなるのでは…と期待してのことです。

棚をプラスすることで、ENEBYを素敵に彩ることができるようになりました。基本は実用性を考え本を置いています。スピーカーと本の相性がとてもかわいいと思いついたアイデアです。洋書や背表紙のかわいい本なら、もっと素敵になるはず。

子どものおもちゃやお絵かきを飾って、思いっきりポップな雰囲気にしてもしっくりきます。スピーカーのデザインがスッキリしているので、どんなテイストとも合わせやすいです。

グリーンを添えて書斎にも合いそうなディスプレーに。黒がグリーンを鮮やかに見せてくれて、さわやかな印象になりました。


ドライフラワーやキャニスターなど、かわいらしい小物を置くと、やさしいカントリースタイルに仕上がります。おしゃれで高品質なスピーカーが欲しい!という方に、ENEBYはおすすめ。毎日の音楽とインテリアを、素敵に楽しみましょう。

Source: 日刊住まい

【100均検証】浴室でも使える防滴「Bluetoothスピーカー」の新作「Bluetoothスピーカー2」がダイソーに売っていたので即ゲット! 新旧比較してみたところ…

言いたくはないが、言わざるを得ない。「喝」と。喝も喝で大喝(おおかつ)だ。今回の私は張本勲(はりもといさお)ばりの喝男(かつお)である。

まず最初に、これだけは書いておきたい。

もしもダイソーに、防滴なので浴室でも使える「Bluetoothスピーカー(1)」と、その新作「Bluetoothスピーカー2」が並んで売っていたら、迷うことなく旧作の「1」を購入すべし! 「2」を選んだら間違いなくガッカリする。その理由は以下の通りだ。

実は最初から嫌な予感はしていた。ものすごい細かいことだが、パッケージの時点で違和感を抱いていたのだ。基本的なパッケージデザインは同じだし、価格も600円で完全に同じ。それなのに……

ロゴ(マーク)が違う……!!

旧タイプ(1)は「新しいダイソーを象徴するNEWダイソーのマーク」なのに対し、新タイプ(2)は、昔からよく見かける「アルファベットのDが2つ並んだ、ダイソーのデジタル商品を表す青いマーク」なのである。

なぜ新しい商品(2)に「古さ」を象徴する青マークをチョイスするのか。きっと深い意味があるのだと思うが、100均パッケージだけで狂喜乱舞する私としては意味不明なロゴチョイスである。

開封しても、嫌な予感はズバズバと的中した。入っているのは、スピーカー本体とケーブルと説明書で、旧タイプ(1)と同じ……と思わせておいて、実は違う! 何が違うのかというと……

ケーブルの先っちょ……!!

旧タイプ(1)は、おそらくこの世に最も多く出回っているであろうUSBの規格「micro USB Type-B」用なのに対し、新タイプ(2)の先っちょは、ズポっと挿す形状の「DC5Vプラグ」なのだ。

これ、本当に致命的。仮に「micro USB Type-B」だとしたら、他で使ってる「micro USB Type-B」ケーブルも流用できる。他のUSB対応の電子機器からケーブル外して充電しよう、とかね。

でも……

「DC5Vプラグ」なんて他で使ってない! ほぼ専用!! このスピーカーのためだけに、この「DC5Vプラグ」のケーブルを大切にとっとかなきゃならんのか……と絶望的な気持ちにさえなってくる。

今回、細かくて本当に申し訳ない。

この調子でネチネチと指摘してたら辞書一冊分くらい書けそうな “喝ポイント” がまだまだあるのだが、キリがないので次の喝で終わりにしたいと思う。だが、最後の喝こそトドメの一撃だ。

最後の喝。それは……「絶望的に音質が悪い」ということ。なんなんだこれは。ギャグなのか? 一体どうして、「1」であんなにキレイな音を奏でていたのに、「2」になったらモゴモゴするんだ!

こもっているのだ。史上最悪に「こもっている」のだ。本体の表から音が出る「1」とは違い、「2」は本体の裏側から音が出ることを差し置いても最悪だ。高音も低音もクソもない。子供だましのスピーカーか! ってくらいにクソな音が出るのである。なお、どれだけのクソ音なのかは……

View this post on Instagram

だめだこりゃ

A post shared by 羽鳥@ロケットニュース24 (@rockethatori) on Aug 21, 2019 at 1:46am PDT

私のインスタ動画の音で判断していただきたい。

最後に。フォローするわけではないが、Bluetooth接続もバッチリできるし、クソすぎるけど音は出る。もちろん防滴の性能もバッチリだ。一応、使える。

しかし、デザイン的にも性能的にも最強だった「1」が存在する以上、どう考えても「2」はオススメできないというのが私の結論。念押しで書くが、「1」と「2」が並んでいたら、正解は「1」だ。

新しい=進化しているとは限らないってことを、私はこの商品で知った気がする。また今回の比較によって、「1」の出来の良さをあらためて感じた次第だ。いつか出るであろう「3」に期待したい。

Report:100均評論家・GO羽鳥
Photo:RocketNews24

« 前回へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

魔法びんのサーモスが作った真空スピーカー『VECLOS SSA-40』がマジ高音質! どこでもクリアな音を聴きたい人にオススメ!!

スマホユーザーにとっておなじみのBluetoothスピーカー。BOSE、SONY、JBL、ANKERなどなど、有名オーディオメーカーの商品をすでにお持ちの方は多いだろう。

そんな中、意外にも一部のオーディオファンの間で話題になっているのが、魔法びんの「サーモス」が開発したBluetoothスピーカーだ。筆者も気になったので購入してみたらこれがマジで高音質。すっかり気に入ってしまったのでご紹介したい。

・『VECLOS SSA-40S』

筆者が購入したBluetoothスピーカーの名前は『VECLOS SSA-40S』。市場価格は1万5000円前後となっている。

この商品の大きな特徴は「真空エンクロージャー」だ。同社の情報によると、スピーカーのまわりに真空の層を設けることにより、振動を効果的に抑制して雑音を遮断。キレのあるクリアな音質を実現しているという。

なお、対応コーデックはSBC。連続再生時間はスピーカー1本のみだと連続10時間、スピーカー2本(ステレオ)で6時間。満充電までの時間は3時間となっている。

・小型軽量でスタイリッシュなデザイン

それでは実際に商品を見ていこう。箱の中に入っているのは、左右のスピーカー本体、充電用USBケーブル、スピーカー同士を接続するためのケーブル、キャリングポーチである。

スピーカー本体の主な素材はステンレスとプラスチック。何となく魔法びんっぽい雰囲気を漂わせつつも、デザインはスタイリッシュだ。

サイズはスピーカー1本が手のひらにすっぽり収まるほどコンパクト。重さも2本で約300グラムと軽量だ。左右独立型のスピーカーとしては抜群の携帯性を誇る商品と言っていいだろう。

ちなみにスピーカー本体には……

充電用USB端子と……

L側に音を送るため出力ポートとAUX(外部入力)端子を装備。

底面は可動式でセッティング時に角度をつける事が可能だ。

・楽器の鳴りやボーカルの息遣いをリアルに表現

そして何より注目すべきは音質である。中高音のサウンドが非常に鮮明で、楽器の鳴りやボーカルの息遣いをリアルに聴き取れるなど、サイズを超えた臨場感あふれるサウンドを楽しむことができる。

さらには左右が独立しているおかげでスピーカーの間を広く取れるため、音の広がりや奥行きも繊細に表現。セッティングによっては音に包み込まれるような感覚が得られるゾ。また、Bluetooth接続よりもオーディオケーブルで接続した方がパワーがあってより高音質だった。

だが、音質がクリアな一方、実は低音の量はかなり控えめだ。しかし、筆者の好みとしてはリビングや宿泊先などで使う際、ズンズン響く低音は鳴らない方が良いのでむしろ好都合。手軽に使えるBluetoothスピーカーとしては今のところ最も気に入っている。

強いて改善してほしい点を挙げるとすれば、パソコンのUSBポートから電源を取るとノイズが入ってしまう点(USBアダプターを使えば問題なし)と、外部入力接続時に青いランプがチカチカと点滅し続ける点くらいである。

というわけで、魔法びんの「サーモス」が開発したBluetoothスピーカー『VECLOS SSA-40S』はいつでもどこでもクリアな音を聴きたい方にオススメだ。家電量販店でも販売されているので、興味のある方は試聴してみてはいかがだろうか。

参考リンク:サーモス株式会社「VECLOS SSA-40シリーズ」
Report:スピーカー評論家・K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24