スマホで「玄関の鍵を開け閉め」が快適過ぎた。工事不要のスマートキーは家族の味方

スマートキーをスマホで操作
鍵やスマホをカバンに入れた状態でも、玄関の鍵を開け閉めできるスマートキー。玄関のドアに搭載されていないタイプ以外にも、簡単に後付けできるタイプがあるのをご存じでしょうか。

キーレスのクルマのように玄関の鍵も簡単に解錠できたら便利なのに…と思っていても、リフォーム費用も気になりますよね。

最近、玄関の鍵をスマートキー「Qrio Lock(キュリオロック)」に替えたという日刊住まいライターが、設置から使い心地までレポートします。

出産をきっかけにスマートキーを検討。でも工事費にびっくり

スマートキーと玄関

家を建てた際、スマートキーを導入しなかったわが家。その理由はひとつ、おっちょこちょいな筆者は「絶対に締め出される!」という不安があったから…。

しかしキーレスの車に乗り換えたタイミングで玄関ドアの鍵の開け閉めがわずらわしく感じるように。さらに出産後は、両手いっぱいの荷物+子どもを抱えながら、カバンから鍵を探すというシーンが増え、とてもストレスを感じていました。

それらの理由から玄関ドアのリフォームを検討するようになりましたが、リフォーム費用は20万近くかかってしまうため諦めモードに…。そんなときに見つけたのが今回ご紹介する「Qrio Lock(キュリオロック)」2万5300円(税込)です。

スマホが鍵代わりになり、ハンズフリーで開け閉め可能!

ドアに付けたスマートキー

Qrio Lockはスマホを鍵代わりにして玄関ドアの開け閉めができるアイテムです。ハンズフリーで解錠できるだけでなく、オートロック機能も搭載されているため玄関でカバンから鍵を探し出す必要がありません。

サムターンホルダーは3つのタイプが同梱されているため、特殊な鍵ではない限りほとんどの玄関ドアに取り付けられます。また別売りのアイテムを追加することで、さらに便利な使い方もできるんです。

特別な工事は不要。3万円弱でスマートキーがわが家に!

ここでは筆者が感じたQrio Lockのメリットをまとめてみました。

リフォーム費用に比べて低価格

先述したとおり、玄関ドアをリフォームしようとすると20万近く費用がかかります。しかしQrio Lockは2万5300円で購入できるため、リフォーム費用に比べて価格を抑えながらスマートキー化が実現します。

工事不要で手軽に取り付けが可能

設置には特別な工事は不要です。本体の重量が電池を入れた状態でも約240gと軽量のため、両面テープで取り付け可能。またサイズカットされた強力な両面テープが同梱されており、届いた瞬間からすぐに取り付けられます。

合鍵機能で家族や知人と玄関の鍵を共有

スマートキーの合鍵機能

スマホに専用のアプリを入れれば、スマホを利用して鍵の開け閉めが可能。複数人で玄関の鍵を開けられるようになります。

またスマホを持っていない子どもには別売りの「Qrio Key(キュリオキー)」4140円(税込)を購入することで、同じように鍵の開け閉めができるんです。

ランニングコストや見た目がネック?Qrio Lockのデメリット

とても便利なQrio Lockですが、デメリットを挙げるとすれば以下になります。

電池式のためランニングコストがかかる

スマートキーのリチウム電池

「CR123A」というリチウム電池で作動しているため、定期的に電池の交換が必要です。メインで2本、電池切れ防止用に2本の計4本の電池を入れるようにできています。2本で180日程度使用可能。家電量販店で2本セットのものが約700円で購入できます。

既存の鍵の上から取り付けるため目立つ

スマートキーの横側

Qrio Lockは既存の鍵の上から被せるように取り付けるため、すっきりとしたスマートキー搭載の玄関ドアに比べて目立つという欠点が。約8㎝の高さがあります。

外出先から確認、施錠もでき、スマートスピーカーと連携も便利!

開け閉め履歴をスマホで確認
わが家ではQrio Lockとセットで「Qrio Hub(キュリオハブ)」7890円(税込)を購入しました。それにより外出先でも鍵が開いているか確認でき、開いている場合は遠隔で施錠が可能です。

さらに開け閉めしたタイミングで通知も届くため、防犯の役割も担っています。誰が何時に開け閉めしたかどうかも分かることも帰宅のサインとして安心です。

スマートスピーカーを設置

Qrio Lockは様々なスマートスピーカーと連携できます。わが家は「Google Home(グーグルホーム)」に繋げて使用。玄関に確認しに行かなくても、リビングにあるGoogle Homeに「鍵はかかっている?」と話しかければ、鍵が締まっているかの確認や、鍵の施錠ができます。

ちなみに、締め出される不安がある筆者は現在オートロック機能をオフにして使用しています。慣れてきて、大丈夫だと思ったらオートロック機能をオンにする予定です。

工事不要で取り付けられるため、賃貸でも設置可能です。便利で快適なスマートキー。導入を検討されている方は参考にしてみてください。

Source: 日刊住まい

鍵を家に置いていても車が盗まれる!「リレーアタック」という手口

車の鍵、家の中のどこに置いていますか? 玄関先など決まった場所に置いていることが多いでしょう。

とある失敗をして以来、車の鍵の置き場所を玄関に固定しているというライターの秋山悠紀さん。

秋山さんの失敗談と、家の中に鍵を置いていているのに車を盗まれてしまう「リレーアタック」という、近年増えている新しい車の盗難手口についてご紹介します。

「スマートキーだから」と車の鍵をバッグに収納して大失敗

筆者宅では今の家に引っ越したばかりの頃、車の鍵の置き場所を定めていませんでした。

当時はメインの運転手が夫だったため、夫がよく使うバッグの中にそのままポンと入れていました。

バッグの中に鍵を入れていれば、そのままドア施錠もエンジンの始動も可能というスマートキーの便利な機能に頼り切っていたとも言えます。

便利なスマートキー

しかし、こうした雑な収納をしていたために、いざ車に乗ろうと思って車の鍵を探しても、そもそもバッグを家の中のどこに置いたのかわからずに探し回る、というハメに。

さらにバッグが見つかっても、内ポケットに入っていたりバッグの底に沈んでいたりして再びガサガサと探すことになり、急いでいるときに「車の鍵が見つからない!」ということを何度も経験しました。

そうした経験を経て、今では玄関に小さなトレーを用意。そこに自転車の鍵などと一緒に置くようになりました。

しかし、この「玄関にスマートキーを置く」という収納方法は、必ずしも安全ではないことをご存知でしょうか。

家の中に車の鍵を置いても車が盗まれる「リレーアタック」とは?

「リレーアタック」とは、現在多くの車で採用されているスマートキーのシステムを悪用した犯罪です。

リレーアタックの仕組み

そもそもスマートキーは、ポケットやバッグなど身に着けていれば車のドアノブに手を近づけるだけでロックが解除され、車内でそのままエンジンボタンを押してエンジンをかけることができるシステム。

そのためスマートキーからは、常に微弱な電波が発信されています。その電波と車からも発信されている微弱な電波を受信させることで、こうした便利な機能が可能になっています。

駐車している車

リレーアタックは、このスマートキーの電波を不正に受信し、スマートキーと車の誤判断を引き起こします。

そしてスマートキーを盗むことなくエンジンをかけて車だけを盗難。つまり、家の中にスマートキーを置いていても車が盗まれてしまうんです。

リレーアタック対策に必要なことは電波遮断

そんなリレーアタックに対して、在宅時にできる有効な対策があります。それは、スマートキーの電波を遮断させること。

車から離れる場合、リレーアタック対策を講じる

車種によっては、スマートキーの電池を抜けたり微弱電波のオンオフ切り替えができたりするものもあります。

車から離れたらそういったスマートキーの電波遮断を行うといいでしょう。

ほかにも、家の中では電波を遮断するアイテムにスマートキーを入れておくという方法も有効です。

インテリアにもなるスマートキー用キーケースも

最近ではリレーアタックが増えていることを受け、電波遮断ボックスやケース、ポーチなども販売されています。

大手カー用品チェーンのイエローハットからはぬいぐるみを主役にした写真撮影で人気のキャラ「ちょっこりさんず」がキーケースになった「ちょっこりさんずのキーケース」が発売されています。

リレーアタック対策グッズのキーケース

スマートキーから出る微弱電波を抑制する生地を使用しているため、スマートキーをこのキーケースに入れておくだけでリレーアタック対策になります。

家でくつろいでいる間に勝手に車が盗まれてしまう「リレーアタック」。まだまだ聞き馴染みのない犯罪ですが、この機会にリレーアタック対策をしてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい