鍵を家に置いていても車が盗まれる!「リレーアタック」という手口

車の鍵、家の中のどこに置いていますか? 玄関先など決まった場所に置いていることが多いでしょう。

とある失敗をして以来、車の鍵の置き場所を玄関に固定しているというライターの秋山悠紀さん。

秋山さんの失敗談と、家の中に鍵を置いていているのに車を盗まれてしまう「リレーアタック」という、近年増えている新しい車の盗難手口についてご紹介します。

「スマートキーだから」と車の鍵をバッグに収納して大失敗

筆者宅では今の家に引っ越したばかりの頃、車の鍵の置き場所を定めていませんでした。

当時はメインの運転手が夫だったため、夫がよく使うバッグの中にそのままポンと入れていました。

バッグの中に鍵を入れていれば、そのままドア施錠もエンジンの始動も可能というスマートキーの便利な機能に頼り切っていたとも言えます。

便利なスマートキー

しかし、こうした雑な収納をしていたために、いざ車に乗ろうと思って車の鍵を探しても、そもそもバッグを家の中のどこに置いたのかわからずに探し回る、というハメに。

さらにバッグが見つかっても、内ポケットに入っていたりバッグの底に沈んでいたりして再びガサガサと探すことになり、急いでいるときに「車の鍵が見つからない!」ということを何度も経験しました。

そうした経験を経て、今では玄関に小さなトレーを用意。そこに自転車の鍵などと一緒に置くようになりました。

しかし、この「玄関にスマートキーを置く」という収納方法は、必ずしも安全ではないことをご存知でしょうか。

家の中に車の鍵を置いても車が盗まれる「リレーアタック」とは?

「リレーアタック」とは、現在多くの車で採用されているスマートキーのシステムを悪用した犯罪です。

リレーアタックの仕組み

そもそもスマートキーは、ポケットやバッグなど身に着けていれば車のドアノブに手を近づけるだけでロックが解除され、車内でそのままエンジンボタンを押してエンジンをかけることができるシステム。

そのためスマートキーからは、常に微弱な電波が発信されています。その電波と車からも発信されている微弱な電波を受信させることで、こうした便利な機能が可能になっています。

駐車している車

リレーアタックは、このスマートキーの電波を不正に受信し、スマートキーと車の誤判断を引き起こします。

そしてスマートキーを盗むことなくエンジンをかけて車だけを盗難。つまり、家の中にスマートキーを置いていても車が盗まれてしまうんです。

リレーアタック対策に必要なことは電波遮断

そんなリレーアタックに対して、在宅時にできる有効な対策があります。それは、スマートキーの電波を遮断させること。

車から離れる場合、リレーアタック対策を講じる

車種によっては、スマートキーの電池を抜けたり微弱電波のオンオフ切り替えができたりするものもあります。

車から離れたらそういったスマートキーの電波遮断を行うといいでしょう。

ほかにも、家の中では電波を遮断するアイテムにスマートキーを入れておくという方法も有効です。

インテリアにもなるスマートキー用キーケースも

最近ではリレーアタックが増えていることを受け、電波遮断ボックスやケース、ポーチなども販売されています。

大手カー用品チェーンのイエローハットからはぬいぐるみを主役にした写真撮影で人気のキャラ「ちょっこりさんず」がキーケースになった「ちょっこりさんずのキーケース」が発売されています。

リレーアタック対策グッズのキーケース

スマートキーから出る微弱電波を抑制する生地を使用しているため、スマートキーをこのキーケースに入れておくだけでリレーアタック対策になります。

家でくつろいでいる間に勝手に車が盗まれてしまう「リレーアタック」。まだまだ聞き馴染みのない犯罪ですが、この機会にリレーアタック対策をしてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい