【魁!! アプリ塾】「スリランカ初のラップミュージックでの試合」という説明のゲームに挑んだら、想像と全然違う内容でめっちゃビビったッ!!

押忍! 魁・アプリ塾1号生筆頭、佐藤英典です! 使えそうなアプリを実際に使用して検証するこの企画。最近冒頭の挨拶を忘れがちなので、この挨拶は今回でやめにします。さて、私はiPhone端末とAndroid端末の2台を持ち歩いているのだが、今頃になってAndroidのゲームアプリの面白さに気が付いた。

国名で検索すると、内容が想像できないゲームに遭遇するのである。やってみるまでシューティングなのかRPGなのか、それともパズルなのかクイズなのか、全然わからない。今回紹介する「Hithumathe Jeevithe」も完全に私の予想を超えるゲームだった!

・スリランカで検索

このゲームは「Google Play ゲーム」で “スリランカ” と検索したところヒットしたものだ。どうやら、国名で検索すると、世界各国のマイナーゲームを発掘できるらしい。まだ調査を開始したばかりだが、配信されているタイトルを見ると、その国の特色が反映されているように思う。この辺については追って報告しよう。

・ラップで試合?

「Hithumathe Jeevithe」の説明には次のようにある。

スリランカ初のラップミュージックでの試合」(Google Play ゲームより)

へ~、ラップミュージックでの試合って、フリースタイルラップとかのことかな? ビートで戦う感じのリズムゲームみたいなものなのかな? う~ん、この文章だけでは内容がわからない。わからないことをアレコレ考えてもしょうがない。実際にプレイしてみよう!

ということで、ウイルス感染も恐れずにダウンロード、そしてインストール!

・起動すると、予想と違う……

さっそく起動してみると……。うん? 私の思う「ラップ感」とはちょっと違う気がするんだけど……。スリランカではこんな感じなのか?

そして、画面上には手描き風イラストのおじさんの姿が。このおじさん誰? ラッパー?

と、とにかく起動しよう。ホーム画面にラップ感はなくても、ゲームそのものはラップミュージックに関するものだろう。いざ、プレイスタート!

って、これ横スクロールのアクションゲームじゃないか……。

「マリオかよ!」って言いたいところだけど、雰囲気としては『高橋名人の冒険島』に近い感じ。スタート後、何より気になったのが、あのホーム画面のおじさんを操作してるってこと!? サロン(腰布)を巻いてフィールドを走っているのは、間違いなくあのおじさんだろ……。

・操作説明

うう……、なんか混乱してきたけど、とにかくやってみよう。ゲームの操作は非常にシンプルだ。画面左側の「▲」がジャンプ。右側の「▼」がしゃがむ(頭を下げる)である。

前方から向かってくる犬をジャンプで避け……。

弾丸をしゃがんで避ける。しゃがむというよりも、頭突きで突進しているようにしか見えない……。

ゲーム内容については以上である!! / /

ほかには何もない!!!! / /

「ラップミュージックでの試合」とは何だったのか? これは私の推測だが、おそらくスリランカの言語(シンハラ語もしくは、タミル語)をGoogleで自動翻訳したところ、「ラップミュージックをBGMにゲームをプレイ」と表現するところを、あたかもラップミュージックで戦うかのような、翻訳になってしまったのではないだろうか。

いずれにしても、このBGMはラップをのせやすいトラックではあるものの、ミュージックとは言い難い。

それにしても、Androidのゲームアプリの世界は奥が深いなあ~。次はどんなゲームに出会えるのだろうか? 楽しみだ!

参照元:GooglePlay「Hithumathe Jeevithe
Report:佐藤英典
Screenshot:GooglePlay「Hithumathe Jeevithe」


Source: ロケットニュース24