セキュリティに強いオートロックマンションの探し方

物騒な事件が後を絶たない昨今、家族を守るために、マンションのセキュリティにもこだわりたいものです。

今回は、オートロックと鍵に焦点を当て、その現状の紹介と、セキュリティの高いマンションの探し方を紹介します。

1.オートロックは現代のマンション・セキュリティの王道

マンションの主なセキュリティとしては「24時間体制の有人管理」「防犯カメラ」「強化ガラス採用」などが挙げられます。

中でも「オートロックシステム」はここでは代表的な設備です。

エントランス

jun.SU. / PIXTA(ピクスタ)

1-1 オートロックシステムの現状

マンション居住者全員が利用する共用エントランスに共用鍵を付けるのが「オートロック」。

鍵を持たない居住者以外は居住者または管理人の確認がないと立ち入れないために、高い防犯効果があります。

近年、高額なタワーマンションを中心に、共用エントランスに加えてエレベーターやエレベーターホールから部屋がある廊下に出る部分にも鍵かかかっている物件が多くなってきています。

ダブルオートロック、トリプルオートロックと呼ばれるこのシステムによって、非常に防犯性が高くなります。

1-2 セキュリティレベルが高い鍵もある

セキュリティ

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

防犯性の高い鍵を使うことでセキュリティ度をアップさせることが可能です。

マンションに使われている鍵の種類はさまざまで、自室の鍵と同じ鍵でマンションのエントランスも開錠できる「集合キー」タイプなら、手軽で暗証番号を覚える手間も要りません。

ディンプルキーは構造が複雑で合鍵を作りにくいので安全性が高くおすすめです。

また、カードキー式も複製防止に効果があります。

暗証番号式も広く普及しています。ドアは電子ロックされており、テンキーによって暗証番号を入力しなければ解除されません。

マンションの通路

p_curo / PIXTA(ピクスタ)

鍵が複製されるリスクはありませんが、暗証番号を知られてしまうと、集合キー式と同じく部屋まで一気に侵入することができてしまいます。

電気錠は鍵を鍵穴にあてはめるのではなく、電気の信号を送受信してロックを開閉するので、鍵穴に細工をして侵入するのを防げます。

スマートフォンなどで鍵を開閉するタイプは鍵穴がなく、専用のカードやキーが不要なので、紛失や不当な複製がしにくくなり、より安全性が高くなっています。

このように、鍵もセキュリティが高いものが登場しています。

ただし、便利なほど他人の手に暗証番号や鍵自体を入手したときには、すぐに部屋までたどり着けてしまうので紛失には注意が必要です。

2.セキュリティが整ったマンションを探す方法

セキュリティが整ったマンションはどのように探せばよいのでしょうか。

2-1 インターネットのポータルサイトで探すとき

防犯カメラ

ABC / PIXTA(ピクスタ)

マンションのセキュリティを重視して物件を探す場合は、ポータルサイトの「こだわり検索」や「詳細検索」を活用しましょう。

多くのサイトに「オートロックシステムあり」「防犯カメラあり」など、セキュリティに関する項目が設けられています。それをチェックして検索しましょう。

2-2 新築マンションを検討するとき

新築マンションは、不動産のポータルサイトに掲載されていないケースが多くあります。

その場合は、興味のある新築マンションの専用ページでセキュリティの紹介部分をよく読みましょう。

2-3 設備に加えて周辺環境もチェック

夜

YNS / PIXTA(ピクスタ)

物件を実際に見に行くことで、さらに防犯性・安全性の高い物件を探すことができます。

インターネットの情報だけでは分からない、周辺環境やマンションのコミュニティの雰囲気などが分かります。

マンション周辺の人通りがほとんどなく夜間が暗いのはセキュリティ面でマイナスポイントになり、地域住人のつながりを感じられる場所にあるマンションはプラスポイントになります。

これらは、セキュリティと密接な関係があるのでじっくり観察すべきです。

2-4 マンション自体の造りを確認する

また、マンションの造りも確認しましょう。

外部に面した1階共用廊下の塀が低い、屋上に誰でも入れるようなマンションは、オートロックがあっても部外者が侵入しやすいので、セキュリティ上はあまりおすすめできません。

3.まとめ

オートロック

あみん / PIXTA(ピクスタ)

オートロックは防犯上、大変有効な設備です。しかし、完璧ではありません。

その仕組みや種類を理解したうえで、周辺環境やマンション自体の造りを確認し、防犯効果が高い物件を選ぶことが、リスクを軽減するために必要なのです。

Source: 日刊住まい

3階以上でも被害発生!マンションの防犯、どう対策すればいい?

マンションはオートロック機能が備わり、管理人が常駐し、警備会社に加入しているケースが多く、防犯面に優れていると考える人が大半でしょう。

しかし、一度侵入してしまえば人目につきにくい、バルコニーがつながっているなどの盲点もあります。

マンションで快適な暮らしを送るためには、自分で防犯対策することも大事になります。どんなことに気を付ければよいかををご紹介します。

1.共同住宅で起きた犯罪。現状は?

警視庁が発表した、2018年に共同住宅で起きた空き巣のデータに次のようなものがあります。

警察

mits / PIXTA(ピクスタ)

侵入手段は3階以上の共同住の場合、無施錠(約45%)、ガラス破り(約20%)、合鍵(約8%)となっています。

また、4階以上の共同住宅の場合も順位は同様で、無施錠(約48%)、ガラス破り(約17%)、合鍵(約13%)とパーセンテージが若干異なっています。

また、侵入口は3階以下の部屋は窓からの侵入が約53%、表出入口は約35%。4階以上の部屋は表出入口からの侵入が約54%、窓からの侵入が約33%となっています。

2.現代のマンション・セキュリティ事情

現代のマンションにおける防犯設備は、おもに次のものがあげられます。

防犯カメラ

キャプテンフック / PIXTA(ピクスタ)

2-1 オートロック

オートロックになっているマンションなら、住人以外は建物の中に入れませんので、用事がない人が玄関に近づくのを防ぐことができます。

「テレビモニター付きインターホン」ならば、来訪者の顔が確認できるため、より安心です。

2-2 防犯カメラ

エントランスやエレベーター、駐輪場などに防犯カメラを設置し、管理人室で監視できるシステムは、多くのマンションで採用されています。

カメラが設置されていれば、管理人やセキュリティ会社の社員、警察などが、不審なことがあった際すぐに察知でき、現場に駆けつけることができます。

カメラを設置すること自体が不審者に警戒感を与える効果もあります。

2-3 防犯性の高いマンションを選ぶポイント

公園

TOMO / PIXTA(ピクスタ)

セキュリティ設備が設置されているマンションを選ぶことも大事ですが、それに加えて、周辺の環境や住民の雰囲気がよいかを確認することは重要です。

駅に近いエリアは便利ですが、不特定多数の人が通るので、住宅街に比べ治安は悪いと考えられます。

道路や公園に面している所は、侵入経路や逃走経路が確保しやすい場所と言えるでしょう。

マンションを選ぶときは、駅からマンションまでの道を実際に歩いてみるといいです。

違法駐輪がみられる、シャッターなどに落書きがあるエリアは要注意です。

住民同士のコミュニティが形成されているマンションは、防犯面で大変おすすめです。

顔見知りが多ければ、見知らぬ人が館内にいることにすぐ気付けます。

ファミリー向けのマンションは住民同士の交流が盛んな所が多いので、治安がよいと言えます。

3.マンションでもプラスアルファの防犯対策を

防犯性をさらに高めるために、ガラスフィルムを貼る、防犯性の高い鍵を使用するなどして、自分でもプラスアルファの防犯対策を行うべきです。

鍵

polkadot / PIXTA(ピクスタ)

3-1 ピッキング対策に効果があるシリンダーキーを

表出入り口からの侵入を防ぐには、鍵をディンプルキーにするのがおすすめです。

ディンプルキーは、鍵の表面に複数のくぼみがあり、ディスクシリンダー錠やピンシリンダー錠よりも構造が複雑です。

ピッキングで開錠するのが難しく、合鍵の複製も難しいという特徴があります。

3-2 サムターン回し対策にカバーを取り付ける

ドアの隙間に工具を入れて鍵を破壊する手口や、ドアに穴を開け内側から開錠する「サムターン回し」と言われる手口には、専用のカバーを取り付ける、プレートを取り付けることでドアの隙間をなくすなどの工夫を行すると効果があります。

3-3 ガラスを割って侵入する手口には補助錠を

夜のマンション

jyapa / PIXTA(ピクスタ)

バルコニーから不審者が入ってくることを想定して、窓に補助錠を設置するのは大変効果があります。

メインの鍵にロック付きの鍵を選び、補助錠を付けましょう。窓ガラスに防犯フィルムを貼っておけば、さらに効果が増します。

4.まとめ

マンション

スイマー / PIXTA(ピクスタ)

「自分のマンションは、オートロックがあるし、セキュリティ会社に加入しているから大丈夫」と考え、何もしないのは感心しません。

犯罪リスクを遠ざけるためには防犯意識を高く持つことが大切です。

家族の安全を守るためにもセキュリティがしっかりとしたマンションを選び、自らも防犯対策を行うべきです。

Source: 日刊住まい