追記あり【ウワサの検証】7月11日に「セブンイレブン」で711円ピッタリ買うと何かが起きるらしい → 試してみた結果…

本日7月11日は「セブンイレブンの日」である! 藤井フミヤさん、アーネスト・ホーストさん、みぎわさん(ちびまる子ちゃん)の誕生日であると同時に、売上高ぶっちぎりの絶対王者「セブンイレブンの日」なのだ。セブン様、いつもお世話になってまーす!!

それはさておき、あなたはこんな噂を耳にしたことがないだろうか? 「セブンイレブンで711円分ピッタリ買うと何かが起きる」と──。ぶっちゃけ、これについては何も起こらないことが確認されているのだが「7月11日」という条件が加わるとマジで何かが起きる……らしい。果たして何が起きるというのだろうか?

・典型的な都市伝説

古くは「口裂け女」からここ数年は「フリーメイソン」まで、都市伝説的なウワサ話はいつの世にも存在する。恐怖的な要素こそないものの「セブンイレブンで711円分ピッタリ買うと何かが起きる」は、まさにその最たる例といえるだろう。

だがしかし、これについては完全なデマである。私(P.K.サンジュン)自身、セブンイレブンで711円ピッタリ会計をした経験があるが、何も起きなかったし何かが起きる気配すら感じなかった。この記事を執筆するにあたり、狙って711円ちょうどの会計をしてみたが、やはり何も起きなかったことを記述しておく。

ただ、情報によると年に1日だけ、つまり「7月11日」だけは何かが起きるらしい。情報提供者が “アホの上司” として著名な当サイトのYoshioであることだけは不安だが「1年に1度だけ」と言われると、ほんの少しだけ「あり得るかも」と思えてくるから不思議だ。

「ねえねえ、セブンで711円ピッタリ買うと何かが起きるって聞いたことある?」

──あれデマっしょ? 僕、セブンで711円ピッタリ買ったことあるけど、何も起きなかったですもん。

「ファイナルアンサー?」

──え、何が?

「いや、違うんだよ。確かに普段の日に711円ピッタリ買っても何も起こらないんだけど、7月11日だけは何かが起きるらしいんだよね~」

──へぇー、そうなんですね。誰情報ですか?

「ええと、誰だっけ~? あれ、誰から聞いたんだ……? いや、見たのか? 違う違う、やっぱり聞いたんだ。あれ、でも見たのかな~? なんか電車乗ってるとき……いや、バスだっけ? ええと……」

──うるせえ! 超めんどくせえ!! 俺が確かめてくる!

情報提供者がアホである時点でソースは無いに等しい。……が、「セブンイレブン」と「711円」に加えて「7月11日(セブンイレブンの日)」まで揃うならば “グランドクロス” が発動しても不思議ではあるまい。ウソか真か確かめられるのは1日だけ。ならば行って確かめるしかないだろう。

というわけで、2020年7月11日の早朝、起床して10分後に私はセブンイレブンにいた。

お世辞にも寝起きがイイとは言えない私が朝っぱらからセブンにいるのも、全ては真実を解き明かすため。謎は俺が解く……! 私は迷うことなく711円分の商品を購入した。すると……!

「お会計、711円になります」

──あ、はい。あ、袋いりません……。(ドキドキ)……。(ドキドキ)……。あ、すみません、おいくらでしたっけ?

「711円になります」

──あ、711円。(チラチラ)(チラチラ)(チラチラ)……。

……何も起きなかった。

そうか……やはりそうだったか。今日が1年に1度の「セブンイレブンの日」であっても結果は同じだったか……。思えば全国2万店舗以上を展開するセブンイレブンが、いちいちこんな小ネタに対応できるハズがない。それじゃなくてもセブンの店員さんは普段からとても忙しそうだ。

レジ待ちの行列ができれば、すぐにもう1つレジを開けてくれるセブンの店員さん。商品の場所がわからなければ、いつも親切に教えてくれるセブンの店員さん。笑顔を絶やさないセブンの店員さん。本当にいつもありがとうございます。僕は僕たちはセブンイレブンが大好きです──

というわけで、ウワサ自体は完全にデマであると判明したものの、セブンを後にする私の気持ちは不思議と満たされていた。……と同時に、こんな感情が芽生えていたことも事実である。

……

…………

…………………

あの野郎ッッッ

【追記】2020年7月11日13時25分
──と思ったら!! セブンイレブンの公式Twitterで都市伝説キャンペーンなるものが突如として発表された。マジかよ! 詳しい応募方法は公式サイトをご覧いただきたいが、17日23時59分まで応募者の中から毎日抽選で711名にプレゼントが当たるという。

なお、レシートにキャンペーンが記載されている訳ではないので要注意。とにかく、興味がある人は間違えてレシートを捨てないよーに!

参考リンク:セブンイレブン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】セブンの低カロリーな新商品『ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子』、よく考えたらただのマーボー豆腐単品ッ!

コンビニ弁当というとボリューミーでカロリー高めなイメージがあるかもしれないが、それはもう遠い過去のお話だ。最近は低糖質かつ低カロリーの優れた商品が数多く登場しており、むしろコンビニの棚こそ時代の最先端と言っていい。

昨日2020年6月23日に発売されたセブンイレブンの新作『ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子』もまた、食の先端を行く超画期的な商品である。名前からも分かるようにコチラは、ご飯の代わりに豆腐が入っているという前代未聞の麻婆茄子となっており……ん? いや、それって……。

・セブン新作

脳が一瞬バグったため改めてご紹介したい。昨日発売されたセブンの新作『ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子(税込464円)』である。麻婆系のウマさには定評のあるセブンだけに期待が持てるが、なんとこれ、麻婆なのに286kcalかつ糖質14.4gという非常にヘルシーな商品なのだ。

容器は2層に分かれており、上段には麻婆茄子が。

そしてその下には……

ツルリンとした豆腐が控えている。

・奇妙なフォルム

何だろう……違和感がハンパじゃない上に、どうやって食べるのが正解なのかイマイチよく分からない。しかし、ヘルシーであることは十二分に伝わってきた。ではまず麻婆茄子からだ。

原材料を見ると実はこの麻婆、豚ひき肉と一緒に大豆加工品が使用されている。つまり大豆ミートだ。なるほど、ここでもヘルシーが徹底されているワケだな。それって味はどうなの? と思う人もいるかもしれないが、安心していい。全然気にならないぞ。豆板醤が効いており、意外とピリ辛でじんわり汗が出てくる。

で、麻婆を食べたら今度は豆腐をパクリ。温めた影響もあってか通常の豆腐よりも水気がなく、それによってご飯感が出ている……ような気もしなくもない。麻婆は量が少ない分、味が濃いめに作られているので、少量を口に含んでは豆腐をガッツリ! を繰り返す感じだ。なかなかに新鮮である。

ていうかもう交互に食べるの面倒だから、豆腐を麻婆にブチ込めばいいんじゃないか? と思い……

豆腐をすくっては麻婆の容器に移した。その結果……

いやこれ、ただの麻婆豆腐やないか!

・発覚

茄子入りのただの麻婆豆腐単品やないか!! 一見、ご飯の代わりに豆腐を入れた意識高い系商品のようだが、それがいつの間にか食べ慣れたド定番中華へと姿を変えたのは驚きだった。もちろん大豆ミート等によって低カロリー・高たんぱく・低糖質を実現してはいるものの、感覚としてはマジで普通の麻婆豆腐である。

しかし逆に考えると、味は普通の麻婆豆腐のままヘルシー化できているということなので、この商品のコンセプトとしては成功なのだろう。量がだいぶ少ないため男性にとっては おやつの域を出ないかもだが、ダイエット中や夜食なんかにはいいかもしれない。

参考リンク:セブンイレブン「ご飯の代わりにお豆腐麻婆茄子」
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【なぜ】セブンなのにほぼ話題になっていない「セブンカフェ カフェラテスイーツショコラ」を飲んでみた結果…

おかしい。どう考えてもおかしい。ライターという職業柄、流行ものには常にアンテナを張り巡らせている私、P.K.サンジュンは率直にそう思わざるを得ない。何の話かって、2020年6月からセブンイレブンで販売している『セブンカフェ カフェラテスイーツショコラ』のことである。

「セブンイレブン」「セブンカフェ」「新商品」──。いつもであればこの3つが揃うと腐るほどネット上で情報を見かけるが『カフェラテスイーツショコラ』は関してはほぼ話題になっていない。一体どういうことなのか? 逆に飲んでみるしかないだろう。

・セブンカフェのスイーツドリンク

6月2日より青森県、秋田県、山形県、岩手県、宮城県、福島県の一部、群馬県、大阪府、和歌山県の約2800店を除く全国のセブンイレブンで順次販売開始されている『カフェラテスイーツショコラ』。それ以外の店舗は「カフェラテスイーツブリュレ」を展開中だ。

どちらも大人気「セブンカフェ」の新商品で、カップにカフェラテを注いで作るスイーツドリンクとなっている。価格は税込280円、同じセブンカフェの「高級キリマンジャロブレンド」が大きな話題になったことを考えると、もっともっと注目を集めていてもおかしくない。

なぜこれほどまでに『カフェラテスイーツショコラ』は話題になっていないのか? 1つ考えられるとすれば新型コロナウィルスの影響だが、それにしたって絶対王者「セブンイレブン」の「セブンカフェ」の「新商品」である。少なくともSNSなどでもっと目にしてもイイ。

もしかしたらセブンは『カフェラテスイーツショコラ』を売りたくないのでは……? そうも思ったが、店頭ではアイスコーヒーと同じ並びにそれなりの数が用意されていた。パッケージ的にも目に付きやすいデザインだから「純粋にあまり話題になっていない」と考えるのが自然だろう。

・飲んでみた

さて、『カフェラテスイーツショコラ』は商品名通りカフェラテを注いで作るスイーツドリンクである。フタを開けるとチョコレートのかたまりと粒々、そして氷が入っており、出来立ては粒々が溶けてシャリシャリした食感が楽しめるようだ。

さっそく飲んでみると、出来立てはカフェラテのほろ苦さが活きた “大人向けスイーツ” といった感じである。溶けた粒々を直接食べれば甘いが “スイーツ” とは思えぬエレガントな甘さが楽しめた。

……が、2分もするとかなり甘いスイーツドリンクに変貌し、先ほどまでのほろ苦さはどこかに消えてしまう。一定時間を過ぎると濃厚なスイーツドリンクになってしまうから、あまり甘いのがお好みでは無い方は早めに飲み切ってしまおう。

とはいえ、甘いのは甘いので悪くはない。特に体力の消耗が激しいこれからの季節『カフェラテスイーツショコラ』はエネルギーチャージにうってつけであろう。もちろん、スイーツ大好きっ子たちは純粋にスイーツドリンクとしても楽しめるハズだ。

・話題になっていない理由は

結論を申し上げると、飲んでみた今も『カフェラテスイーツショコラ』がなぜここまで話題になっていないのかよくわからなかった。やや甘みが強い感じはするが、そもそも “スイーツドリンク” である。それともやはり新型コロナウィルスの影響なのだろうか?

というわけで、『カフェラテスイーツショコラ』は話題になっていないだけで普通においしいスイーツドリンクだから、興味がある人は1度試してみてはいかがだろうか? 本当に悪くない……と思うんだけどなぁ。

参照元:セブンイレブン「ニュースリリース」(PDF)
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【徹底比較】主要コンビニ3社の冷凍炒飯でウマいのはどこ? 圧倒的にずば抜けていたのは…

みなさんは気づいているだろうか。コンビニの冷凍食品コーナーが徐々に勢力を広げていることに。それはPB(プライベートブランド)のレンチン商品を見ても明らか。次々に新商品が投入されているあたり、人気のほどがうかがえるというものだ。

もはやどれを食べても間違いが起きないといっても過言じゃなく、改めて最近のコンビニはスゴい。それぞれ個性があって、同じじゃないから感心する……のだが、どこが一番ウマいのかふと気になった。そこで今回、セブン・ファミマ・セブンの冷凍炒飯を食べ比べてみた。

・ファミマ「極うまチャーシュー炒飯」

いまや「お母さん食堂」が浸透したファミマから食べていこう。数種類を販売しているうち比較対象にチョイスしたのは「極うまチャーシュー炒飯(税込300円)」だ。理由は単純。「極うま」という名をつけるからには、それ相応の自信があると推測したのだ。

容量は300gと一般的なサイズ。レンチンして取り出してみると、程よい大きさのチャーシューが入っていてタマゴもしっかりと存在感を見せている。っていうかコレ……この色合いの炒飯はどこかで……そう思った人は鋭い!

そう、このチャーハンの製造はニチレイなのだ。そこはかとなくアレ……控えめに言っても神の「本格炒め炒飯」に似ている。もしかしたら味も似ているのかも……と思うと同時に「極うま」な何かが施されているかもしれないと期待してしまう。ドキドキしながら一口食べてみたら……これは……ご、ごく……

「極うま」というほど震えるほどウマいわけじゃなかったが正攻法の炒飯だ。どちらかというとパラパラよりもフワッとしていて、時折ネギのシャキッとした食感があって心地いい。味の方も濃すぎず、誰が食べてもウマいと思うような……といえば伝わるだろうか。そつなくウマいやつである。

唯一気になったのは「本格炒め炒飯」よりもチャーシューが小ぶりだったことくらいか。これがコンビニで買える上にスリーコインで食べられるのだから、レベルの高さがよく分かる。う〜む、最近のコンビニはやはりスゴい!

・ローソン「炒飯」

次に、最近何かと新パッケージが話題になったローソンを見ていこう。五目など数種類が販売されているなかから、オーソドックスな「炒飯」を試してみることにした。量こそ200gと少なめだが、なんと値段は138円とお安い! これでパフォーマンスが高ければ一気に先頭へと躍り出るが……!!

そうは問屋が卸さない。個人的にはあっさりしすぎているように感じ、ラーメンなど他の何かが欲しくなってしまった。あと少しパンチのある何かが欲しかったというのが正直なところだ。

とはいえ、値段はブッチギリで安い。もしファミマと同じ300gとして値段を計算すると207円。つまり差額は93円となる。これはかなり大きな“ ウリ” で心が揺れ動く人も多いだろう。

・セブン「極上炒飯」

あとはコンビニの中でも頭1つ抜けた感のあるセブン。2社と同じくいろんな炒飯が売られているが、選択したのは「極上炒飯」。で、もう結論から先にいうと、セブンが頭ひとつ抜けていた。というのも!

これぞ炒飯という出来栄えで、何度食べてもその名の通り「極上」という他ない。その昔、世の中の中華料理店はプルプル震えていてもおかしくない炒飯とレポしたことがあるが、さすがのクオリティーで何度でもリピしたくなるし現にしている味は安定感がある。

値段こそ税込321円と以前に比べて値上がりしているものの、そんなちっちゃいことは気にならない。個人的には常備しておくならばセブンの炒飯で決まり。もちろん値段を含めて人それぞれで好みはあるだろうが、ブッチギリでウマかった。欲をいうなら300gじゃペロリなので、400g……いや500gあっても全然OKなことくらいか。

・セブンがマイNO1

結果は1位セブン、2位ファミマ、3位ローソン。余談だが、製造はローソンがテーブルマーク、セブンがキューレイ(ニチレイフーズグループ)、そして前述したようにファミマがニチレイとそのあたりに注目しても面白い。まだまだ冷凍食品業界は進化しており、これからも競争は激化しそうだ。

参考リンク:セブンイレブンファミリーマートローソン
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」


Source: ロケットニュース24

セブンイレブンの『とろ玉そば』最強説! っていうか、最強の向こう側に行っちゃって誰もヤツには追いつけない。

セブンイレブンは行っちまったのさ。最強の向こう側へ──。2020年6月4日、セブンのそばコーナーの棚に並んだ新商品を見た時、私(中澤)は震えた。その商品とは「とろ玉そば」、正確には『だし割とろろを味わうとろ玉そば(税込464円)』。半熟卵がついたとろろそばである。

え? 普通じゃね? きっとそう思う人もいるだろう。しかし、私は思うのだ。「誰もヤツには追いつけない」と。なぜならば……

セブンイレブンのとろろそばに足りなかったもの

以前の記事で、ローソン、セブンイレブン、ファミリーマートの「とろろそば」を食べ比べた。詳細は記事をお読みいただければと思うが、結果をざっくり言うとセブンイレブンのとろろそばの圧勝。そば、とろろ、ワサビ、全てがウマく、完成度が段違いだったのである

そんなセブンに勝てないまでも最後まで抵抗した者がいた。ローソンだ。前述の通り、セブンよりは完成度が落ちるローソンのとろろそば。では、なぜそんなローソンがセブンにあらがえたのか? その理由は1つ……

半熟卵がついていたから

コク深い甘みはとろろそばにおける愉悦! 『Fate』で例えるなら1人だけ宝具を持っているようなものである。3つのとろろそばの中で、ローソンはゲイボルグ並みの貫通力を有していた。

・『とろ玉そば』の登場

ここまで言えば、冒頭で私が震えた理由もお分かりかと思う。そう、セブンイレブンの『とろ玉そば』は、ただでさえ最強のサーヴァントが宝具を持ったようなものなのだ。最強の向こう側へ行っちゃってる。

コンビニそばでコレを超えるものは今後現れないのではないだろうか? そう思ってしまうほどに、確かな素材の味、さらに半熟卵の派手な旨み! トロけるそのウマさは悪魔的かつ絶対的に我々の舌を支配する

もはや、コンビニそば戦争もピリオドだ。ヤツはそれほどの力を持っている。誰もヤツには追いつけない──。

ちなみに、セブンイレブン『とろ玉そば』は去年も発売されているようなので、このウマさをすでにご存知の人に対しては「時期が来ましたよ」とお伝えしたい。これからは風物詩決定だなコレは。

執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

お店では食べられない! 一風堂の「ちゃんぽん」が冷凍庫にストックしたくなるウマさで味変してもよし

あっ、ウマいわ。これは博多一風堂の冷凍食品を食べたときの率直な感想だ。ただ、今回取り上げる商品は誰もが想像するものではない。まさかまさかのそのまさか……ラーメンじゃなくて “ちゃんぽん” なのである。いまや一風堂は日本どころか世界でも名を知られるラーメンチェーンなのに、なぜに ちゃんぽん!?

──という一連の流れになったのは他でもない。セブンイレブンに一風堂のちゃんぽんが売っていたのだ。不思議に思って商品を手にとってみたところ……一風堂店主とセブン&アイグループ、そして日清食品冷凍(株)が共同開発したものらしい。ついでに調べたら「一風堂のちゃんぽん」の理由もきちんと存在した。なるほど、なるほど、なるほどね!

・昨年発売された冷食

セブンイレブン限定で販売されている商品の名前は「一風堂 博多ちゃんぽん!」。値段は税込386円だ。なぜ ちゃんぽん かというと、一風堂の創業者・河原成美氏が創業当時まかないとして振舞っていたのだそうな。

何ともウマそうなまかないだが、商品化するくらいだし味にも期待できそう。また、一風堂の本業は ちゃんぽん じゃないとはいえ、同じ麺のフィールドだから大きくズッコケることもないだろう。まずはじっくりとこだわりを探していくとして、外袋から取り出してみると……

レンチンで解凍するタイプの袋(麺&具材)、液体スープ、赤丸辛味噌の3つが入っていた。液体スープは解凍せずに使え、とんこつ仕込みの濃厚タイプとのこと。やはりとんこつを使ってる!

他には最近だとありがちだが、1食で1 / 3日分の野菜が摂れるなんてところも嬉しいポイントだ。そしてそして……

一風堂といえば赤丸である。どうやら付属の赤味噌で味のギアを一気に入れられるようで、こちらも期待できそう。ピリッとしたちゃんぽん……想像しただけでヨダレが出そう!

・レンチンで作ってみた

さて、商品の情報に軽く触れたところで実際に作っていくとしよう。鍋に全部放り込む、もしくはレンチンとお湯を使う方法と2択あるのだが、今回は後者で作ってみることに。

具材と麺をレンチンで解凍し〜の

液体スープを沸騰したお湯で溶かし〜の

そこに具材を入れたら完成!

レンチンのみで済む商品に比べて少しばかり準備が面倒ではあるが、その甲斐はあった。というのも、スープを飲んでみるとあっさりしていてスンナリ口に入ってくる。また、具材の方はキャベツにもやし、コーン、にんじんなどなど定番がたくさんなのだ。冷凍食品とはいえ、色とりどりでしっかり ちゃんぽん していた……というか、普通にウマい!!

・味変してよし

んで、鉄鍋で炒めたという具材はスープとの相性がよく、甘みが出ていてヨロシ。肝心の麺は、黒胡椒練り込み麺使用、デュラム粉(スパゲティなどのパスタに使用されることが多く、シコシコと食感の強いのが特徴)を配合しているとのことだが……

食べ応えもあってヨロヨロヨロシ。そして気になるのは味変だが、赤味噌を加えたら……おぉぉっ!

あっさりしていたスープが、ピリッとしたアクセントを持って切れ味のある一杯に超変化。思わず白米が欲しくなるというか、個人的にはストライクで冷凍庫にストックしておくことを決意した。

気がつけば、あっという間に完食。辛味噌は少しずつ投入していき、自分の好みで調節できるのも二重丸だった。2019年11月19日から発売しているので食べた人は多いかもだが、ササッと作れてここまでレベルが高い ちゃんぽん はなかなかない。これはリピあり、ストックあり。未体験の人は一度食べてみるべし!

参照元:セブンイレブン農林水産省
Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【銀だこ公認】セブンの「冷凍クロワッサンたい焼き」がだいぶウマいらしい → 本家と食べ比べた結果…

もはや「冷凍食品はマズい」なんていう人は、この世にいないハズ。冷凍食品が「冷凍食品だから」という理由だけでそのクオリティを見くびられていた時代は、とっくに終わりを告げた。基本的にはどの冷凍食品もウマい、これが現在の冷凍食品事情であろう。

そんな中、一部のネット上で「セブンの冷凍クロワッサンたい焼きがかなり美味しい」と噂になっている。クロワッサンたい焼きと言えば、数年前にたこ焼きの「銀だこ」がゴリ推ししていたスイーツで、個人的にも一時期はメチャメチャ食べていた。これは確かめるしかあるまい……!

・銀だこのクロワッサンたい焼き

クロワッサンたい焼きとは、銀だこ系列のブランド「銀のあん」で販売されている比較的最近登場したスイーツである(つっても4~5年前くらい)。店舗によっては銀だこでも取り扱いがあるから、1度くらい目にしたことがある人も多いのではなかろうか。

パイ生地食感の皮と中身のあんこ、さらには表面をコーティングしたガリガリのザラメが織りなすハーモニーは、ありそうでなかった3重奏の新食感。記者は初めて口にしたとき「よく思い付いたなコレ……!」と感動を禁じ得なかった。そのクロワッサンたい焼きが冷凍食品になってるなんて、控えめに言っても最高だ。

・全店で取り扱いではないらしい

というわけで、さっそく近所のセブンに「冷凍クロワッサンたい焼き」を探しに出かけたが……ない。あんまり売っていない。結局は4軒ほど回ってようやく発見したから、冷凍食品コーナーが大きめのセブンで探すと効率がいいだろう。……おそらく。

さて、セブンの「冷凍クロワッサンたい焼き」は税込み213円だから、銀のあん店頭で販売しているクロワッサンたい焼きよりも3円高いことになる。それでも同等のウマさなら無問題……! 好きな時に家でクロワッサンたい焼きが食べられるメリットはかなり大きいってもんだ。

んでもって、冷凍クロワッサンたい焼きの調理方法だが、

レンジでチンしてから……

オーブントースターで焼いて……

あら熱を取れば完成!

銀のあんのクロワッサンたい焼きも、焼き立てではなく冷ました状態で販売している。なるべく本家に近いコンディションにしようとする、その心意気や良し。これはかなり期待できる! 本家越え待ったなしや!!

……と言いたいところだが。

実は割と早い段階で冷凍クロワッサンたい焼きに違和感を抱いていた。……ないのだ。クロワッサンたい焼きの醍醐味の1つ「ガリガリのザラメ」が見当たらないのだ。それは店頭で買ってきたクロワッサンたい焼きと並べれば一目瞭然。こ、これは一体……?

・ザラメがない……

味としては「冷凍クロワッサンたい焼き」も悪くなかった……が、ガリガリのザラメが無いとなるとクロワッサンたい焼きの定義を満たしているとは言えまい。「パイ生地・あんこ・ガリガリのザラメ」の三拍子が揃ってこそ “クロワッサンたい焼き” である。冷凍クロワッサンたい焼きは二拍子しかなかった。

なので、個人的には現段階で「冷凍クロワッサンたい焼き」はオススメできない。プリンで言えばカラメルが入ってないのと同じだから、まだまだ発展途上と言うしかないだろう。少なくとも店の味を知っている人は、別物として捉えることを進言したい。

だがしかし、信じている。いつの日かきっと本家に近い「冷凍クロワッサンたい焼き」が登場することを。ガリガリのザラメ込みの冷凍クロワッサンたい焼きになっていることを。銀だこなら、セブンなら、そして無限の可能性を秘めた冷凍食品ならばきっとできるハズだ。

参考リンク:クロワッサンたい焼きセブンイレブン
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【異変】セブン新作『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン』と通常の「カップ中本」を食べ比べたらヤバイことになった / 本日2月22日発売

長年に渡りセブンイレブンの “辛いモノ界隈” のトップを走り続ける『セブンプレミアム 蒙古タンメン中本』。言わずと知れた人気ラーメン店の味を、カップ麺で再現したセブンの定番シリーズである。

その新作『蒙古タンメン中本 極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌(税抜200円)』が本日2020年2月22日より、全国のセブン&アイグループ各店にて順次発売されるぞ。それにしても極豚(ゴットン)ってすげぇ名前だな……。実物が編集部に届いたのでさっそく食べてみたい。

・セブン中本の新作

『極豚(ゴットン)』の響きにばかり気を取られがちだが、注目は後半の『激辛豚骨味噌』である。ただでさえ辛いセブンの中本が、今回はあえて「激辛です」と自己申告しているのだ。これはきっと何かあるに違いない……。

そう思い商品解説に目を通してみると、どうやらこの新作は中本でもっとも辛いと言われる『北極ラーメン』をベースに、店主監修のもと豚の旨味を掛け合わせたものらしい。で、出たー! 北極……ッ!! あの狂気の爆辛モンスターか。こいつは一筋縄ではいかなそうだ。

・食べ比べスタート

『極豚(ゴットン)』と一緒にいつもの『旨辛味噌』も送られてきたため、今回はこの二つを食べ比べしてみようと思う。まずは『極豚(ゴットン)』だ。お湯を注いだら……

辛味オイルに豚骨の風味とラードのコクを加えたという「辛豚オイル」をそこに加えて……

よく混ぜる! その結果……

血の池地獄が完成した。

こんなんどう転んでも辛いですやん……。具材は豚肉、ガーリック、唐辛子、ねぎ、そしてラードを主原料とした背脂風のかやくが入っているようだ。サラッとしたスープが何やら不気味である。それでは、いただきます。

かッッッッッッら!!!

・目が覚める辛さ

いや知ってたけど辛ぇわ! 悪い意味で予想を裏切らないあたり、安定の北極である。なんというか、豚が北極の辛さに追いつけていないのだ。直前までは豚骨ラーメンの匂いがしているのに、いざ麺をすすってみると「ただの唐辛子やないか!」という感じになる。

いかんいかん、舌の上でじっくり味わおうと思っても……いや辛ぇわ! ただの唐辛子やないか!! なかなか先に進めないという有り様だ。特に熱々の状態だと辛味の支配率が高い。“辛い” という概念を食ってるのかと思ったぞ。

・異変

それでは今度はいつものカップ中本を食べてみよう。去年の10月にリニューアルを果たした『旨辛味噌』、リフトオフ。するとここで異変が起こる。

え……?

甘い……?

・予想外の味

そう、あろうことか私(あひるねこ)は、中本を甘く感じてしまったのだ。もちろん辛さも旨味もたっぷりあるが、『極豚(ゴットン)』を食べた副作用だろうか? それ以上に甘さを全面に感じ取ってしまう。私の舌は一体どうしてしまったんだ?

きっとこれは、キャベツやニンジンによる野菜の甘みだろう。先発の『極豚(ゴットン)』が辛さにストイックすぎるあまり、わずかな野菜の甘みが火災報知器の如くセンサーに反応してしまったというわけだ。感覚が一時的におかしくなっていたらしい。

・これが北極

北極の辛味と豚の旨みが一つになったという『極豚(ゴットン)ラーメン 激辛豚骨味噌』。しかしその実体は、豚というよりほぼ北極だったと言っていいだろう。そう、普通の豚は北極には住めないのだ。やはり北極の辛さは、すべてを飲み込んでいく……。

参考リンク:セブン&アイ・ホールディングス(PDF)
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【きわどい】セブンの新作レンジ麺『一風堂監修 博多とんこつラーメン』を食べてみた正直な感想 → スープと具だけ売って欲しい

日進月歩で進化を続けるコンビニグルメ。中でも去年リニューアルしたセブンイレブンの「レンジ麺」は、合計で約6000万食(2019年12月末時点)を売り上げているらしい。もはや定番シリーズと言っていいだろう。

「すみれ」や「中華蕎麦とみ田」など有名店が監修した商品がすでに発売されているが、2020年1月15日より新たに『一風堂監修 博多とんこつラーメン(税込496円)』が仲間に加わったということで さっそく食べてみた。実は私(あひるねこ)、初レンジ麺である。

・一風堂がレンジ麺に

「一風堂監修」という言葉には引かれるものの、なにせ初めてなものでレンジ麺の勝手がよく分からない。そもそも、これは一体どんな仕組みなんだ。いきなりレンチンしても構わんのか。おい、いいんだな? ホントにするぞ? 爆発しないか!?

\ チーン /

・しなかった

フタを開けると、もやしを温めたような匂いがあたりに漂う。とんこつラーメンっていうか、野菜炒めだろコレ。と思ったら、どうやら麺と具を後入れするタイプの容器らしい。トレーのつまみを引っ張って上手くスライドさせると……。

ぬるっと入った。

ほう、なかなか本格的なルックスだ。具材はチャーシュー、青ネギ、辛味きくらげ、もやしとなっており、味はおそらく一風堂で言うところの『白丸』だと思われる。まずは麺、いやスープからズズッてみたい。

・店レベル

こ、これは……! 思ったよりもギトギトしてなくて、豚骨の割にはスッキリしているぞ。と言っても、決してアッサリしているワケではなく、むしろ断固コッテリクリーミーだ。一風堂っぽい味……なのかは正直よく分からなかったが、お店っぽい味であることは間違いないだろう。ちょっと塩分強いけどウマし。

加えて具材のレベルもかなりのものである。きくらげなんて、ピリ辛な味付けといい歯ごたえといい、完全に博多ラーメン屋のそれじゃないか。続くチャーシューも、きくらげほどではないにしろ十分満足できるクオリティーだ。味・コスパ共に優秀な部類と言えよう。

・きわどいけど……

ただ、麺に関しては評価が分かれるような気がしている。私の場合は、ハッキリ言ってナシだ。なぜか。この麺は博多ラーメンに近付けるため、細くかたく、そしてプツッとした歯切れの良さが出るように作られている。それはいい。なんとか一風堂を再現しようとする努力を感じる。だがしかし……。

このザラッ、ボソッとした食感だけはどうもいただけないのだ。もし手元にあるなら、試しにビーフンだと思って食べてみて欲しい。これはビーフンこれはビーフンこれはビーフンこれはビーフンこれはビーフン……。たぶんだけど、もうビーフンにしか思えなくなるぞ。そうなっちゃった人がいたら、正直すまんかった。

・麺抜き希望

個人的にはもういっそのこと、スープと具だけで売って欲しいくらいである。麺はこっちで何とかするし、なんなら最初からご飯をブッ込んで雑炊にするのも辞さない構えである。もしくは豆腐を入れて豆腐スープね。何それ普通にウマそう。

さて、ちょっと辛い評価になってしまったが、ぶっちゃけ言うと酔っぱらった勢いでシメに買って食べる分にはクソうまいから、上で書いたことは別に気にしなくてもいい。おそらくこれは、そういう商品だと思う(違うかもしれない)。

参考リンク:セブンイレブン
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

主要コンビニ3社の冷凍餃子を食べ比べたら残酷な結果に…ブッチギリでウマかったのは……

そうだ……この世界は……残酷なんだ。結論から言うと、とても残酷な結果が出てしまった。今回、主要コンビニ3社(セブンイレブン・ファミマ・ローソン)の冷凍餃子を食べ比べてみたのだが、あまりに差があったのだ。これは陸上トラック2周分!

……と言ってもピンとこないはずなので詳しく説明しよう。何がどう違ったのか。そしてブッチギリでウマかったのはどこなのか──。

・各社の餃子スペック

まずは各社の製品を紹介しておこう。ちなみにどこのコンビニも焼き餃子5個入りで、袋のままレンジにぶちこんで2分弱加熱したらOKである。

1. セブンイレブン

商品名「レンジで焼き餃子」
価格138円
190kcal
95g

2. ファミマ

商品名「ジューシー豚肉焼餃子」
価格162円
235kcal
100g

3. ローソン

商品名「国産豚肉の焼餃子」
価格138円
182kcal
85g

これといって大きな差はないものの、ファミマが少しばかりカロリーと価格で他を上回っている。なお、価格についてはキャッシュレス還元やらポイントやらがあるが、記者の支払った金額を記載した。

・もっともウマかったのはセブン

3種類を詳しくレポすると長くなりそうなので、もう結果から言ってしまおう。順位はずばり「セブン→ファミマ→ローソン」だ。まずセブンについて触れていくが、頭1つ……いや頭5つ分くらいは抜けていた。最大の勝因は “方向性” がハッキリしていたところ。

おそらく、商品を作るにあたって “肉汁系でウマい餃子” という軸があったのだろう。一口に餃子と言ってもいろんな形があるが、セブンは肉汁系で欲しいポイントをきちんと押さえていた印象で迷いがなかった。

コンビニだからまぁw いくらセブンでもねぇw

なんてナメた状態で口に入れたら思わず箸がピタッと止まるような味だ。セブンの自社商品は間違いない──そのようなイメージがつきつつあるが、改めて実感するような一品だった。さすがセブン!

・お値段以上のファミマ

そしてお次はファミマ。どちらかというとポイントは押さえていて、こちらの餃子は中身で勝負。生姜やニラといったクセのある素材を上手に閉じ込めており、味の方もお値段以上だ。

レンチンでここまでの餃子が食べられるならば合格点。気軽&短時間で美味しい餃子を食べたい人は満足できるレベルといっていい。あと、肉汁のフィールドで勝負はしませんよ的なメッセージを受け取ることができた。

・ローソンの餃子

最後にローソン。前述したように、他2社と比べるとどうしても劣ってしまう。とはいえ、決してマズいというわけではない。普通に食べられるが、どうしても “弁当の中に入っている餃子” 感は拭えない。

コンビニそれぞれ得意不得意なジャンルはあると思われるが、あと一歩踏み込んで欲しかったところだ。悪魔のおにぎりが作れるローソンなら、悪魔の餃子だって不可能じゃないだろう。なんというかこう……中毒になるレンチン餃子を期待したい。

結果として、セブンの圧勝で幕を閉じたコンビニの冷凍餃子。個人の好みで順位は変動することもあるだろうが、セブンの餃子に驚く人は多いはずだ。なにせたった138円。早くて安くてウマいと3拍子揃った冷凍食品なのだから。

Report:レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24