ユニクロのセーラームーンUTは「外に着ていくには勇気がいる」ってそうなの? むしろ外へ着ていこうよ! いっそ日本の外へ!!

ムーン・プリズムパワー・メイクアッッッップ!!!! 待ちに待った『セーラームーン』のユニクロコラボTが、2019年8月23日についに発売っ! 今回は、原作の美麗イラストがプリントされているとあって、歓喜したファンも多いだろう。私もそう!

実際に手にとったところ、デザインもクール、原画の繊細なタッチを存分に表現し、そして発色もいい! 原作グッズが1500円というお手軽価格で手に入るなんて最高すぎた。

・外に着ていくには勇気がいる?

だがしかし、そんな素敵なTシャツについて「部屋着にする」「外に着ていくには勇気がいる」という声が出ていた。そ、そうなの?

「イラストが美しすぎて着るのがもったいない」は、まだわかる。「漫画のキャラTは年齢的に恥ずかしい」……そんなお年頃もあるよね。

だが気になったのは「カワイイけど漫画の台詞が着ていくにはちょっと……」である。そう、セラムンUTの特徴と言えば、漫画のコマをモチーフにしたデザインということ。うさぎちゃんの台詞や「パァァァ」という効果音が日本語で入っているのだ。

英語などアルファベット系の言語なら恥ずかしワードでも平気な顏をしているのに。日本語だと途端に違和感を覚えちゃうのは……私たちが日本語の文字が入ったファッションに慣れていないからではないだろうか?

セーラームーンやユニクロが悪いんじゃない! 我々の社会が未熟なだけなんだ!! 

・むしろ日本の外……外国へ!

こんなに可愛いTシャツを家のなかだけで着るなんてもったいない! そして違った価値観の視点に立ってみると……外国人ならこの日本語表記を「クール」と感じるのではないだろうか。むしろ外国に着ていけばいいんじゃないか。各国語での台詞がプリントされているデザインもあるし!

そして世界展開しているユニクロのことだ、今回のデザインは外国人ファンも見据えたワールドワイドなデザインなのかもしれない。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24