【バレンタイン】超人気ラーメン店「ソラノイロ」が本気を出した『カカオ薫る白いチョコレート麺』を食べてみた結果…

いつの頃からかは知らないが、なぜかバレンタインの時期になると「チョコレートラーメン」を限定販売するラーメン店が増えてきた気がする。そんな風潮に、私、P.K.サンジュンは一言だけ申し上げたい。「誰が得すんの?」と──。

これまで数回に渡り「チョコレートラーメン」や「チョコレートつけ麺」を食してきたが、結局は「食えなくはないけど普通の方がウマい」という結論に落ち着く。だがしかし、日本屈指の人気店『ソラノイロ』ならば……! ソラノイロが本気を出せばあるいは……!!

・2日間限定メニュー

名物の「ベジソバ」がカップ麺になってしまうほどの超人気ラーメン店『ソラノイロ本店』が2020年2月13日と14日だけ、25食ずつ販売するのが「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。

カカオ薫る白いチョコレート麺──。そう聞いただけで「おいしそう☆」なんて思うのは、薄っぺらいなんちゃってインフルエンサーか、常人の20倍カロリーを摂取する「泣き虫サクラ(漫画・餓狼伝を読んでね!)」くらいであろう。ハッキリ言って食欲はそそられない

・過去にはチョコミントラーメンも

……んが、ソラノイロの神髄は「ベジソバ」ではなく、型に捉われない斬新な一杯にこそある。これまで「さくらんぼ冷やし麺」「青汁冷麺」「夏野菜とフルーツの塩冷麺」などを限定販売しており、さらに2019年には「チョコミントラーメン」を発表した。

その「チョコミントラーメン」を1時間近く並んで食べたのが、何を隠そう……私だ。ぶっちゃけ「おふざけラーメン」をイメージしていたものの、結果的には「チョコミントラーメンにおける最高傑作」とまで思ったから、「カカオ薫る白いチョコレート麺」にも期待できる……と信じたい。

・行列はあたり前

さて、18時からの販売開始に合わせ1時間ほど前にソラノイロに到着すると、早くも行列が……。当然、狙いはただ1つ「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。おそらく並んでいるのは猛烈なソラノイロファンか、超ド級のラーメンマニアであろう。みなさん、本当にお好きですね☆

それはどうでもいいとして、「カカオ薫る白いチョコレート麺」は1杯1300円。純粋にラーメン1杯のお値段と考えた場合、そこそこ高い部類に入るだろう。大丈夫か、ソラノイロ。大丈夫か、カカオ薫る白いチョコレート麺。俺はまだ信じているぞ……!

・麺はチョコレート麺

席について待つこと数分。「カカオ薫る白いチョコレート麺」がやってきた。何も知らずにパッと見たら「ポタージュ系?」と思うであろう乳白色のスープは、ごくごくナチュラルなたたずまい。よく見ないと気付かないほど、チョコレートの気配は消えている

スープには豆乳のような優しい口当たりで、そこにチョコレート感はなかった。……んが、麺は「チョコミントラーメン」でも使用されていたチョコが練り込まれた麺で、褐色のボディは己のチョコを隠す気ゼロである。

そして不思議なことに一口目だけ、ファーストコンタクトだけはチョコではなく小麦を強く感じた次第だ。そう、美味しいラーメン屋さんで一口目の麺をすすった時のあの感覚。二口目以降から徐々にチョコの風味が勝っていったから「入口はラーメンで出口はチョコ」のような摩訶不思議なラーメンである。

さらに不思議なのは、最後までイヤな気持ちにならず食べ切れたということ。フルーツの酸味やごぼうチップの香ばしさがアクセントになり、甘くなりかけた舌を引き戻す役目を果たしていた。「仕上げてきたな」──。これが「カカオ薫る白いチョコレート麺」を食べ終えた率直な感想だ。

・チョコレートラーメンを出す理由を考える

おそらくこの時期のチョコレートラーメンは、ラーメン屋にとって目一杯の創作が許される数少ないタイミングであり、また逆に1度手を出してしまうと避けられないイベントでもあるのだろう。とどのつまり “腕の見せ所” に違いない。

個人的には「ベジソバ」の方が俄然好きだが、ニューヨークあたりで「カカオ薫る白いチョコレート麺」を販売したら1万円くらいで売れる……気もする。少なくともチョコレートという無茶なお題がありながら、ラーメンとして高いレベルで完成していた。

というわけで、ソラノイロの「カカオ薫る白いチョコレート麺」は決してゲテモノラーメンではないから、興味がある人はぜひご賞味いただきたい。「カカオ薫る白いチョコレート麺」は2月13日と14日の18時から、ソラノイロ本店で25食限定で販売だ。

参考リンク:ソラノイロ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【信じられん】タピオカ入り『チョコミントラーメン』に大行列が…! 食べてみたら奇跡が起きた / 麹町「ソラノイロ本店」

これをラーメンと呼んでいいのだろうか? いや、素人が作ったものならば “悪ふざけ” と片付けて済む話だが、超人気ラーメン店からこんなメニューが登場してしまうとは……! その名も『チョコミントラーメン』──。迷う……これは迷う。

チョコミントラーメンの販売を開始したのは、名物の「ベジソバ」がカップ麺になってしまうほどの超人気ラーメン店「ソラノイロ」である。信じてるぞ、ソラノイロ……! とはいえ、怖い。ハッキリ言って怖すぎる。

・奇抜だけど激ウマな超名店

そもそも「ソラノイロ」は、型にとらわれない斬新な一杯で世間を驚かせ続けてきたラーメン店である。プロテイン入りの「マッスルラーメン」や、ビーガン対応の「ビーガン担々麺」など「奇抜だけどウマい」で知られる名店だ。だがしかし……。

さすがに『チョコミントラーメン』には震えが止まらない。そもそもラーメンなのに甘いのか? いや、そこはさすがにしょっぱいのか? いやいやいや、ミントの風味で辛いとか? どうやら “冷やしラーメン” であるらしいが、ここまで味の予測がつかないラーメンも他にあるまい。

・余裕で食えると思いきや…

というわけで、やってきたのはソラノイロ本店だ。チョコミントラーメンは2019年9月19日~21日の3日間のみ、ディナータイムに数量限定で提供される特別な1杯である。ただ、チョコミントラーメンでしょ? オープン直後に行けば余裕でしょ……と思いきや。

行列やべぇぇぇえええええ!

ウソだろ……! この日用意されたチョコミントラーメンは25食で、記者はなんとか25番目で滑り込んだ。まさかチョコミントラーメンを求める人がここまで多いとは……! パッと見た限りメディアっぽい人間はあまりいなかったので、純粋なソラノイロファン、もしくはチョコミント好きなのであろう。……信じられん。

・いざ実食…

さて、行列に並び始めてから約1時間が経過したころ、ようやく “ヤツ” が運ばれてきた。チョコが練り込まれたダークブラウンの麺、鮮やかなブルーグリーンのスープ、そしてタピオカ。さらにはラズベリーとチョコレートソース、トドメのオレオ。うむ、悪い予感しかしない

だがしかし、一口食べて驚いた……! 食える……!! 食えるし、何ならウマい。スープにはほどよい塩分があり、この1点で何とかラーメンとして成立している。ただ、甘みも随所に散りばめられており、もちろんミントの清涼感は常に口の中をただよっていた。

なんと魔訶不思議な味。なんと摩訶不思議なラーメン。ただ1つ言えることは、チョコミントラーメンはラーメンであり、決して悪くないということ。いや、むしろ奇跡が起きている。様々なトッピングのおかげで味も単調ではなく、気付けば完食してしまっていた。チョコミントラーメン、恐ろしい子……!

・ある意味で最高傑作

ぶっちゃけ、これよりウマいラーメンは世の中に無数にある。……あるのだが「チョコミントラーメン」というお題で全国のラーメン店が渾身の一杯を作ったとしても、これより美味しいチョコミントラーメンが作れるとは思えない。そういう意味でソラノイロのチョコミントラーメンは、チョコミントラーメンの最高傑作と呼んでもいいだろう。

なお、9月20日は25杯、9月21日は50杯が用意されるとのことである。おそらく、今後レギュラー化するメニューではないから、気になる人はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。きっと生涯の記憶に残るラーメンになるハズだ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 ソラノイロ本店
住所 東京都千代田区平河町1丁目3-10 ブルービル本館1B
時間 ランチ11:00~15:00 / ディナー18:00~21:00

参考リンク:ソラノイロ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24