洗面所のリフォームで12万…もし、メルカリやDIYを駆使したら?

洗面所はトイレやお風呂とちがって、住みながらでもリフォームすることが可能です。東京・世田谷で大家をしているアサクラさんが運営するマンションでおこなった工事を例に「洗面所をまるごとリフォームしたら、一体いくらかかるのか?」を具体的に解説してもらいました。

故障した一体型洗面台を処分して「15,000円」

洗面所をリフォームしたきっかけは、以前から事務所に設置してあった古い一体型の洗面台が故障したこと。

一体型の洗面台

一体型の洗面は基本的な機能に加えて照明や収納までオールインワンとなっている利点がありますが、個人的には野暮ったいデザインのものが多く好きになれません。

今回、水栓に故障が発生し、蛇口をひねるたびに台の内部で少しずつ水漏れが起きてしまう事態が起きたのですが「メーカーに部品がない」と言われました。予想以上に修理代金がかかりそうだったので、これを機に洗面をフルリフォームすることに。

まずは古い洗面台を撤去してもらいます。解体と撤去と処分にかかった費用は「15,000円」でした。

大工さんに洗面カウンターを作ってもらって「25,000円」

撤去してみると、こんな感じになりました。

撤去後の洗面の壁

マンションが建てられたときに貼られたと思しきタイル壁が出てきました。ここにカウンターを造作してもらい、洗面ボウルをのせます。

大工さんに作ってもらったカウンターがこちら。

洗面カウンター

これにかかった費用は「30,000円」。料金には別の部屋でお願いした細かい工事も含まれているので、ここでは「25,000円」と考えることにしましょう。

DIYで壁とカウンターにモザイクタイルを貼って「20,000円」

壁とカウンターにはモザイクタイルを貼ります。経費削減のためDIYでおこないました。

モザイクタイルDIY

壁には、人気のランタン型タイル(名古屋モザイクの「コラベル」)を、カウンターには淡い色合いが魅力の25ミリ角のタイル(toolboxの「水彩タイル」)を貼りました。

モザイクタイル施工後

我ながらなかなか上手にできたと思います。かかった材料費ですが、ランタン型タイルが「約10,000円」、水彩タイルが「約4,000円」、接着剤や目地材などの副資材におよそ「6,000円」がかかりました。

タイルDIYにはざっくり「20,000円」かかった計算になります。業者さんに見積もりを取ったわけではないので詳しくはわかりませんが、プロに頼めばあと数万円は余計にかかったのではないでしょうか。

洗面設備と設置費を加えて、費用の合計は「12万円」

水栓や洗面ボウルは種類によって価格が大きく異なりますから、設備選びは予算を大きく左右します。今回は経費削減のため、ヤフオクで入手し(サンワカンパニーの「ハトリアニド」)、施主支給しました。

洗面ボウル

定価なら2万円はするものですが、およそ半額で入手できました。水栓と排水金具は業者さんに用意してもらい「25,000円」。洗面設備の合計は「35,000円」となりました。

さらに、これらを水道屋さんに設置してもらう取り付け工事費用がかかります。うちの場合は「25,000円」でした。かくして洗面のフルリフォームが完了しました。

リフォーム完成写真

気になる合計金額はトータル「12万円」。

合計金額

なお、タオルかけや鏡、照明器具などは含まれません。

もっと予算を削減するにはどうすればいいか?

古ぼけた洗面がきれいに生まれ変わって仕上がりには満足です。

洗面ビフォーアフター

でも、できれば10万円くらいに収めたかったというのが本音。やや予算オーバーしてしまったという反省の気持ちはあります。

では、どうすればもっと予算が削減できるのでしょうか?まず考えられるのは、カウンターの造作をやめ、壁に直付けの洗面台を選ぶという選択。

壁付けの洗面

狭めの洗面ならカウンターがなくても利便性が大きく変わることはありません。これでカウンターの造作費用は削減できます。

さらに、洗面ボウルだけでなく、水栓や排水金具もヤフオクやメルカリで入手し、施主支給してしまうという選択もあります。

洗面の水栓

水栓などについては初期不良のリスクもありますし、組み合わせをしっかり考慮する必要があるので大変ではありますが、かなりの経費削減が期待できます。

ミニマムに収めれば8万円強でリフォームが可能に?

参考までに別の部屋で工事した例をごらんください。

洗面

この洗面はTOTO製のオーソドックスな洗面ボウル・水栓・排水金具を組み合わせたものです。手元にあるデータを元に、「メーカーの定価」と「見積もりに記載された価格」と「実際にヤフオクやメルカリで入手した価格」を比較してみると…価格の比較表

定価は参考程度に考えるとしても、業者さんが手配した場合の価格とヤフオク&メルカリを駆使した場合の価格を比較しても、およそ半額になります。これはなかなか大きいですね。この価格差を踏まえてミニマムに絞った場合の合計金額を算出してみると…

合計金額ミニマム版

これなら、タオルかけや鏡などを追加しても10万円以内に収まりそうです。タイルをあきらめて塗装に切り替えてDIYすれば、あと1万円くらいは下がるでしょう。でも、せっかくのリフォームですし、個人的にはデザイン性も大事にしたいので譲りたくはありません。

洗面所などの部分的なリノベを検討中の方の参考になれば幸いです。

※ご紹介した工事費用はあくまでうちのマンションの事例です。お願いする業者さんによって増減する可能性は十分にあります。また、DIYを挟むと工期は伸びがちになり、業者さんとの調整に手間がかかることもご承知おきください。

Source: 日刊住まい

「D.I.Y.TILE」のタイルシートを貼ってみたら本当に簡単で驚いた

マンションの大家でもあり、日刊住まいライターとしても活動するアサクラさんが、最近注目しているのが、「D.I.Y.TILE」のタイルシート。シートを貼るようにして、本物のタイルが手軽に設置できる便利なDIY商品です。
実際に使ってみた際に気づいたことや使用感などについて、レポートしてくれました。

壁の塗り残しを「D.I.Y.TILE」のタイルシートでカバーしたい

そもそも、僕が「D.I.Y.TILE」のタイルシートを使ってみようと思った理由はというと……

トイレの壁の塗り残し

便器の取り替えの際にペンキが塗れていない部分が見えてしまった壁です。

トイレの壁の塗り残し

グレーがかったライトブルーのアクセントカラーは、この部屋のために調色してもらったものなので、おいそれと塗り直せません。業者さんに相談したら、全面塗り直すしかないとのこと。

費用もかかる上に、入居者さんがお住いの部屋ですから時間を取るのも難しいです。そこで、「D.I.Y.TILE」を思い出したのでした。

目地付きのタイルシート

「貼るだけ簡単」のタイルシートなら、入居者さんに迷惑をかけることも少ないですし、本物のタイルならではの本格的な仕上がりも期待できます。

タイル選びに迷ったら、店員さんに相談だ

問題は「どんなタイルを選ぶか」ですね。「D.I.Y.TILE」のタイルシートは種類がとにかく豊富。

店内の商品棚

こちらは代官山にあるショップの写真。豊富なラインナップからひとつを選ぶのは、なかなか難しいです。そこで、現場の写真を見せてスタッフの大塚友麻さんに相談してみました。

すると「目立つ色を選ぶよりも、なじむ色を選ぶのがいいと思います」とのアドバイスが。たしかに強めの色や個性的な形を選ぶと、好みが分かれる気がします。

入居者さんからは「大家さんにお任せします」と言っていただきましたが、あまり冒険しすぎるのも怖いです。アドバイスに従って、壁のブルーに近い色か、白系のカラーを中心にいくつかピックアップしてみました。

候補のタイルシート

いっそ柄物もありかな、などなど迷います。

柄物のタイルシート

どれも決め手に欠けるなあと悩んでいたら、大塚さんからこんな提案が。「便器がツヤのあるホワイトなので、これはどうでしょう?」

プチコレ

「便器が丸みのあるかたちなので、なじむと思いますよ」。なるほど。エッジがシャープなものよりもこちらのほうが丸みのある便器とマッチする気がします。

全然、自分の目には入っていなかったけど、これはいいかも。やっぱり「餅は餅屋」。悩んだら、プロに訊くのがDIY成功の秘訣です。

というわけで、この「プチコレ」に決めて3枚購入。1枚750円なので、3枚で2250円なり。このタイプは目地を後付けしないのでいいので、ただ貼るだけでOK。シート以外には何も買う必要がありません。

丁寧に作業しても30分もかからない簡単さに驚く

後日、入居者さんにお時間をいただいてタイルを貼りました。冒頭で紹介した塗り残し部分に仮置きして、大まかな位置を決めます。

便器後ろにタイルを仮置き

簡単に済ませるならこのままざっくり貼ってしまってもいいのですが、今回は入居者さんのお部屋なので、なるべく丁寧に作業していきます。使った道具はこちら。

道具一覧

あると便利なのが、写真上の水平器です。

水平器

こんなふうに丸で囲った部分の気泡を真ん中に合わせれば水平が取れます。これがあると「貼ってみたら傾いてた(泣)」なんて事態が防げます。水平器を定規に横線を引いたら、中心に印をつけます。

水平器で引いた線に印をつける

この印とシートの中心を合わせながら、線に平行してタイルを貼ります。

印に合わせてタイルシートを貼る

こうすれば、水平も取れて中心もずれないので、大失敗は避けられます。1枚貼ったら、続いて2枚目をならべて貼りますが、今回は便器の幅とのバランスを考えてはみ出る部分を1列だけカッターでカットしました。

カッターでシートをカット

目地は塩化ビニール製なので簡単に切れますし、タイルに沿って切れば定規も必要ありません。カットしたら、1枚目の目地に合わせて慎重に貼りつけましょう。

2枚目のシートを貼る

この要領で3枚目も反対側に貼ります。

3枚目のシートを貼る

ちなみに、端の目地については付属の塩化ビニール目地を残すやり方もありますが、今回は端の目地をカットしてタイルの横面(小口)を見せて仕上げました。

目地仕上げの比較

いろいろ細かく説明しましたが、あっという間に完成。

完成写真

本物のタイルなので、質感も抜群です。

完成写真

水平器を使いつつ丁寧に作業しても所要時間は30分ほど。ざっくりやったら数分で完了するかもしれません。タイルのDIYにチャレンジして苦労した経験も多い僕からすると「こんなに簡単でいいわけ?」と思ってしまうくらい。

これで本物のタイルが手に入るのが「D.I.Y.TILE」の魅力ですね。

いちばん多いのがチャイルドミラーへの貼り付け

タイルの良さは掃除がしやすいこと。

水を流したところ

手洗いの水はね部分がタイルでカバーされたので便利になりました。インテリア面だけでなく実用面にも優れているのがいいですね。

「D.I.Y.TILE」スタッフの大塚友麻さんによると、僕のように水回りをリメイクするのに使う方は多いとか。

特に多いのがチャイルドミラーへのDIYなんだそうです。チャイルドミラーとは洗面ミラーの下に設置された子ども用の横長のミラーのこと。

チャイルドミラーをリメイク

画像提供:D.I.Y.TILE

蛇口の後ろにあるので汚れやすく、不要と考える人も多いそうで、ここにタイルシートを貼ってリメイクするのです。

チャイルドミラーをリメイク

画像提供:D.I.Y.TILE

そのほかキッチンやトイレのリメイクも多いそうで、レンジフードを交換した際にサイズや形のちがいでできたスキマのスペースを隠すのにシートを貼る人もいるそうです。いろいろな活用法があるんですね。

本物のタイルを手軽にインテリアに取り入れられる

「D.I.Y.TILE」のショップでは、洗面やトイレの施工例も見ることができます。

店内の洗面サンプル

店内のトイレサンプル

インテリアがどうも殺風景だなと思ったら、タイルシートでリメイクするのも楽しいかもしれません。ちなみに、僕は自分の部屋用に「木枠」と「シート一枚」を購入しました。

木枠とタイルシート

木枠を「BRIWAX」という木製用ワックスで塗ってから、シートを木枠に貼りつけ、額縁風に壁に飾ってみました。

額縁風に壁に飾ってみた

鍋敷きにすることを想定して作られた木枠ですが、こういうアレンジもおすすめです。

額縁風に壁に飾ってみた

タイルを手軽にインテリアに取り入れられる「D.I.Y.TILE」のタイルシート、ぜひ試してみてください。

D.I.Y.TILE 代官山
東京都渋谷区代官山町14-11 1F
営業時間:11:00~19:00(不定休)
電話番号:03-6685-1685

Source: 日刊住まい

本物のタイルを超簡単に貼れる!「D.I.Y.TILE代官山」に行ってきた

カラーバリエーション

タイルDIYというと「難しくて手が出しにくい」と思っている方も多いのではないでしょうか?マンションの大家でもあり、日刊住まいライターとしても活動するアサクラさんが、本物のタイルなのに貼るだけで手軽にDIYできるシートを提供するブランド「D.I.Y.TILE」の代官山ショップについてレポートします。

代官山から美濃焼タイルの魅力を発信したい

やってきたのは代官山。

代官山の街並み

おしゃれなカフェやアパレルショップがたちならぶ街角に「D.I.Y.TILE」があります。

「D.I.Y.TILE」代官山ショップの外観

オレンジのカラーとタイルのデコレーションがかわいいお店。

「D.I.Y.TILE」代官山ショップの店内

こじんまりとした店内には、ところ狭しとタイルが並びます。

「D.I.Y.TILE」代官山ショップの店内

いたるところにタイルが貼られていて、タイル好きでなくとも楽しい気分になる空間です。案内してくれたスタッフの大塚友麻さんによると、このお店がオープンしたのは2017年のこと。

タイルの街として知られる岐阜県多治見市の「藤垣窯業株式会社」が「美濃焼のタイルの素晴らしさをもっと知ってもらいたい」という思いから東京にショールームを開いたのだそうです。

商品の中心となるのは「目地付きのタイルシート」。

目地付きのタイルシート

はがして貼るだけのタイル風シートは今までもありましたが、見るからに樹脂っぽい質感でタイルとはかけ離れたガッカリ感を感じさせるものばかりでした。

でも、このタイルシートは本物のタイルですから偽物感は皆無。抜群の質感です。

貼るだけの簡単施工で本物のタイルの質感が!

なんといっても「目地付き」なので、一番の難関である目地入れが不要なのがうれしいです。セメントの目地材の代わりにタイルとタイルのあいだを埋めているのは塩化ビニール製の目地材。

目地付きのタイルシート

シートの裏にはシールが付いているので、紙をはがして貼りつけます。

タイルシート裏面のシール

専用の「フラット目地用ネット」を使えば目地が完全に埋まり、さらに仕上がり感がグレードアップします。

フラット目地用ネット

このネットを指で上からはめ込みます。

ネットを指ではめる

ネットあり(フラット目地)とネットなし(深目地)を比較するとこんな感じ。

ネットありなしの比較

上がネットあり/下がネットなし

目地の深さで印象もだいぶ変わります。どちらを選んでも、施工は衝撃的なくらい簡単です。これだけで本物のタイルが手に入るなんて感動。

店内に貼ってあるタイルサンプル

こうして店内に貼ってあるサンプルを眺めても、セメントで目地入れしたタイルとのちがいはほとんどわかりません。

タイルのラインナップがとにかく豊富

驚きなのが、タイルの種類の豊富さ。2.5センチ角のノーマルなタイルは、さまざまなカラーバリエーションがありますし、

カラーバリエーション

ボーダー型のタイル(「ビッツボーダー」)もあります。

ボーダー

今や定番となった人気タイル「ランタン」や、

ランタン

ニューヨークスタイルの定番「サブウェイタイル」など、

サブウェイタイル

最近のリノベーションで人気のタイルもラインナップされています。こんなビビッドな色のタイル(「ハイカラーV」)だってあります。

ハイカラーV

タイルと言って思い浮かぶ色や形はあらかた網羅されていると言っても過言ではありません。

スタッフに聞いた人気シリーズ&おすすめシリーズ

スタッフの大塚さんのお話では、ラインナップが多すぎて店内に置ききれないほどだとか。

あれこれ比較して迷うのも楽しいのですが、こんなにあったら選べないという方のために人気シリーズを聞きました。まずは淡い色合いが魅力の「ランドマーク」シリーズ。

ランドマーク

単色もあればミックスもあり、ラインナップも豊富です。凹凸面の光の反射が面白い「ロマネス」シリーズも人気。

ロマネス

ごらんのとおり、色の組み合わせで印象がガラリと変わります。

和(なごみ)

「和(なごみ)」と名付けられたシリーズはスタッフさんのおすすめ。名前のとおり和風な雰囲気にマッチするデザイン。

ピンキー

「ピンキー」シリーズもおすすめです。

ピンキー

タイル表面に「貫入」と呼ばれる細かいヒビが入っており、独特の風合いを醸し出しています。これらはどれも2.5センチ角のオーソドックスなサイズなので、どんな場所にも収まりやすいと思います。

かゆいところに手が届くうれしいオプションも

DIYの際に気になるポイントをしっかりとフォローしてくれるアイテムも充実しています。うれしいのが、接着面によって裏面のシールが3種類から選べるところ。

裏面のシールは3種類

通常の壁なら「ふつうのシール」、デコボコが気になる下地には接着力の強い「がっちりシール」、後から剥がしたいときは「ふしぎなシール」を選びます。

「ふしぎなシール」は、専用のピーリングウォーターを使うときれいに剥がすことができるそうです。

ピーリングウォーターでタイルを剥がす

画像提供:D.I.Y.TILE

タイルは一度貼ってしまうと復旧が難しいのが難点ですが、これなら賃貸でも安心して使えますね。また、「練り目地材」も便利なアイテムです。

練り目地材

柔らかい紙粘土のような素材で、タイルを貼った際に余ってしまった半端な隙間を目地材で埋めることができます。他にも、目地ネットに黒などのカラーバリエーションが用意されている点や、

黒の目地ネット

横長のサブウェイタイルにも「半マス」のタイルが用意されていたり、

サブウェイタイル半マス

とにかくかゆいところに手が届くアイテムが充実しているのはうれしいですね。

「D.I.Y.TILE」店頭ロゴ

小さいお店ながら、タイルの魅力がぎゅっと詰まった楽しいお店です。タイル好きはもちろん「タイルに興味はあるけど、難しそうかな」と敬遠していた方も、ぜひ訪れてみてください。

D.I.Y.TILE 代官山
東京都渋谷区代官山町14-11 1F
営業時間:11:00~19:00(不定休)
電話番号:03-6685-1685

Source: 日刊住まい

リノベで選びたい玄関・水回りの素材、使い勝手がいいのはコレ

関東近郊で築12年(購入時)の中古マンションをフルリノベーションして3歳、0歳の子どもと30代夫婦の家族4人で暮らしています。

今回は、玄関の壁一面を有孔ボードに水回りをタイルに、選んでよかった素材を紹介します。

玄関には使い勝手のより引っ掛けられる「有孔ボード」

玄関には、フックで収納スペースを作ることができる「有孔ボード」を壁一面に設置しました。

ボードの穴にフックを取り付け、自転車の鍵、ヘルメット、傘、帽子など、使用頻度が高いアイテムをたくさんひっかけています!
出かけるときに必要なものがすぐ取れて、とても便利です。

玄関ボード

フックは有孔ボードのピッチ(2センチ)に合うものをAmazonやホームセンターで購入して使っています。

ボード穴

釘を刺さなくて良いので、付ける位置をいつでも変えられるのが一番の利点!
子ども用ヘルメットは低い位置に、大人の帽子や大事な鍵は高いところに。

ボード

玄関照明もさりげなく有効ボードに付けています。

これからは、絵や植物、季節を彩る飾りを取り付けたりと、さまざまな雑貨やインテリアなどのスペースとして利用し楽しみたいと思っています。

キッチンと洗面台には掃除がラクな「タイル」

水回りは使い勝手の良いタイルを使っています。

洗面所

洗面所

洗面所には、派手すぎず水回りに馴染じむくすんだブルーを採用。
タイルのサイズは1枚、30センチ×10センチの大きめのものにしました。

水はねしても気にならず、拭き掃除で済ませられるので楽チンです。

洗面所タイル

キッチンカウンター

キッチンカウンターには、洗面所と同じタイルで色違いを使っています。

キッチンタイル

貼り方の違いで、洗面台は清潔感を、キッチンは温かみのある演出ができ良かったと感じています!
また、キッチンと洗面台のタイルは目にもつきやすく、アクセントにもなっています。

キッチンタイル

バスルームもタイル張りに憧れはありましたが、こまめに掃除するのが苦手なので、すぐにカビができると思い早々に諦めました。

何の素材を使用するかは、事前にイメージをしておくことが吉!

家づくりが始まると、決める項目が多く、一つ一つじっくり細かい設備や素材などを決める時間を取るのは大変でした…。

我が家は、拘りつつも自分たちが気持ちがいいと思える直感で決めたように思います。
始めのうちは素材を取り寄せ吟味などもしましたが、その内カタログをめくって「コレ!」と言って、決めていました。

ここで紹介した素材は、しっかり吟味したものです。
しかし、唯一トイレ内の壁紙はカタログだけで決めてしまい、出来上がってから後悔…。

ぜひ、時間のあるうちにゆっくり吟味して決めることがオススメです!

素材

Source: 日刊住まい