タリーズの1店舗限定ドリンクがマジで最高! 全国で売る予定はないのか聞いてみた / ストロベリールビーチョコレートスムージー

そのドリンクは、「ストロベリールビーチョコレートスムージー」という。トールサイズのみの展開で、ホイップ無しなら630円。ホイップありなら690円となる。いかにもタリーズにありそうなドリンクだが、実はこれを買えるのは全国で1店舗のみ。ルミネエスト新宿店だけなのだ(2020年2月13日時点)。

幸いにも、私の職場は新宿近辺。「ちょっと味見してみるか」と思いついたときに立ち寄れる距離感なので、実物を飲んでみたところ……逆に考え混んでしまった。なぜこれを全国で売らないのだろうか? と。

美味いかマズいかなんて結局は主観的なものだが、このドリンクは確実に美味いヤツ──と私は思う。甘さが強すぎることはなく、いちごの酸味が強すぎることもなく、チョコレートが強すぎることもない。すべてのバランスがちょうどいい。

だから気に入る人は大勢いるはず……なのになぜ! 1店舗限定なのか? なぜ、ルミネエスト店だけなのか? その疑問をタリーズの中の人に直接ぶつけたところ……

「ルミネ様のご担当の方からリクエストをいただき、偶然に生まれたドリンクです。今回は試験的に販売しております。

ご担当の方がタリーズの「チョコリスタ」というシェイクを気に入ってくださっていて、何かこの店舗限定のものをということで検討していたのですが、ルミネにお越しのお客様はイチゴ好きが多いということをヒントに、ルビーチョコレートもブームですし、今回のドリンクを考案しました」

……ざっくりまとめると、ルミネ側からリクエストがあったこと、加えて客層にイチゴ好きが多いという理由から、ルミネエスト店で試験販売しているようだ。

それにしても、テナント側の担当者の好みで店舗限定メニューが決まることってあるんだな……と1つ勉強になったところで、なにより気になるのは「全国で発売される予定はあるのか?」ってことだろう。

そこのところも聞いてみたぞ。回答はこうだ。

「現時点での予定はございませんが、今後の売れ行きを見て、検討させていただく可能性はございます

──全国展開の可能性はゼロじゃない! これはもう期待して待っていい……のではないだろうか?

 

「それはポジティブすぎる」と思う人もいるだろうが、実際に飲んだ私は願ってやまない。数カ月後か数年後、本記事を読んでくれた人が「店舗限定なんて懐かしいな。今はどこでも飲めるのに(笑)」と思う状況になることを。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 タリーズコーヒー ルミネエスト新宿店
住所 東京都新宿区新宿3丁目38−1 ルミネエスト5F
時間 平日11:00~21:30 / 土・日・祝日 10:30~21:30

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】タリーズの『1万円福袋』はコーヒー系福袋の最高峰だった / タリーズの人に「スタバの福袋をぶっちゃけどう思う?」と質問してみたぞ

今回紹介するものは、タリーズが販売する3種の福袋の中でもっともお高い。価格はなんと1万円! 「コーヒー系の福袋に1万円出せるなんて一体どこの重役だよ」と思ってしまうかもしれないが、高嶺の福袋だからこそ中身が気になる人だっているに違いない。

そんな人のために、もちろんロケットニュース 編集部は手に入れている。タリーズの1万福袋を。どうやって入手したのかというと、先日公開した3500円福袋5000円福袋と同様、タリーズが送ってくれたのだ。さて、その中身はというと……

【2020年タリーズコーヒー福袋(1万円)の中身】

・コーヒー豆5種(粉 / コロンビア・ブラジル・メキシコ・グァテマラ・ブルンジ)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット20枚
・コーヒースクール体験チケット1枚
・ステンレスボトル
・メキシコ産オレンジハニー(はちみつ)

このコーヒー豆(粉)の量!

そしてドリンクチケットの量!

圧巻である福袋の中身に関しては事前に公開されているにもかかわらず、実物を目の当たりにすると「おぉ〜」と声が漏れた。めっちゃゴージャス。

私が思うに、これはもはや企業のトップ同士が贈り合うお歳暮だ。もしくは、大企業の重役が「部署のみんながひと息つけるように、ポケットマネーで買っといたよ」と言いながらドヤ顔して渡すヤツだろう。とにかく、一般人には豪華すぎる。

まあもちろん、どれほど豪華に映るかは本人の財政状況によって大きく変わるので、私の感想はこのあたりで止めておきたい。

・ステンレスボトルについて

そんなことより、やはり「ステンレスボトルってどんな感じ?」って点が気になる読者は多いだろうから、そこを見ていくとしよう。

容量は0.53リットル。念のためにサイズを測ると、高さが約20cmで、下部の直径(太いところ)は約7.3cmであった。

こういう系のグッズとなると、毎年スタバのものが人気を集めるが、タリーズのステンレスボトルだって全然悪くない。むしろ十分スタイリッシュだと思うのは私だけだろうか? ちなみに、3500円福袋や5000円福袋のトートバッグ内にあるドリンクホルダーにぴったり収まるぞ。

・タリーズの “中の人” に聞いてみた

さてここで、1万円福袋の中身とはちょい離れ、タリーズの “中の人” に教えてもらった情報をご紹介したい。それは私が長年気になっていたこと。何かというと……

その1:タリーズって福袋の中身を毎年どうやって決めてるの?

その2:大人気のスタバ福袋について、ライバルであるタリーズはぶっちゃけどう思ってるの?

この質問に、タリーズの “中の人” は答えてくれたぞ。回答は以下の通りだ。

【福袋の中身の決め方】

中の人「(1)干支にちなんだグッズは必ず入れます。(2)お客様のSNSへの書き込みや店舗で頂いた感想は、かなり参考にします(たとえば、過去に陶器のグッズを入れたことがあったのですが「もって帰るのに重かった」とか)。

(3)ドリンクチケットは必ず入りますが、日頃のご利用の感謝をこめますのでお得感はマストです。(4)コーヒーについては福袋でしか手には入らない種類を入れることにしています」

【スタバの福袋についてどう思う?】

中の人「スタバさんについては、中身(おしゃれですから、スタバからトレンドが分かりますので)はもちろんのこと予約などの販売方法を参考にさせていただいております」

──とのこと。やはり、王者スタバはタリーズの福袋にも影響を与えているようだ。

そんなスタバの福袋は、いよいよ明日発売開始! ……なのだが、すでにスタバ福袋は抽選が終わっているので、落ちた人や申し込んでない人にはどうすることも出来ない。その点、タリーズは入手できる可能がまだ十分にあると思うぞ。

むしろ、手に入れる労力と値段と中身を考えたらタリーズは穴場的福袋だとも感じている。本当かどうか確かめたい人は、試しに店舗へ行ってみてはどうだろうか。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24

【2020年福袋特集】タリーズの5000円福袋をフライングゲット! 開けてお楽しみの「熊のぬいぐるみ」をすべて入手したぞ!!

あらかじめ言っておきたいが、タリーズの5000円福袋に入っている熊のぬいぐるみは2パターン。よって “全種類” といっても2種類である。「それだけかよ」と思う人もいるかもしれないけれど、このぬいぐるみを2種類とも手にする人間は、そこまで多くないはずだ。

なぜなら、熊のぬいぐるみは「どっちが出るかは開けてからのお楽しみ」的な感じで入っているため、2つを確実にゲットするには最低2回は同じ福袋を買う必要がある。福袋の価格(5000円)を考えたら、これはなかなかハードルが高いだろう。

にもかかわらず、その2つを私がいま手にできているのは、タリーズが当編集部に福袋を送ってくれたおかげ。転売とかで手に入れたものじゃないよ〜と説明したところで、中身の紹介といこう。

【タリーズ福袋(5000円)の中身】

・コーヒー豆2種(粉 / コロンビア・ブラジル)
・ドリップバッグ1箱
・ドリンクチケット8枚
・ベアフルマント(マントを羽織ったクマのぬいぐるみ / 2種のうちいずれか1つ)
・オリジナルトートバッグ(ネイビー&サックスブルー)

個人的な印象を言わせてもらうならば、ドリンクチケットとトートバックだけで十分に元が取れるだろう。なんなら、福袋の中身がスッカラカンだったとしても、トートバッグだけのために5000円払う人だっているような気がする。

それほど、このバッグは使い勝手がいい。ポケット的なのがいっぱい付いており、ビジネス使いもできそう。そして何より、見た目がいい。「福袋の袋オシャレ選手権」があったら、最終候補にノミネートされること必至のスタイリッシュさである。ちなみに、スタバに持って行ってもしっくり来るぞ♪

というわけで、お得かどうかを論じてもあまり意味がない気がするから、ここはもう2種類の熊ちゃんをフィーチャーしまくってもいいのではないか。干支のネズミと熊ちゃんの絶妙な絡みを、みんなもっと見たいのではないか。そうだろう?

──と考えたので、以下で「熊ちゃん写真集」をお届けしたい。おっと、熊ちゃんの正式名称は「ベアフルマント」と言うようだ。

・大きい熊ちゃん

このベアフルマント、背丈は28cmで、横幅は23.5cm。本来 “ちょこんと座るタイプ” の熊ちゃんの足を伸ばしながら測ったので、多少の誤差はご勘弁いただきたいが、とにかく3500円の福袋に入っていたミニ熊ちゃん(干支ミニテディ)よりかなり大きい。

なお、タリーズの “中の人” に確認したところ、「基本的に福袋限定の商品」とのことだぞ。

・熊ちゃん写真集

まあウンチクはこれくらいにして、熊ちゃんに登場してもらおう。ベアフルマントくん〜カモ〜ン! さぁみんな〜! これを見て、今年の辛かったことを全部忘れようぜ!!

[完]

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ! →「2020年福袋特集」


Source: ロケットニュース24

【オススメ】スタバの「チャイティーラテ」にタピオカを入れると激ウマ!

気が付けば日本中タピオカまみれだ。あっちに行ってもタピオカ、こっちに行ってもタピオカ。上を向いても下を向いてもタピオカタピオカである。これだけ広く日本中に浸透すると、ブームの終焉が近づているように感じられるのは、気のせいだろうか?

それはさておき、大手コーヒーチェーンのタリーズやドトールでさえも、タピオカドリンクを販売しているというのに、スターバックスだけはいまだにタピオカに手を出していない。

スタバのドリンクでもタピオカ飲みたいやん! ということで、アイスチャイティーラテ(475円)に無理やりタピオカを投入したら、めちゃくちゃウマくなった! みんなもマネしていいぞ~ッ!!

・なぜスタバにはない?

なぜ、スタバがタピオカ商品を出さないのか? その理由は不明だが、タピオカに頼るまでもなく、スタバ人気は不動だ。たとえブームに乗り遅れていたとしても、問題ないのだろう。

とはいえ、スタバのタピオカドリンクがあったら飲んでみたいと思うのが人情。チャイティーラテにタピオカが入っていたら、オッサンの私(佐藤)でもちょっと嬉しくなる。

スタバの商品を待っている間に、空前のタピオカブームが過ぎ去ってしまう可能性も十分にある。待っていられない! ということで、私はすぐさまタリーズへと走った!

すでにお伝えした通り、タリーズはすべてのドリンクにプラス100円でタピオカを追加することができる。

・タリーズのタピオカを

ということで、タリーズのタピオカをスタバのチャイティーラテに投入したいと思う。

まずは、タリーズのアイスタピオカロイヤルミルクティー(550円 / トール)を、一気に飲み干す!

この時の注意点は、出来るだけタピオカを飲まないこと。出来れば1粒も飲むことなく、液体だけを飲み干して欲しい。

続けざまに、タピオカをチャイティーラテに投下!

こうして、スタバの「タピオカチャイティーラテ」の完成である。ね! カンタンでしょ?

カップの底に沈殿するタピオカ! コレコレッ! これが見たかったんですよ、スタバの商品でコレを見ることが出来ないのは、非常に寂しい。でも、もう大丈夫! 自分で作ればいいのさ!!

・美味いけど、コスパは……

実際に飲んでみると、美味くない訳がない! 正直なところ、私はタピオカがそこまで得意ではない。だが、このタピオカは異様に美味しく感じる。

おそらく、ただでさえ美味しいスタバドリンクに、タピオカのモチモチした食感が加わることで、味の奥行きが広がるためではないか? と自分なりに推測している。

ぜひとも皆さんにも試して頂きたい。ただ1つ難点があるとすれば、一般的なタピオカドリンクが400~600円の範囲で収まるのに対して、このドリンクは1杯1000円近くになってしまうことだ。コスパは悪いが、美味しさが増すのは間違いないので、その点を考慮して挑んで頂きたい。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【コーヒー検証】もっともコスパが高い「税込み700円」の組み合わせメニューはどれ? スタバ・タリーズ・ドトールで比較してみた

700円検証シリーズの第6弾はコーヒーチェーンだ。これまで、持ち帰り弁当ハンバーガー牛丼カレー、そして蕎麦と検証を重ねてきた。

そして今回はコーヒーチェーン。スターバックス・タリーズ・ドトールの3社、価格設定に開きがあるが、各社1フード・1ドリンクで購入できる組み合わせを検証してみた。

・比較が難しい

正直に言うと、今回の比較が今までで1番難しかった。なぜなら、値段の開きが激しく、700円で購入できるセットメニューがドトールにしかなかったからだ。タリーズにもあるにはあるが、モーニングを除いてもっとも安いフード(スイーツ)セットが780円からとなっており、今回の条件に合わなかった。

それを踏まえて、まずはドトールから見て行こう。

・ドトール

最近タピオカドリンクで話題になっているドトール。タピオカにそこまで興味のない私(佐藤)だが、店頭で売り切れになっているところを見ると、ちょっと飲んでみたいと思ってしまった……。

それはさておき、比較3社のなかでもっとも価格帯の低いドトールは、デザートのセットメニューが充実している。6種のケーキ、それぞれSドリンクのセットがあり、価格は570~610円。今回注文したのは、ドトールの看板メニュー、ミルクレープのケーキセットである。

ミルクレープセット570円 + カフェラテ(+20円)+ Lサイズ(+100円)

ミルクレープのケーキセットに、アイスのカフェラテ(+20円)。さらにそのアイスラテをLサイズに変更(+100円)。これで合計690円である。

定番商品を注文できるうえに、ドリンクのサイズアップまでできてしまう、高コスパのセットメニュー。

さすが庶民の味方。もっともコスパが高かったのは、予想通りドトールだった。

・タリーズ

次にタリーズ。高いコーヒーチェーンというとスタバのイメージが強いのだが、タリーズもなかなかいいお値段。「チョコリスタ」や「スクイーズ」などのオリジナルメニューがあるものの、これらが微妙に値が張り、700円の範囲内でフードと組み合わせることがやや難しかった。

バウムクーヘン(240円)+ カフェオレスワークル(ショート430円)

本来はケーキをオーダーしたかった。もしくはアイスクリームとドリンクを組み合わせてタリーズの個性を出したいところだったが、やはり高くて700円の範囲では収まり切らない。そこでやむなく、バームクーヘンにフードをランクダウン。

その代わりに、スタバのフラペチーノに相当するスワークルを注文した。スタバとの差別化でメニューの充実を図っているタリーズだが、価格的にスタバと同等となると、やや分が悪いように感じるのは気のせいか?

・スターバックス

最後にスターバックス。スタバが高いのは想定内ではあったが、こちらもフードとドリンクで700円以内に収めるのが難しい。フードのなかでも最も安い部類に入るアメリカンスコーン「チョコレートチャンク」で、なんとか凌いだ感じだ。

チョコレートチャンク(260円税別)+ スタバラテ(トール380円税別)

スタバが厄介なのは、表示価格が税別であること。メニューを見た段階では「余裕で700円以内に収まる」と思ったら、会計時に691円と言われて少々ヒヤッとした。

接客のホスピタリティや、店舗の居心地の良さなどを考えると妥当な価格ではあるが、金額に上限を設けて比較すると、その付加価値が仇になるとも感じられた。

・まとめ

コーヒーチェーン比較の場合、700円という価格の縛りが思いのほか大きく響く。これが1000円で比較となった場合、スタバ・タリーズにもより多くの選択肢がもたらされるのではないだろうか。スタバ・タリーズで700円縛りを試す時は、組み合わせは諦めて、単品オーダーでカスタムを楽しんだ方がいいのかもしれない。

参考リンク:ドトールスターバックスタリーズ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

タリーズ『夏の福袋(5000円)』に入っていた無料ドリンクチケットは「スタバの福袋」の2倍だった

タリーズには夏の福袋がある。しかも2種類ある。3000円と5000円だ。3000円の方は以前の記事「タリーズ夏の福袋が6月24日から販売開始」で紹介したので、今回は5000円の方を取り上げたい。

こちらもタリーズさんから特別にいただいてきたもので、中身は基本的にどれも一緒。袋によってハズレがないから、その点ご安心いただきたい。で、肝心の中身がどうだったのかというと……

【タリーズコーヒー夏の福袋(5000円)】

・コーヒー粉2袋(コロンビア180g / マンデリン 150g)
・コールドブリューコーヒー(3袋)
・フラワーステンレスボトル
・コーヒーファームテディ
・無料ドリンクチケット(8枚)

──水出しのアイスコーヒー(コールドブリューコーヒー)こそ3000円の福袋と一緒だが、テディが入っていたり、コーヒー粉が2倍になっていたり、「セパレートボックス」が「ステンレスボックス」になっていたりといった違いがある。中でも大きいのが、無料ドリンクチケットが8枚になっている点だろう。

この無料ドリンクチケットは、3000円の福袋と同様にメニュー限定で、コーヒー・水出しアイスコーヒー(季節限定)・ティー・カフェラテのショートサイズのみとなっているものの、8枚はデカい

・今年ゲットしたスタバ福袋と比べてみた

ちなみに、毎年大人気のスタバの福袋の場合、今年あひるねこが手に入れたものドリンク引換チケットが4枚だった。一応、福袋に入っていたものを全て紹介すると……

・オリジナルトートバッグ
・ハウスブレンド 250g
・パイクプレイスロースト 250g
・ヴィア ティーエッセンス チャイ 12袋入り
・プラスチック製タンブラー
・サンドイッチボックス
・ブランケット
・ジッパーバッグ 6枚
・ドリンク引換チケット 4枚

※福袋なので中身が異なる可能性があります

──って感じだ。ご覧の通り、スタバはグッズ類が充実していた上に、価格的にもタリーズの5000円福袋に比べて1000円高いので、単純に比較できない部分はある。だがそれでも、無料ドリンクチケットがスタバの2倍というのは魅力的ではないだろうか。

というわけで、タリーズの「夏の福袋」が欲しい人は、最寄りの店舗へどうぞ。なお、こちらは本日6月24日に発売が開始したばかりだが、各店舗数量限定。ゲットするなら急いだ方がいいかも。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

タリーズ「夏の福袋」が6月24日から販売開始! ひと足先に手に入れたらこうだった / ハッピーバッグ(3000円)

タリーズには夏の福袋がある。──ってことを以前の記事で紹介したのだが、覚えている人はいるだろうか? なにぶん3年前に公開した記事なので、忘れちゃった人もいるだろう。

というか、これを書いている私自身が「やべぇ! 去年も一昨年も忘れてた!!」となっているくらいなのだが、人気の福袋なので今年こそは紹介したい。そのために、今回はタリーズさんから特別にいただいてきたぞ。さっそく、中身を見てみると……

【タリーズコーヒー夏の福袋(3000円)】

・コーヒー豆(コロンビア / 180g)
・フラワーセパレートボックス
・コールドブリューコーヒー(3袋)
・無料ドリンクチケット(5枚)

……正月にタリーズの3000円福袋を買われた方ならお分かりだろうが、中身的には正月バージョンと遜色がない。ただ、正月バージョンだと袋はトートバッグだったが、今回は紙袋になっている点や、無料ドリンクチケットの引き換え対象商品が限定されているなどの違いは確かにある。

特に、無料ドリンクチケットがコーヒー・水出しアイスコーヒー(季節限定)・ティー・カフェラテのショートサイズのみとなっている点は、「う〜ん」となる人もいるだろう。例えば「タリーズに行ったら、キャラメルソイラテ with ソルティーキャラメルソースしか飲まないんですけど」という人だったら、チケットをゲットしても意味がない。

だが個人的には、「夏に1番飲むのはアイスコーヒーかアイスカフェラテなんだからそれで十分。アイスコーヒーのショートサイズ(税込380円)が5杯分で1900円になるし」とも思ってしまう。

無料ドリンクチケットの話ばかりしてもやらしいので、爽やかな話をしよう。フラワーセパレートボトルは見た目が夏らしくて、持っているだけでオシャレ。ボディが2つに分かれるので、氷をガッツリ入れられそうだ。

それから、コールドブリューコーヒーは早い話が水出しのアイスコーヒーで、開封するとコーヒーの香りがふわっと香ってくる。

ずっと匂っていたい気持ちになるが、それを器に入れて水を注ぎしばらく待てば、アイスコーヒーが出来上がるぞ。

──というか、もう作ったぞ。うめぇ……。

まぁとにかく、タリーズ「夏の福袋」は6月24日から販売開始。正月の福袋と同様、購入するには店舗に行く必要がある。また、各店舗数量限定なので、気になる人はお早めにどうぞ。

参考リンク:タリーズ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

スタバとタリーズの「シナモンロール」を食べ比べようとしたら…重さを量った時点で動揺が走った / 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権(第2回)

「スタバ」と「タリーズ」は、どっちが上なのか? そんな愚問に何とか答えを出すため、それぞれの似たような商品をひたすら食べ比べる企画『スタバVSタリーズ! 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権』。

以前の記事でお伝えしたように、初回はチーズケーキ同士が戦い、見事にスタバが僅差で勝利を収めた。今回はその第2ラウンド。シナモンロールはどっちが美味いのか? を決めようとしたところ……計量の時点で審査員席に動揺が走ったのだ。

なぜ動揺が走ったのかを説明する前に、それぞれの価格を紹介したい。スタバは税込345円で、タリーズは税込290円。ご覧の通り、スタバの方が50円ほど高いことになる。したがって、明らかにスタバ有利かと思ってそれぞれをスケールに載せたら……スタバは129gで、タリーズは103gだった。

ここから1gあたりの価格を計算すると……

スタバ:2.67円
タリーズ:2.81円

──となり、実は1gあたりの価格はタリーズの方が高く、逆にスタバは安かったのである……。この時点で、てっきりスタバの方が高いと思い込んでいた私は面食らってしまったのだが、よくよく考えれば逆に好勝負の予感と言えなくもない。とにかく、食べ比べてみることにしよう。

なお、ジャッジするのはもちろん我々ロケットニュース編集部。商品を買った私以外は、どっちがスタバでどっちがタリーズなのかが分からない状態で食べ比べ、「どっちが美味いか?」を基準に勝者を決めた。

では、その結果をサクッとお伝えすると……

・ジャッジ:GO羽鳥 → スタバ

「こっち(スタバ)の方が軽い感じがして好み。こっち(タリーズ)は重い」

・ジャッジ:佐藤英典 → スタバ

「こっち(タリーズ)は甘すぎ。こっち(スタバ)の方がさっぱりして、甘さ控えめ。あと、シナモンロールの香りが強く、上品かなと」

・ジャッジ:中澤星児 → スタバ

「シナモンロール食ったことないんですけど、こっち(タリーズ)はパン感が強すぎて、こっち(スタバ)の方が上品」

・ジャッジ:Yoshio → スタバ

「シナモンを食べているという実感がこっち(スタバ)にはある」

ジャッジ:原田たかし → スタバ

「こっち(スタバ)の方がシナモンなしでもイケる感じがする」

ジャッジ:田代大一朗 → タリーズ

「こっち(タリーズ)の方が味に深みがあって、コクがある。味の余韻も長い」

・ジャッジ:あひるねこ → スタバ

「シナモンロール嫌い派からすると どっちも一緒なんですが、こっち(タリーズ)はパンっぽい」

ジャッジ:P.K.サンジュン → スタバ

「こっち(スタバ)の方がシナモンが強い。シナモン好きが食べるならこっち(スタバ)だと思う」

ジャッジ:和才 → タリーズ

「スタバは大人のシナモンロールって感じで、タリーズは菓子パンにもありそうな感じ。タリーズの方がしっかり甘くて好き」

──というわけで結果は……

勝者! スタバ!!

しかも、7対2の大差!!

1gあたりの価格は安いのに……

スタバが圧勝!!!!

──審査時の様子についてはYouTubeの動画を見ていただくとして、簡単に言うと、同じシナモンロールでもスタバとタリーズでは味の系統がまったく違うのだ。よりシナモンロールらしさを求めるならばスタバだろうが、甘さ重視ならタリーズか。

とにかく、シナモンロールとコーヒーでひと息つきたい時のご参考に。

参考リンク:スタバ「シナモンロール」、タリーズ「シナモンロール
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【スタバ VS タリーズ】結局どっちが上なのか? みんなで1つずつ食べ比べて決める / 第1回はチーズケーキ! いきなり発見が…

「スタバ」と「タリーズ」は、どっちが上なのか? ……そんなことを聞かれても、明確な答えはない。実に不毛な問い。はっきり言って愚問だ。なにせ、結局はその人の「好み」なのだから。どっちが上で、どっちが下もないではないか。

──が、その不毛な愚問に何とか答えを出そうという挑戦的な試みが、当企画「スタバVSタリーズ! 似たような商品を1つずつ食べ比べ選手権」である。名前の通り、スタバとタリーズの商品を1つずつ食べ比べ、最終的に勝者を決める企画。その記念すべき第1ラウンドは……チーズケーキだ!!

・チーズケーキを選んだ理由

「そもそもなぜチーズケーキなのか? どちらもコーヒーがメインだろ?」と思うかもしれないが、チーズケーキを選んだ理由はまさにそれ。コーヒーが主役の両チェーンにとって、チーズケーキはサブ的存在だから。

神は細部に宿る」という言葉があるように、優秀なコーヒーチェーンは細部も手を抜かないはず。ってことは、細部を比べた方が分かりやすいんじゃないの? ……そんな理由で、チーズケーキに目をつけた次第。

なお、ジャッジするのはもちろん我々ロケットニュース編集部。審査基準は単純に「どっちが美味いか?」だ。

・選手(商品)紹介

それでは、今回エントリーした商品を紹介しよう。まず、スタバは『ニューヨークチーズケーキ』。価格は税込454円だ。なお、スタバには税込475円の『ナッツ&キャラメルチーズケーキ』もあるが、価格差が大きくなるため今回はナシ。

それにしても『ニューヨークチーズケーキ』、こんがりと焼けた表面からは「絶対にウマい感」が漂いまくっている。なんというか、すげー強そう。

一方、タリーズからは『ベイクドチーズ』で、税込410円。こちらはスタバとは違って白っぽく、見るからに上品そうだ。「スタバなんか、相手にしてませんよ」という王者的貫禄があると言うべきか。

これらの重さを量ったところ、重量はスタバの方がちょい重め。1グラムあたりの価格はスタバが約4.05円、対するタリーズが約3.72円だった。この差を考えれば、スタバが圧勝しそうなものだが……果たしてどうなったのか?

審査をした結果……

下した判定は以下の通りだ。

ジャッジ:和才

【スタバ】

ジャッジ: あひるねこ

【スタバ】

ジャッジ:Yoshio

【タリーズ】

ジャッジ:中澤星児

【スタバ】

ジャッジ:P.K.サンジュン

【スタバ】

ジャッジ:原田たかし

【タリーズ】

ジャッジ:佐藤英典

【タリーズ】

ジャッジ:GO羽鳥

【スタバ】

ってことは……

勝者は……

スタバ!!

5対3で勝者、スタバぁぁぁあああ!!!!

おめでとう〜〜〜〜!!!!

・勝敗を分けたポイント

ここで、勝敗を分けたポイントについて触れておこう。それはずばり、スタバの『ニューヨークチーズケーキ』の底にくっついているクッキー部分。タリーズと食べ比べたからこそ気づいたのだが、ここのパンチがマジでエグい

その破壊力については多くの審査員が指摘しており、「単純にクッキー部分が美味い」「食感が楽しい」「こんなことするなんて芸が細かい」などの声が挙がっていた。また、「全体的にチーズが濃厚でウマイ」などの意見があったことも記載しておきたい。

とはいえ、決してタリーズのベイクドチーズケーキが悪かったわけではない。「あっさり風味かと思いきやコクがある」などのコメントが寄せられ、「マズイ」と言った人は1人もいなかった。こちらの方が安いことを考えたら、むしろ大健闘と言えるのではないか。

というか、数十円の差がありながら接戦に持ち込んだのだから、コスパが優秀なのはタリーズかもしれない。

・ブラインドテストでどっちがスタバか分かる?

ちなみに、今回の検証では、商品を購入した私以外はブラインドテストしてもらった。つまり、どちらがスタバで、どちらがタリーズなのかが分からない状態で審査してもらったのだ。その際、「どっちがスタバか分かる?」と質問したところ……正解だったのは、あひるねこ、中澤星児、GO羽鳥の3名。

一方、Yoshio、P.K.サンジュン、佐藤英典、原田たかしは不正解。Yoshioにいたっては、タリーズのチーズケーキを指差しながら、「こっちがスタバだと思う。だって、スタバは食べ物にもこだわっているから」とガチな眼差しでコメントしていたことを、最後に紹介しておきたい。

まぁとにかく、第1ラウンドはスタバが勝利! しかし、戦いはまだ始まったばかりだ。そもそも商品数が多いため、一体何ラウンドまで続くのか、つまり何回食べ比べることになるのかは現時点で不明。だが1つ1つ検証していけば、いずれ答えを導きだせるはず。

そう信じて臨む第2ラウンドは……シナモンロール! 近日中に公開予定だから、しばし待たれよ!!

参考リンク:スターバックス「ニューヨークチーズケーキ」、タリーズ「ベイクドチーズケーキ
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24