ダイニングテーブルの失敗しない選び方。形・サイズ・デザイン…チェックすべきポイント

丸テーブルのある今井さん宅のダイニング
ソファと並ぶLDKの顔といえばダイニングテーブルではないでしょうか。インテリアとして重要なのはもちろんですが、家族が食事を楽しみ会話する大切な場を演出してくれる家具でもあります。

だからこそ、ダイニングテーブル選びには失敗は許されません。豊富な形、サイズ、デザインの中から、どれを選んだらいいか?参考にしてほしい専門家のアドバイスを集めました。

丸か四角か?どちらがいいかはライフスタイルによって決まる!

── ダイニングテーブルを丸にするか四角にするかは最初に迷うところです。数多くのオーダー家具を手掛けてきた家具工房「フリーハンドイマイ」の代表・今井大輔さんは、ライフスタイルによって変わると言います。

製作するときに心掛けていること、サイズ感や選び方についても詳しくお話を伺いました。 ──

本来、長方形の空間には四角いテーブルが適している

オーダーキッチン、食器棚、ダイニングテーブルを納品したお客様のお宅
リビングダイニングとキッチンが一緒になった、いわゆるLDKとすることが多い最近の間取りだと、空間が長方形に近くなることが多いです。

お皿をたくさん広げてゆったりご飯を食べたり、本やノートを思い切り広げたり…。ダイニングテーブルについていつも思うのは、部屋に置いても邪魔にならないのであれば、大きいに越したことはない、ということです。

ダイニングのスペースに余裕があるようなら、4人家族でサイズ幅が1800㎜くらいあるテーブルだと、いろいろな場面で使いやすいのではないかと思っています。奥行はできれば850㎜以上は欲しいところです。

長方形のダイニングテーブルのレイアウト図

奥行き850㎜にできれば、一般的に大皿や鍋の大きさは240~300㎜くらいなので、それを真ん中に置いても、一人ずつの食事のスペースはちょうどA4サイズくらい(210×297㎜)確保できます。このくらいのスペースがあれば心地よく食事ができて、さらに奥行900㎜あると、よりゆとりをもって食事ができる、という印象を持っています。

丸テーブルを正方形の空間に置くと、回遊しやすい動線に

丸テーブルのあるダイニング

丸テーブルの良いところは、一緒にテーブルを囲む人とちょうど良い距離を持てること、また空間を緩やかにつなげて部屋の印象を柔らかくしてくれること、なのではないかと思っています。

丸テーブルは座る位置が限定されないため、視線がぶつかりにくく、なんとなくゆったりした気持ちで過ごせる印象があります。また、みんなが中心に向かって座るので、四角いテーブルより少し小さめのサイズでも多くの人が座りやすくなります。

正方形のテーブルと丸テーブルの比較
たとえば、上の図のように直径1300㎜程度の丸テーブルだと6人で座ってもきちんと食事ができますが、同じ1300㎜角程度の正方形のテーブルだと、6人では少し窮屈に感じてしまいます。機能面も、見た目の印象も柔軟性があるのが丸テーブルの良さなのかもしれません。

夫婦二人暮らしなら正方形のテーブルもおすすめ

正方形のテーブルは、夫婦二人暮らしの時などにはある程度親近感のある距離が生まれて良いと思います。ですが、お子さんがいる家庭の場合は、長方形や円卓が適しているのではないでしょうか。

四角いテーブルと丸いテーブル、それぞれに良いところがあります。間取りや家族構成、暮らし方に合わせて自分に合ったダイニングテーブルを選んでください。

部屋の大きさや使う人数によって4本脚か2本脚を決める!

── 「ダイニングテーブルは脚のデザインが使い勝手に大きく影響します」と話すのはインテリアコーディネーターのタクミさん。素材やサイズは気に入っているのに、使い勝手がイマイチ、という人は脚のデザインが原因かもしれません。詳しくお話を聞いてみましょう。 ──

4本脚テーブルは大人数で使いやすい

4本脚ダイニングテーブル

ダイニングテーブルで一番オーソドックスなのは4本脚。4人掛けや6人掛けのダイニングテーブルでよく見かけるデザインです。脚が4本あるメリットは以下の通り。

  • 4本の脚で天板を支えるため、全体的にスッキリとした印象に
  • 足元の空間が広いので掃除機をかけやすい
  • 誕生日席を使いやすいので大人数に対応できる
  • テーブルのぐらつきが少なく、小さな子どもがいる家庭でも安心

2本脚テーブルは小さな部屋を広く使える

2本脚ダイニングテーブル

2本脚(T字型、I字型などがあります)のダイニングテーブルのメリットは以下の通りです。

  • 足を横に抜きやすく、出入りがしやすい。
  • 回転式チェアやベンチとの相性が良い
  • 出入りがしやすいので省スペースに

椅子の出し入れがしやすいため、コンパクトなダイニングスペースでも比較的使いやすいのが特徴です。ベンチと組み合わせれば椅子の数を減らせるので、部屋が広く感じられます。

最近は脚の位置やデザインを自由に選べるタイプの商品もありますので、よりライフスタイルに合った商品を選びやすくなっています。ダイニングテーブルを購入する際は、脚の形状もよく検討して選ぶことをおすすめします。

ダイニングテーブルを置いて快適な空間。キーワードは椅子の後ろ600㎜

家具を置くということは、それを使うために人が通るということです。ダイニングテーブルもしかり。
スペースの確保が不十分だと椅子の後ろを通れなかったり、窮屈で使いにくい空間になってしまったりします。このことを考慮したうえで、ダイニングテーブルを選びましょう。

幅は4人なら140〜1600㎜、6人なら180〜2000㎜がベスト

ダイニングテーブルのサイズ

ダイニングテーブルのサイズはどれくらいがベストなのでしょうか?

一般的に1人分に必要なスペースは幅600㎜、奥行800㎜程度とされていますが、これはあくまで最低限のスペース。幅1200㎜のテーブルを4人で囲むのは窮屈に感じてしまうでしょう。

なぜなら、脚が天板より内側についているため椅子が収納できる寸法は天板の大きさよりも小さくなるからです。

例えば、直径70㎜の脚が左右に2本ついていた場合、1200㎜−140㎜=1060㎜。椅子を収納すると、1人あたり約500㎜。隣の人との距離がとても近くなります。

その状態で食事となると、肘がぶつかってしまい思うように身動きが取れません。4人ならば1400〜1600㎜、6人ならば1800〜2000㎜前後が食事のシーンでも使いやすいサイズ感になります。

「家具が置ける=快適に使える」ではないことを認識して

ダイニングテーブルのサイズの目安

上記の内容をまとめると以下となります。

  • 椅子の後ろの通り道は最低でも600㎜、できれば800〜900㎜を確保
  • 着席時には、300~500㎜程度の奥行きが必要

十分なスペースがないと遠回りしたり、横向きで移動したりしなければならず、暮らしにくい家になってしまいます。着席した状態でもゆとりをもって移動できる通路幅を確保できるか、購入前に確認しましょう。

LDKの狭さ解消!リビングダイニングセットという選択も

LDKにソファとダイニングセットを置くと狭くて窮屈な空間になってしまう!そういうときは、リビングダイニングセットも選択に入れてみるといいでしょう。

リビングダイニングセットとは、食事ができるテーブルとソファがセットになった家具のこと。兼用する分、家具を減らせるので、部屋を広々と使えるメリットがあります。

人気の理由は、ソファとダイニングセットのいいとこどり

兼用を目的としているので、リビングダイニングセットならではの特徴があります。一般的なダイニングセットやソファとの大きな違いは以下の通りです。

  • テーブルの高さがソファに座って使えるように、低めに設計されている
  • 食事がしやすいように、ソファはしっかりとした硬めの座り心地
  • 洗濯ができるカバーリングや合皮素材を使って、汚れ対策されている
  • ソファと同じように背もたれがあり、くつろぎやすい

リビングダイニングセットを8畳のリビングダイニングに配置

実際に、8畳のリビングダイニングに設置したイメージになります。リビングダイニングセットでスッキリと配置できれば、TV台とシェルフを置いても余裕が生まれます。

余計な家具を置かないので、リビングダイニングセットを置くと部屋が広く見えるのです。

部屋が広くなる秘密は、家具の高さが低いから!

ダイニングセット、リビングダイニングセット高さ比較

リビングダイニングセットのテーブルの高さは650~680㎜と、通常のダイニングテーブルよりも低いのが特徴です。ソファに合わせてテーブルの高さも低くなるので、家具全体の圧迫感が減り、視線も抜けるようになります。

4つの視点から、ダイニングテーブルの選ぶポイントを解説してきました。心地よいLDK、会話が弾む空間づくりの参考にしてください。

●記事協力
今井大輔さん/家具工房「フリーハンドイマイ」代表
タクミさん/インテリアショップで勤務もあるリフォーム・リノベーションのコーディネーター

Source: 日刊住まい

ダイニングテーブルのサイズ選び。60㎝以上の通り道を椅子の後ろに

毎日の食事だけでなく、子どもが宿題をしたり、友人とホームパーティーをしたり、さまざな用途に使われるダイニングテーブル。いったいどんなサイズが適切なのでしょうか。インテリアコーディネーターのタクミさんが教えてくれました。

椅子の後ろに最低60㎝の通り道を確保して

ダイニングテーブルと椅子

Mills / PIXTA(ピクスタ)

まずは、理想のサイズのダイニングテーブルがきちんと収まるか、事前に確認しておきましょう。インテリアショップだとそれほど大きく見えないのに、家に搬入してみると意外と大きく感じる、という失敗はよくあります。

家具を置くということは、それを使うために人が通るということです。ダイニングテーブルもしかり。椅子の後ろに通り道が必要です。最低でも60㎝、大人がストレスなく歩行できる80〜90㎝を確保できると、より使いやすいダイニングスペースになります。

スペースの確保が不十分だと椅子の後ろを通れなかったり、窮屈で使いにくい空間になってしまいます。また、同じサイズでもレイアウトによっては使いづらくなることも。こうしたことを考慮したうえで、ダイニングテーブルを選びましょう。

幅は4人なら140〜160㎝、6人なら180〜200㎝がベスト

ダイニングテーブルのサイズ

では、ダイニングテーブルのサイズはどれくらいがベストなのでしょうか?

一般的に1人分に必要なスペースは幅60㎝、奥行80㎝程度とされていますが、これはあくまで最低限のスペース。幅120㎝のテーブルを4人で囲むのは窮屈に感じてしまうでしょう。

なぜなら、脚が天板より内側についているため椅子が収納できる寸法は天板の大きさよりも小さくなるからです。

例えば、直径7㎝の脚が左右に2本ついていた場合、120㎝−14㎝=106㎝。椅子を収納すると、1人あたり約50㎝。隣の人との距離がとても近くなります。

その状態で食事となると、肘がぶつかってしまい思うように身動きが取れません。4人ならば140〜160㎝、6人ならば180〜200㎝前後が食事のシーンでも使いやすいサイズ感になります。

「家具が置ける=快適に使える」ではないことを認識して

家具のサイズの目安

上記の内容をまとめると以下となります。

  • 椅子の後ろの通り道は最低でも60㎝、できれば80〜90㎝を確保
  • 着席時には、30~50㎝程度の奥行が必要

十分なスペースがないと遠回りしたり横向きで移動しなければならず、暮らしにくい家になってしまいます。着席した状態でもゆとりをもって移動できる通路幅を確保できるか、購入前に確認しましょう。

大型の家具を購入する際は「家具が置ける=快適に使える」ではないことを認識した方が良いでしょう。快適に暮らせるサイズをきちんと把握しして、ライフスタイルに合った家具を選んでください。

Source: 日刊住まい

<ダイニングテーブル選び>大人数向けなら4本脚、小さな部屋には2本脚を

「ダイニングテーブルは脚のデザインが使い勝手に大きく影響します」と話すのはインテリアコーディネーターのタクミさん。素材やサイズは気に入っているのに、使い勝手がイマイチ、という方は脚のデザインが原因かもしれません。詳しくお話を聞いてみましょう。

4本脚テーブルは大人数で使いやすい

4本脚ダイニングテーブル

ダイニングテーブルで一番オーソドックスなのは4本脚。4人掛けや6人掛けのダイニングテーブルでよく見かけるデザインです。脚が4本あるメリットは以下の通り。

  • 4本の脚で天板を支えるため、全体的にスッキリとした印象に
  • 足元の空間が広いので掃除機をかけやすい
  • 誕生日席を使いやすいので大人数に対応できる
  • テーブルのぐらつきが少なく、小さな子どもがいる家庭でも安心

4本脚ダイニングテーブルで全体的にスッキリとした印象に

一方で、天板の四隅に脚があるため、椅子を大きく引かないと出入りできないので、こんなデメリットがあります。

  • スペースを確保しなければならないため、生活動線が圧迫される
  • 足腰が悪い高齢者は出入りがしにくい

頻繁に椅子を出し入れする必要があるため、椅子は軽くて丈夫な素材を選ぶのがオススメです。

2本脚テーブルは小さな部屋を広く使える

2本脚ダイニングテーブル

2本脚(T字型、I字型などがあります)のダイニングテーブルのメリットは以下の通りです。

  • 足を横に抜きやすく、出入りがしやすい。
  • 回転式チェアやベンチとの相性が良い
  • 出入りがしやすいので省スペースに

椅子の出し入れがしやすいため、コンパクトなダイニングスペースでも比較的使いやすいのが特徴です。ベンチと組み合わせれば椅子の数を減らせるので、部屋が広く感じられます。

2本脚ダイニングテーブルはコンパクトなスペースでも使いやすい

一方で、2本脚テーブルにはこんなデメリットがあります。

  • 誕生日席が使いにくい
  • テーブル脚にほこりがたまりやい
  • テーブルの脚に椅子がぶつかりやすい

最近は脚の位置やデザインを自由に選べるタイプの商品もありますので、よりライフスタイルに合った商品を選びやすくなっています。ダイニングテーブルを購入する際は、脚の形状もよく検討して選ぶことをおすすめします。

Source: 日刊住まい