【暴挙】タカラトミーアーツが『絶対に笑ってはいけない』シリーズの浜田コレクションを発売! 浜田子ゴリラが欲しすぎる!!

先日まで夏日を思わせる好天が続いていたのに、ここのところ梅雨の始まりを感じさせるような、雨の日が続いている。ただでさえ、コロナ禍で世の中は沈んでいるというのに。せめて天気だけでも明るくあって欲しいものだ。こんな時は、ささやかな笑いが欲しくなるものである。

ちょうど良いモノがあるぞ。カプセルトイにすごい商品が登場していた。それは、『ガキの使いやあらへんで!』に登場したお笑いトラップのガチャである。しかも、浜田雅功さんがモデルになったトラップばかり! 浜田子ゴリラが欲しすぎる!!

・全5種の浜田

なんでこんなの商品化したんだ、タカラトミーアーツよ! 最高だろッ! 商品の写真を見ただけで、めっちゃ欲しくなるやん。ということで、子ゴリラを引き当てるつもりで、ガチャを回した。都合7回(1個300円)まわして、2100円も使ってしまったぞ。

ちなみに商品は「浜田ザルの首」「浜田ロボ」「名画ハマ・リザ」「浜田パンプキン」「浜田子ゴリラ」の全5種。毎年恒例大晦日の絶対に笑ってはいけないシリーズを見ている人なら、思わずニヤリとしてしまうラインナップになっている。できれば、全部欲しい!

なお、この商品の対象年齢は15歳以上。たしかに子どものオモチャではないかもな……。

さ~て、中身を見て行こう。まず1個目のカプセルは……

浜田ロボ! 『絶対に笑ってはいけない科学博士24時』に出てきたトラップだ。首と腕が動くぞ!

2個目は浜田ザルの首! 首刈り族のごちそうとして、『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時』に出てきたものだ。

頭頂部が取れるぞ!

3個目は浜田ロボ!

4個目もまた浜田ロボ! この自販機、浜田ロボが多めなのか。あと全部、浜田ロボだったらどうしよう……。

5個目は浜田ザルの首! そろそろ違うのが見たいぞ。

6個目で違うの来た! 浜田パンプキンだ。浜田が2個も入ってる。『絶対に笑ってはいけない大脱獄24時』のトラップである。

そして最後の1個のカプセルの中身は……。

来たー! 浜田子ゴリラ!!!!

このお笑いトラップは、『絶対に笑ってはいけない熱血教師24時』に登場している。顔が絶妙に腹立つ!

外出自粛が長引いており、ここのところちょっと元気がなかったけど、この浜田コレクションのおかげで元気出てきた。ありがとう浜ちゃん! シリーズのさらなる商品化を熱望している!!

参考リンク:タカラトミーアーツ
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【浜ちゃん】ミャンマーの旧紙幣が「ダウンタウン浜田雅功」に激似すぎると話題

日本を代表する超超超大物芸人、ダウンタウンの浜田雅功さん。どちらかと言えば世間の目は相方の松本人志さんに向きがちだが、もしかしたら世界基準なのは浜ちゃんの方なのかもしれない。特に……ミャンマーでは。

いま一部のインターネット上で「ミャンマー紙幣が浜ちゃんに激似すぎる」と話題になっていることをご存じだろうか? またまた大げさなネット民たちの冗談かと思いきや、話題の紙幣を見てみると……! そこには確かに浜ちゃんがいた──。

・旧50チャット札

ミャンマーの通貨はチャット。話題となっているのは「50チャット札」の肖像画である。ただし、この50チャット札は1988年に終了した旧紙幣で、当然ながら現在は流通していない。今回は特別にミャンマービジネストゥデイ様から貴重な画像をお借りすることができた。

もう、こればっかりはご覧になっていただくのが1番なのだが、日本人が見たら100人が100人「浜ちゃんだ」と素直に受け入れるに違いない。それほどナチュラルかつ、ありのままの浜田雅功なのだ。

・実際はアウンサン将軍

ちなみに、実際に描かれているのは “ビルマ建国の父” と称される「アウンサン将軍」である。ミャンマーの非暴力民主化運動で知られるアウンサンスーチー氏の実父であり、これまでに幾度も紙幣になっているとのことだ。

ただ、浜ちゃんとのシンクロ率が異常に高いのは、やはり1972年から1988年にかけて使用されていた「50チャット札」である。それ以外の紙幣も似ている部分はあるものの、 “浜田純度” が高いのは「旧50チャット札」であることは間違いない。

とにもかくにも、数十年の時を経て衝撃的な事実が判明してしまった。アウンサン将軍は日本とのかかわりも深く何度か来日しているから、もしかしたらアウンサン将軍と浜ちゃんは血筋的にも何かしらのつながりがある……かはわからない。

参照元:ミャンマービジネストゥデイ
Photo:ミャンマービジネストゥデイ , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24