【待ってた】「ダサい私服フェス2020」が “ダ埼玉” で開催決定! 時代がお前らに追いついて来たゾォォォオオオ!!

いつの頃からか世の中には「ダサい」と「カッコいい」を掛け合わせた「ダサカッコいい」という言葉が定着した。多種多様な価値観が混在するこのご時世、何がダサくて何がカッコいいのかはあくまで個人の主観に拠る。だがしかし、あえて言おう……ダサいものはダサいと──。

そして2020年2月29日、ここ日本で開催されるのが『ダサい私服フェス2020』である。当サイトをご覧の諸君。ようやく、ようやく時代がお前らに追いついて来たゾォォォオオオ!!

・聖地、埼玉で開催

ダサい私服フェス実行委員によれば、『ダサい私服フェス2020』は “ダサいの聖地” と称される埼玉県で開催されるという。昔から「ダ埼玉」と揶揄されるくらいダサさには定評のある埼玉県だから、会場としては申し分ない。

・リアルなダサさに期待

さて『ダサい私服フェス2020』のコンセプトはズバリ、世界一私服がダサい人を決める、というもの。近年「アグリーセーター」を始め、あえてダサい服をチョイスする風潮があるというが、個人的には「ナチュラルにダサい私服」に期待したいところだ。

確かにあえてダサい服を着るのは勇気がいる。だがしかし、それは本当のダサさなのだろうか? 考え方によっては、むしろカッコいいのではなかろうか? その服がダサいかダサくないかの判断がつく時点で、その人にはセンスがある。つまり、ダサくないのだ。

だがしかし、我々が本当に目撃したいのは天性のダサさ──。かつて宮迫博之さんが袖を切ったジージャンを誇らしげに着ていたような、また笑い飯の西田さんが鎖かたびらを着こなしていたような “ガチのダサさ” ではないだろうか? ガチのヤツ、マジで会場に来てくれ。

・優勝すると

ちなみに、見事チャンピオンに輝いた人には「世界一ダサい人」の称号に加え、賞金1万円と「FM Kawaguchi」の番組出演権が授与されるという。正直、1度も聴いたことは無いが「FM Kawaguchiの番組出演権」というのも非常にダサくて素晴らしい。主催者は本気だ。

開催日は2020年2月29日(土曜日)の13時半から、イベントは埼玉県鳩ヶ谷市市の「鳩ヶ谷市市民センター多目的ホール」で開催される。入場は無料だが、席に座るには500円かかるとのことである。もちさん見学だけの参加もOKだ。

ケミカルウォッシュ、ヤンキー、バブリー、オタク……などなど、当日は猛者たちが一堂に集うと予測されるが、願わくば先述した “ガチダサファッション” を目撃したいものだ。我こそはという人、そして原石を知る人物はぜひお誘い合わせの上、埼玉県の鳩ケ谷市民センター多目的ホールに集結して欲しい。

参考リンク:Twitter @dasafes1
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【もはやテロ】絶望的にダサい「ソニック・ザ・ムービー」のトレーナーが関係者に送りつけられてしまう

いわゆる “モリカケ問題” に始まり、令和が幕を開け、そしてラグビーワールドカップに日本中が熱狂した2019年。12月も中旬に差し掛かり、そろそろ今年も終わりが見えてきた。みなさんにとって2019年はどんな1年だっただろうか?

私、P.K.サンジュンは娘の成長に……とか言ってる場合じゃない。なにせ2019年12月10日、つまり今日! 今年1番ダサいトレーナーを発見してしまったからだ。まさか今年も残り20日ほどしかないこの時期に、ここまでダサいトレーナーと出会ってしまうなんて……!

・ソニック・ザ・ムービーから……

ライター業をしていると、会社には様々なものが送られてくる。特に映画の招待状は非常に多く、平均して1日3枚以上は映画のハガキが届いているのではなかろうか? 中にはノベルティが送られてくることもあるが、記事にするほどのインパクトは滅多にない。

ところが──。

本日送られてきたトレーナーは、箱を開けた瞬間、思わず「ぐっ……」と絶句してしまうほどの圧倒的ダサさ。送り主は「ソニック・ザ・ムービー」──。以前、1度だけ記事を書いた記憶はあるが、ぶっちゃけ映画自体にはそこまで期待もしていなければ、思い入れもない。

おそらく送り主もメディア関係者に無差別にトレーナーを送り付けているのであろう。その証拠に、私が出社するとデスクの上には全く同じ箱が2つ積まれていた。宛先はどちらも「P.K.サンジュン様」だから、郵送の過程はまあまあいい加減なのだと推測される。

・0.1秒でダサい

さて、問題のトレーナーについてだが、恐る恐るトレーナーを広げた私は率直にこう思った。

だせぇぇぇええええ!

着れねぇぇぇええええええ!!

タダでもいらねぇぇぇえええええ!!

逆にソニックという世界的有名キャラクターを「ここまでダサくできるのか?」と思うほど、トレーナーは絶望的にダサい。ローラさんや水原希子さんでさえ、このトレーナーをカッコ良く着こなすことはできないハズだ。ファッションにこだわりはないが、これは家着でも着たくない。

・ファッションモンスターがいた

ところが、捨てる神あれば拾う神あり。当編集部の中澤星児は「普通じゃないですか。いらないならもらいますよ」と言うと、サラリと着こなしてしまったから世の中わからない。同じく「まあ、イケる」と語るYoshioと “ソニック・ザ・ペアルック” を結成してしまった。

なんというファッションモンスターズ。中澤に関しては同梱されていた「絶望的にダサい靴下」もお持ち帰りしたことを記述しておきたい。むしろ、トレーナーを「ダサくはないでしょ」と言っていたYoshioが、なぜ靴下を拒んだのかも気になるところだ。

おそらくメディア関係者のもとには「絶望的にダサいソニックトレーナー」が現在進行形で送り付けられているハズだ。映画がおもしろいのか、そして流行るのか? 全くわからないし興味もないが「年末に送られてきたトレーナーが吐くほどダサかった」という事実だけは、ここに記しておく。

参考リンク:ソニック・ザ・ムービー
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24