ツインベッドとダブルベッドの違いをインテリアのプロが解説

自分たちのライフスタイルに合うベッドを選ぶのって難しいですよね。「実際に設置してみたら、想像以上に大きくて圧迫感が出てしまった」「ベッドが思ったよりコンパクトでちょっと窮屈だった」という方もいるかもしれません。

こんな失敗をしないためにも、家具店に5年間勤務した経験を持つインテリアコーディネーターのタクミさんに、ベッド選びのポイントを教えてもらいます。

シングルツインベッドとダブルベッドの違いは2つ

ベッド

KWphoto / PIXTA(ピクスタ)

2人で使うなら、シングルツインベッドとダブルベッドのどちらにするかで悩むケースが多いはずです。それぞれの特徴を知っておくと、失敗しないベッド選びにつながります。

サイズの違い

ベッドのサイズの違い

両者の大きな違いの1つは「大きさ」です。

シングルツインベッドの横幅は約2m。ダブルベッドの横幅は約1m40cm。その差は、60cm。なんと子供1人分の肩幅にもなります。

就寝中、パートナーの寝返りを気にしたくない方にとって、この60cmの差は寝心地を左右する大きなポイントになるでしょう。
「寝返りをされるたびに、肩がぶつかって目が覚めてしまった」などと失敗をしないように、2人が並んで寝たときに窮屈にならないサイズを選ぶのがポイントです。

用意する寝具の台数の違い

用意する寝具の違い

そして、2つ目の違いは「マットレスとベッドフレームを用意する台数」が異なるという点です。

シングルツインベッドは、2台のベッド。ダブルベッドは、1台のベッド。
ダブルベッドは1枚のマットレスとベッドフレームを使用するのに対して、ツインベッドはマットレスとフレームがそれぞれ、2セットずつ必要になります。

必要な家具の総量が多くなると、予算も多く必要になります。「広さを重視してベッドを選んだら、思ったよりも高額になってしまった!」なんてことにならないように注意が必要です。

リーズナブルに揃えるなら、ワンセットで揃うダブルベッド。コストパフォーマンスを大事にするなら、2台セットのシングルツインベッド
このような選び方をしても良いでしょう。

これらの特徴を踏まえたうえで、それぞれのベッドを快適に使うための選び方のポイントをお伝えしていきます。

ダブルベッドを快適に使うための選択ポイント

ダブルベッド選びのポイント

ダブルベッドを選ぶときのポイントは大きく3つ。以下のポイントを確認しましょう。

サイズは小さくないか

2人で並んで、肩がぶつからないか。理想としては10cm以上のスペースは空けたいところです。

マットレスの硬さは適切か

1枚のマットレスを2人で共有したときに、柔らかすぎたり、硬すぎたりしないか確認しましょう。

振動が伝わりづらいマットレスか

マットレスのバネは、寝返りをしても振動が伝わりにくい仕様でしょうか? パートナーが寝返りを打つたびにマットレスが振動すると、寝づらい環境につながります。

シングルツインベッドを快適に使うための選択ポイント

シングルベッド選びのポイン

シングルツインベッドを選ぶときのポイントは大きく3つ。以下のチェックポイントを確認しましょう。

部屋のサイズに適切か

シングルツインベッドの横幅は約2m。6畳以上の広さであれば、ゆとりをもって設置することができます。

マットレスの厚みは2枚とも均等か

2枚のマットレスを並べたときに、厚みが異なると凹凸が目立つ使いにくいツインベッドになってしまいます。
マットレスの硬さを変えると、厚みも変わるケースがあるので確認しましょう。

予算内に収まるか

ツインベッドは、フレームとマットレスが2セット必要になります。そのためシーツや、ベッドパッド、掛布団などのリネンも2セットずつ必要になります。
想定していた予算をオーバーしないように、トータルの金額を事前に確認しておきましょう。

まとめ:ベッドはサイズ選びがとっても大切

ベッド

mvpda / PIXTA(ピクスタ)

2人で使うベッドは、サイズ選びがとても大切ということをお伝えしました。仕事や家事の疲れを癒してくれるベッドは、寝心地の良いものを選びたいですよね。

選ぶポイントをしっかりと見極めて、パートナーと長く使える寝具を選んでくださいね!

Source: 日刊住まい

夫婦2人用のベッドは2台使用がオススメ!ダブルベッドよりいい理由

ベッドをご提案する際に相談されることが多いのが、「ひとつの寝室に夫婦2人用のベッドを置きたい」というケースです。
その中でも「ダブルベッドを検討しているんですが、どうでしょうか?」という質問をよくされます。
前編「ダブルベッドは夫婦には合わない!?安易に選ぶのは要注意」では、ベッドの基本的なサイズと夫婦2人ではダブルベッドでは窮屈である点について解説。

今回は、夫婦2人の場合、実際にどのサイズのベッドを選べば良いかについてアドバイスを含め紹介します。
寝心地優先でキングサイズ?それとも、お部屋の間取り優先でクイーンサイズ? ベッドのサイズと使い方、メリットを考慮した選択が良いようです。

夫婦2人で寝るなら、断トツで「シングル×2台」がおすすめ

シングルベッド

Ugan / PIXTA(ピクスタ)

夫婦2人で寝るなら、「シングル×2台」を置くことをおすすめします。
もちろん、スペースに余裕があれば”シングル+セミダブル”や”セミダブル×2台”も検討してみると良いでしょう。

しかし面積が限られたお部屋の場合、シングル2台(100cm×2台=200cm)のスペースを確保できない場合があります。
その場合は、セミシングル2台(80cm×2台=160cm)という組み合わせも検討してみてください。
あるいは、セミシングル+シングル(80cm+100cm=180cm)というのもアリです。

マットレスサイズ規格

“ベッドを2台使う”が、なぜベターなのか?

ベッド

Ushico / PIXTA(ピクスタ)

夫婦2人で寝るのにベッドを2台組み合わせる方がいい理由として、2台に分けることで得られる大きなメリットがあるからです。

  • 寝相が悪かったり、起床・就寝時間がズレても相手を起こしにくい
  • 離して置くことで、ベッドメイキングが楽になる
  • 搬入や移動が楽にできる(部屋の移動や模様替えが簡単)

一方で、2台使う場合のデメリットもあります。

  • 大きいベッド1台に比べると割高になる(ダブル〜キングサイズ1台の1.5〜2倍程度の予算が必要)
  • 突き合わせて置くとマットレスの継ぎ目が気になる(すきまスペーサーで解決できます)

ここからは、ベッド2台にすることでのメリットについて詳しく解説します。

ベッド2台の方がお互いの睡眠を確保でき、ストレスにもなりにくい

夫婦ベッド

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

1台のベッドを夫婦で共有した時に問題になるのが、「相手の寝返りや寝息の影響を受けやすい」ということです。
また、夫婦で起床・就寝時間が違う場合も同じく問題になります。

別々のベッドを使う時に比べて、どうしても睡眠が妨害されやすい環境になってしまうのです。

サリー大学(英)で2009年に発表された研究では、ベッドを共有したカップルの50%以上が睡眠障害を受けたという報告もあります。なかなか怖い数字ですね…。

またベッド同士を離して置くと、シーツ交換などのベッドメイキングが格段に楽になります。
マットレスを持ち上げたり布団カバーを交換するのはなかなかの重労働なので、これも毎日のこととなると違いは大きくなりそうです。

お部屋の移動や、レイアウトの模様替えが可能

模様替え

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

夫婦で別々のベッドを使うことで、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応することができます。

ベッド選びの際に相談を受けていて多いのが、子供の成長や加齢によるライフスタイルの変化です。

  • 子供が大きくなって一人暮らしを始めたので、部屋がひとつ空いた。そこで、夫婦で寝室を分けて使いたい。
  • 足腰が弱ってきて階段を登るのが大変なので、2階にあったベッドを1階に持ってきたい。

このような場合、クイーンサイズやキングサイズのベッドを使っていると移動も大変です(寝室を分ける場合は、新たに1台買う必要が出てきます)。

特に2階の寝室の場合、これらのサイズのマットレスは窓やベランダから吊り上げて搬入するケースが多いので、階段からは降ろせないことが多々あります。

ですが、ベッドを別々で使っていれば、お部屋の移動も比較的簡単に対応できるのです。
また、寝室を分ける際も新たに購入する必要がなくなります。

イメージに惑わされずに、長い目で見て判断を

建築やインテリアは、一度選べば数十年以上の付き合いになります。
「映画で見たあの雰囲気が良い!」「雑誌で紹介されてたこの写真みたいな感じで」というのも、もちろん大事です。

ベッド選びの場合、「2人で同じベッドを使う」というのは仲睦まじい印象があり人気が高いことは事実です。

ですが、夫婦で別々のベッドを使えば多くのメリットがあります。
ぜひベッド選びの際にベッドのサイズとあわせて覚えておいてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい

ダブルベッドは夫婦には合わない!?安易に選ぶのは要注意

ベッドをご提案する際に相談されることが多いのが、「ひとつの寝室に夫婦2人用のベッドを置きたい」というケースです。
その中でも「ダブルベッドを検討しているんですが、どうでしょうか?」という質問をよくされます。

「1人用=シングル」ということをご存知の方は多いかと思います。
“ダブル”と聞くとなんとなく「1人分×2=ちょうど2人分」と捉えている方が多いようです。
言葉のニュアンスでベッドのサイズをイメージしがちですが、実はこれが違うんです。

ここでは、自分に合ったベッド選びができるよう、ベッドのサイズ選びについて解説します。

押さえておきたい、ベッドの規格

ダブルベッド

petrovisual / PIXTA(ピクスタ)

ベッドのサイズは、基本的に「マットレスのサイズ+α(ヘッドボードの厚みなど)」になります。
つまりマットレスのサイズが分かれば、大まかなベッドのサイズを知ることができます。

また、マットレスのサイズはソファやテーブルと違って、横幅のサイズの規格がほぼ決まっています。(メーカーによって多少前後することがあります。)

マットレスサイズ規格

この表のように分類されますが、「シングルが約100cm、ひとつ上のサイズになるにつれて幅が20cm程度大きいくらい」という程度に把握しておけば大丈夫です。

そして人が快適に睡眠をとるために必要な寸法もある程度決まっており、肩幅+30cm程度あれば寝返りをしても安眠できると考えられています。

上記を考慮した男性の場合は90cm、女性の場合は80cm程度が平均的な必要寸法になります。

「ダブルサイズ」の横幅は何センチ?

では、先ほどの表でダブルサイズを見てみましょう。

マットレスダブルサイズ規格

幅は140cmです。つまり、シングル(約100cm)に加えて40cmしか広くなっていないのです。

平均的な体格の夫婦が一緒に使うためには、90cm+80cm=170cmの幅が必要になります。

それよりも30cm小さいダブルベッド(幅140cm)では、「寝返りをうつと相手にぶつかる」「毛布が引っ張られて気になる」ということが想定されます。
ということは、ダブルベッドでは、夫婦2人で寝るのには狭いことになります。

「ダブルサイズ」は2人用…、毎日となるとちょっと辛い?

では、ダブルサイズは何人用に作られているのでしょか?

大まかな分類としては一般的に、セミシングル〜セミダブルまでが1人用、ダブル以上が2人用とされています。

ビジネスホテルなどでお部屋を探すと、2人用のプランでダブルベッドのお部屋が出てくるのはこのためです。
もちろん、2人で使うとしても「狭すぎて眠れない!」というほど狭く感じることはないかもしれません。しかし毎日使うとなると、ストレスを感じる可能性が高くなってきます。

ひとつ上のクイーンはどうでしょう。幅160cmであれば余裕はありそうです。ですが、平均的な体格の夫婦が一緒に使うためには170cmの幅が必要なので、計算上はまだ10cm程度足りませんが、ひとまず安心できるサイズと言えるでしょう。

そして、市販されているマットレスで一番大きな規格であるキングの幅は180cmです。さすがにこのサイズになると、2人でも十分ゆったり使えます。見栄えも迫力があり、海外の映画やドラマの寝室シーンでよく使われているサイズでもあります。

ということは、夫婦2人用のベッドはクイーンorキングから選ぶのが正解なのでしょうか?

続きは次回詳しくお伝えします。

Source: 日刊住まい