【困惑】かつやの新商品「青ねぎ味噌チキンカツ」が真っ当すぎる仕上がりで逆に意味不明! 普通にただウマいってやる気あんのか!!

お正月休みもついに終わり、本日2020年1月6日から仕事始めという人は多いと思う。まったくもって絶望しかないが、そんな哀れな我々のために「かつや」が新メニューを用意してくれたぞ。

本日より期間限定で発売される、その名も『青ねぎ味噌チキンカツ』! 意味不明な珍商品で毎度世間をザワつかせてきた「かつや」から、2020年の幕開けを告げる特大お年玉だ。今回は一体どんなワケの分からない商品が飛び出すのか!? と思いきや、予想しなかったまさかの展開に……!

・待望の新商品

今年初となる「かつや」の新メニュー『青ねぎ味噌チキンカツ』には、丼(税抜590円)と定食(税抜690円)の2種類がある。丼はチキンカツを玉子でとじたもの、定食はチキンカツを煮込んで温玉をのせたものとなっており、名前は同じと言えどもそれぞれ別物と考えてよさそうだ。

どちらを選ぶか非常に迷うところだが、たまたま向かいの席に座っていた歴戦の “かつや者” っぽいおっちゃんが丼にしていたので、私(あひるねこ)もそれにならって丼にしておいた。あのおっちゃんの上級者オーラ、ただ者では……ぬ!

・実食

そんでやって来た『青ねぎ味噌チキンカツ丼』だが、まずは何と言っても大量にかけられた青ねぎに目を奪われる。多すぎて下にあるはずのチキンカツが見えないではないか。そりゃ店員さんも「青ねぎ丼入りまーす」と言いますわ。

・困惑

ただ何というか……思ったよりも普通やな。『カレーうどんカツ丼』や『ラーメンコロッケ』といったクセの強すぎる猛者たちを経験した今となっては、この正統派すぎるルックスに逆に違和感を覚えてしまうのも事実。いや、もしかするとカツの中に何らかのトラップが仕掛けられているのかも……?

とりあえずカツを持ち上げガブリと一口。む……! こ、これは……普通にウマい!! チキンカツの柔らかさにいきなり驚いてしまった。チキンってこんなに柔らかいものだっけ? ってくらいトロリとしているのだ。それでいてカツのサクッとした食感も残っており誠に美味。

・間違いない味

衣には、お店で仕上げたという特製コク深味噌だれがジュワ~っと染み込んでおり、噛むたびに口の中に広がって食欲がビシバシ刺激される。甘みが強いので好みは分かれるかもしれないが、濃厚でコクが強いため個人的にはひたすらご飯がすすんだ。

やはり「かつや」のカツ丼系メニューにハズレはない。味・ボリューム・値段、どこを見てもほぼ文句なしの出来と言っていいのではないか。これは定食の方もぜひ食べてみたいものである。ごちそうさまでした。

…………。

いや、やる気あんのか!!

・怒り

何だこの真っ当すぎる仕上がりは! ただ普通にウマいってどういうつもりなんだ!! 値段も手頃だしよぉ、やる気あんのか! 「こんなん誰が頼むんだよ頭おかしいだろ」って容赦なく書かせろやァァァァァアアア!!

もちろん、「かつや」のフェアメニューのすべてが意味不明なものではないことは重々承知している。しかし、先述したような商品のインパクトがあまりにも強すぎるため、毎回ついゲテモノを期待してしまう体質に望まずしてなってしまったのだ。なんちゅう体にしてくれとんねん。

・愛ゆえに

そういう意味で言うと、今回の『青ねぎ味噌チキンカツ』に我々が知っている「かつや」の姿はなかった。いや、めっちゃウマいよ? めっちゃウマいから、本来ならば無難に褒めて終わりなんだろうけど……それは「かつや」に対して失礼というものだろう。そう、すべては愛ゆえなのだ。

参考リンク:かつや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

から揚げはタレ!? かつやの「生姜からあげだれのチキンカツ丼」がガチでヤバイ! から揚げ2倍にして食べてみたよ!

「生姜からあげだれのチキンカツ丼」という名称を目にして、違和感を覚えない者はいないだろう。「生姜からあげだれ」だとまるで、唐揚げがタレの一部のようになってしまっている。生姜ダレがかかった唐揚げ、の間違いだろうか? そもそも、唐揚げが入っているのに、同じ鶏肉を揚げた食べ物であるチキンカツの丼とは、これいかに。

メニュー名の書き間違いか? ──などと思い「生姜からあげだれのチキンカツ丼」を期間限定発売している『かつや』に乗り込んだ筆者は、夢のような丼に出会ってしまった!

・唐揚げはタレだ!!

とんかつやカツ丼など、揚げ物を中心に提供している飲食チェーン店『かつや』。

「生姜からあげだれのチキンカツ丼(637円)」は、かつやの企画・令和のSUPER HUNGRY SALEの第2弾として2019年8月19日から期間限定発売されているメニューのようだ。

「生姜からあげだれのチキンカツ丼」の看板をよく見てみると、「生姜からあげのタレ?」と書いてある。「生姜からあげ」とは、それのタレとは何なんだろうか。『かつや』初訪問の筆者には分からない定番商品なのだろうか──そんな疑問も、そのすぐ下にある「から揚げ大盛り(2倍)」に目と心を奪われて消えていく。108円プラスで唐揚げが倍になるって凄くない!?

未知なる丼に心を躍らせながら、「生姜からあげだれのチキンカツ丼」を注文。もちろん唐揚げは2倍! はやる気持ちを抑えながらワクワクして待っていると、すぐに来た。これが謎の丼、生姜からあげだれのチキンカツ丼か〜!

丼にぎっしりと、タレがよく絡んだ唐揚げが乗っている。メインのはずのチキンカツが見えづらいレベル……! 「チキン・オン・ザ・チキン」状態の丼、迫力が半端ない。

『かつや』の定番だというカツ丼(梅)と比較してみると、丼の大きさは少ししか変わらないのに、大量の唐揚げのせいか「圧」を感じる。

しかしそんな大量の唐揚げたちは、ただたくさん乗っているわけではなかった。生姜焼きを思わせる、生姜のよく効いた甘辛いタレがよく絡んだ唐揚げたちこそが、チキンカツの「タレ」だったのだ! 唐揚げたちは丼の主役として乗っているのではなく、チキンカツのタレとして「かけられて」いるのだ。

そのため、チキンカツには唐揚げの他には一切タレがかけられていない。唐揚げに絡んだタレがチキンカツに染み込んでいる部分はあるものの、チキンカツはいたってプレーンな状態で丼に乗っている。

チキンカツとともに「タレ」である唐揚げも口に運び、一緒に味わう。口の中がサクサクのカツと鶏肉でいっぱいになるものの、生姜の爽やかな風味のおかげでしつこさを感じない。いくらでも食べられる……。なにこの夢のような食べ物、令和1の大発明では?

チキンカツ1切れにつき、「タレ」を2〜3個一緒に頬張っても、唐揚げ2倍のおかげか「タレ不足」に陥ることはなかった。安いし美味しいし、学食とかにあったら毎日食べるわこれ。おまけに丼には、「味変」用のマヨネーズまで添えられている親切ぶり。

「タレ」である唐揚げにマヨネーズを絡めてみると、スッキリとした生姜焼きの風味がまろやかになり、新しい美味しさが爆誕。また、テーブルの上に置かれていた壺の中に入ったお漬物も美味しく、ご飯が足りなくなるほど進んでしまった。

夢中になって食べていると、あっという間に完食。もっと食べたかった、と思えるほどの良い加減だった。

・お弁当にも出来る

「生姜からあげだれのチキンカツ丼」は2019年8月19日から1カ月程度、国内の『かつや』で期間限定販売されている。ただし、在庫がなくなり次第終了とのことなので、気になった方は是非お早めに。唐揚げをチキンカツの「タレ」としていただく、という夢のような体験が出来る機会はそうそうない。

ちなみに、お弁当として持ち帰ることも出来るようなので、食べきれるか不安、という少食な方も安心して、ぜひ挑戦してみて欲しい。

参考リンク:かつや公式HP
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【悲報】かつや、ガチでやらかす / チキンカツ丼にカレーうどんを載せた劇薬「カレーうどんカツ丼」発売へ!

毎度抜群の安定感を誇るカツ丼チェーン「かつや」。当サイトも何度かお伝えしたように、2018年の「かつや」は実に攻めていた。数々のエクストリームな商品を手に、激しい荒ぶりを見せたと言っていいだろう。それにひきかえ今年は大人しいなぁ、と思っていたのだが……。

結論から言うと我らが かつやさん、令和早々やらかしております。完ッ全にやらかしております。2019年6月21日から発売となる新商品、その名も『カレーうどんカツ丼』! 名前からしてすでにバチバチにやらかしているため、そのやらかしを詳しく見ていきたいと思います。

・公式Twitterにて

実は先月からようやく正式にTwitterを開始した かつや。この手のブランドとしては少々遅めのスタートではあるが、かつやファンとしてはぜひチェックしなければなるまい! というわけで覗いていたところ……昨日6月6日に気になるツイートを発見した。

・新商品の告知

そう、そこで紹介されていた商品こそが、本稿の主役『カレーうどんカツ丼』なのだ。一つの単語の中に「どん」が2回も入っているという異様さに思わず震えるが、正直名前を聞いただけでは意味不明である。一体どんなメニューなんだろうか?

ではここで、かつや公式Twitterによる解説をご覧ください。

「ピリ辛キーマカレーソース、チキンカツ、カレーうどんを載せた炭水化物 on the 炭水化物のボリューム満点の商品になります。」

……読んだところでやはり意味が分からないが、とりあえずどうやら頭がおかしいことだけは確かである。「丼」というくらいだから中身はご飯なのだろう。そこにカレーソースとチキンカツ、そしてカレーうどん……はおかしいやろ! ご飯の上にうどんて!! わんぱくにも程があるぞ、野球部かよ!

・炭水化物の洪水

ツイートの画像を見る限り、丼の上にはチキンカツとたっぷりのネギ、そして明らかにご飯の上に載っていると思われるカレーうどんの姿が。横に書き添えられた「炭水化物満タン!」という無邪気な文字により、狂気はさらに増していくばかりである。もはや劇薬。

・続報を待て

今回発売されるのは、『カレーうどんカツ丼(税抜590円)』と『カレーうどんカツ定食(税抜690円)』の2種類だ。どちらにせよ謎極まりないのは間違いないが、それでもちょっと食べてみたいと思わせてしまうのが かつやのスゴイところ。というか、たぶん食べに行くので続報を待たれよ! こいつぁアカン予感がプンプンするぜ……。

参照元:Twitter @katsuya__corp
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24