チャットアプリで若者たちに「ロケットニュース知ってますか?」と繰り返し尋ねたら、まったく無反応で泣けてきた……

当サイトはドメインを取得して11年。私(佐藤)が勤めるようになって10年が経過している。いわゆるブログメディアのなかでは老舗の部類に入るだろうか。私も45歳になって、老化に拍車がかかる一方な訳だが。

さて、そんな当サイトについて、若い利用者が多いチャットアプリで「ロケットニュースって知ってますか?」と繰り返し尋ねてみたが……。ビックリするほど反応がなかった。やっぱりそんなに知られていないのね……。

・海外にも支持層

手前みそな話で恐縮だが、当サイトは英語版( soranews.com )があり、日本だけでなく、海外にも読者層が広がっている。わざわざ私に会いに来てくれる人さえいる。つい先ほどもハワイの読者ASさんが、日本観光のついでに会いに来てくれた。彼とは、2016年に初対面して以降、年に1度は会う仲である。

・正直なプロフィール

それを踏まえて! 10代後半から20代前半のユーザーが多いチャットアプリ「ロケチャ」に、自らのプロフィールを正直に登録した。名前は「ロケットニュースさとう」、画像も偽ることなく、私のものを使用している。

ぶっちゃけ、当サイトの読者は比較的年齢が高め。若者にそれほど知られてないとは思う。だが! 少数とはいえ、知っているはず。時々街で声をかけられることもあるのだから、チャットアプリでもきっと「こいつ見たことある」ってなるはずだ。そう思い、投稿欄を開いた。

・知ってますか?

そして次のように呼びかけてみた。

「ロケットニュース24ってメディアのライターです。よろしくどうぞ~」

「ロケットニュース24ってサイト、知ってますか?」

すぐに話しかけられるだろうと思ったら、まったく反応がない。プロフィールを閲覧したことを示す「足あと」さえつかない。ウソだろ……、ちょっと目につきにくかったのかな?

・再び呼びかける

あらためて、少し言葉を変えて尋ねてみる。

「みんな知らないの? ロケットニュース24」

「ロケットニュース24、知ってる人がいたら声をかけてね」

さすがに声がかかると思ったら、誰かが話しかけてくる気配が一向にない。足あとさえもつかない。ウソだろ!?

・誰か~!

まさかこのアプリの世界で、存在しているのは私だけ? いやそんなはずはない。ホーム画面上では、いろんな人のチャットのやり取りがバンバン流れている。こんなはずはない! だってこの前もフランスから訪ねてきた人が、私に会うなり「泣きそう」って言っていたんだよ。ウソじゃない! 本当なんだ、誰かいないのか? 私の呼びかけに応えてくれる人は?

「誰か~! 誰かロケットニュース24を知っている人は、いませんか~!」

世界の中心で叫んでいる気分だったが、残念ながらこの呼びかけに応えてくれる人は、1人もいなかった……。

・1人の足あと

唯一起こったことといえば、たった1人から足あとがついたことだ。

ありがとう。大阪の若者よ。ありがとう、本当にありがとう。でも、たった1人なら、むしろ足あとゼロの方が諦めがついてよかった……。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS「ロケチャ」


Source: ロケットニュース24

【検証】チャットアプリのアイコンをめちゃくちゃブサイクな自分の女装画像にした結果……

これまで、私(佐藤)は上司GO羽鳥の女装写真や、後輩あひるねこの女装写真を、勝手にチャットアプリのプロフィール画像に使用していた。2人とも割と美形で、男性アプリユーザーの反応はすこぶる良い。

そんなこと言って、自分の場合はどうなのか? 私も過去に何度か女装にチャレンジしたことがある。お世辞にも美人とはいえないが、その女装写真を見た男性アプリユーザーはどう反応するのか? 気になったので試してみた。

・プロフィールは偽れる

多くのチャットアプリは、個人情報を入力しなくても、ひと通りの機能を使うことができてしまう。したがって、プロフィールを架空のものに偽ったところで、誰もそのことに気付きもしない。利用する際は、その点を踏まえて他のユーザーとチャットして欲しい。

さて、今回私が持ち出したのは、8年前の2011年に女装した自分の写真だ。自分でもよく分かっている。女装に向かない顔立ちであることを。顔のパーツが大ざっぱに構成されているため、 “線” の細さが全然出ないのである。控えめに言ってもブサイクだ。

ブサイクだからといって、チャットアプリにおいてどんな反応が返ってくるかはわからない。それを知る術は試すよりほか無いので、果敢に挑むことにした。

・1つ目のアプリ

テキトーなアプリをiPhoneにインストールして、いつものようにプロフィールを設定する。

これらのアプリには、一応注意事項が用意されている。しかし先も伝えた通り、注意を促すものの年齢確認を行う機能等は用意されていない場合が多いので、未成年のユーザーも潜んでいる可能性がある。

先ほどの女装写真をプロフィールに設定。

29歳東京在住の「ひでこ」と名乗り、軽い自己PRの文章を記載して準備完了。あとは反応を待つだけ。

・2つ目のアプリ

羽鳥の場合も、あひるねこの場合も、ものの10分程度で、プロフィールへの足あとが連発し、トーク機能ですぐに声を掛けられたのだが、私の場合、反応がイマイチ薄い……。なぜだ! なぜ声をかけてこぬ!!

待っていてもしょうがないので、他のチャットアプリでも同じようにプロフィール設定をすることにした。

こちらのアプリでは、LINEやKAKAOトークなどの他のチャットアプリのID交換を禁じている。またギフト券の授受に関する詐欺行為に関しては警察に通報すると、注意を促している。

こちらでも、当然先ほどの女装写真をプロフィールに設定した。

東京在住29歳、ひでこ。タピオカ大好き♪

・3つ目のアプリ

「2度あることは3度ある」じゃないが、2つのチャットアプリでは何となく収まりが悪い。ということで、3つ目のチャットアプリにも女装写真を設定しておこう。

こちらのアプリでは、他の2つよりもさらに厳しく利用方法を伝えている。他のサービスへの誘導・ギフト券詐欺・IDの収集など。そして卑猥な画像の投稿に関しても記載がある。これらの行為を行った場合は、アカウントの永久凍結、ならびにユーザーに関する情報を警察に提供するとしている。

こちらでももちろん、女装写真をプロフィールに設定させて頂く。

東京在住29歳、ひでこ。一言PRは「真面目かも」だ。とりあえず、「かも」と付けとけば良いと、勝手に思っている。

・反応は?

これでようやく検証の準備が整った。釣りで言ったら、エサを撒いて釣り糸を垂らした状態。さて、かかったかな? まずは1つのアプリを見てみると……。

足あと、2件……

トークはゼロだ……

おいおい、羽鳥やあひるねこの時はあんなに食い付いてたじゃないか。どうしたんだよ、同じオッサンに変わりないんだぞ。遠慮すんなって。仕方がないので、次の釣果を確認しよう。

足あと、7件

トークはゼロ……

さっきのアプリよりはマシだけど、なかなか渋い結果となった。う~ん、恥ずかしがり屋さんが多いのか? もっと積極的になんないと、誰とも話しはできないぞ。しょうがないので、最後のアプリ。

足あと、4件

トークはどうせゼロだろ……。と思ったら!

相手「おぱんつ見たいな」

気持ちワルー!! 何コイツ、マジで気持ちワルー! 初対面の相手に挨拶もなしにそんなこと聞く? 積極的にとは言ったけど、そういう意味じゃねえんだよ! もっとほかに聞くことがあるだろ、コラ! 好きな食べ物とか趣味とか、普段何やってるの? とか、そういうの聞けよ! 

せめて「おぱんつの色は?」くらいにとどめとけや、コラ! 「見たいな」ってなんでお前みたいなヤツに見せなあかんねん!

と言う訳で、チャットアプリもまた、Twitterの闇に似通った、暗い世界が広がっているのかもしれない……。

Report:佐藤英典
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24

【検証】チャットアプリのアイコンを上司の女装画像にしたら、スゴイことになった……

ほんの出来心だ。世の中には「チャットアプリ」というものが存在し、見知らぬ同士が昼夜を問わずにお話をしているという。伝え聞いた話によると、女の子が登録すると、猛烈な勢いで男性ユーザーが話しかけてくるそうだ。

その様子を確かめてみたい。そう思った私(佐藤)は、本当に出来心で上司(編集長GO羽鳥)の女装画像を無断でプロフィール写真(アイコン)に設定してみた。そうしたところ、スゴイことになった!

・売り子の証言を確かめる

何も遊びでこんなことに挑んだ訳ではない。ちゃんと理由があることを、あらかじめお伝えしておこう。「Twitterの闇」を探っている最中に、ある1人の人物が売り子を始めるきっかけにチャットアプリを挙げていたのだ。アプリの話相手に、「下着を売って欲しい」と伝えられたことを機に、私物が商売になることを知ったと語っている。

実態を知りたかった気持ちが半分、残りの半分は本当に出来心だったと正直に明かしておこう。

・上司の女装画像を設定

まずはチャットアプリに、アイコンなしのプロフィ―ルを適当に作成する。

その上で、お誂え向きの上司の女装写真を用意する。

あとは写真を設定して、架空の女性の完成だ。

・ドンドン来るーーッ!

あとはどうなるかを見届けるだけ。だったのだが、なんと上司の写真を設定する前に早々と声をかけてくる輩がいた! マジかよ、まだ何もしてないんだけど。

このアプリには、自分のプロフィールを見た人物を確認できる「足あと」機能と、相手に話しかけることのできる「トーク」機能がある。画像を設定したところ、アッという間に20件近い足あとがついた。

トークは少し目を離した隙に、またたく間に10件に達しているじゃないか……。丸1日放置した結果、トークは20件に達し、足あとは44件に。そんなに来る!?

さすがに申し訳なくて、何も返事をすることができない。なぜなら、この画像の主は、もうすぐ40歳になるちょっと変わった面白いおじさんだからだ……。

たしかに聞いた話の通りに、チャットアプリは女性が参加すると、まさに入れ食い状態でドンドン男性ユーザーが群がって来る。互いに匿名であるので、おしゃべりを楽しむ以上のことは求めたり、求められても拒むようにすべきではないだろうか。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24
Screenshot:iOS


Source: ロケットニュース24