【衝撃】『水曜どうでしょう』がマンガ化したから読んでみた結果 → 意味不明すぎたので秋田書店に「いつまで続くのか?」聞いてみた

意味が分からないよ……。私(中澤)が思わずそうつぶやいてしまったのは、コンビニの雑誌コーナーでのことだった。今週の週刊少年チャンピオン1月号でバラエティ番組『水曜どうでしょう』がマンガ化されていたのである。

確かに、『水曜どうでしょう』はレギュラー放送が終了した今も熱烈なファンを抱える番組。でも、旅メインのバラエティー番組がマンガ化ってどういうことだよ!? これどうやっても面白くならねえだろ! そこで購入して読んでみたら……ガチで意味が分からないよ。

・番組ドキュメント?

大泉洋さんやミスターなどの「どうでしょう班」が表紙をジャックしている今週のチャンピオン。1ページ目を開くと、巻頭カラーで「新連載!! 超巨弾71P!!!!!!」の文字が飛び込んでくる。長ッ

物語はドキュメントタッチの電車内の会話から始まった。話しているのは、モサッとボリューミーなくせ毛ヘアーから大泉洋さんであることが分かる。

・突然変わる世界線

『1997年水曜どうでしょう「サイコロ3前編」3日目 鳥栖12:41発「つばめ11号」鹿児島へ向かう車中での会話』と書かれているため、実際のやり取りを書き起こしたものだと思うが……

ひょっとしてガチで番組のドキュメントマンガ? これ大丈夫か……? そんな不安を抱きつつページをめくったところ……

見開きで角刈りかつ劇画のオッサンが現れた!!

えっ、誰? あまりに突然の世界観の変貌に頭が追いつかない。だが、カラーページの最後で主役っぽく1ページまるまる使ってるところを見ると、この角刈りひょっとして大泉洋なのか

私がページをめくった瞬間、過去の大泉洋に何かが起きて歴史が変わったのかと思うレベルで唐突に角刈りになっている。なんじゃいこりゃあ!?

そう思いながら、本編に進むと、再びまるまる1ページを使った角刈りふんどし姿の大泉洋が現れた。角刈りのまま進めるというのかッ!?

・最初からもう1度読み直す

パラパラ見ているとあまりに意味不明だったため、今一度ちゃんと読んでみると、どうやらこれは大泉洋さんが『水曜どうでしょう』の番組内でついた嘘をマンガ化するプロジェクトのようだ。今回は、大泉さんの代表作である『喧嘩太鼓』がマンガになっている模様。

ストーリーや内容についてはご自身の目でご確認いただければと思うが、個人的には、眠っている時に見た夢を日記につけたようなマンガだと思った。さすがホラ話という感じ。

・読み切りではなく連載

さて、ここで今一度注目したいのがこれが「連載」という事実。そう、読み切りではなく、普通に「新連載」と言い切っているのである。まあ、1カ月とかでも連載は連載だしな。そこでチャンピオンを発行している秋田書店にどれくらい続く予定なのか聞いてみたところ……

秋田書店「番組内で語られたホラ話は大体連載されると思います。また、新作ホラ話もあるので、普通に連載されていく予定です」

──とのこと。どうやら、1カ月とかの短期連載ではないっぽかった。なお、『水曜どうでしょう』のファンであるロケットニュース記者あひるねこに聞いたところ、「マンガより座談会が本番だった」とのこと。

マンガの後に『水曜どうでしょう』のメンバーによる座談会の書き起こしが載っているのだが、どうやら、番組の空気感は座談会の方が濃いみたいだ。今回のマンガ化についてや、当時の話なども振り返る内容は確かに胸アツなので、気になったファンはぜひチェックしてみてくれ!

参照元:週刊少年チャンピオン
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【解禁】少年チャンピオン、今週号で『バキ』作者の重大情報をサラリと公表してしまうッッ! 触れたらアカンと思ってた…!!

2019年9月19日に発売された週刊少年チャンピオン42号を手にし、思わず「オイオイオイ」と呟いてしまったのは私(あひるねこ)だけではないだろう。その表紙にはなんと、「板垣恵介 × 板垣巴留 超絶漫画対談」と書かれているのだ。マ、マジかよ……!

同誌で『バキ道』を連載中の板垣恵介先生と、『BEASTARS』を連載中の板垣巴留先生は、実は親子なのではないか? これは『BEASTARS』連載当初から噂されていることである。その両者が、誌上でついに対談する日が来るなんて……。オイオイオイ、死ぬわアイツ。

・ついに解禁

『刃牙』シリーズの生みの親として、四半世紀に渡りチャンピオンを引っ張り続ける板垣恵介先生。一方、板垣巴留先生による『BEASTARS』は、その独自極まりない世界観で数々の漫画賞を受賞。来月にはテレビアニメの放送も控える人気作だ。

この両者は実は親子である──。先ほどそのように「噂されている」と書いたが、正確に言うと、ファンの多くは二人が親子であろうことはきっと知っているはず。いや、公(おおやけ)にされているワケではないので あくまで噂でしかないのだが、暗黙の了解というやつだ。

だからなんというか、触れてはいけない空気みたいなものを個人的には感じていたのだが、いざ今週号の対談に目を通してみると……。

まさかの「親娘誌上対面」の文字。

・これが初

オイオイオイ、サラッと解禁してるぞ! まあ知ってたけどさ!! 秋田書店の宣伝担当者よれば「この対談で二人の親子関係に関して公式に発表する形になります」とのこと。ほう、ならば今後はいじり放題という認識でよろしいか? いずれにせよ、漫画ファンにとって大きなニュースであることは間違いない。

・ガッツリ語り合う

さて、史上初となる親子対談では、板垣先生が巴留先生の作品を読んだ時に感じたヤバさや、電話で伝えたネームに関する具体的なアドバイス内容。そして、なぜ親子であることを公表してこなかったのか? その理由などが語られているぞ。

個人的には、巴留先生が『刃牙』と『ちゃお』を読んで育ったというエピソードが特に印象的だった。どんな女子だよ。

・最強親子

今やチャンピオンを代表する両作品。それらの作者が、実は親子であるという事実はよく考えるとスゴすぎる。もはや完全に刃牙と勇次郎ではないか。ただそうなると今後、史上最強の親子喧嘩が勃発する可能性もあるわけで、二名のグラップラーの動向に注目が集まる。

参照元:週刊少年チャンピオン
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24