【禁煙治療】予想外にアッサリと禁煙に成功してしまった今、思うこと

いとも簡単にアッサリと、禁煙に成功してしまった。病院の医師と一緒に禁煙する「禁煙治療(禁煙外来)」を始めてから3カ月ほどになるが、本日、最後の受診を経て、先生から「はい、(禁煙治療は)卒業ですね〜」と太鼓判をもらった次第。アッサリ。本当に、アッサリと終わった。

同僚の和才が書いた「禁煙外来に通院中と通院後の全記録」に載っていた「卒煙証」がもらえるのかとワクワクしていたが、そんなイベントもなく、「はい、これで終わりです」とアッサリ終了。あまりにもアッサリしすぎていたので、自分で「卒煙証」を作ったほどだ。

社内でも屈指のヘビースモーカーだった私が、いったいなぜこんなに簡単に禁煙できてしまったのか? その答えは、正直、私にもわからないのだが、ひとつだけ確実に言えることがある。それは……

人による

……ということだ。

あらためて和才の「禁煙外来に通院中と通院後の全記録」を読めばわかると思うが、彼は非常に苦労していた。途中、何度か「吸っちゃった」的な失敗をしていたが、その後、なんとか気合いと根性で乗り越えていた。

禁煙前、そんな彼の記事を熟読しては、「禁煙、大変そうだな……」とビビっていたのだが、いざ自分が同じことをしてみたら、「和才の記事、ぜんぶウソだろ」と思うくらいに何のドラマも起こらず禁煙できてしまったのだ。

私の場合、ツラかったのは禁煙開始の初日だけ。タバコを吸わない生活を始めて3日後には、日記に「よゆう」と書くまでになっていた。

私の体と、禁煙薬「チャンピックス」との相性が良かったのかもしれないし、それ以外の理由があるのかもしれない。その答えは、先ほども述べたが、正直、私にはわからない。しかし確実に言えることがある。それは……

人による

ということなのだ。

禁煙を決意する前、正直わたしは「絶対に自分は禁煙なんてできっこない」と思っていた。家にいるときには常に加熱式タバコを握りしめているほどのヘビースモーカーであり、死ぬまで吸い続けるものだと思いこんでいた。

しかし、ふと禁煙を思いたち、軽い気持ちで禁煙外来の門をくぐってみたら……いとも簡単に禁煙成功。強がりでもなんでもなく、心の底から「こんなに禁煙って簡単だったの!?」と思ったし、もっと早く禁煙してれば良かったと後悔さえしている。

・カギは代替品?

ちなみに個人的には、今回の禁煙チャレンジ、勝負を決めたのは「電子タバコ(VAPE)」だと思っている。gloやiQOSといった「加熱式タバコ」ではなく、水蒸気が出る「ベイプ(VAPE)」と呼ばれる電子タバコだ。

禁煙開始日、今まで吸ってきた「加熱式タバコ」から「電子タバコ」に移行した。どうやら、これが私には合っていたようで、禁煙当日の感想は「(禁煙)できた!」であり、2日目には「我慢できた」、そして3日目からは「よゆう」と書けるほどに “たばこ欲” を満たしてくれた。

しかしながら、ニコチンは入っていないので依存性はナシ。そこに電子タバコがあって、吸っても良い状況だったら吸うけども、そうでないなら吸わなくても大丈夫。その程度の存在だ。ほとんど吸わない日だってあるほどだ。

・考え方すら変わる

それにしても、3カ月前まで、自分がタバコを吸っていたなんて想像もつかない。一体なんだったんだ、タバコ生活。なんであんなに臭いだけのモノを好んで吸っていたのだろうか。常に喫煙所を探していた自分。500円くらいはするタバコを毎日のように買っていた自分。本当、信じられない。

そのくらい考え方が変わってしまうのが喫煙であり、あらためて「ニコチン依存症って怖いなあ〜」と思わざるを得ない。禁煙できてよかった。もう絶対に、戻らない。

ちなみに本日で禁煙してから82日。愛用している禁煙アプリによると、禁煙できた本数は2469本で、節約できた金額は5万4318円だったとのこと。たった約3カ月でコレである。1年したら節約できる金額は20万円!? やめてよかった、本当に。

・人による

今回、私が声を大にして言いたいのは、「こういうパターンもある」ということだ。私のように、楽々と禁煙治療できちゃうパターンもあるよ、ということ。意外や意外、何の苦労もなく禁煙出来てしまうパターンもあるのだ。

もしも少しでも禁煙を考えているのなら、軽い気持ちで禁煙外来の門をくぐってみるのも良いかもしれない。苦労するパターンもあるかもしれないけれど、いとも簡単に禁煙成功! アッサリしすぎて拍子抜け! そんなパターンだって、ある。確実に、ある。人によるのだ。がんばって!

参考リンク:ファイザー「禁煙外来
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24