【え?】謎商品「チョコボールのなかみ」が新発売 / 中身が夢見たソロデビューと残酷な現実

子供から大人まで、みんな大好き森永チョコボール。金のエンゼル1枚か、銀のエンゼル5枚を集めてもらえる「おもちゃのカンヅメ」に誰もが1度は憧れたことがあるハズだ。銀のエンゼルはまあまあ出るけど、金のエンゼルって本ッ当に出ないよね……。

それはどうでもいいとして、2020年6月、その森永チョコボールから謎の商品が発売された。その名も『チョコボールのなかみ』──。ちょっと何を言ってるかわからないが、とりあえず『チョコボールのなかみ』を食べてみたので、ありのままの感想をお伝えしよう。

・味は2種類

2020年6月9日より全国のコンビニと駅売店で先行発売となったチョコボールのなかみ。価格は税込み108円で「うましお味」と「塩キャラメル味」の2種類が展開されている。

さて、森永チョコボールがウマい理由の1つが「なかみ」だということは、おそらく多くの人がお気付きのことだろう。中心から「ピーナツ・クリスプ・チョコレート」の3重層は、まさに電光石火のトリプルプレー。心地よい歯応えとナッツの香ばしさ、そしてチョコレートの甘さが織りなす3段階構造こそ森永チョコボールの命なのだ。

好みの問題はあるにせよ、クリスプがないキャラメル味は、森永チョコボールであって森永チョコボールではないと言っても過言ではあるまい。普段はあまり目立たないものの、なかみが森永チョコボールに欠かせない存在であることに異論はないハズだ。

だがしかし……。

確かに重要な「なかみ」ではあるが、正直チョコレートほどの華は無い。残酷なようだが、アイドルグループに例えるならやはりセンターはチョコレートなのだ。どれだけ実力があっても「なかみ」は結局のところ “縁の下の力持ち” ではなかろうか? 

・ソロ活動できるのか?

なかみが「いつか自分もセンターに立ちたい」と願うことは構わない。いつもチヤホヤされているチョコレートに思うところもあったのだろう。だがしかし、お前はチョコあっての「なかみ」なのだ。どうして周りの大人が止めなかった? 森永の責任は極めて大きい。

とはいえ、すでにソロデビューしてしまったのだから確かめてみるより仕方ないだろう。なかみ自身にも、本来の役割を自覚させるいい機会かもしれない。最終的に「雨降って地固まる」になり、森永チョコボールのさらなる進化に繋がればいいワケだ。

というわけで、購入した『チョコボールのなかみ』を食べてみることに。いいか、俺は森永チョコボールを愛している。だからこそウソは言わん。もしかしたらお前はショックを受けるかもしれないが、それも愛あればこそ。「うましお味」を食べてみると……。

……。

…………。

単なる豆菓子やん。

……な? そうだったでしょ? やっぱり思った通りでしたよ。なかみはなかみ、決して美味しくないワケではないが、チョコレートがないとシンプルにただの豆菓子である。これは売れない。いくら実力があったとしても、悲しいほど華が無さすぎるのだ。ソロデビューはハッキリ言って大失敗である。

・うましお味は残念な結果に

ところが、念のために味見した「塩キャラメル味」はぶっちゃけかなりの秀作であった。なかみの表面にキャラメル味が付いているので、厳密に言えばチョコと同じく “まとっている状態” なのだが、キャラメルの程よい甘さとなかみのコンビネーションはチョコボールに匹敵するウマさだ。

結局のところ、なかみはやはりなかみ──。誰かに包まれて初めてそのポテンシャルが発揮されると確認できた。気が済んだか、なかみ? もうソロデビューしたいとか言うんじゃないぞ? するとしても塩キャラメルみたいに誰か連れて来いよ? 森永チョコボールにはお前が必要なんだ。大丈夫、きっとみんなお前の偉大さに気付いているから。

というわけで、うましお味はただの豆菓子、塩キャラメル味はなかなかウマかったことから、本当の意味での中身のソロ活動は厳しいと感じた次第だ。購入するなら迷うことなく「塩キャラメル味」がオススメ。もしくはいつも通り、森永チョコボールを買ってくれ。

参考リンク:森永チョコボール
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【バレンタイン】超人気ラーメン店「ソラノイロ」が本気を出した『カカオ薫る白いチョコレート麺』を食べてみた結果…

いつの頃からかは知らないが、なぜかバレンタインの時期になると「チョコレートラーメン」を限定販売するラーメン店が増えてきた気がする。そんな風潮に、私、P.K.サンジュンは一言だけ申し上げたい。「誰が得すんの?」と──。

これまで数回に渡り「チョコレートラーメン」や「チョコレートつけ麺」を食してきたが、結局は「食えなくはないけど普通の方がウマい」という結論に落ち着く。だがしかし、日本屈指の人気店『ソラノイロ』ならば……! ソラノイロが本気を出せばあるいは……!!

・2日間限定メニュー

名物の「ベジソバ」がカップ麺になってしまうほどの超人気ラーメン店『ソラノイロ本店』が2020年2月13日と14日だけ、25食ずつ販売するのが「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。

カカオ薫る白いチョコレート麺──。そう聞いただけで「おいしそう☆」なんて思うのは、薄っぺらいなんちゃってインフルエンサーか、常人の20倍カロリーを摂取する「泣き虫サクラ(漫画・餓狼伝を読んでね!)」くらいであろう。ハッキリ言って食欲はそそられない

・過去にはチョコミントラーメンも

……んが、ソラノイロの神髄は「ベジソバ」ではなく、型に捉われない斬新な一杯にこそある。これまで「さくらんぼ冷やし麺」「青汁冷麺」「夏野菜とフルーツの塩冷麺」などを限定販売しており、さらに2019年には「チョコミントラーメン」を発表した。

その「チョコミントラーメン」を1時間近く並んで食べたのが、何を隠そう……私だ。ぶっちゃけ「おふざけラーメン」をイメージしていたものの、結果的には「チョコミントラーメンにおける最高傑作」とまで思ったから、「カカオ薫る白いチョコレート麺」にも期待できる……と信じたい。

・行列はあたり前

さて、18時からの販売開始に合わせ1時間ほど前にソラノイロに到着すると、早くも行列が……。当然、狙いはただ1つ「カカオ薫る白いチョコレート麺」である。おそらく並んでいるのは猛烈なソラノイロファンか、超ド級のラーメンマニアであろう。みなさん、本当にお好きですね☆

それはどうでもいいとして、「カカオ薫る白いチョコレート麺」は1杯1300円。純粋にラーメン1杯のお値段と考えた場合、そこそこ高い部類に入るだろう。大丈夫か、ソラノイロ。大丈夫か、カカオ薫る白いチョコレート麺。俺はまだ信じているぞ……!

・麺はチョコレート麺

席について待つこと数分。「カカオ薫る白いチョコレート麺」がやってきた。何も知らずにパッと見たら「ポタージュ系?」と思うであろう乳白色のスープは、ごくごくナチュラルなたたずまい。よく見ないと気付かないほど、チョコレートの気配は消えている

スープには豆乳のような優しい口当たりで、そこにチョコレート感はなかった。……んが、麺は「チョコミントラーメン」でも使用されていたチョコが練り込まれた麺で、褐色のボディは己のチョコを隠す気ゼロである。

そして不思議なことに一口目だけ、ファーストコンタクトだけはチョコではなく小麦を強く感じた次第だ。そう、美味しいラーメン屋さんで一口目の麺をすすった時のあの感覚。二口目以降から徐々にチョコの風味が勝っていったから「入口はラーメンで出口はチョコ」のような摩訶不思議なラーメンである。

さらに不思議なのは、最後までイヤな気持ちにならず食べ切れたということ。フルーツの酸味やごぼうチップの香ばしさがアクセントになり、甘くなりかけた舌を引き戻す役目を果たしていた。「仕上げてきたな」──。これが「カカオ薫る白いチョコレート麺」を食べ終えた率直な感想だ。

・チョコレートラーメンを出す理由を考える

おそらくこの時期のチョコレートラーメンは、ラーメン屋にとって目一杯の創作が許される数少ないタイミングであり、また逆に1度手を出してしまうと避けられないイベントでもあるのだろう。とどのつまり “腕の見せ所” に違いない。

個人的には「ベジソバ」の方が俄然好きだが、ニューヨークあたりで「カカオ薫る白いチョコレート麺」を販売したら1万円くらいで売れる……気もする。少なくともチョコレートという無茶なお題がありながら、ラーメンとして高いレベルで完成していた。

というわけで、ソラノイロの「カカオ薫る白いチョコレート麺」は決してゲテモノラーメンではないから、興味がある人はぜひご賞味いただきたい。「カカオ薫る白いチョコレート麺」は2月13日と14日の18時から、ソラノイロ本店で25食限定で販売だ。

参考リンク:ソラノイロ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

1時間以上も並んで買った『高級チョコ』は本当に美味いのか? 編集部で「1枚約200円の板チョコ」と食べ比べた結果が衝撃だった / 行列検証:第4回

行列に並ぶことは1つのギャンブルと言える。初めての店であれば、特にそうだろう。数時間並んでも、実物を見たら「たいしたこと無い」となるかもしれない。だけど、「こんなに凄い物がこの世にあったのか! 並んでよかった!!」となるかもしれない。どちらに転ぶかは、試してみないと分からない。だったら……

行列に並びまくって確かめてみよう! というのが本企画『行列検証』である。第4回目となる今回は、イタリアの高級チョコ&ジェラートブランド「Venchi」の行列に並んできたぞ。

本サイトをよくご覧になっている方はすでにお気づきかもしれないが、この記事は先日公開した記事「イタリアのチョコレートを絶賛するヤツは本当に “味の違い” を分かっているのか?」の続きである。前回は私だけが挑戦したことを覚えている人もいるだろうが、今回は編集部で食べ比べた結果をお届けしたい。

前回の内容ともやや被って申し訳ないが、食べ比べるモノを紹介しておく。まずはイタリア発の高級チョコブランド「Venchi」の板チョコ。お店のスタッフによると、板チョコの中で1番人気の「エクアドル オーガニック」で、お値段はなんと1枚で税込1728円(70g)

ちなみに、「Venchi」の日本1号店はオープンして数日しか経っていないこともあってか、私は購入するために1時間以上行列に並ぶ羽目になった。

対するは、明治の「ザ・チョコレート」。こちらは『おかしのまちおか』で購入し、60gで税込236円(販売価格)であった。カカオ含有率こそVenchiで買った板チョコと同じ(70%)だが、グラム当たりの価格は1 / 6ほど。圧倒的に安い。なお、買うまでに要した時間は数十秒である。

当然ながら、入手難易度で言えば明治のチョコレートの方が断然ラク。イタリアのVenchi は高い上に、購入にかなり手こずったけれど、そのぶん味は……きっと……みんなが……美味しい……と言う……はず!

・ブラインドテストで食べ比べ

そのあたりを確かめるため、当サイトの編集部員に2つのチョコを渡し、試食してもらった後に「どちらが美味しい?」と質問してみた。試食の際、ブランド名は伏せているので、どちらが高級チョコ(Venchi)でどちらが明治かは分からない。純粋に味だけでどっちが上かを決めてもらったぞ。

その結果が、以下の通りだ。

P.K.サンジュン → 明治チョコの方が美味い

「圧倒的にこっち(明治)。もう全然違う。別ものくらい違う。絶対こっち。もう1個食っていいっすか。……あれ(笑)? でもこっち(明治)」

あひるねこ → Venchiチョコの方が美味い

「こっち(Venchi)の方が好きかな。まあ、そんなにチョコレート自体好きじゃないですけど。うーん、正直違いはよくわかんないですね。でもこっち(Venchi)の方が高そうな気がする」

佐藤英典 → Venchiチョコの方が美味い

「何となくだけど、こっち(Venchi)の方が美味いと思う。ただ、食べやすいのはこっち(明治)。こっち(明治)の方には砂糖が余分に入っている気がする。好きなのはこっち(Venchi)」

原田たかし→ 明治チョコの方が美味しい

「こっち(明治)の方が、後からじんわり美味さが来るような気がするんですけど、シンプルにどっちも美味いですよね」

GO羽鳥 → 明治チョコの方が美味しい」

「こっち(明治)の方が、すごいヤツでしょう? こっち(明治)の方が美味い。こっち(Venchi)だってめちゃめちゃ好きだけど、こっち(明治)の方が、食べたときにカカオとか色々な味がバンバンバンバンって入ってくる」

御花畑マリコ → Venchiチョコの方が美味い

「こっち(Venchi)で。こっち(Venchi)の方が味がまろやかな感じがします。香りの立ち方だとこっち(明治)の方がいいけど、美味しいのはこっち(Venchi)。食べやすいです、こっち(Venchi)の方が」

田代大一朗 → 明治チョコの方が美味しい

「こっち(明治)の方が、日本にない香りだったし、強かった気がする。でも後味は結構似ている。でも最初の “入り” の味が、こっち(明治)の方が美味しかった気がします」

Yoshio → 明治チョコの方がうまい

「こっち(明治)ですね。苦味が少なめで、食べやすいってこの好みなので。こっち(Venchi)は苦くて大人の味がするから、たぶんこっち(Venchi)の方が高いんじゃないかって感じはしますけどね」

──というわけで、結果をまとめると……

なんと……!

なんと……!!

■Venchiの方が美味しいと答えた人 → 3人

■明治の方が美味しいと答えた人 → 5人

圧倒的な価格差をはねのけ、明治が5対3でVenchiに勝ってしまったのである。

この事態をなんと説明すればいいのだろうか。もちろん、明治のチョコレートのクオリティが高かったがゆえの結果。だが、私を含め我々ロケット編集部の舌が高級チョコに慣れていなかったことは十分に考えられる。また、もともと味の差の出にくいチョコだったのかもしれない。様々な要因が考えられるが、とにかく結果は結果。

前回の記事を読んでいただいた人にとっては、私がこれ以上語っても言い訳にしか聞こえないだろうけれど……ここは明治を讃えて本記事を終わりにしたい。明治さん、参りました!

参考リンク:Venchi、明治「ザ・チョコレート」
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「行列検証


Source: ロケットニュース24

【混乱】もうすぐ日本上陸! イタリア旅行中に毎日通った「激ウマのジェラート店」が恋しすぎて調べたら…衝撃の事実発覚で震えた / 創業約140年の『Venchi』

その店の名前は「Venchi」という。ご存知だろうか? もし知っているなら……のっけから申し訳ないのだが、以下は「Venchi」をまったく知らない人向けに書いている点をご了承いただきたい。というか、色々な意味で、最初に謝りたい

前置きはこれくらいにして、本題に行こう。「Venchi」はジェラートやチョコレートを扱っているお店で、創業は1878年。本店はイタリアのトリノにあり、今やイタリアのどこに行っても店舗がある……と言えるのではないか。

少なくとも私は、イタリア旅行中に「Venchi」の文字をしょっちゅう目にした。そして、見つけるたびに食べまくった。おそらく、「いち日いちVenchi」 はしていたと思う。なんなら、イタリア旅行中にもっとも食べたのは、Venchi のジェラートと言っても過言ではない。

・Venchi ジャンキーまでの道のり

冷静に考えれば、イタリアにジェラテリアはめちゃくちゃいっぱいあるので、Venchi のジェラートだけが格別美味しいわけではない。恐らく、探せば他にもっと美味しい店はあるだろうし、何よりもっとコスパの良い店は多いはずだ。

というのも価格的なことを言えば、Venchi は他のジェラテリアよりちょっとお高め。ジェラートだけの注文でも、4ユーロ(約500円)くらいは飛んでいく。だから、初めてローマのVenchi でジェラートを注文したときは、正直「次はもっと安い店を探そう」と思ったのだが、一口食べると……

濃厚でありながら、上品な甘さが好みにドンピシャ。そこからは、行く先々でVenchi、Venchi、Venchi……。気がつけば、“ヴェンチ発見” と同時に、体が勝手に店舗へ向かう状態になってしまったのだ。

旅の終盤にはVenchi ジャンキーと呼んでも差し支えない状態だったので、お土産には当然Venchi の板チョコ。それをスーツケースに詰められるだけ詰め、日本に帰ってきたのは言うまでもない。なお、お土産とはいっても7割以上が自分用だ。

・帰国後

それから、私はVenchi のチョコを毎日キメながらイタリアの思い出に浸る日々。しかし……だ。大量に買ったチョコも、次第にストックが少なくなってくる。それにしたがって、「ヴェンチのチョコを思う存分キメたい」という欲が巨大化してしまうのは辛かった。

この状況に耐え切れなくなった私は、日本のどこかでVenchi のチョコが手に入らないかとググってみることに。すると……うれしいニュースを発見した。

時事通信によれば、2019年12月12日に、Venchi の日本1号店が銀座にオープンするというのだ。その店舗では、ジェラートのほか43種類のチョコレートを量り売り形式で購入できるとのこと。

……

……

……

来たーーーーーー!

記事を読みながら、私は1人、部屋の中で腕を突き上げた。さらに調べると、現時点でも一部のデパートなどではVenchi のチョコレートを購入可能らしい。ただ、先述のように店舗としては1号店が12月12日にオープン予定。そして、すでにVenchi の日本用公式SNSアカウントまで作られていることが判明。

準備万端じゃないか! オープンしたら絶対に行くよ! そう思って、Venchi のSNSアカウントを見たところ……

・衝撃の事実発覚

プロフィール欄を見て、私は思わずフリーズしてしまった。なぜなら、私が今まで「ヴェンチ」だと思い込んでいた店名(Venchi)が、実は……

「ヴェンキ」だったのだ。

“チ” と “キ” だけの違いではあるが、この差があまりにも大きいことは多くの日本人が同意してくれるだろう。“ベ” ではなく “ヴェ” なことが救いではあるものの……ギリギリすぎる。これ以上言うと色々な方面にアレなので言及を避けるが、とにかく正しくは「ヴェンキ」。

よって、私が先述した「“ヴェンチ発見” と同時に〜」という文は誤りであり、正確には、

「“ヴェンキ発見” と同時に、体が勝手に店舗に向かう状態になってしまう」

──である。また、先に書いた「ヴェンチのチョコを思う存分キメたい」も誤りだ。正確には、

「ヴェンキのチョコを思う存分キメたい」

──となる。みささんも、うっかり間違えないように注意してくれ。

参照元:時事通信、Twitter @VenchiJP、Instagram @venchi_jp
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24