87億円の赤字を救え! リンガーハットは「テイクアウト」も超優秀だから絶対に知って欲しい!!

我らがリンガーハットが創業以来最大のピンチに陥っている。以前の記事でもお伝えした通り、2021年2月期連結決算にて、純損益が87億円の赤字を報告したリンガーハット。赤字幅は1962年の創業以来最大で、その原因は新型コロナ […]
Source: ロケットニュース24

【4日間限定】スシローの寿司居酒屋・杉玉が「大トロ10貫1000円」を本日販売開始! 販売店舗はここだ急げー!!

2021年3月21日、東京の緊急事態宣言が解除された。感染防止に努めることが変わらないのは当たり前として、今は明るく受け止めたい。最近、明るい話題って少なかったから。 ところで、あなたは覚えているだろうか? 1カ月前幻に […]
Source: ロケットニュース24

【味噌汁つき弁当300円】松屋の「朝弁」が地味に画期的! 使い方次第でランチに革命が起こる / 店舗限定のテイクアウト

松屋の一部店舗では「朝弁」がある。朝弁。──その名の通りテイクアウトできる朝定食で、午前5時から午前11時までのサービス。現在のところ店舗限定ではあるが、2021年2月19日の発表では「536店舗が対応」とのことだから、 […]
Source: ロケットニュース24

【三神合体】ガスト・バーミヤン・から好しのメニューを注文できる「ガストデリバリー」誕生! 餃子とハンバーグを同時に食えるぞ~!!

デリバリー・テイクアウト需要が高まりを見せるなか、すかいらーくグループは2021年2月26日、東京・新中野に「ガストデリバリー新中野店」をオープンした。名前だけ聞くと、「ガストのデリバリー専門店か?」と思われるかもしれな […]
Source: ロケットニュース24

【全国初】天下一品中野店限定の持ち帰りこってりスープ(税込150円)を買って、公園で “こってり” してみた!

暦の上では「大寒」を迎え、1年で1番寒い時期に差し掛かっている。ところが今日は、東京都内で日中15度を記録し、春を思わせるうららかな日差しに恵まれた。 こんな日は公園で日向ぼっこをしながら “こってり” したいものだ。そ […]
Source: ロケットニュース24

【びっくりドンキー】ハンバーグ “だけ” をテイクアウトできるようになったよ! 好きにアレンジできるし便利~!!

ハンバーグって、家で作ろうとすると簡単なようでいて難しい。肉がフワッとジューシーにならなかったり、良い感じに火を通せなかったり……意外と奥が深い。 何かと忙しい、この年末。ゆっくりハンバーグを作っている時間がない人に朗報 […]
Source: ロケットニュース24

その場でしぼり立て! 国産和栗を使ったモンブランをテイクアウトできる「栗歩 HANARE」東京・原宿

ここ1~2年、純喫茶ブームが来ている。それに後押しされる形でプリンの人気がうなぎ登りだ。実はその裏側で、もう1つのスイーツが進化を遂げてひそかに注目を集めている。それは「モンブラン」である。

たとえば、その場でしぼり立てのモンブランを提供するお店「栗歩(くりほ)」はインスタ女子の間で話題を呼んでいる。そんな栗歩のテイクアウト専門店(栗歩 HANARE)が原宿にあるそうなので、さっそく行ってみたらなるほどこれはたしかに思わずSNSに投稿したくなる逸品だ。

・しぼり立てのモンブラン

しぼり立てのモンブランといえば、東京・谷中の「和栗や」が有名だ。その姉妹店「モンブランスタイル」はカウンター席のみのお店で、その様子はまるで寿司屋のよう。しぼり立てのモンブランをその場で提供する形式で、持ち帰ることはできない。

今回紹介する栗歩もまた、その場で栗のペーストをしぼり出す。目の前でモンブランが形作られていく様子は、思わず写真で撮りたくなってしまう。これがお店の人気のポイントだ。

メニューはもちろんモンブランのみで国産和栗のモンブラン(税別1800円)、国産和栗のモンブランジェラート(税別1100円)。それに季節の果物モンブラン(シャインマスカット:税別1300円)の3種類だ。なお、季節の果物モンブランは11月1日からフランボワーズに変わる予定だ。

・ニュ~!

今回は1番人気という国産和栗のモンブランに挑戦することにした。会計を済ませると、さっそく目の前で “しぼり” が始まったぞ。お店の人はしぼり器に栗ペーストを投入。そして真下に器を構えてると……。

ニュ~っと出てきた!! 線状の栗ペーストがワ~! と降って来てるぞ!!

ニュ~~!

まだまだニュ~~~!!

これでもか! としぼった後に、最後に栗のスライスを上に散らせて……。

完成~! これが栗歩のモンブランだ!

・繊細かつ上品

我が人生においてこれほどまでにニュ~! としたモンブランはあっただろうか? いや、ない! ここまでふんだんに栗をニュ~!! としたモンブランはなかった、初めてだ。栗がてんこ盛り! まさに山のようだ

食べてみると、ほっくりとした栗の実の舌触りとやわらかい甘さがある。極細にしぼり出されたペーストは口の中で静かに溶けていく。今まで食べてきたモンブランとは一味も二味も違って、繊細かつ上品なスイーツに仕上がっている。

中には、大きなメレンゲの玉が隠されていた。こちらはザクザクしていて、ペーストとの食感の違いが楽しい。秋本番、今こそモンブランを味わう季節である。しぼり立てのモンブランを体験してみてはいかがだろうか。

・今回訪問した店舗の情報

店名 栗歩 HANARE
住所 東京都渋谷区神宮前3-27-15 FALG 1階
時間 11:00~18:00
定休日 不定休

参考リンク:PRTIMES
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【最高峰】叙々苑の『上カルビ焼肉弁当』を初めて食ってビビったこと5選 / 事前に調べれば500円ほど安くできた…など

「本日8月29日は焼肉の日!」と言われたところで、コロナ禍のことを考えるとお店で食べる気になれない……という人だっていることだろう。そこでオススメなのがテイクアウト。いわゆるお弁当だが、だからと言ってナメちゃいけない。中には、感動するほど美味い焼肉弁当だってあるのだから。

今回ご紹介するのも、その1つ。叙々苑の「上カルビ焼肉弁当」だ。味や人気、これまで幸せにしてきた人の数などを考えると、焼肉弁当の最高峰と言っていいのではないか。

その弁当を、私は先日生まれて初めて食べた。そしてビビった。美味いってことは予想していたものの、味以外にも「こうなってたのか!」という発見がいくつかあった。以下でご紹介しよう。

・叙々苑の素人目線

最初に断っておきたいのだが、タイトルにもあるように本記事は「初めて食べた人」がビビったことである。お店に何度も通った人からすれば、「それは常識じゃない?」と思うような内容だってあるかもしれないが、叙々苑の素人目線であることをご理解いただければ幸いだ。

というわけで、注文前の「その1」からどうぞ。

その1:お弁当は一人前から注文できて、大体どこの店舗でも買える

最初がこれ。私にとって、「叙々苑の焼肉弁当=芸能人が好きなもの」というイメージが強く、業界人がロケで食べる贅沢品だと思っていた。だから、叙々苑の焼肉弁当にありつくには、ロケなどのときに大量に発注するか、もしくはテイクアウト専門の叙々苑キッチンを利用するしかないと思い込んでいたのだが……

調べると、大体の店舗で焼肉弁当を販売しているし、基本的に1人前からでも注文OK。なお、今年の6月に叙々苑から「店舗にて焼肉弁当をお作りいたします」というリリースが公開されているが、問い合わせると実はかなり前から一般の店舗でお弁当を扱っていたという。知らなかった……!

その2:包装の時点ですごい

叙々苑の店舗でスタッフが焼肉弁当を持って現れたとき、どっかのCEOが手土産を持って挨拶に来たのかと思った。それほどお重厚な紙袋で、持ち歩いているだけで高級感を演出してくれる。しかも、お弁当のフタを開けると……

中にもう1つフタがあり、キムチなどのスペースはさらにもう1つフタ。肉は二重の防壁で、キムチなどは三重だ。もはや貴重品である。

その3:肉以外もパない

叙々苑といえば肉だが、肉以外もメチャクチャ美味い点は特筆すべきだろう。たとえば、付け合わせ的な感じで入っているキムチにしろ、豆的なやつにしろ、永遠に食っていられる。なんというか、日本人の好きな味を研究し尽くした味なのだ。

おまけに、キムチなどが入ったパーツは簡単に取り外せるようになっているから、肉とご飯だけを温めることができる。この細やかな心配りよ……。

その4:肉を口に入れたら溶ける

予想のつくことではあるが、これに触れないわけにはいかない。肉だ。お弁当だからアツアツではないにもかかわらず、口に入れたら溶けていくのは何故なのか。叙々苑の肉だからに他ならない……と言いたいところだが、私はかつてこれと似たような焼肉弁当を食べたことがある。

以前の記事「ステーキと焼き肉をテイクアウトしまくった人が選ぶ『今後も続けて欲しい牛肉系の弁当』TOP5」で1位に選んだ焼肉ジャンボの黒毛和牛焼肉弁当である。肉の厚みや全体的なボリュームこそ叙々苑の方が上だが、肉質という点では同じようなレベルではないだろうか(あくまで私の体感)。

叙々苑の肉が美味いことに疑いの余地はないが、その味が唯一無二というよりは、上で述べたように肉以外も文句なしに美味く、なおかつ細かいところに気を配っていることがスゴイのではないか? という気がした。

それから気配りといえば、お弁当の電話注文をしているときに、スタッフが「ニンニクを使いますか?」と聞いてくれた点も挙げておきたい。どうやらニンニクを調理に使うかどうか選択できるらしい。今年の「焼肉の日」は土曜日で、明日は日曜日。遠慮なく「ニンニクありで」と言えるチャンスかもしれないぞ。

その5:事前に調べれば500円以上安くできた

そうやって注文し、叙々苑のホームページを見ているときに私は気付いてしまった。同じ都内の店舗でも、焼肉弁当の値段が違うことに。たとえば、私が注文した新宿歌舞伎町店では上カルビ焼肉弁当が税別3800円。しかし、そこから電車でちょっと行った高田馬場店では税別3100円なのだ。

そもそも、焼肉弁当以外にも商品の価格がお店によって微妙に違うぞ。なぜなのか? それに、値段が違ったらお弁当の内容が違うのだろうか? と気になったので、お店のスタッフに聞いたり問い合わせたりした情報を総合すると……

「(高級バージョンの)游玄亭は別ですが、叙々苑ならばお弁当の内容は基本的にどこも同じです。新宿の上カルビ焼肉弁当が豪勢で、高田馬場が劣る……ということはありません。価格が異なる理由は一概に言えませんが、お店によって維持コストが異なることは、その1つと言えるでしょう」

……的な感じである。だからたとえば、建物が古いなどの理由によってテナント料がそこまで発生しない店は、都内の一等地で家賃がバリバリ高い店より価格が安かったりすることもあるようだ。

よくよく考えれば親切設計と言えなくもない。ただ、私はてっきりどこも同じ価格だと思っていた。叙々苑といえどもチェーン店なのだから。餃子の王将のようにエリアによって値段が違うことはあっても、少なくとも都内ならば同じ価格──というのは大きな勘違いだったようだ。

ここで個人的な話となり恐縮だが、高田馬場だったら私は帰宅途中に寄れないこともない。だったらその店で注文し、途中でピックアップすれば税別700円分を節約できたことになる。交通費が余計にかかるものの、それでも500円ほどは余裕で浮かせられただろう。

500円はデカイ。ちなみに、本日8月29日に1人焼肉の「焼肉ライク」へ行くと、「焼肉の日」のキャンペーンで一部商品が半額になっている。

ハイボール(税別170円)と黒毛和牛カルビ(税別340円 / 50グラム)を頼んでも、今日だけは税別510円だ。叙々苑で浮かせられたら、その大部分をまかなえたのに……。

というセコい後悔をしないためにも、ご自宅や職場の近くに叙々苑が何店舗かある人は、事前に価格を調べておいた方がいいだろう。同店に何度も通っている人ならご存知だろうが、私のような初心者だとやりがちかと思うので。

それにしても、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った直後に、「もうちょっと低い位置からでも飛べた」と気づくことほど切ないことはないな……。

参考リンク:叙々苑、焼肉ライク[1] [2]
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【高コスパ】サラダバーをテイクアウトできるだと!? レストラン『シズラー』の「サラダバー at home」が最高すぎる!

飲食業界では依然厳しい状況が続いている。とくに食べ放題を売りにしているお店は、お客さんが店に来てくれないことには強みを生かすことができない。

そんななかアメリカ発祥のレストランチェーン「シズラー」は、お店の主力商品のひとつ『サラダバー』のテイクアウトを行っている。サラダバーを持ち帰るってどういうことなの!? よくわからないので、実際に利用したらめちゃくちゃお得なサービスと判明した。これめっちゃイイやん!

・サラダバーを自宅で!

まずは持ち帰った品々を見て頂きたい! サラダバーのテイクアウトメニュー「サラダバー at home」に含まれるのは、サラダカップ6品 + フレッシュサラダ + パン + チーズトーストがセットになっている。価格は税別2980円だ。

これだけの品数でこの価格はお得でしょ!

「at home シリーズ」はテイクアウトの人気商品なのだとか。2020年8月18日に内容をリニューアルして、12種のデリサラダ・フルーツから6品を選べるようになった。コールスローやポテトサラダ、クスクスサラダのほかに、オレンジやグレープフルーツなどのフルーツから自由に選ぶことができる。

ちなみにセットには「キュウリ & パプリカ」と「トマト&ブロッコリー」がもとから含まれている。

・外食の高揚感がよみがえる

テーブルに並べてみると、とっても豪勢! 3~4名向けのボリュームとのことだが、4人家族の夕食に十分な量だ。これだけでみんなお腹が満たされてしまいそう。サラダバー気分で小皿に盛りつけてみると、それだけでもかなり楽しい!

新型コロナウイルスの感染拡大以降、外食に出かける機会が少なくなった人も多いはず。テイクアウトやデリバリーを利用するにしても、大抵は弁当や丼もの、時にはファストフードなんてこともあったりして、お腹は満たされるけど食卓はちょっと味気ない……。そんな風になってない? 

その点、この持ち帰りサラダバーは、食事の楽しさや外食で得られた高揚感がよみがえってくるようだ。3000円でこの品数はマジでお得! シズラーを利用できる地域の人は、ぜひ1度、自宅でサラダバーを試してみて欲しい。

・今回訪問した店舗の情報

店名 シズラー 新宿三井ビル店
住所 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル2F
時間 11:00~22:00

参照元:流通ニュース
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24

【朗報】てんやに天丼より安い “ワンコイン以下丼” が出現! テイクアウト限定『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』は天丼を超えるのか?

「てんや」というと今年5月、一度は税込540円に値上げした『天丼』を、再び税込500円に値下げしたことで話題になった。やはりワンコイン天丼こそ「てんや」の真髄。俺たちの「てんや」が帰ってきた! と歓喜したものである。ところが……。

その『天丼』に勝るとも劣らない強力な新商品が、こっそり出現していたのだ。その名も『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』。名前の通りこちらはテイクアウト・デリバリー限定メニューとなっているのだが、特に注目したいのは価格である。聞いて驚け。なんと、まさかの……

税込480円なり……!

ぐ、ぐっはァァァァァァアアア! 何ということだ……。揺るぎない最安メニューと思われた『天丼』より、さらに20円も安い新商品が現れてしまうとは。

・ワンコイン以下

2020年7月9日より、一部店舗を除くすべての「てんや」にて販売が始まった『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』。テイクアウト限定とは言え、天丼なのにワンコインを下回るとは尋常ではない。そこでさっそくお持ち帰りしてみたところ、まず目に入るのは やはりメインのちくわである。

縦に半分に切った形で、大きなちくわの磯辺揚げが中央に2個鎮座しておられる。安価なイメージのちくわだが、何にかけてもウマい天丼のタレと濃厚接触することによって、完全無欠の最強おかずへと進化を遂げているのは流石だ。ほのかに香る青のりもまた良きかな。

・サイドも充実

脇を固めるのは茄子、舞茸、いんげんという実力派の面々。通常の『天丼』には入っていない茄子と舞茸が選出されているのが何ともニクいではないか。個人的には野菜天ぷらのツートップなだけに、これは嬉しい。魚介ネタが不在でも特に火力不足は感じなかったぞ。

とは言え、いざ『天丼』と並べてみると、華やかさという点において両者の間には20円以上の差が存在しているのも事実。やはりエビの圧倒的なカリスマ性の前では、ちくわ磯辺揚げは少々霞んでしまうようだ。味は負けてないんですけどねぇ。

さらに横で構えるイカの、“本当はボスより強い組織のナンバー2” 感もまた強力である。エビ、イカ、そして白身魚のオフェンス力は、『ちくわ磯辺揚げ天丼』を大きく上回っていると言えよう。ただしその分、野菜はいんげんとカボチャだけなのでかなり脆弱。そこを上手く突けば十分に勝機アリだ!

・どっちにする?

コスパ・味ともに「てんや」の絶対エースとして君臨する『天丼』。その有能さゆえ、お店に行くと大体いつも『天丼』で固定されてしまっている人は多いんじゃないかと思う。しかし『ちくわ磯辺揚げ天丼弁当』が加わったことにより、今後は選択を迷うことになりそうだ。期間限定となっているので、終了する前にぜひ試してみて欲しい。

参考リンク:天丼てんや
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24