【いい女】3歳の娘のモテテクニックがすごい

オギャーと生まれたその日から、女は女なのかもしれない。3歳の娘を持つ私、P.K.サンジュンは最近つくづくそう思う。かねてから折に触れ「女の子はマセるのが早いよ」とか「子供とはいえ女を出してくるよ」と聞いていたが、それもあながち間違いではないのだろう。

とはいえまだ3歳。幼児は幼児であり、普段はとことん無邪気なのだが、それでも一撃で私をメロメロにする魔性のテクニックを時折繰り出してくる。今回は、中でも特に印象的だったモテテクニックを3つご紹介しよう。

・もう会話が可能

3歳になった我が家のレイちゃんは0歳の頃から乳児保育園に通っている。そのせいか、しゃべりの方はかなり達者で、今では普通に会話も成り立つ。もちろん大人ほどのボキャブラリーはないものの、1年前とは比べ物にならないほどコミュニケーションが取れるようになった。

それと比例するように繰り出される数々のいい女テクニック。そう、以下でご紹介するテクニックを「3歳の女の子」ではなく、峰不二子や壇蜜さんなどの「いい女」に置きかえて想像してみて欲しい。きっとあなたも一撃でハートを撃ち抜かれてしまうハズだ。

・テク1: ソファに座っていると

ソファに座り、ディズニーやらプリキュアやらのテレビを観ているレイちゃんと、そこを通りかかる私。「プリンセス好きなの?」「プリキュア観てるの?」などと声をかけつつ、つっ立って画面を観ている私にレイちゃんはこう言った。

「ねえ、レイちゃんの隣空いてるけど?」

こんなセリフ、いい女にしか口にできない。例えばバーでいい女に「ねえ、となり空いているけど?」なんて言われたら……ねぇ、あなた? レイちゃん……末恐ろしいコ。

・テク2: 荒っぽい揺さぶり

週に1度だけの保育園のお迎えに行った日のこと。自転車の後部座席にレイちゃんを乗せ、家路につく最中での会話である。「今日は保育園で誰と遊んだのー? お父ちゃんに教えてー」と聞くと、私の背中に向けてレイちゃんはこう言った。

「今日は〇〇くんとチューしちゃった。でもそんなことあるハズないよね」

……! ……ど、どっち? その後、私が「〇〇くんとチューしたの?」「したか、してないかだけ教えて!」などと問いただしても、完璧に無視を決め込む我が愛娘。時として荒っぽいまでのパワープレイで揺さぶりをかけて来るなんて、いい女にしか許されない。

・テク3: 突然の……!

レイちゃんを寝かし付けているときのこと。なかなか寝てくれないレイちゃんから「レイちゃんと手の大きさ比べてみよう」と提案があった。手のひらと手のひらを合わせると「父ちゃんの方が大きいね」とレイちゃん。足と足をくっつけても同様だ。

その流れでおでことおでこをくっつけると「同じくらいだね」とレイちゃん。それが頬と頬、鼻と鼻となり、そして突然のキス──

惚れてまうやろォォォオオオオオオオ!

こんなスマートなキスの仕方あります? こんな甘いキスシーンは長い少女漫画の歴史の中でも登場しなかったハズだ。何度で言うが、我が娘は3歳。だがテクニックは完全にイイ女そのものである。

ちなみに、今年のクリスマスはサンタさんから「アナと雪の女王のお化粧セット」をもらうそうだ。たぶん大丈夫だ、レイちゃん。きっと「アナと雪の女王のお化粧セット」がもらえるよ。なぜならサンタさんはレイちゃんにメロメロだからね──。

執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ラグビーW杯】「ジャッカル」だけがどうしてもわからない! ラグビー経験者に解説してもらった結果…

日本中を熱気の渦に巻き込んでいる「ブレイブ・ブロッサムズ(BRAVE BLOSSOMS)」ことラグビー日本代表。ここまで4戦4勝の負けなしで決勝トーナメントまで勝ち進み、2019年10月20日には優勝候補の一角「南アフリカ」と運命の一戦を迎える。

おそらく、私、P.K.サンジュンを含め、ラグビー日本代表の活躍に胸を躍らせている人はメチャメチャ多いことと思う。だがしかし、ラグビーは素人にとってはやや難解なルール及びテクニックが多く、まだ理解できていないことも多いに違いない。中でも個人的によくわからないのが『ジャッカル』だ。

・ジャッカルがわからない

ぶっちゃけ、ラグビーのルールはそこまできっちり把握できていないものの、観戦自体に大して支障はない。反則があればテロップで表示されるし、ボールをポロリする「ノックオン」や、倒れてもボールを放さない「ノットリリースザボール」くらいは何となく理解できた。

だがしかし『ジャッカル』だけは、わかるようでわからない。姫野和樹選手がとんでもなくジャッカルが強いことはテレビでもやっていたが、具体的にどのプレイがジャッカルを指すのかはVTRを見てもゴチャゴチャしすぎていてチンプンカンプンなのだ。

そこで当編集部のラグビー経験者「原田たかし」にジャッカルを解説してもらうことにした。原田さん、ジャッカルってなんですか?

「タックル直後に相手の手から直接ボールをもぎ取るプレイをジャッカルといいます。ちなみに、空中で相手のパスを奪うプレイはインターセプトですね」

なるほど。相手が持っているボールを直接奪うプレイがジャッカルか──。ただ、ラグビーって倒れたらボールを放さなきゃいけないんじゃなかったっけ? その辺りはどうなんでしょうか、原田さん。

「その通りです。なのでジャッカルは、相手がボールを地面に置く前に勝負を決める必要があるんですね。ラック(倒れた状態)が成立してしまうと、選手は足しか使えなくなります。多くの場合、相手にジャッカルさせないように味方がサポートにきます。

ただ、間に合わないこともあって、素直にボールを渡してしまったらその瞬間から相手の攻撃になってしまう。そんなときはボールを持っているプレイヤーもギリギリまで粘ります。その結果 “ノットリリースザボール” になることも多いので、ジャッカルは相手の反則も誘える有効なテクニックなんですね」

ふむふむ。たかがジャッカル、されどジャッカル。奥が深い。でもジャッカルがそこまで有効なテクニックなら、倒れた相手に総動員で四方八方からジャッカルしまくればいいんじゃないですか?

「それは反則です。タックルが成立すると、選手は自軍の後方からじゃないとボールにアプローチできないんですよ。横や後ろからジャッカルするのは反則なんです。いかに相手にジャッカルさせず早いサポートができるか。ラグビーではこれが重要になります。タックラーが1の矢としたらジャッカルする選手は2の矢。タックルが成立した直後、両者の攻防を見ると面白さが増すと思います」

……なんてことを聞きながら書いていたら、ラグビーワールドカップ公式Twitterが「姫野和樹選手のジャッカル動画」をツイートしていた。今ならわかる、何がジャッカルなのかが。そして姫野選手のジャッカルの凄まじさが。

というわけで、ジャッカルとは「相手の手から直接ボールを奪うプレイ」だと覚えておけばいいハズだ。1つでもルールやテクニックを覚えてから試合を観ると、ラグビーはさらに楽しい。姫野選手が相手ボールに絡んだらすかさず叫ぼう「ジャッカル!」と。日本 vs 南アフリカの一戦は10月20日(日曜日)に行われる。

参考リンク:ラグビーワールドカップ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【検証】「寿司をひっくり返して食べると美味しい」は本当か? 試してみたら注意点も…

寿司をひっくり返して食べると美味しい──。インターネット上でそんな漫画が話題になっている。イラストレーターのオキ エイコ(@oki_soroe)さんが公開した漫画によると、どうやらこの現象は「味覚は舌で感じるものだから、舌側にネタがきた方が美味しく感じる」というシンプルな原理に基づいているらしい。

とはいえ、本当にそんな簡単なことで寿司を美味しく感じることは可能なのだろうか? 寿司以外にもオキさんが紹介していた「エクレア」「アイス」「パン」などで検証してみたのでご報告したい。

・4つの料理で検証

調味料も必要なければ、特別な食器も必要のない「ひっくり返して食べる」というテクニック。理論としては単純ながら「なるほど」と納得してしまう人も多いハズだ。ポイントはただ1つ “味がする方を舌側にする” というだけだ。

さて、今回用意したのは「寿司」「エクレア」「アイスクリーム」「やきそばパン」の4種類。本来はジャムを塗ったパンを用意したかったところだが、総菜パンでもテクニックは通じるのか確かめてみることにした。

・寿司には注意点も

まずは大本命のお寿司からだが、ネタを舌側に来るようにして口に運ぶと……なるほど、確かに美味しい気がする。通常の「シャリ → ネタ」とは違いダイレクトにネタの風味が口に広がるから、いいお寿司であればあるほど効果は高いことだろう。

だがしかし、注意点もある。いつもの調子でネタに醤油をつけてしまうと、どうしても醤油の味を1番強く感じてしまう。ネタに醤油をつけるならば少量、もしくはシャリ側に醤油をつけてもいいかのもしれない。

・超簡単なのに

次にエクレアであるが、これは問答無用でひっくり返して食べた方が美味しいと判明した。そもそもシュークリームではなくエクレアを選んでいる時点で、その人はチョコレートを欲しているハズ。そのチョコレートをダイレクトに感じるのだ、美味しいに決まっている。

さらに、やきそばパンでも「ひっくり返して食べると美味しい理論」は通用した。やや食べにくさはあるものの、味の濃い焼きそばが先に来た方がパンチを感じるのは当たり前である。有能……実に有能なテクニックだ。


・エクレアとアイスクリームはオススメ

もっとも驚いたのは「アイスクリーム」で、これは “発見” と言っても過言ではあるまい。いつもの方式と交互に試してみると、普段なら気にならないスプーンを邪魔に感じるから不思議だ。もし、スプーンをひっくり返してアイスを食べている人がいたら「デキル……!」と思っていいだろう。


個人的にオススメは「エクレア」と「アイスクリーム」で、寿司に関してはちょっとした工夫も必要だと感じた次第だ。とはいえ本当に簡単なテクニックだから、興味がある人はぜひ1度試してみてはいかがだろうか。

参考リンク:Twitter@oki_soroe
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【漫画】「寿司を上下ひっくり返して食べたらメチャメチャ美味しかった話」が絶対に試してみたいヤツ

どうせ同じものを食べるなら、できるだけ美味しくいただきたいもの。ちょっと調味料を加えるだけでいいならそうするし、温かいうちが美味しいなら早めにいただく。今回ご紹介するのは、それらと同じ「ちょっとした心がけで料理が美味しくなるテクニック」である。

そのテクニックとは、料理を「上下ひっくり返して食べる」というもの。本当にたったそれだけで料理が美味しくなるのか? イラストレーターのオキ エイコ(@oki_soroe)さんが公開した漫画『寿司食べる時って、どう食べる?』によると……。

・そのまま食べるより…

あなたはお寿司を食べる際、寿司をどのようにして口に運ぶだろうか? おそらく記者も含め多くの人は「シャリ下 ネタ上」の状態ではなかろうか? つまり、提供された状態をそのまま口に運んでいる人が多数派のハズだ。

漫画を公開したオキさんも、つい先日まではそのように食べていたそう。だが知り合いに「寿司ネタが舌側にくるように食べると味が全然違うよ」と教えてもらい試してみたところ……「めちゃくちゃウマい!」と感じたとのことである。

要するに「味覚は舌で感じるものだから、舌側にネタがきた方が美味しく感じる」という原理のようだが、まさかこんなシンプルな方法で食べ物が美味しくなるなんて……! 手間なんてほとんどないも同然だから、これは1度試す価値があるのではなかろうか?


・お寿司以外にも

オキさんによれば寿司以外にも「エクレア」「プリングルス」「スプーンで食べるアイス」なども上下ひっくり返して食べるとさらに美味しいそうである。どれも簡単なので、近いうちに当サイトでも検証を行う予定だ。

なお、オキさんはTwitterやInstagramで育児漫画などを公開しているから、興味がある人はぜひチェックしてみて欲しい。そして何より1度、寿司などをひっくり返して食べてみてはいかがだろうか?

参照元:Twitter@oki_soroe
イラスト:オキ エイコ , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24