天井高3m、旅館みたいなインナーテラスも…個性的な間取りの団地リノベ

床と壁にタイルを使い、レトロな雰囲気に仕上げた天井高3mのダイニング

夫婦ともに団地での暮らしに憧れがあり、運よく希望の団地物件を購入することができたMさん夫妻。インナーテラスを介して外からの光がたっぷり届くリビングダイニングは、天井高が3mもある広々とした空間です。

団地の個性を生かしながら、回遊性の高い間取りを実現し、レトロモダンな雰囲気にリノベーションしたMさん宅をさっそく見せていただきましょう。

室内に60㎝の高低差がある個性的な物件をリノベ

室内に60㎝の高低差がある

玄関ドアを入って室内へと進んでいくと、60㎝ほどの段差を下りるステップが現れます。団地の1階に位置するM邸は、室内に高低差があるユニークな住まいです。

ステップを下りるとLDKが広がり、リノベで天井板を外したことで3mもの天井高を満喫できる空間になりました。

ゆるく間仕切りしたフリールームとつながる、タイルカーペット敷きのリビング

ステップを下りてすぐのスペースは、床にタイルカーペットを採用したリビング。風通しを考慮して、奥の個室はチェッカーガラスの室内窓で仕切るだけにしています。

柱の間のくぼみを利用してCDラックとオーディオボードを造作したリビングの一角

リビングの壁の1面には、柱の間のくぼみを利用してCDラックとオーディオボードを造作。建具などと同じグレーの塗装で仕上げて統一感を出しました。

玄関からの冷気や視線をカットできるように、LDKの入り口にカーテンを設置

玄関からの冷気や視線をカットできるように、ステップのあるLDKの出入り口部分にはカーテンを設置。ソファ背面側の壁はマグネット塗装で仕上げました。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫38歳 妻43歳 長男5歳

▼リノベを選んだ理由
それまでは賃貸マンションに住んでいたが、子どもの誕生とともに自分たち仕様の家が欲しいと思うように。夫婦ともに団地に思い入れがあり、団地物件をリサーチする過程で、好みにぴったりだったリノベーション会社・リボーンキューブの施工事例を発見。団地物件の購入が決まると同時に同社にリノベを依頼した

▼住宅の面積やコスト
専有面積/83.82㎡ 物件価格/1800万円 工事費/1200万円(税、設計料込み)

ダイニングキッチンは開放感たっぷりのレトロモダンな空間

インナーテラスと大容量の収納スペースに面したダイニングキッチン

床を大判タイルで仕上げたダイニングキッチン。隣接するインナーテラスはチェッカーガラスの3枚引き戸で閉め切ることができ、採光しながらテラス側から伝わる冬の冷気を遮断できます。右手の黒い引き戸は収納スペース。

旅館の広縁をイメージした、ダイニングキッチン隣接のインナーテラス

「旅館の広縁みたいなスペースが欲しかった」という夫の希望で設けたインナーテラス。夫がのんびりくつろいだり、妻が仕事をしたり、多目的に使っています。

業務用のキッチンにあたたかみを添える木製の食器棚

仕切りの少ない開放的な空間にするため、キッチンは壁付けに。クールな業務用キッチンを選びましたが、レトロな食器棚や壁&床のタイルでぬくもりも感じられる空間に仕上がっています。

ダイニング横の収納内部は、ぴったりサイズのシェルフで整理整頓

ダイニング横の収納は、ぴったりサイズのシェルフを使って整理整頓。「大容量なので収納はここだけで十分。逆にここに入らないほどモノを増やさないようにしています」と夫。

素材にこだわりながらシンプルに仕上げた水回り

木製ハンドルの水栓やモザイクタイルなど、細部にこだわった洗面室

高低差のあるM邸の「高い場所」にある洗面室。奥の引き戸はトイレで、右手には浴室がつながります。

壁付けにした実験用シンク、木製ハンドルの水栓、モザイクタイルなどを採用して、シンプルな中にも個性が感じられるスペースに。

在来工法で仕上げた、馬目地タイル貼りの浴室

ユニットバス不可という団地の規約により、浴室は在来工法で仕上げました。タイルを馬目地貼りにした壁やホーローの浴槽などを組み合わせて、レトロモダンなテイストに。

落ち着けるように壁を紺色の塗装仕上げにしたトイレ

塗装仕上げの壁はほぼ白を選んだM邸ですが、トイレだけは紺色に。ダークトーンでまとめることで、落ち着いてこもれる雰囲気を演出しています。

寝室からオープンな下駄箱がある玄関を見たところ

玄関横の子ども部屋は、現在は家族3人の寝室として使っています。いずれ夫婦の寝室にする可能性も考えて、内装はシンプルに。

ドアを開けるとリビングまで見通せる玄関

床下と壁に断熱材を入れたり、外壁側の壁に特殊塗装を施したりして、1階の物件の悩みどころである結露&カビ対策も万全におこなったM邸。

室内環境が高まり、間取りの工夫や高低差の活用で開放感も満点。理想だった団地での暮らしを満喫しています。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取り図

リノベーション前

リノベーション後の間取り図

リノベーション後

設計・施工/リボーンキューブ
京都を中心にリノベーションの企画・設計・施工を手掛け、代表の荒井弘さんがデザインを担当。不動産の売買・仲介もしており、中古物件探しからプランニング、住宅ローンの斡旋、アフターサービスまでトータルにサポートする。 IKEA キッチンの正規取扱店でもある

撮影/飯貝拓司 ※情報は「リライフプラスvol.25」取材時のものです

Source: 日刊住まい

実家の2~3階をリノベして移り住む。家族を近くに感じるLDKに

階段のあるLDK

夫の実家である鉄骨3階建ての2~3階部分を、家族4人でのびのび暮らせる空間にリノベーション。オーダー家具やキッチンの設計などを生業とする夫が、家具だけでなく階段まで製作を手掛けています。階段のあるLDKや広いテラスなど、戸建てならではのゆとりを感じる住まいになりました。

家族を近くに感じられるLDKに

階段のあるLDKでくつろぐ家族

スケルトンにして断熱材を入れるところからスタートしたS邸のリノベーション。妻は「家族の気配を感じられる住まい」を希望し、以前は廊下にあった階段をLDKの内部に移動。外出や帰宅をした家族の様子を感じられるような間取りにしました。

さらに、リビングダイニングでは中央にキッチンを配置することで、家族がどこにいても様子が分かるように。

リビングの中心に配置したキッチン

Ⅱ型のキッチンはレンジフードを吊り棚に収めてスッキリとした見た目に。アイランドのカウンターと五徳の高さを合わせるなど、妻にとっての使いやすさが追及されています。

オーク無垢材を使ってキャビネットを夫が造作

リビングダイニングの床は、1枚あたりの幅と長さを通常の2倍のサイズで特注したオーク無垢材を張りました。テレビボードや床置きエアコンの目隠しを兼ねるキャビネットも、オーク無垢材を使って夫が造作し、統一感をもたせています。

リゾートホテルのアウトドアリビングのような雰囲気に仕上げたテラス

リビングにある木製の大きな窓を出ると、開放的なテラスに出ます。夫は今回のリノベーションで「広々としたテラスを有効活用すること」を最も重視。デッキを張り直し、特注のオーニングやグリーンを設置して、リゾートホテルのアウトドアリビングのような雰囲気に仕上げました。

親戚を招いてバーベキューをしたり、子ども達がビニールプールで遊んだり、夜には風を感じながらお酒を楽しんだりと、戸建てならではのスペースを楽しんでいます。

【この住まいのデータ】

▼家族構成
夫(38歳)、妻(34歳)、長男(5歳)、次男(2歳)

▼リノベーションをした理由
以前は夫の職場から車で10分ほどの賃貸住宅に暮らしていたが、職場の隣に建つ実家の2~3階が空いていたので、リノベをして移りすむことに。

▼住宅の築年数
築28年(平成2年築)

▼住宅の面積
延床面積/130.71㎡

玄関横には植物いっぱいの書斎を

夫の書斎に面した玄関

玄関正面のガラスの向こうには夫の書斎を設けました。シューズクロゼットにするには狭く、どう使おうか迷ったのだそう。「結果的に趣味の空間にして大正解! 今ではグリーンを育てる場所として活躍しています」と夫。

ガラス窓で仕切った書斎

書斎と玄関の間をあえてガラス窓にすることで、明るく開放的な空間になっています。

家具職人である夫造作の階段

また、玄関からは扉などの仕切りなしでLDKへとつながります。夫の造作した階段は、華奢な2本のポールで踏み板を支え、まるで宙に浮いているかのようなデザイン。

ローラー漆喰の階段横の壁

階段の壁は一面にローラー漆喰を塗り、コテで抑えることで豊かな表情に。「2階から3階にのびるこの壁で、パブリックとプライベート空間を緩やかに分けました」。

空間がたっぷりある戸建てだから、水まわりもゆったり

二種類のタイルを貼ったトイレ

水まわりは1階にまとまっています。トイレは表情の異なる2種類のタイルを壁と床に張りました。上部の鏡の内部は収納になっていて、トイレットペーパーなどがスッキリ片付きます。

洗面脱衣室横の家事コーナー

洗面脱衣室の一角には、妻のための家事コーナーを造作。「ここで洗濯物を畳んだり、お化粧をしたり。水まわりを回遊できる動線と合わせて、家事や暮らしがとてもスムーズになりました」と妻は話します。

ワイドな洗面台

洗面と家事コーナーの位置を逆にするか迷いましたが、夫が実際のサイズをスケールでシュミレーションし、より洗面台が広くなる現在の位置を選びました。

兄弟のための3階も、2階とつながりもたせて

広々としたカウンターデスク

3階に上がると、階段を見下ろせる位置にワイドなカウンターデスクがあります。長男と次男のためのワークスペースで、階段に面した壁をオープンにすることで、上下階でお互いに気配を感じられます。「下階への音の問題を心配しなくていいのも戸建てならではの良さですよね」と妻。

また、デスクの後ろ側には、兄弟それぞれの収納スペースも確保されています。

将来仕切れる子ども室

大きなクロゼットのある子ども室は、将来2つに仕切れるように計画しました。現在は三角屋根をそのまま天井として貸し、開放的な空間に。収納の上もオープンにできるのは鉄骨造ならでは。光と風、声がすっと通り抜けていきます。

子ども用の本棚

窓際には兄弟のための本棚も造作しました。小学校に通うようになったら、教科書やノートがずらりと並ぶ予定です。

大きな木製のはき出し窓

たっぷりと広さのある空間に、家族の居場所や植物が生き生きと育つ場所をつくり、どこにいても光や風を感じられる住まいになったS邸。「テラスのグリーンをきっかけに、観葉植物を育てるのにもハマってしまって。今ではいちばん日当たりのいい書斎が温室状態になっています」と夫は笑います。

間取り(リノベーション前後)

リノベーション前の間取図

リノベーション前

リノベーション後の間取図

リノベーション後

※情報は「リライフプラスvol.33」取材時のものです
設計/安江怜史建築設計事務所
撮影/水谷綾子

Source: 日刊住まい