家族間の生活のズレが解消。寝室を第二のリビングにしてみた

筆者宅は、夫、13歳、11歳の子どもの4人家族。住まいはハウスメーカーで建てた3階建て3LDK(約100平米)です。

子どもの成長と共に顕著になってきた「生活スタイルのズレ」をどのように解消したかをご紹介します。そのカギを握るのは、長い間納戸状態だった和室を昨年大改造した寝室でした。

くつろぎたいときにくつろぎげない

子どもたちが大きくなるにつれ、従来なら親がくつろいでいた時間帯に宿題や勉強をすることが増えてきました。

子ども部屋もあるので、そちらで勉強をすれば問題ないのですが、子ども部屋だと他のことに目がいってしまって勉強がはかどらないタイプのため、今でもダイニングテーブルで勉強をしています。

一方夫は帰宅してゆっくりテレビを観たい時間帯。くつろぎたいときにくつろげないという事態が生じていました。

テレビがあるLDK

そこで夫婦の寝室にテレビを置くことを検討してみました。

フルオーダーのベッドサイドにテレビを設置

ベッドをオーダーした際もそのことを念頭に置き、片側にはサイドテーブル代わりのスツールとテーブルランプをベッドと共に発注しましたが、もう一方は家にあったワインラックの台をテレビ台として使うことにしました。

ベッドサイドのテーブルランプ

寝室にテレビを置いた効果

寝室に合うサイズのテレビを探し、外付けのハードディスクも設置したので予約録画も完璧です。夫はいつの間にか子ども達が使わなくなったゲーム機を寝室に移動させ、ゲームも楽しんでいる様子。

結果として、寝室がもう一つのリビングとして機能するようになりました。家族がそれぞれの時間を有効に使うには、筆者宅ではとても良い選択だったと考えています。

寝室がもうひとつのリビングに

モノを厳選し心地よい空間に

沢山のモノを処分、整理して得た部屋なのでこれから新たに置くモノは慎重に選ぶようにしています。

そんな寝室に選んだ壁掛け時計は、デンマークのデザイナー、アルネ・ヤコブセンのCity Hall Wall Clockです。

アルネ・ヤコブセンのCity Hall Wall Clock

単調になりがちな白い壁に、ブルーグレーの文字盤とブラウンのフレームが絶妙な色合いが良いアクセントになっています。以前から持っていたスタンドライトと共に、大好きなコーナーになりました。

アルネ・ヤコブセンのCity Hall Wall Clockとスタンドライト

家で過ごすことが求められている昨今、家族がストレスなく思い思いの場所で寛くつろげるスペースづくりが一層必要になってくると考えられます。家を整えることで得られる新たな発見があるかもしれません。

Source: 日刊住まい

【衝撃】アニメ『名探偵コナン』がYouTubeにて無料配信スタート → 何気なく第1話を見ていたらストーリーよりも〇〇にビビった話

もはや国民的アニメと言ってもいい『名探偵コナン』シリーズ。去年公開された映画『紺青の拳』は93億円を超える興行収入を叩き出しており、その人気はいまだ止まることを知らない。

また、2020年1月14日には公式YouTubeチャンネル『【アニメ】名探偵コナン公式』が新たに開設され、テレビアニメ第1話から218話までが順次、無料配信されている。そこで何気なく1話を見てみたところ……ストーリーよりも作中に登場する “ある物” に衝撃を受けてしまったのでお伝えしたい。

・コナン1話を見る

記念すべき第1話『ジェットコースター殺人事件』を再生すると、ザ・ハイロウズによるオープニング曲が流れていきなり懐かしい気分になる。ああ、コナンって月曜の夜7時半にやってたよなぁ。『金田一少年の事件簿』と一緒にやってた時期あるよなぁ。月曜から物騒すぎるだろ、などなど。

他にも「初期の絵、キャラの耳デカすぎじゃない?」など思うことは様々あるのだが、中でも私(あひるねこ)が特に引っ掛かったシーンがある。それは動画を再生してから6分6秒が経過したあたりのこと。探偵・毛利小五郎が初めて登場する場面だった。

と言っても別に小五郎の声が今と違うとか、そういう話ではない。小五郎のデスクの上にある “ある家電” に目が行ってしまったのだ。そう、なんとそこには……。

ブラウン管テレビが置かれていたのである!

・衝撃

な、何だと……? 箱のように大きなボディ、そしてこの奥行き……。ていうか、大きい割に画面小っさ! 無駄な部分多ッ!! 間違いない……ブラウン管テレビである。

冒頭にも書いたように、『名探偵コナン』は現在もっとも人気のあるアニメ作品の一つだ。若い世代にも人気がある現役バリバリの選手だ。にもかかわらず、オーパーツの如きブラウン管テレビが当たり前のように描かれているという事実に、私は猛烈な違和感を覚えてしまった。

とは言え、この描写だけで判断してしまうのは早計というものだろう。ネットで調べてみたところ、毛利探偵事務所にはブラウン管テレビの他に、大きな液晶テレビが設置されているという情報もある。なるほど、これは私の考えすぎなのかもしれない……。

と思ったら次のシーンで、元太や光彦、歩美ちゃんが町の電気屋に並ぶブラウン管テレビをガッツリ眺めているではないか! いやいつなんだよコレ!! 何歳だよお前ら!

・混乱

この3人ってたしか、最近の映画でドローンとか操縦してなかったか? あまりの異次元渡航者っぷりにまるで理解が追い付かない私。だがそれもそのはず。『名探偵コナン』のテレビ放送が始まったのは1996年1月であり、つまり今から24年前なのだ。

ちなみに1996年というのは、初代ポケモンやたまごっちが発売され、安室奈美恵のファッションを真似たアムラーが出現する年でもある。……そりゃ見るわ。みんなブラウン管テレビ見るわ。ウチもそうだったもん。というわけで、よくよく考えたら不思議なことなど何もない、至極当然な話なのであった。

・実はあるある

こういった現象は、コナンのように長期に渡って連載・放送されている作品ではよくあることだ。例えば『花より男子』の原作では、最初はみんなポケベルを使っていたのに、途中からさも当然のようにケータイでやり取りをするようになる。年齢は変わらないため違和感がハンパないが、これもある意味、ヒット作の宿命と言えよう。

・コナンという怪物

それにしても、ブラウン管テレビの時代に始まった作品が、2020年においてもノスタルジー抜きの人気を保ち続けているというこの状況はちょっと凄まじいものがある。数年後、再びコナン第1話を振り返った時、未来の私はどのシーンの何の描写に違和感を覚えるだろうか。小五郎と同い年(38歳)になった自分を想像し、今はただ震えている。

参照元:名探偵コナンYouTube
執筆:あひるねこ


Source: ロケットニュース24

【衝撃映像】早く逃げて! 洪水のパキスタンを中継するレポーターのプロ根性がワールドクラス

どんな仕事であってもお金をもらうということは誠に大変なことである。それが、人が羨むような仕事であればあるほど実は過酷なものなのかもしれない。

この度そんなことを思わされたのは、ニュース番組のひと幕。洪水のもようを伝えるニュースで、スタジオから現地のレポーターに中継が繋がると……は、早く逃げてー

・衝撃映像

そんな衝撃映像が放送されたのはパキスタンのニュース番組『GTV News』だ。2019年7月26日にYouTubeの公式チャンネルで公開されたこの回では、パンジャーブ州で起こっている洪水について報じた。

スタジオの女性キャスターがニュースを伝えると、映像は現地へと切り替わる。そして、次の瞬間、映し出されるのは現地にいるレポーター。な・の・だ・が! え!? これ大丈夫!?

なんと映し出されたレポーターは洪水から頭のみが出ている状態。飲み込まれすぎだろ! 早く逃げてー!!

・魂のレポート

しかし、そんな状態にもかかわらず、マイクをなんとか水の上に出し現地のもようを伝え続けるレポーター。どうやら、この洪水はインダス川の水位の上昇によるものらしい。分かった! もう君の状態見て現地の様子十分伝わったから早く逃げてー!!

自分の身を顧みず、何よりも伝わるレポートをした彼の名は、アザダール・フセイン(Azadar Hussain)記者。そのプロ根性はワールドクラスだ。しかし、同時に職場環境について少し心配になってしまう。早く逃げた方がいい職場でなければ良いが。

参照元:YouTubeRTE News(英語)
執筆:中澤星児


Source: ロケットニュース24