【テレワーク】LINEの「グループビデオ通話」を使って、家にいながら会議をしてみた

昨日、社内チャットの社内連絡部屋にて、以下の指令が下った。

「新型コロナウイルスの感染予防のため、明日2/18(火)〜2/21(金)までは、原則、自宅作業でお願いします。」

なにげに弊社は決断が早い。とにかく今日から在宅ワーク。さようなら地獄のような満員電車。よし、部屋着のままで仕事するぞ……。

──と、うかれてばかりもいられない。「どうしても今日中に会議しなければならない案件」があったのだ。支払い関係なので、絶対に先延ばしはできない。さてどうしよう……と悩んだ末、使い慣れたLINEを使って会議してみた!

メンバーは、編集長である私(羽鳥)と、副編集長の和才と、編集部員の原田たかし。毎月この時期になると、この3人で会議室に閉じこもり、肩を寄せ合いながらデリケートな会議を行うのである。しかし今日は、擬似的な肩の寄せ合い。

まずはLINEで3人だけの部屋を作り……

「ビデオ通話」ボタンを押すと……

\パッ、パッ、パッ/

──と画面が3分割になり……

もう顔を見ながら普通に話せる〜〜\(^O^)/ つまり、「グループを作ってビデオ通話ボタンを押すだけ」である。

ちなみにこれ、今回の会議の参加者は私を含めて3人だけたが、なんと最大200人まで同時に参加できるという。ただし画面に表示される顔は4人までで、それ以上になるとアイコン表示になるみたいだ。

んで、パソコンの横にiPhoneを置きながら……

時に笑い……

時に悩み……

時に意見し……

まるでいつもの「会議」のように……

約1時間ほど会議をしてみたが、個人的には「バリバリ使える」と思った次第。いちおう和才と原田にも感想を聞いてみたが、「ぜんぜん普通に会話も聞こえます」や「そりゃ実際に会って話したほうが良いに決まってますが、これでもイケるっつったらイケますね」と合格点。

もちろん、もっと会議などに適したサービスやアプリケーションは星の数ほどあるだろう。しかし、それらを導入したりマスターするのが面倒な人は、使い慣れたLINEの「グループビデオ通話」だけでも事足りると私は感じた。選択肢の一つとして頭に入れておくと良いかもしれない。

参考リンク:LINE公式ブログ「グループビデオ通話機能」
Report:GO羽鳥
Photo:RocketNews24


Source: ロケットニュース24

ビッグエコー全店で利用可能なテレワークサービス『オフィスボックス』を使ってみたら、快適すぎて爆笑した!!

外出先で作業をする必要に迫られることがよくある。そんな時に私(佐藤)は、最寄りの喫茶店に駆け込んで作業に取り掛かる訳だが、運が悪いと全然進まない。たとえば、混み合っていて席が確保できなかったり、周りのおしゃべりがうるさくて作業に集中できなかったり。

喫茶店である以上、仕方がないと諦めていたのだが、もっとふさわしい場所があるといまさら気づいた! その場所とはカラオケボックスである。カラオケチェーンの「ビッグエコー」では、ノマドワーカー向けに1時間600円でテレワークサービスを行っていたのだ。さっそく利用してみたところ、快適すぎて笑った(笑)

・オフィスボックス

最近はカラオケボックスで歌を歌わない人が増えているそうだ。装飾の凝った部屋を用意していたり、フードを充実させるなどして、利用客の獲得に乗り出すチェーンもあるとのこと。そこで、カラオケで仕事できる環境を調べていたところ、ビッグエコーの「オフィスボックス」というサービスを知るに至った。

その名の通り、作業利用を目的とする客に提供している、部屋の時間貸しだ。1人利用の場合は1時間600円。以降30分ごとに300円。平日19時までの利用が可能となっている。

完全個室であることはもちろん、電源・Wi-Fi(利用客の自己責任)の利用が可能。コーヒーなどが飲み放題、別途料金を支払えば、フードのオーダーも可能だ。これらを予約なしで利用できるのも有難い。

・1人で使うには広すぎ!

ある日の昼間に最寄りの店舗を訪ねてみた。案内された部屋に入ると、1人で使うにはもったいないほど十分な広さ。もう、これだけで最高! 喫茶店で肩を寄せ合って周りの客に気を使うことを思えば、この空間を確保できただけで1時間600円の価値がある。

飲み放題のドリンクはドリンクバーから。種類はあるが、飲めるのはコーヒー・紅茶・ウーロン茶のみ。それでも全然問題ない。

HDMIケーブルをレンタルすれば、パソコンをテレビに接続することができる。ミーティングなどで大きい画面が必要な時に重宝するだろう。

私が個人的にもっとも評価したいのは、喫煙可能な部屋があること! これは助かる!! 今どき、どこに行っても喫煙環境は厳しいものがある。灰皿を脇において作業にいそしめるのはとても嬉しい! はかどる、めっちゃはかどるぞッ!

小腹が空いたら、内線コール1本で食べ物を届けてくれる。別料金とはいえ、自ら動くことなく調達できるのはとっても助かる。ちなみにこの時注文したのはテリヤキバーガーセットだ。税別340円でとってもリーズナボー!

・もう喫茶店に行けない

外で作業する機会の多い私は、価格設定高めの喫茶店に行くことが多い。席が広く、ファストフードよりも静かに作業に取り組むことができるからだ。しかし、これを知ってしまった以上、カラオケの利用が増えそうだ。なにより、個室である点は大きい。そしてもし近隣の部屋の音が多少うるさければ、自分の部屋で音楽を流せば気が散らずに済む。

ヘタしたら、高級喫茶店よりも安い金額で “快適” を手にできるかもしれない。ノマドワーカーたちよ、今のカラオケは侮れないぞ!

参照元:ビッグエコー
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24


Source: ロケットニュース24