【裏メニュー】サイゼリヤの「ディアボラ風スパゲティ」が神ウマ! サイゼでこんなウマいもん食ったことねえ!!

まず始めに断言してしまおう。サイゼリヤに通い始めて約25年、私、P.K.サンジュンはいまだかつてこんなにウマいメニューを食べたことがない。「1位に躍り出た」なんて甘っちょろいものではなく、私の中で「圧倒的No.1」にその料理は輝いた。

その名は『ディアボラ風スパゲティ』──。メニューには載っていないので “裏メニュー” ということになるが、この記事を読んだらすぐにサイゼリヤへ直行して欲しい。そして試してみて欲しい。狂おしいほどの激ウマ……いや、もはや “神ウマ” な『ディアボラ風スパゲティ』を……!

・サイゼリヤン登場

この裏メニューを私に教えてくれたのは、当編集部所属の自称日本最高レベルのサイゼリヤラヴァー「サイゼリヤン篠宮」だ。サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛された男と自負する篠宮が、突然私に「アーリオ・オーリオ」について力説してきたのだ。

アーリオ・オーリオとは、約1年前からサイゼリヤに登場しているパスタのことで、当然私も知っていた。なんと言っても価格は驚異の299円。具は無く、オリーブオイルと塩、ニンニクだけで味付けされた究極のシンプルパスタである。

とはいえ、メニュー表のアーリオ・オーリオを見ても「シンプル過ぎていまいち注文する気がしない」と私は思っていた。同じ299円ならば「ミラノ風ドリア」や「ペペロンチーノ」の方がそそられる人の方が多いのではなかろうか? そのことを篠宮に伝えると……。

「ウフフフ……。これだから素人は……。そうですか……。アーリオ・オーリオのポテンシャルに気付いていませんか……。ウフフフ……。いいでしょう……。サンジュンさん……。僕とサイゼリヤに行きましょう……。ウフフフ……」

篠宮は普段から感情の起伏が読めない男だ。だが心なしか、サイゼリヤトークだけはいつもより熱を帯びている……気がする。篠宮から誘われることも滅多にないので、ここはおとなしく篠宮と一緒にサイゼリヤに出かけることにした。

・アーリオ・オーリオだけを食べてみた

篠宮が注文したのは「アーリオ・オーリオ」と「トッピングディアボラ風ソース」である。少し前までディアボラはメニューに掲載されておらず、店員さんに直接言えば100円で注文できたが、現在ではメニューに載っている。ただし、ガーリックガルムソース付きで149円になっていた。

「ウフフフ……。そうなんですよ……。ディアボラが値上がりしちゃったんですよ……。それでもディアボラのクオリティを考えれば149円でも安いと思いますけどね……。ウフフフ……」

サイゼリヤを愛し、サイゼリヤに愛されていながらこの不気味さ。おそらく、篠宮が日本屈指の “ミステリアス系サイゼリヤン” であることは間違いないだろう。

それはどうでもいいとして、まずはさっそく「アーリオ・オーリオ」だけを食べてみることにした。その味わいはシンプルそのもので、決して悪くはない。というか、ウマい。毎日サイゼリヤで食事をするならば、1日くらいはアーリオ・オーリオを注文してもいい気がする。


ただし、ぶっちゃけ「物足りないな」と感じたこともまた事実。「飽きの来ない美味しさ」といえば聞こえはいいが、パンチ力の無さは否めない。そのことを篠宮に伝えると……。

「ウフフフ……。そうです……。それでいいんです……。ただ、まだアーリオ・オーリオの真の姿に気付いていないようですね……。それではアーリオ・オーリオにディアボラをのせてよく混ぜて食べてみてください……。ウフフフ……」

・衝撃のウマさ

おもむろにアーリオ・オーリオとディアボラを混ぜ始める篠宮。ポイントは「ディアボラが麺に絡むようによく混ぜること」とのことである。さっそく一口食べてみると……。

……。

…………。

………………!

うっまぁぁぁぁああああああああッッッ!!!!

なんだコレは……! さっきまでのシンプルなアーリオ・オーリオが、1ランク2ランク……いや、700ランクくらいレベルアップしてやがる!! ディアボラのウマさは十分に知っているつもりだったが、まさかこんなにウマいなんて……! ディアボラ風スパゲティ最高すぎるだろッ!!

特筆すべきはアーリオ・オーリオとディアボラ、どちらの良さも引き立っているということ。パンチがありつつ無限に食べられてしまいそうな飽きの来なさは、ちょっと他のメニューでは考えられない。マジのマジで、サイゼリヤ史上最高のウマさである!

「ウフフフ……。本来ディアボラは引き立てる側なんですが、アーリオ・オーリオと組み合わせることによって引き立てられる側になるんですね。ディアボラのポテンシャルを最大限に引き出す料理、それがディアボラ風スパゲティなんです。ウフフフ……」

・絶対に試して欲しい

これはスゴイ。本当にスゴイ。そして気付いた「アーリオ・オーリオはアレンジして食べるのが正解なのだ」と──。アーリオ・オーリオはシンプルだけに懐が広く、その可能性は無限大。もしかしたら今後、サイゼリヤの看板メニューは「ミラノ風ドリア」から「アーリオ・オーリオ」になるかもしれない。

とにもかくにも、体に電流が走るほど美味しかったディアボラ風スパゲティ。冒頭で約束した通り、今すぐサイゼリヤに駆け込んで欲しい。マ・ジ・で! いやいや、マ・ジ・で!! 最高にウマいからッ!!

参考リンク:サイゼリヤ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24