【ポケモンGO】伝説レイドに「デオキシス」が初見参! 対策ポケモンはコレだ!!

やあ、ポケモンGOトレーナーのみんな! 10kmタマゴを割りまくっているかな? お兄さんは普段7kmタマゴしか割らないんだけど、今回ばかりは7kmを捨ててるよ。なのに4日目にして初めて出たアンノーンがすでに持ってる「A」だったから死にそうになってるよね!

それはさておき、2019年9月10日から「ウルトラボーナス第2週」がスタートする。目玉は多いが、その中の1つが伝説レイドに初登場となる『デオキシス』だろう。この記事を読んでしっかり対策パーティを編成しておいてくれよな!

・2週目は9月10日から16日まで

怒涛のラッシュが3週に渡って続く、グローバルチャレンジのウルトラボーナス。まずはウルトラボーナス2週目のおさらいをしておこう。

・地域限定ポケモン「ケンタロス」「カモネギ」「ガルーラ」「バリヤード」が7kmタマゴからかえり、まれに色違いのすがたで出現
・「デオキシス」のすべてのフォルムが伝説レイドバトルに登場
・「デオキシス」とのバトルに有利なポケモンもレイドバトルに登場
・タマゴをかえすのに必要な距離が1 / 2

何はともあれ、2週目は「7kmタマゴ一択」であることはさておき、デオキシスの伝説レイドバトルも見逃せない。これまではEXレイドのみに出現していたデオキシスだが、高個体値のデオキシスを狙うならズバリこのタイミングだ。

なぜならデオキシスはミュウやセレビィと同じく「交換ができないポケモン」であり、高個体値は自力で何とかするしかない。次回以降のEXレイドには別のポケモンが出現する可能性が高いので、納得するまで伝説レイドをこなしまくろう。

さて、4つのフォルムが存在するデオキシスだが、全て「エスパータイプ」なので対策パーティは1つ準備しておけばOKだ。エスパータイプの弱点である「ゴーストタイプ」「あくタイプ」「むしタイプ」を中心にパーティを準備しておくべし。

デオキシス対策ポケモン

ギラティナ・オリジンフォルム(シャドークロー / シャドーボール)

バンギラス(かみつく / かみくだく)

マニューラ(だましうち / イカサマ)

ゲンガー(ふいうち / シャドーボール)

アブソル(バークアウト / あくのはどう)

ジュペッタ(シャドークロー / シャドーボール)

ハッサム(れんぞくぎり / シザークロス)

フォルムによってやや時間がかかる……などの違いはあるが、少なくともEXレイドで登場していたデオキシスは、そこまで強力ではなかった。ディフェンスフォルム以外は体感的に「3人いれば何とかなる」くらいの感覚だから、集まりが悪くても諦めずに挑戦してみよう。

とにもかくにも、2週目は「7kmタマゴを割りまくってデオキシスにアタックしまくる」これが基本だ。デオキシスを効率良くするゲットする方法はこちらの記事でも紹介しているから、ぜひ参考にして欲しい。それではトレーナー諸君の健闘を祈る!

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24

【ポケモンGO】EXレイドでデオキシスのスピードフォルムと実戦バトル! ゲットチャンスの難易度は……

2019年7月2日からEXレイドバトルにデオキシスのスピードフォルムが登場した。昨年のミュウツー以降に実装されると、ここまで3カ月に一度のペースでフォルムチェンジ。ノーマル → アタック → ディフェンスときて、いよいよラストのスピードが見参だ。

前回、堅守だったディフェンスは少人数だと攻略が難しかったが、スピードはどうなのか。そして一体どんな動きをするのか。当編集部は初日から一戦交えることができたので、まだ戦っていないトレーナーはぜひ参考にして欲しい。

・バトルの人数

さて、さっそくバトルからゲットチャンスまでの流れを説明しよう。まずバトル攻略の人数であるが、ズバリ2人でもいけそう……な気がする。というのも!

今回、14人での攻略だったのだが、ライフゲージがガンガン減って即撃破。ディフェンスフォルムこそだいぶ堅守だったが、体感的にはノーマルとアタックフォルムと同じく2人(レベル40大親友)で倒せそうだ。仮に開幕時刻に遅れて人数が揃わなかったとしても、誰か他のトレーナーと一緒なら問題ないだろう。

・ゲットチャンスの難易度は?

そしてゲットチャンスに関しては、結論からいうと優しいタイプだった。最近のレイドボスで例えるなら、カイオーガより簡単でグラードンよりちょっと難しいといったところか。

デオキシスのスピードフォルムは横の動きがない分、エクセレントでも当てやすい。他のポケモン同様、威嚇(いかく)してきた後を狙えば、より確実に捕獲できるはずだ。んでもって隙が生まれるのは、スト2の昇龍拳のごとく拳を天に向けてジャンプして着地した時!

View this post on Instagram

ゲットチャンスはラクショー

A post shared by 原田たかし (@haradatakac) on Jul 1, 2019 at 10:01pm PDT

その直後が無防備なので、タイミングを見計らってボールを投げればゲットは目前。ベテラントレーナーからするとラクショーだから、パイルのみでアメを強欲に狙ってもいいだろう。(逃げられても保証はしないけど)

View this post on Instagram

昇龍拳の直後がチャンス

A post shared by 原田たかし (@haradatakac) on Jul 1, 2019 at 10:02pm PDT

・次のEXレイドは?

以上がスピードフォルムの攻略だ。まだ話をするのは早いが、今回で最後のフォルムということで次のEXレイドバトルはどのポケモンが登場するのだろうか。また、7月12日から映画『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』が公開される。元祖EXレイドボスだったミュウツーに関わるイベントなどあるのか、そちらも注目したい。

Report:原田たかし
ScreenShot:ポケモンGO (iOS)


Source: ロケットニュース24