【デカ盛り】コストコ名物「巨大ミンチ肉2kg」をそのまま焼いてみた結果 → 夢のジャンボハンバーグが完成!! ウマくて便利で最高かよ!


何でも大きくてダイナミック! コストコ!! コストコには様々な名物商品があるが、皆さんは「巨大ミンチ肉」を買ったことはあるだろうか。牛肉:豚肉=7:3、赤身80%。100g100円チョイとリーズナブルで、1パックだいたい2kg~で販売されている。

きっと多くの人は誰かとシェアしたり、冷凍して少しずつ食べていると思うが、こんな肉塊を目の前にしたらこんな欲望が湧いてはこないだろうか? これで巨大ハンバーグを作りたい。このままドカっと焼いたらどうなるんだろう? 

・コストコ肉の巨大ハンバーグ、こうやって作りました!

気になったら善は急げ! 早速作ってみよう! さあ、肉をそのままフライパンにドカっとのせて焼いちゃうぞー!! 


……しかし、ここで問題が! この厚み、どう考えてもフライパンで火が完全に通るとは思えない。というか、フライパンからハミ出す勢いだ。

じゃあオーブン?

しかし練ったり成形していない肉をいきなりオーブンで焼くと、表面がボロボロしそう。そこで表面だけフライパンで焼き、中はじっくりとオーブンで焼くことにした! 実際の方法は以下のとおり。

【作り方】

1.オーブンを170℃に予熱。待っている間に油をしき熱したフライパンに、パックからダイレクトに肉をIN! 表面を焼く。ひっくり返す際に崩れないように慎重に。

2.肉の表面が色づいたところで、オーブンへGO! じっくりと焼く。中まで火が通ればOK。

──以上である! 見た目も調理法もシンプルで豪快。気分はすっかり「BBQ Pit Boys」のようなアメリカ人キャンパーだ。

・焼き時間の目安は30~40分

さてオーブンの焼き時間は様子を見ながら加減していただきたい。我が家の場合、まず現役生活12年目のヘルシオで25分焼いてみたところ、表面はいい感じ!

切ってみると閉じ込められていたお肉の香りが飛び出し、赤い肉汁がジュワァァァァ~ッ!!!! 美味しそう……!


しかしそれはローストビーフだったら、の話である。これはミンチ肉……アカン、これはアカン……


さすがに、ひき肉を赤いまま食べるのは怖い。ということで、さらに20分オーブンで焼きベリーウェルダァァァァン! 合計45分焼くことで中までしっかりと火を通したのだった。

・メリットしかねええええ!!

さっそく家で出したところ子供は「お肉ケーキ!」と大喜び。ビジュアルは完璧だ。

さて肉100%の巨大ハンバーグの味はというと……ギュムッと歯ごたえ十分! そして肉の味わいがダイレクトに伝わってくる。混ぜ物がない分、一般的なハンバーグよりヘルシー。また脂がない分ステーキよりアッサリしている。これって、糖質制限にもいいんじゃないか? 

1回で2kgの肉はそう食べきれるものではない。残りは1センチくらいにスライスして冷蔵、もしくは冷凍保存しておくといいだろう。温めてハンバーグにして良し、パンにはさんでサンドイッチにしてもよし、きざんでカレーに入れてもいい。食べ方はいろいろだ。

巨大ハンバーグを作ってから食べきるまでの数日間、ご飯の支度が超ラクチンだった……巨大ハンバーグ、バンザァァッァイ! 調理も簡単だしメリットしか感じない!!

ただ保存期間が長くなるとどうしてもパサついてしまう。でも大丈夫! 煮込み料理に使うと弾力が復活するので最後まで美味しく食べることができる。どうぞお試しあれ♪

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【メガ盛り】サービスエリア最強レベル「とん丼 筑波山」はデカ過ぎ注意! 常磐自動車道「友部SA(下り)」

高速道路のSA・PA(サービスエリア・パーキングエリア)は、ただの休憩所ではない。地域の特色を生かした「グルメ」や「土産」に出会えるテーマパークである。ドライブ中に「次のSAは、施設が充実してそうだから休憩するか」と予想するのも楽しみの1つだ。

この前は、常磐自動車道を走行中に、ナビに表示された「友部SA(下り)」がなかなか良さそうなオーラを漂わせていた。腹も減ったし小休憩したい……ということで、サクッと立ち寄ってみたところ、どんでもないバケモノグルメが待ち構えていたのである!

・炙り焼 丼・どん

予想どおり、友部SAはレストラン・土産コーナーはもちろん、ガソリンスタンドもスタバもある “良い感じ” のサービスエリアだった。シックな外観は「武家屋敷」をイメージしているらしい。よしよし……それでは、空腹を満たすためにフードコートへGO!

その直後だ。フードコートに入ってスグに、おそろしいオブジェが目に飛び込んできた。「炙り焼 丼・どん」のカウンターにある超特大どんぶり……「実物とは異なります」とは一応書いてあるものの、衝撃的なデカさである。挑戦者続出のデカ盛りグルメなのだとか。

・とん丼 筑波山

商品名は「とん丼 筑波山(1700円)」。茨城県のシンボルである筑波山をイメージした総重量約1キロのどんぶりだ。並盛が肉6枚なのに対し、筑波山は肉16枚とのこと……あとは実物を見て確認すればいいだろう。つまり、もう「食べる」と決めた。食券購入ゥゥゥ!

約10分後、モニター画面に「食券番号」が表示された。完成である。カウンターで料理をササッと受け取り、目立たない席を確保。あらためて実物を見てみると……

デ、デケェェェ……

さすがにオブジェほどの迫力は無いが、豚バラ肉が高くそびえる姿は筑波山そのもの。それにしても、小休憩レベルで立ち寄ったサービスエリアで、こんなバケモノと一戦交えることができるとはな……。

・金賞どんぶり

さっそく食べてみたところ……う、うっめぇぇぇ~~! 県内でも名産地として知られる行方市(なめがたし)の豚肉を、焼きたてで豪快に「どんぶり飯」でガツガツできる! 網焼きで焦げている部分は香ばしく、甘口タレとのコンビネーションで食欲は最大限まで引き出されますぅぅぅ。

──と思ったのは、豚肉9枚目くらいまでだ。いくら空腹でも16枚はちょっと……おそらく大盛(肉8枚)にしておけば、満足度はMAXだっただろう。中盤からは完全に修行モード。無表情でパクリ、パクリ。いやもう、筑波山デカ過ぎィィイイイイイーー!!

ちなみに「炙り焼 丼・どん」は、第3回全国丼グランプリの「メガ盛り丼部門」で金賞を受賞したらしい。食後はマジで1歩も歩けないレベルで満腹になったぞ。ただ、サービスエリアの金賞グルメ、レア度が高くて良かったと思う。

とにかく、友部SA(下り)には筑波山がある。デカ盛りグルメが好きな方は、ぜひ覚えておいてほしい。小休憩をするはずが、食後さらに休憩することになるとは……おそるべし筑波山。次回は絶対に「並盛を注文する」と決めて、サービスエリアを出発した。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

名称 炙り焼 丼・どん
住所 茨城県笠間市長兎路1051-3 常磐自動車道下り線友部SA内
時間 7:00~22:00
休日 年中無休

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【デカ盛り】1kgの山盛りチャーハンとトリプルカツの衝撃! 人気洋食店が繰り出す「メガピネライス」に挑む / キッチン ゴン 京都六角総本店

「いくらでも食べられそう!」美味しいものを食べたときに言いがちなセリフだが、デカ盛り料理にチャレンジしたことがある人は知っているはずだ。いくら美味しくても無限に食べ続けることなどできないということを……。

しかし、それでもなぜか挑戦したいと思ってしまうのがデカ盛り料理。今回は京都の人気洋食店・キッチン ゴンで提供されている「メガピネライス」を紹介しよう。大量のカツとカレーがトッピングされた山盛りチャーハンの登頂に挑むっ!

・ありそうでなかった?

京都市内に3店舗を構える洋食店・キッチン ゴン。こちらの看板メニューが、チャーハンの上にポークカツとカレー(or デミソース)をトッピングした「ピネライス」だ。

チャーハン、カツ、カレーという誰もが好きな料理が一堂に会した「ありそうでなかった組み合わせ」が人気で、京都市内ではちょっと名の知られたローカルグルメとなっている。

3店舗のうち、デカ盛りの「メガピネライス」が提供されているのは京都六角総本店のみ。前日の夕飯を抜いて、万全のコンディションで店頭へと赴いた。

・メガピネライス登場!

「チャーハン1000g + トリプルポークカツ + カレー」のメガピネライス(1290円)を注文する。ぶっちゃけ通常サイズでも十分満足できそうな気はするが……。

待つこと10数分、ついにメガピネライスが姿を現した。

机に置かれた瞬間に「ズン」と鈍い音が響く。メガの名に恥じない堂々たる体躯だが、大きめのプレートに盛り付けられていることもあり、標高は思っていたほど高くない。これは意外にイケるか?

とりあえず一口食べてみる。衣のクリスピーさが際立つカツは「あ~洋食屋のカツだな」と思わせる食感で、まさにトンカツというよりポークカツ。カレーとチャーハンの味も文句なしだ。いくらでも食べられそう!

・死亡フラグは突然に

経験上、デカ盛り料理はスピード勝負だ。満腹中枢が一度刺激されてしまうと、ピタッと手が止まってしまう。その前に大勢を決しておく必要がある。

スタートダッシュを決めるべく、無心でスプーンを持つ手を動かす。15分ほどで半分以上を平らげた。野球でいうと7回表くらいまでは来たはずだ。しかし、それは急にやってきた。

胃袋が発する「満車」のサインが。

ここまで来ればあと少し。読者の皆さんはそう思うかもしれない。しかしチャーハンの山は標高こそ低いものの密度があり、あと少しがしんどいのだ。

・最後の一押しは……

無念のギブかと思いきや、ここで強力な助っ人が登場した。それは卓上に置かれていた「サラダスパイス」なる香辛料だ。名前からして野菜にかけるものだと思われるが、なんとこれをチャーハンにかけて食べるとメチャクチャ美味しいではないか。

こいつの力も借り、なんとか完食した。どこで売ってるのか知らないが、サラダスパイス有能すぎるぞ。てなわけで今回のチャレンジは見事成功。美味しかったけど、今日は晩飯いらないかな……。

・今回紹介したお店の情報

店名 キッチン ゴン 京都六角総本店
住所 京都市中京区六角通高倉東入
時間 11時~22時
休日 水曜日

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

中華料理屋の裏メニューがまさかのカツカレー! → 食べてみたら中華風味の絶品だった……!

「裏メニュー」とは、なんと心が震える言葉だろうか。メニューには載っていない特別なメニュー。食べられるだけで特別感が得られそう。いつだって、秘められしものに魅力を感じてしまうのは人間の性(さが)と言えるだろう。

そんな魅惑の裏メニューが味わえるお店が、横浜中華街にあるという。中華料理屋さんで提供されているその裏メニューは中華料理ではなく、カツカレーらしい。本業ジャンルじゃないのがいかにも裏っぽい! さっそく食べに行ってみた。

・一見さんでもOK

横浜中華街にある中華料理屋「鳳林」で、噂の裏メニュー・カツカレーが食べられるという。

見た目は完全に中華料理屋さん。果たして本当にこのお店でカツカレーが食べられるのだろうか? 店内に入ってすぐにカツカレーがあるかを聞いてみると、メニューには載っていないが確かに提供しているという。しかも、一見さんでも注文OKだそう。やった〜!

カツカレーには小・中・大と3サイズあり、価格は全サイズ共通で950円。小で丼茶碗2杯分(1合程度)、中で1.5合ちょい、大だと2合ちょいあるそう。まさかのデカ盛り。中・大サイズは万一残してしまった場合、罰金があるという。大人しく小を注文すると、すぐにカツカレーが到着。小でもデカイ!

見た目は家で食べるカレー、といった感じだが、果たしてそのお味はどうなのか……いざ、一口。

おお〜っ、家庭的なカレーと思いきや、味に奥行きがある。辛味はしっかりと感じるけど、普通のカレーの辛さとはどこか違う。しかもカツが柔らかくて美味しい!

しかし、このカレーの不思議な旨味はいったい何だ……? どことなく中華を感じるような風味。しっかりとした味なのに複雑で、量があるのに飽きが来ない。むしろご飯が足りなく思えてくるぐらいだ。最高。

ちなみに、サラダとデザートがセットになっているので、辛いものが苦手な方でも舌を休憩させながら食べられるかも。

夢中になって完食し、このカツカレーの独特な美味しさの秘密を店員さんに聞いてみた。なんと、カレーにはお店特製のガラスープが使われているそうだ。中華っぽさの理由はこれか! コショウをたっぷりと入れているのもこだわりなんだとか。ごちそうさまでした。

・表メニューも美味しい

初訪問でいきなり裏メニューを食べてしまったが、表メニューももちろん美味しかった。カツカレーだけでなく、オススメメニューの1つ・アサリそばも絶品だった。

知る人ぞ知る裏メニューが美味しいお店は、表メニューも当然美味しいということか。今度行くときは裏をいくか表をいくか、確実に悩んでしまうだろう。

・今回訪問した店舗の情報

店名 鳳林(ほうりん)
住所 神奈川県横浜市中区山下町187
営業時間 11:00~21:00 (料理L.O. 20:30 ドリンクL.O. 20:30)
定休日 水曜日

Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【ジャンボ】横須賀名物「ジャンボチャーシュー麺」がジャンボ過ぎ! 黒船が引き返すレベルでジャンボ!

横須賀を代表するグルメといえば、もちろんカレーだ。海軍カレーパンなんか激ウマで、記者にとっては「学生時代の思い出の味」だったりする。しかし、この日はラーメン気分。横須賀に到着した瞬間、なぜかラーメンモード全開になっていた。絶対にラーメンが食べたい!

ということで、横須賀名物のラーメンを探していたところ、なかなか激しくヤバいやつを発見してしまった。その名は「ジャンボチャーシュー麺」。こちらよくある大盛りラーメンかと思いきや、運ばれてきた瞬間に思わず天を仰いでしまうレベルの超・超特大チャーシュー麵だったのである!

・上海亭

ラーメン気分MAXの記者が訪れたのは、京浜急行・横須賀中央駅から徒歩約5分の場所にある『上海亭』。店頭の案内によると、二段階で熟成させた自家製細麺がウリらしい。なるほど、よくわからないけど美味そうだ……とスルーして入店しようと思ったが、ラーメン気分を満たすために説明を頭に入れておこう。

どうやら、細麺に切り出してから麺を寝かせることで、小麦粉と水がよくなじみ、麺の中に含まれている空気が抜けて強いコシが生まれるそうだ。細麺でもコシがあり、のど越しも良いとのこと。よし、わかった……気がする。自家製細麺を思いっきり味わおうじゃないか。

・ジャンボチャーシュー麺

そんなわけで注文したのが、冒頭でお伝えした「ジャンボチャーシュー麺(900円)」である。地元で評判の大盛りメニューらしいが、900円なら “ちょうどいいサイズ” でやって来るだろう。と思っていたのだが、想像以上に……

ジャンボなのが来たな……

・ジャンボ過ぎ

威圧感ありまくり。両手でスープをすくって顔を洗えるレベルでジャンボである。マジかよ。マジなのかよ! いやでも待て……けっこう美味そうじゃないか? これはラーメン、ずっと食べたかったラーメンだ。気を取り直してモリモリいくぞ……!

・あっさり醤油味

食べる前にビビってしまったが、いざ食べてみると……あっさり醤油味だからけっこうイケる。思ったよりもイケる。昔ながらの懐かしい中華そばって感じで美味い。すっきりとした旨味が口の中に広がるな~。たしかに細麺はコシが強く、食べ応えありまくりだ。

いやしかし……麺が減っている気配がない。いわゆる普通のチャーシュー麺を食べるペースで麺とチャーシューを交互に食べ進めた結果、ビックリするほど麺が残っていることに気づいてしまった。麺が復活している可能性すら感じさせるほど減っていない。

・麺3玉分

聞くところによると、ジャンボチャーシュー麺には1玉約140グラムの麺が3玉入っていて、腹を空かせた地元の体育系学生たちが喜んで注文するらしい。たしかに900円でこのボリュームは神……だが、体育会系学生恐るべし。なんとか完食できたが、苦しくて死にそうである。

・次は絶対に……

学生時代はカレーパンばかり食べていたが、横須賀の街に、こんなにもジャンボなチャーシュー麺が潜んでいたとは……。おかげでラーメン気分は十二分に満たされたぞ、ありがとう上海亭。ただ、次に来る機会があれば、普通盛りを注文しようと思う

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 上海亭 横須賀中央店
住所 神奈川県横須賀市若松町1-4
時間 11:00~21:30
休日 火曜日

参考リンク:上海亭
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24