「首長の椅子」という名前をもつ「チーフティンチェア」

「首長」は、英語でいうと「チーフティン」。デンマークの巨匠、フィン・ユールによる名作椅子のひとつである「チーフティン・チェア」の名前の由来になっているそうです。

そんな堂々たる名をもつデザイナーズチェアについて、インテリアコーディネーターの深澤将さんに紹介してもらいます。

人間が社会を構成する過程

チーフティンチェア

「人間は社会的動物である」という言葉を、どこかで聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。「人はひとりきりで生きていくことはできない。周囲の人間との関係の中でしか生きていけない動物なのである」という意味です。

これは古代ギリシャの哲学者、アリストテレスの言葉とされています。アリストテレスは2400年近く昔に活躍した哲学者ですが、テクノロジーが発達した現代でもなお通じる考え方といえます。

そんな人間ですが、社会を形成するにはいくつかの過程をたどるという学説があります。

アメリカの人類学者、エルマン・サーヴィスはその段階を4つに分けました。
・血縁(親族だけの集団)
・部族(いくつかの親族が集まり、政治的権力の行使がみられる)
・首長制(大規模な集団。中央集権・官僚組織の萌芽がみられる)
・国家(堅固な政治権力によって統制された集団)

家族だけで始まった人間の社会は、徐々に近隣の家族にもに広がり、やがて政治的権力が生まれて大集団へ。そして規模が拡大したのが、私たちが現在暮らす「国家」という社会組織であるという、社会進化論の考え方です。

神聖視されている「椅子」という場所

チーフティンチェア

「首相の座につく」「社長の椅子に座る」という表現があります。日常で何気なく使う言葉ですが、私たちはどうやら「椅子に座る」ということに対して、何かしら畏怖の念を覚える傾向があるのかもしれません。

日本だけではないのです。『英国王のスピーチ』という映画をご覧になったことはあるでしょうか。

きつい吃りに悩む王のスピーチセラピストとなった、ジェフリー・ラッシュ演じるライオネル・ローグ。しかし、どうにも王のやる気が感じられない。
すると彼は急に、ある椅子に腰掛けます。それは「王の椅子」と呼ばれる、王以外は絶対に座ることが許されない神聖な椅子。

コリン・ファース演じるジョージ6世は「その椅子に座るな!」と、我を忘れて大激怒。これをきっかけに、吃りの治療にスイッチが入るというコミカルなエピソードが描かれます。

「椅子」というのは、やはり国が違えど神聖視されやすい場所のようです。

さて、先にご紹介した「人間社会の進化過程」のうち、3番目の首長制。この社会のトップの座にいるのは、その名の通り「首長」です。

「首長の椅子」という名前をもつチーフティン・チェアは、フィン・ユールが発表する三次曲面を多用した家具。シンプルで機能的なデザインが多かった北欧家具業界に衝撃をもって迎え入れられます。

のちに「家具の彫刻」と呼ばれ、遠目からでも一眼で分かる優美なデザインは現在でも唯一無二の存在です。

広すぎて落ち着かないかも?

チーフティンチェア

さて、このチーフティン・チェアの座り心地は? 一言で表現すれば、「すべてがオーバースペック」。

奥行きの深い座面、幅の広すぎる背もたれ。片腕を肘掛けに乗せたら、もう一方の腕は意識して伸ばさなければ反対側の肘掛に乗せられません。
どうあがいても、体と椅子の間に不可抗力的に空く隙間。なんとなくそわそわした気持ちになってきます。

しかし、ここで動揺するようでは首長の座はつとまりません。椅子の上で落ち着かなくモゾモゾ動くリーダーに、誰がついて行きたいと思うでしょう。

人間の体格に合わせたサイズ感を大きく超えた、チーフティンチェア。権力者の象徴に相応しく、ただ者ではない威圧感がたっぷり。
大勢の民を率いるには、威圧的でオーバースペックなこの椅子を、気後れすることなく座りこなせるくらいの肝っ玉は不可欠なのかもしれませんね。

CGイラスト・文 深澤将(インテリアコーディネーター)

【参考】
※『銃・病原菌・鉄』(ジャレド・ダイアモンド著、倉骨彰翻訳)

Source: 日刊住まい

「チャイナ・チェア」の出発点は明王朝官僚の椅子

北欧家具デザインの巨匠であるハンス・ウェグナーの出世作「チャイナ・チェア」。中国の明王朝時代の椅子に影響を受けてデザインされたものだといいます。

インテリアコーディネーターの深澤将さんにこの椅子の出発点となった明王朝、そして、チャイナ・チェアへとつながるストーリーを紐解いてもらいましょう。

ヨーロッパに先駆けて航路開拓を行った明王朝

チャイナ・チェア

チャイナ・チェアは「圏椅(クワン・イ)」と呼ばれる、明王朝の官僚が使用していた椅子をリデザインしたものです。

ところで「航海による新大陸の発見」と聞いてあなたが思い浮かべるのは、どこの国・地域の人々でしょう?
おそらく「ヨーロッパ」と答える方が多いのではないでしょうか。15世紀半ばに始まった新航路・新大陸発見の歴史は、大航海時代として広く知られています。

しかし実は、ヨーロッパ諸国よりも早く、はるか遠くの大陸にたどり着くほどの航海技術を獲得していた国がありました。
それが現在の中国、当時の明王朝でした。

故宮博物院

Jasmin Wang / PIXTA(ピクスタ)

1368年、初代皇帝の洪武帝の元に誕生した明王朝はさまざまな点で革新的な王朝でした。徴税のために戸籍・土地台帳をつくったり、現代の日本でも採用している一世一元の制(一代の天皇につき、ひとつの元号を定める制度)を導入したりもしています。

皇帝の独裁政治のもとに官僚制を敷き、トップダウンで強靭な国づくりをすすめました。その一環として、海外航路の開拓も行われます。

明王朝の最盛期と呼ばれる永楽帝の時代、鄭和(ていわ)という宦官が航海の指揮を命じられます。
1405年〜1433年にかけて7回にわたり、鄭和は船団を率いて航路開拓の旅に出ました。最終的には、インド洋を経てアフリカ大陸まで到達しています。

ヨーロッパにおける大航海時代の功績のひとつにヴァスコ・ダ・ガマによるインド洋への航路開拓がありますが、彼の生年は1460年頃。鄭和はガマが生まれるよりも早く、大陸の逆側からアフリカまでの航路を開拓していたのです。

オリエンタルで威光を放つ佇まいに注目が集まった

チャイナ・チェア

時は流れて、1943年。

デンマーク王立工芸美術館の春の展示会で、ひとつの作品が脚光を浴びます。優美な曲線と、どことなく漂うオリエンタルな香り。その佇まいは「気品」と呼べばよいのか、それとも「威光」のほうが適切か……。

その作品の名こそ、チャイナ・チェア。

17才で家具マイスターの資格を取得したハンス・ウェグナーは、20才の時に首都コペンハーゲンに移ります。工芸スクールでデザインを勉強し、市庁舎の建築プロジェクトに参加しながら腕を磨いていきます。

家具のデザインの方向性について、自分の道を模索していた30才の頃。デンマーク第二の都市であるオーフス市の図書館の蔵書で、ウェグナー はある椅子の写真を目にします。

それが明王朝の官僚が使用していた椅子「圏椅」でした。

木材を合理的に使い、軽くて丈夫。パーツごとの修理も可能。実用性が高いだけでなく、官僚に必要な威厳も兼ね備えていなければなりません。
「家具は日常生活の道具である」という信念のもとに工芸品としてのデザインも追求していたウェグナー は、圏椅のリデザインに取り組みます。そして生まれたのが、チャイナ・チェアでした。

ヨーロッパの大航海時代に先駆けて大海原に繰り出し、300年近く続いた明王朝。

まさか自分たちが座っているこの椅子が、20世紀の北欧家具デザインに多大なる影響を及ぼすことになるとは……。王朝の発展をささえた有能な官僚たちでさえ、想像すらしなかったことでしょう。

CGイラスト・文 深澤将(インテリアコーディネーター)

【参考】
※ 『Yチェアの秘密』(坂本茂、西川栄明著)

Source: 日刊住まい

あなたの知らないデザイナーズチェアの世界/LC4シェーズロング

小説や脚本で最も嫌われる手法のひとつが「ご都合主義」だといわれます。思い通りの方向に話を進めるために筋を無理やり捻じ曲げれば、口コミサイトには星1つのレビューがあふれることになりかねません。

ところが古代ローマでは様子が違ったそう。市民に好まれたギリシャ悲劇では、登場人物たちにさまざまな災難が降りかかり、もはやこれまで……というところで全知全能の神が登場。すべてを丸くおさめるという次第。ご都合主義の鑑のようなこの手法のことを「デウス・エクス・マキナ(機械仕掛けの神)」と呼びました。

時は流れて1929年。LC4と名付けられた寝椅子が注目を集めます。

芸術コンクールで注目を集めたLC4

LC4シェーズロング

LC4はフランスで開催された、サロン・ドートンヌで発表されました。デザイナーとしては、ル・コルビュジェを筆頭に、同じ事務所に在籍したピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンの3名が名を連ねています。ちなみにサロン・ドートンヌはただの見本市とは違い、芸術性が評価基準の展覧会です。

それもそのはず、近代絵画の巨匠と呼ばれるマティスやルオーが若かりし頃、サマリテーヌ百貨店をパトロンに始めたのがサロン・ドートンヌ。展覧会というより、芸術コンクールといったほうが的確かもしれません。

「新製品の発表に、芸術コンクール?」と思ってしまいますよね。製品としての椅子=芸術というのが直結しないのは、今の私たちの感覚でとらえているからかもしれません。コルビュジェはサロン・ドートンヌの常連でした。過去にも、先進的な都市計画案やビルの改装案で出展しています。

20世紀初頭は、スチールやガラスなどの新技術の登場によって、建築や家具のコンセプトが激しく揺れ動いた時代です。新たな発想や、それに基づく製品を発表するためには、芸術コンクールも適切な場だったのです。

それを差し置いても、この寝椅子。現代的な感覚から見ても、美術作品として発表されても違和感のないほど美しいプロポーションではないでしょうか。座り心地も申し分なく、腰掛けると降りるのが惜しく感じられるほど。

「休養のための機械である」とは?

LC4シェーズロング

この素晴らしき寝椅子について、コルビュジェ自身が評していわく「休養のための機械である」。「機械」とは、なんだか冷たい響きを感じませんか? 「もうちょっと他の言葉があったのでは……」と思うのが正直なところ。

しかし、これもやはり時代背景の違いといえます。「人間の寸法に合わせて物を設計する」という概念が、今よりずっと希薄な時代です。コルビュジェはモデュロールと名付けた独自の規格を用いて、合理的な設計方法を確立しようと奮闘します。

「なんとなくオシャレな感じ」ではなく、「美しくて使いやすく、その理由が論理的に説明できる」というのが彼の目指す設計でした。このように考えると「機械=装置」としてとらえたほうが良さそうです。

適切な場所に、適切な部品があり、期待した通りの効果が得られるというのは、家具の設計において革新的な概念だったのです。

現代にも響くデザイン哲学

LC4シェーズロング

そうそう、冒頭の、ギリシャ悲劇で使われた「デウス・エクス・マキナ」。「マキナ」はマシン(機械)の語源となるラテン語ですが、元々の意味は「装置」に近い概念です。神(の役をした人)を移動させるための舞台装置を指しました。ギリシャ悲劇は、そのご都合主義な一面にもかかわらず現代人を魅了してやみません。

発表から1世紀近くが経とうとしているLC4とそのデザイン哲学も、やはり現代の私たちに響くものがあります。言葉は、時代とともにその意味を少しずつ変えていきます。しかし、それは表層的なもの。感動や美しさという本質は、普遍的なのかもしれません。

※参考 
『デウス・ エクス・ マキーナ』
『マティスとルオー 友情の手紙』

Source: 日刊住まい

あなたの知らないデザイナーズチェアの世界/ラ・シェーズ

そもそも、椅子とはなんだろう。この椅子を見るたびに、根本的な問いが頭をよぎります。

その形は空に浮かぶ雲のようであり、深海に生息する貝のようでもあります。

緩やかな曲線と真ん中に空いた穴の具合は、サルヴァドール・ダリが絵画に配置したモチーフともそっくりです。おまけに色まで白。

いや、ちょっと待った。何かのオカルト写真でも見たことがあるような……。

そうだ、エクトプラズムだ。どことなくオバケのような、この世のものとは思えぬ気配がするのも納得です。

「ローコスト家具デザイン」がテーマだった!?

ラ・シェーズ

この椅子の名は、ラ・シェーズ。デザインしたのは、かの有名なイームズ夫妻です。

世間への初お目見えは1948年。ニューヨーク近代美術館(MOMA)主催のコンペティションへの出品でした。

すでに家具デザインの業界で名声を獲得していた夫妻による出品に、責任者は頭を抱えたに違いありません。

やはり、冒頭のような形而上学的問題で?

そうではありません。コンペティションのテーマが、「ローコスト家具デザイン」だったのです。

このデザイン、見るからにローコストでの実現は難しそう。

実際に、発表当時の技術では製作の難易度が高すぎて、製品化自体が見送られるという憂き目にあいます。

とてもローコストどころの話ではありません。

元ネタは彫刻作品

ラ・シェーズ

奇怪な形状のこの椅子には、実は元ネタがあります。

彫刻家であるガストン・ラシェーズの作品、「フローティング・フィギュア」です。興味のある方はぜひ調べてみてください。

ラ・シェーズがこの作品をベースにしているのは一目瞭然ですが、逆にこの彫刻を元に椅子をデザインしようと思いついたイームズ夫妻の鬼才っぷりに脱帽させられること間違いなしです。

ちなみにフローティング・フィギュアは7体つくられており、現在ではニューヨーク近代美術館をはじめ世界各地の美術館に所蔵されています。

フランスで生まれたガストン・ラシェーズは、独特の様式で生命力あふれる女性の肉体美を表現しました。

アメリカに渡って創作活動を続け、急性白血病のため1935年没。

その後の第二次世界大戦を経て、戦後初の展覧会が1947年にニューヨークで開催されます。

奇しくも、世は第二派フェミニズムと呼ばれる女性解放思想の勃興前夜。

男性主導の社会に疑義を呈し、女性による社会参画を推進していこう。そんな空気が醸造されはじめていた時代です。

女性の生命力を迫力たっぷりに表現した彼の彫刻は、時代の鼓動と呼応しあっていたのかもしれません。(ちなみにフェミニズムという概念も、ガストン・ラシェーズと同郷のフランス生まれです)

展覧会の翌年となる1948年、イームズ夫妻によるラ・シェーズが発表されます。

イームズ夫妻の茶目っ気が垣間見えるネーミング

ラ・シェーズ

ラ・シェーズという名前は、彫刻家ラシェーズに由来するのでしょうか。

もちろんそれもありますが、フランス語では椅子のことを、ずばりそのままラ・シェーズといいます。

つまりダブルミーニング。イームズ夫妻の茶目っ気が垣間見えるネーミングです。

加工技術の進歩でラ・シェーズが量産可能になり、一般向けに市販されたのはイームズ夫妻の死後のこと。

製品として世に出るのを見届けることはできなかったものの、生前のレイ・イームズ氏一番のお気に入り作品だったと言われています。

蛇足を承知で付け足せば、レイ・イームズは妻の方。

デザイナーだけでなく、アーティストや映画監督としても活躍しました。

女性による社会進出の先陣を切った彼女は、この椅子に座って何を想っていたのでしょう。

そんな空想に浸るのも、デザイナーズチェアの楽しみ方かもしれません。

 

CGイラスト・文 深澤将(インテリアコーディネーター)

【参考】
※ オーストラリア国立美術館
※ MoMA Art and artist
※ 九州産業大学芸術学部デザイン学科 椅子資料解説

Source: 日刊住まい