ニトリの木製トレーを在宅ワーク、家カフェ、アクセ置きに万能使い

ニトリの木製トレーにお菓子とドリンクをのせておやつをセット

ニトリ「木製トレー ウィロー」が、家じゅうで万能に使えて便利!仕事やくつろぎの時間、また、コロナ対策の手洗い習慣にまでひと役買う優れものです。1枚377円(税別)とプチプラなのも魅力!
整理収納アドバイザー2級のライターKumikoさんが、実際に使っている様子をレポートしてくれました。

ニトリの木製トレーで文具の整理。ペン立てより断然使いやすい

ニトリの木製トレーにペン、ふせん、クリップ、切手、SDカード、USBメモリをのせて在宅ワークツールをPC脇にセット

今回紹介するのはニトリ「木製トレー ウィロー」という商品。木目の色が淡いのが特徴です。サイズは25㎝×11㎝と子どもの筆箱サイズ。高さが1㎝程度のふちがあり、モノを置いて転がり落ちにくい設計です。

まずは在宅ワークで使う文具などの細々したものの置き場におすすめ。ペン立てでは取り出しにくく不向きだった、USBメモリやSDカードなどのデバイスや切手置き場にも最適です。

よく使うものは平置きにすると出し入れしやすく散らかり防止に繋がります。デスク周りの整理収納のコツです。未使用時はデスクに置きっぱなしにしても見栄えがよいのもうれしいポイント。
ダイニングテーブルなどで作業する場合は、終業後にトレーごと移動し引き出しなどへ収納すれば家でのオンオフのリセットがスムーズです。

木製トレーに置けば散らからない!ちょこっと裁縫やネイル時間にも活躍

ニトリの木製トレーにボタン付け用の裁縫セットをのせて散らかり防止に

ボタン付けなどのちょこっと裁縫にも木製トレーがあると便利。針山、ハサミとボタンなどの道具置きにすると、ボタンが行方不明になるのを防いだり、糸くずの散らかり防止にもなります。

ニトリの木製トレーにマニュキアセットをのせて散らかり防止に

また、筆者はセルフネイルのときにも木製トレーを使います。マニュキア、コットン、綿棒、除光液など細かなツールをトレーに置く事で床が散らからずにすみます。

時計やアクセサリー…、外出時に身につける小物セット置き場にも

ニトリの木製トレーに時計とアクセサリーをのせて外出時の小物をセット

コロナ禍で以前よりも習慣化されたことですが、帰宅後はすぐに手洗いをしたいため、時計やアクセサリーをトレーに一時置きしています。帰宅時だけでなく、外出時に身につける小物セット置き場にも使えます。

わざわざトレーに置く理由は、テーブルに直置きよりも見た目がスッキリして、他のものに重なり隠れ迷子になるのを防ぐためです。

1人分の菓子+ドリンク入れにぴったり。家カフェタイムが充実!

ニトリの木製トレーにお菓子とドリンクをのせておやつをセット

仕事の合間や家族との団らんに楽しみたいカフェタイム。木製トレーに1人分のおやつ1個とドリンクがちょうど収まります。
お皿代わりにおやつの下に紙ナプキン、懐紙、アルミカップなどを敷けば、トレーの汚れ防止になり洗い物が減ります。
また、在宅時間が長いとついおやつを食べ過ぎてしまいがちですが、トレーに載る分だけのおやつにすると、食べ過ぎ防止になります。

パン派、おにぎり派どちらもOK!朝食や軽食時に

ニトリの木製トレーにおにぎりとお茶をのせて朝食セット

あまり時間のないとき、ちょこっと食べたい朝食や軽食置きにもトレー使いがおすすめです。パンとスープやドリンク、おにぎりと汁物やお茶など食のジャンルを選ばずに使えます。

ニトリの木製トレーにパンとコーヒーをのせて朝食セット

画像のパンはコンビニパンですが、トレーに載せればキチンと感がでます。おやつ同様パンの皿代わりに紙ナプキン、大きめのアルミカップにおにぎりが収まりよく後片付けも楽ちん。

木製トレーのお手入れは硬く絞った濡れ布巾でサッと拭くだけ。収納もかさばらないので、家族の人数分プラス何枚か多めに持っているととにかく使えます。

プチプラなのに使い勝手がよく長く使えるニトリの木製トレー、ぜひ取り入れてみてください。

Source: 日刊住まい

賃貸でもDIYや収納に満足するインテリア。カスタマイズ術を達人に学ぶ

DIYを取り入れた賃貸住宅

賃貸住宅だと、なかなか好きなインテリアや機能的な収納を実現できない、と思いこんでいませんか。実はこのお宅、都内にあるUR賃貸住宅の一室。ライフスタイルデザイナー・内山ミエさんのご自宅です。

床と天井を突っ張るDIYした支柱や突っ張り棒、スチールラックなどをおしゃれに活用。賃貸住宅にありがちな原状回復の問題をクリアしました。そのコツを紹介していきます。

2×4(ツーバイフォー)材や有孔ボードで壁面を収納に

有孔ボードでディスプレイ収納

『「めんどくさい」がなくなる部屋づくり』『片付けから卒業するざっくり1分収納』などの著書もある内山さんのお宅。玄関に足を踏み入れると、まず目に入るのは廊下の大きな有孔ボードです。夫婦共通の趣味である自転車関連のアイテムを壁いっぱいに収納しています。

ほかにもデザイン性の高い突っ張り棒「ドローアライン」や棚の高さを変えられるダボレールなどを用いて収納をつくり、賃貸住宅でも可能なアレンジを施し、壁面やデッドスペースを有効活用しています。

バイクタワーに自転車を収納

ミノウラのバイクタワーを設置して、1台はハンギング収納をしています。

リビング&ワークスペースはスチールラックで収納を確保

エレクターで見せる収納

リビングダイニングの窓際にはスチールラック「エレクター」を設置し、その横にデンマーク製のヴィンテージチェストが並びます。「このチェストは長年探してようやくピンときた家具。空間のアクセントとしても気に入っています」と内山さん。

チェストの右奥は寝室の入り口で、寝室も同じくスチールラックで足りない収納をカバーしています。

リビング横のワークスペース

LDKに隣接したワークスペースは引き戸なので、全開すればひとつながりの空間に。ワンルーム感覚で使え、仕事も家事も同時進行しやすい動線です。

デスクはDIY

ワークスペースのデスクはDIYでつくったもの。スチールラックに加え、イタリアのモダンな収納家具「ボビーワゴン」などを置いて、自宅の一室を機能的なワークスペースに仕上げています。窓横の壁にはプチ飾り棚も取り付けました。

モノが多いキッチンはデッドスペースを活用

キッチンカウンター下にDIYした棚

アイテム数の多いキッチンまわりはスチールラックをメイン収納にしつつ、デッドスペースに収納をDIYで設置してスペースを有効活用しています。LDK側のカウンター下にはアジャスターやダボレールを用いて、可動棚をDIYしました。

キッチン壁に2×4で有孔ボード設置

キッチンの壁には2×4とアジャスターで支柱をつくり、有孔ボードを設置。フライパンなどを掛けて収納しています。「スペースを空けておくのはもったいないし、かといってピッタリはまる家具はそうそう見つからないので、自分でつくりました」と内山さん。

また、コンロ脇には高さのあるスチールラックを置いて、調味料などを縦置き収納しています。

サニタリーの壁面にも収納をDIY

洗面室は壁を収納スペースに

コンパクトな洗面室は、壁に棚を設けることで収納スペースを確保。洗面台の脇の壁に有孔ボードやオープン棚を設置して、タオルを掛けたりボトル類を置いたりしています。

無印良品のオープン棚

トイレの壁面には無印良品のオープン棚を設置し、ペーパーホルダーを取り付けました。「殺風景にならないよう、ポスターやちょっとした飾りで温かみを加えました」。

ドローアラインの突っ張り棒

もともとある棚の位置が高すぎて手が届かないため、ドローアラインの突っ張り棒を渡してペーパーストックに。取り出しやすく、ストック量もひと目でわかって便利。

ライフスタイルデザイナー内山エミさん

ほかにも、ソファテーブルの脚を付け替えてダイニングテーブルにしたり、タイルカーペットを敷いて雰囲気を一新したりと、様々なアイデアで賃貸住宅を自分好みにアレンジし、快適な空間づくりを日々実践中の内山さんでした。

内山さん宅の間取り図

内山さん宅の間取り図

※情報は「リライフプラスvol.33」取材時のものです
撮影/山田耕司

Source: 日刊住まい

無印で「在宅ワーク」が快適、オンオフの切り替えも!おすすめアイテム4選

在宅ワークにおすすめの無印良品アイテム
コロナとの暮らしが続き、在宅ワークをされている方も増えているのではないでしょうか。在宅ワークは通勤時間が短縮されるメリットがある反面、日常との切り替えが難しかったり書類などのものが増えたりとデメリットも。

そんな在宅ワークをスマートに、快適にする無印良品アイテムを、整理収納アドバイザーのtakaさんに教えてもらいました。

かさばる書類はスマートに収納

持ち手付帆布長方形バスケット

ダイニングをワークスペースに

自宅に仕事用スペースがつくれるのがベストですが、スペースがなくリビングやダイニングなど兼用スペースで仕事をされる方も多いと思います。

持ち手付き帆布長方形バスケット

在宅ワークで使う書類やパソコンなどは、持ち手付帆布長方形バスケット(写真はスリム・深・約幅37×奥行18.5×高さ32㎝ 税込み2290円)にまとめて収納すると持ち運びも楽ですし、スッキリ片付きます。

帆布バスケットとスチロール仕切り板

中にスチロール仕切りスタンドやファイルボックスを入れて使えば、書類を立てて収納できるのでスムーズに出し入れできます。使わなくなったら畳める点もおすすめポイントです。

デスク回りに常備したいおすすめアイテム

ポータブルアロマディフューザー

ポータブルアロマディフューザー

こちらは持ち運びに便利なコードレスタイプのアロマディフューザー。中に入っているフェルト付きホルダーにエッセンシャルオイルを数滴垂らして使用します。

フェルト付きホルダーにエッセンシャルオイルを数滴垂らす

フェルト付きホルダーにエッセンシャルオイルを垂らしたところ

仕事中やリフレッシュしたい時など気軽にエッセンシャルオイルの香りを楽しむことができるので、オンとオフの切り替えにも活用できます。香りの適用範囲が0.5mほどなので、部屋全体でというよりは個人で香りを楽しむのに最適です。

内蔵の充電池で駆動しますが、USB電源でも使用することができ、連続運転が可能(USB非接続時:動作時間8時間可能、2時間後自動OFF)。

超音波アロマディフューザーと違い、水を使わないため管理が楽ですし、どんな場所でも使えるのも魅力です。

専用ポーチつきで持ち運びもラク

専用ポーチ、専用USBケーブル、交換用フェルト付きホルダーが付属品として入っていて、値段は税込み2990円。サイズは幅7.5×奥行7.5×高さ3.7㎝、重さは72gとコンパクト。

ブルーライト対応サングラス

ブルーライト対応サングラス

UV400カットでブルーライトにも対応している透明レンズで、一年じゅう使えるサングラスです。ブルーライト低減率25%以上。

ボストン型とオーバル型、スクエア型の3種類、色はブラウンとブラックの2色展開(スクエア型はブラックのみ)。サイズはフリーです。税込み1490円。

ブルーライト対応サングラス

パソコンやスマホを使用する時に付けると、眼の負担を軽減させてくれます。軽いので付け心地もいいです。

充電式ハンディファン

充電式ハンディファン

これからの季節は在宅時にも熱中症対策は必要です。5月末に発売された充電式ハンディファンは持って使う、首にぶら下げて使う以外にデスク周りでも使える優れもの。
75gと軽く、サイズは外寸で高さ約15.7×幅約8.5×厚さ約1.5㎝と薄くてコンパクト。首振り機能はありませんが、角度は45・90・120度と変えられます。風量は三段階に調整が可能です。

USBケーブルで充電

USBケーブルで充電でき、使用できる時間は満充電で最大6時間(強風量で1時間、中で2時間、弱で6時間ほど)。

トレーにまとめて収納

BOXにまとめて収納

いずれのアイテムもコンパクトなので、使う時も使わない時も省スペース。まとめて収納しておくと楽です。無印ならではのシンプルなデザインなので、出しっぱなしにしていても雑多な印象にならずにすみます。

在宅ワークはこれからますます増えていきそうです。ストレスなく仕事するために、オンオフを気軽に切り替えるためにも、デスク回りの環境を整えるアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Source: 日刊住まい