【教えて】香港の民主化デモを見て思うところもあるけれど、結局何をしたらいいかわからない

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ラグビーW杯が終了してからしばらく経ちますが、ラグビー熱がなかなか下がりません。久しぶりに雑誌なんか買っちゃってますもんね。Numberのラグビー特集は3冊買いました。

さて、今回はやや難しいテーマになってしまいますが「香港の民主化デモ」について思うところを述べていきたいと思います。ニュースになってはいるものの、日本ではそこまで大々的な扱いを受けていない気がしますが、みなさんはこの件についてどうお考えでしょうか?

・あくまで一般人目線

最初にお断りさせてください。私はこの件について、専門家でもなければメチャメチャ知識があるワケでもありません。興味があるので普通よりは多くニュースなどに目を通していると思いますが、それでもあくまで一般人レベルであることをご了承ください。

さて、いわゆる「逃亡犯条例」改正案に対する反対運動を発端に、多いときには100万人以上が参加したされる香港のデモ活動。香港の人口は750万人ほどですから、単純に計算するとおよそ7~8人に1人がデモに参加したことになります。

2019年10月には「逃亡犯条例」の改正案は正式に撤回されていますが、混乱はさらにヒドくなるばかり。11月には警察がデモ参加者に実弾3発を発砲するなど、いよいよ抜き差しならぬ段階に突入したと言っていいでしょう。端的に香港の人たちが心配です。

・民主化すればいいと思うけど

香港がイギリスから中国に返還されたのは1997年のこと。それまで香港はイギリスの一部だったわけで、当然ながら香港の人たちは民主主義をベースにして生きてきたワケです。当時、イギリスと中国の間では返還から50年後、つまり2047年までは、香港において社会主義政策を実施しないことが確認されています。

返還以降、香港はよく耳にする「一国二制度」に基づき治められてきましたが、やはり「本物の民主主義」と「中国が許す範囲の民主主義」では違いもあるのでしょう。当時は遠いと思っていた50年後も、気付けばあと28年後に迫ってきました。香港の人たちにある種の焦りがあることは想像に難くありません。

一連のデモ活動を見て、私はシンプルに「香港も民主化すればいいね」と思ってしまいます。もちろん、ことがそう単純でないことはわかっていますが、民主国家で生まれ育った私が「明日から社会主義ね」と言われたらキツいことは事実。私と同じような意見をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

私としては「香港は独立すべし!」なんて言うつもりはありませんが、同じ民主主義の価値観を共有する人間として「中国も香港の人に民主主義を認めてあげてよ」くらいは思わざるを得ません。共産主義や社会主義を批判する意図も知識もなく、ただそう願うだけです。

・何をすればいいのか

そして今回のお題はココです。そうした思いを持つ人たちは、具体的に何をすればいいのでしょうか? これが全くわかりません。ニュースを見て眉をひそめていればいいワケであろうハズがなく、だからと言って災害のように募金があるワケでもないのです。

もちろん活動家を目指すつもりもなく、赤裸々に言ってしまえば「今の生活のペースを崩さずに、したいときにだけ出来る応援」がしたいのです。逆に「香港政府を応援したい」という人がいても、それはそれでいいのではないでしょうか。考え方は人それぞれですから。

とはいえ、結局は国とそこに住む人々の問題ですから、どれだけ考えても「都合よく応援出来ることなどない」という結論になろうかと思います。それでも……ねぇ? 同じ地球で生きる者として、何もできない自分の無力さを恥じる次第です。ドラゴンボールを7つ集められれば、とりあえず世界平和を願うんですけどね。

参照元:YouTube
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【実録】帰国前日に「香港デモ」で飛行機が全欠航! 問い合わせもパンク状態に → そのまま香港入りした結果

「一寸先は闇」とはよく言ったもので、予想を上回る出来事が軽々と起こってしまうのが人生だ。現在、香港ではデモが熱い盛り上がりを見せているが、これに巻き込まれそうになった話をしたい

・香港デモとは

香港で起こっているデモは、犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例」の改正案に反対するものだ。なぜ、犯罪容疑者の引き渡しでデモが起こるのか? 不思議に思う人もいると思うので、超ざっくり説明するなら、これは中国政府と香港の民衆の自治権をかけた最前線である

要するに、デモに参加している人たちは「逃亡犯条例」の改正の先にあるものを見ているわけだ。イギリスの植民地化を経て、中国の中でも独自の道を歩む香港。そんな香港人と中国政府との言わば「闘い」がこのデモである。

・香港乗り換えでイギリスへ

私(中澤)がイギリスに渡ったのは2019年8月6日のことだ。グーグルフライトで検索すると、キャセイパシフィックが1番安かったので往復便を予約した。

その往復便というのが、香港経由でヒースロー着の便。この時点で香港デモはすでに起こっていたためちょっと気になりはした。

大丈夫かな? いやいや、さすがに空港には影響がないだろう。だって空港が占拠されるってそれもう無法地帯やで? 国家非常事態宣言レベルやで? その証拠に、行きは空港の雰囲気も穏やかで時間通り到着することができた。

・帰国前日にデモ隊が空港を占拠

事件が起こったのは帰国前日。私は、8月14日に帰国の便に乗る予定だったのだが、その前日の昼頃、以下のような案内がキャセイパシフィックから届いた。

「香港空港当局より、2019年8月12日香港国際空港を出発予定の全てのフライトの欠航が発表されました。フライトの欠航は8月13日の午前中まで続く見込みです。そのため、8月12日までにチェックインした12日から14日までの香港発着便のチケットについて再予約等の手数料は免除します」

──的なことが書かれている。急いでネットで「香港」と検索してみると、どうやらデモ隊が空港を占拠した模様。おいおいマジかよ……!

現在の案内には、13日の午前中までとなっているが、14日まで続かない保証はどこにもない。なぜなら、デモ隊が空港を占拠するという事態がすでに想定外すぎる出来事だからだ

・再予約しようとすると

幸いにも、再予約の料金は免除となっているわけだし、香港を通らずに帰ることにした私。メールに記載されていた再予約のリンクを押したところ……

香港経由しかない……!

それもそのはずキャセイパシフィック航空は香港の航空会社だ。とりあえず、香港経由の別の便を再予約してみる。みなまで言うな。無意味であることは知っている。しかし、何かを変更したかったのかもしれない。

だが、再予約が完了してもメールやチェックインの案内が届かない。え? 結局これ変更できたの? それともネットが不安定だから変更できなかったとか? でも確かに最後の決定ボタン押したしなあ……。

・メール問い合わせ

自分の乗る飛行機さえよく分からなくなってしまった。完全に袋小路である。もう自分で解決するのは無理だ。メールで問い合わせてみたところ以下のような自動返信メールが。

「香港空港当局より、2019年8月12日香港国際空港を出発予定の全てのフライトの欠航が発表されました。フライトの欠航は8月13日の午前中まで続く見込みです。その影響を受け、現在大変多くのお問合せを頂戴している為、お客様へのメール返信がかなり遅れる可能性がございます。(以下省略)」

それはもう聞いたorz っていうか、この非常時に返信が遅れるだと!? しかし、よく考えるとそりゃそうか……。向こうはもっと非常時なのである

・電話問い合わせ

だが、確認せずにはいられない。私は一体どの飛行機に乗ったらいいのか? そもそも、飛行機はちゃんとあるのか? そこで、日本語での電話問い合わせ窓口に連絡することに。時差があるので問い合わせ開始時間はイギリスでは深夜1時。

ず~っとメールの返信も来ないまま深夜1時になった。そっこうで電話をかける私! この時を待っていたァァァアアア!! 海外電話料金とか気にしてる場合じゃねェ! が、しかし!!

かからねェェェエエエ

詰んだ……。どうやら電話回線もパンク状態なようだ。フライトの時間まであと17時間……。

ネットが不安定なこともあり、ただでさえ情報が分かりづらい中で刻々と移り変わっていく状況に疲れてしまった私は寝ることにした。できる手は打ったし帰れなきゃもう仕方がない。片付けなどをして、目を閉じるとあっという間に朝が来た。フライトまであと7時間

・携帯に返信が

携帯を見るとキャセイパシフィックからメールが届いていた。結局、フライトは変更されていないようだ。まあ、飛行機がちゃんと予約されていただけでも良しとしよう。昨日の今日だが、私は香港入りを決めた。前日のバタバタで混乱しつくしたせいか、不思議と焦りはなくなっている。

・空港入り

幸い、飛行機は飛ぶようだ。ゴム弾でも催涙弾でもデモ隊でもなんでもこいや。全部写真に撮って記事にしてやる。そういう気分で香港国際空港に到着したのだが……

空港めっちゃ普通

各国の人が行き交う出発ゲート内は穏やかなものだった。混乱と紙一重だった今回の香港トランジット。そんな私が香港の空を飛ぶのは23年ぶりのことだ。そう、返還前に1度香港に来たことがあるのである。

当時の香港は、お祭り騒ぎに湧いており、中学生の私には、少なくとも表面的には返還を祝っているように感じられた。中国出張の多かった父は言っていた。「香港はこれから変わる」と。

香港の節目に偶然にも2度立ち会ってしまった私。あの美しい夜景の下で、今も闘っている人がいることを思うと、香港という街の先を案じずにはいられない。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24