トイレ掃除は「ペーパーで湿布」が断然近道。ニオイの元がなくなった

トイレのニオイ対策

PHOTO NAOKI / PIXTA(ピクスタ)

トイレ掃除をしっかりしているつもりでも、なんとなくニオイを感じるということはありませんか?その原因は、悪臭の原因となる汚れを、普段の掃除で落としきれていないから。

家事代行マッチングサービス「タスカジ」のハウスキーパーに、トイレの気になるニオイがすっきり消える、プロのお掃除テクニックを教えてもらいました。

「悪臭の原因」を掃除すればニオイは消える

トイレのニオイが気になる人は、普段の掃除で見過ごしがちな隠れ汚れの場所を確認してください。ポイントは便座の内側、温水便座の設置部周辺、便座と床の境目の3か所。そこがニオイの発生源になっている可能性大です。徹底的に掃除すれば、トイレも臭わない快適空間に変わります。

便座の内側はトイレットペーパーで湿布

トイレ掃除用のゴム手袋をはめ、温水便座の電源を抜き、いざスタート!

便座の内側をクリーナーをスプレーして湿布

まず便座の内側ですが、トイレットペーパーの上からトイレ用ふき取りクリーナーをスプレーして湿布します。

便座フタ内側のあわせ目の汚れを取る

10分ほどしたら、湿布を外し、フタ内側のあわせ目に竹串をスーッと滑らせてください。「こんなに詰まっていたの!?」と驚くほど、汚れが取れます。

知ってた?温水便座を取り外すと裏側に汚れが!

掃除しているのに、ニオイが取れない場合、たいてい温水便座の設置部周辺に原因があります。

温水便座の設置部

便座との接触面を拭く

取扱説明書に従って取り外し、クリーナーを吹き付けたトイレットペーパーで、便座との接触面を拭きましょう。

便器と床の境目もしっかり湿布掃除を

便器と床の境目の尿ハネ汚れを湿布掃除
立って用をたす男子がいる家では、壁の下方や床にも尿ハネ汚れが飛び散っていますので、クリーナーを吹き付けたペーパーで、くまなく拭くことが大事です。このとき「悪臭ポイント」の便器と床の境目は入念に。

この場所にもトイレットペーパーの上からクリーナーをスプレーして10分ほど放置。湿布の効果で染みついた汚れやニオイが落ちやすくなります。最後にキレイに吹き上げて終わりです。

湿気の多い梅雨時や夏場は特にトイレのニオイが気になる季節。「悪臭ポイント」のお掃除で快適に過ごしてください。

※塩素系漂白剤は、クエン酸などの酸性のものと混ぜると有毒ガスが発生するので、絶対に同時に使用しないでください。塩素系の洗剤を使用する場合にはゴム手袋をして、必ず換気を行うようにしましょう

参考/『予約の取れない家政婦 タスカジさんのラク家事BOOK』(扶桑社刊)

Source: 日刊住まい

便器と床の隙間の困った汚れ。シーリング材でラクに解決

便器と床の隙間の汚れが気になったこと、ありませんか? 常にキレイにしておきたくても、掃除はなかなか大変です。

SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさんは、そんな隙間のカバーに専用のシーリング材を使ってみたそうです。シーリング材の使い方やポイントを紹介してもらいました。

使用したシーリング材はコレ

便器のすき間シーリング

使ったのは、「便器のすき間シーリング」という商品です。しっかりと便器と床の隙間を埋めることで、尿や水をブロックしてくれます。

こちらの商品は最初は白いクリーム状で出てきますが、乾燥すると透明になるので、塗布後も目立ちません。乾いた後に簡単に剥がすことも可能なので、シーリング材が汚れてきたらシーリングし直せるのも助かります。

先に隙間をお掃除

隙間の掃除

隙間にはホコリなどが詰まっている入っている場合も多いです。まずは竹串のような細い棒とペーパーを使って、隙間をお掃除します。

ホコリなどの汚れが取れたら、アルコールなどの除菌スプレーをペーパーに吹きかけて除菌し、しっかりと隙間を乾燥させます。

塗布する時のポイント

シーリング材

キャップを外して、ノズルの先をハサミなどでカットします。隙間の幅に合わせた太さでカットするとうまく塗れます。

塗る時は隙間表面に埋め込むのではなく、かぶせるイメージで塗布すると、取り換えの時にスムーズに剥がせます。シーリング材の塗り終わりを厚めにして、ツノを立てるように仕上げておくのもおすすめです。そのツノを持って剥がせば、キレイに剥がせるようになります。

シーリング材を使いこなすコツ

シーリング材を塗布する

シーリング中

便器と床の隙間に沿って、シーリング材を塗布していきます。ゆっくり塗布するよりも、一気に勢いよく塗っていくと綺麗に仕上がります。

塗布直後

実は少し失敗してしまいました…。シーリング材に隙間が開いてしまい、逆に汚れが入りそうなので少し手直しをしていきます。

竹串や濡れペーパーで綺麗に仕上げる

仕上げ

先ほどお掃除で使用した竹串を使って、塗布した箇所をキレイにします。

竹串の先端をシーリング材に沿って動かしていくと、はみ出たシーリング材がキレイに取れます。床にシーリング材が広がってしまっても、乾く前であれば水で濡らしたペーパーで拭き取ることができました。

手直し後

手直し後

最初の塗布後よりも綺麗な仕上がりとなりました。このまま透明になるまで乾燥させます。気温や湿度の条件によっては、1日程度かかる場合もあるようです。

翌日のシーリング材

翌日の様子

シーリング材は透明に変わり、ほとんど目立たなくなりました。

多少、キレイに塗布できなくても透明になればほとんど分からないので、上手にシーリング材を塗れるか不安という方も挑戦しやすいのではないでしょうか。

シーリング材

冬だったこともあり、しっかりと乾燥するまで半日程度かかりましたが、便器の隙間をしっかりカバーすると面倒な隙間の掃除をする手間もなくなります。

隙間に尿などの汚れが入り込んでしまうと臭いの原因にもなります。気になる方はトイレのシーリングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

※シーリング材は説明書をよく読んでから使いましょう

Source: 日刊住まい

流せるトイレブラシと無印が絶妙フィット。掃除も収納も快適に

突然ですが、トイレ掃除をするとき、どんな道具を使っていますか?どこに収納していますか? じつはそこに、トイレ掃除がストレスにならない秘密が潜んでいるんです。

ライフオーガナイザーで整理収納のプロ・田川瑞枝さんに、愛用している掃除グッズと収納アイテムを教えてもらいました。

ブラシで便器を掃除

トイレ掃除の必需品!「流せるトイレブラシ」

トイレ掃除はラクに衛生的にすませたいもの。かたいブラシで専用洗剤を使ってゴシゴシこすると、キレイになった気がしますが、使用後のブラシに菌が付着しているのでは?と気になっていました。

トイレブラシ

そこで、私が愛用しているのが「流せるトイレブラシ」。組み立て式のスマートなフォルムもそうですが、なにより、掃除後の汚れたブラシ部分を流せるのがツボでした。こまめに掃除をして汚れを付着させないようにすれば、かたいブラシでゴシゴシこすらなくてもキレイを保てます。

先端のアップ

先端の替えブラシは別売りで、1袋24個入り。シート状につながっているので、1個ずつ切り離して使います。ですが、サッと掃除したいときに、この切り離す作業が意外と手間。そこで、あらかじめ1個ずつばらしておくことに。さらに、使いやすくしまっておけるように収納を考えました。

替えブラシ

 

予備のブラシを100均ケースに入れたものの…

100均のケースに替えブラシを収納
はじめは、1個ずつ取り出せるように、100均のプラスチックケースに収納してみました。ブラシの大きさに合わせたケースを使ったので、24個全部は入らず、あまったものをジッパー付き保存袋に入れて棚に収納。

収納棚にしまっているとこと

しばらくすると、ブラシに染み込んでいる洗剤の香りがトイレ中に充満して、入るたびに気になるように…。

無印良品の「ウェットシートケース」が秀逸!

無印のケース

なにかいい収納アイテムはないかな?と見つけたのが、無印良品の「ウェットシートケース」でした。

パッキン部分

ウェットシート用のケースだけあって、フタにはパッキンがついています。そこに期待して詰め替えてみたら、期待通り、トイレに充満していた香りが気にならなくなりました。

無印のケースに詰め替えブラシをIN

さらに、取り替え用のブラシ24個がすべておさまりました! まるで専用ケースのようです。8個ずつ並べてちょうど3列。きっちり入りすぎると取り出しにくいのですが、適度に余裕があるのですんなり取り出せます。

無印のケースに詰め替えブラシを入れたところ

最大のポイントは、取り出し口が広いこと。一般的なウェットシートケースは、乾燥しないように取り出し口が狭く小さいのですが、無印のケースは約7.5㎝四方。替えブラシを取り出すのにちょうどいい大きさです。

トイレの収納棚

これを、トイレの中の収納棚にIN。汚れが気になったときにサッと取り出して掃除できるようになったので、トイレも気分もスッキリ!しました。

収納棚の中

トイレ掃除は、こまめにやればやるほど汚れもたまらず、作業も気持ちも何倍もラク! そのためには、道具を使いやすく収納することがポイントです。ちょっとしたことですが、いつでもヤル気になれるように、掃除グッズの収納を整えておくことをおすすめします。

Source: 日刊住まい

「手で洗う」が最強。シートもブラシも使わないトイレの掃除法

トイレ掃除にはどんな方法を使っていますか?

お掃除ブラシは水切れが悪いものが多く、清潔に保つのが大変。流せるタイプの使い捨てブラシはストックの減りも早く、柄を洗ったりする手間があります。

「少しでも手間を感じてしまうと、掃除のハードルがあがってしまいます」と話すのは、SNSで家づくりやお掃除術などの情報を発信しているbeachmamaさん。

いろいろな方法を試し、beachmamaさんが最終的に自分に合うと感じた掃除方法は「手で洗う」ことだったそうです。

理想的なトイレ掃除法とは

トイレ

家庭によってもやり方は異なると思いますが、私が求めるトイレ掃除方法の条件がいくつかあります。

1.日常の掃除には中性洗剤を使う

わが家のトイレの取り扱い説明書では、中性洗剤の使用を推奨しています。頑固な汚れ以外は、酸性やアルカリ性は使用NG。

2.お掃除シートは使わない

同じくトイレの取り扱い説明書によると、限定されたメーカーのお掃除シート以外は使用できないことになっています。
限定されたメーカーの物はコストパフォーマンスを考えると継続しにくいので、お掃除シート以外の掃除アイテムを希望。

3.使い捨て

なるべく手間を減らすために、使ったらそのまま捨てることが可能なアイテムを使いたい。

4.コスパが良い

継続して購入しやすい価格設定かどうかも大切なポイント。

この4つの条件をクリアしたわが家の掃除方法をご紹介します。

使用してるトイレ掃除アイテム

トイレ掃除アイテム

掃除アイテムはこちら。
・ゴム手袋
・ペーパータオル
・中性洗剤
・除菌スプレー

掃除に使用する洗剤は、住居用の中性洗剤「ウタマロクリーナー」です。これはわが家に常にストックがある洗剤のひとつなので、在庫の把握もしやすいという理由もあり、こちらの洗剤を使っています。

ゴム手袋

お掃除の時に欠かせないのがゴム手袋です。おすすめのゴム手袋は「ニトリルゴム手袋」。パウダーフリーで手にしっかりフィットし、破れにくいのでトイレ掃除にもピッタリです。

ペーパータオル

ペーパータオルはスコッティの「洗って使えるペーパータオル」を半分にカットして使用しています。ダイソーのクリアケースにまとめて入れて置いています。

掃除方法

水位を下げるボタン

わが家のトイレには便器の水位を下げるボタンがあります。まずは水位を下げておくことでゴム手袋に水が入るのを防げますので、こういった機能がないか確認してみてください。

トイレ掃除

手順はとてもシンプルです。洗剤を便器や便座に吹きかけて、ペーパータオルで掃除していくだけです。

掃除は、汚れが少ない場所から順番にしていきます。トイレ便座蓋、便座、便器という流れだとペーパーを余計に使いません。

自分の手で掃除をするメリットは、細かい場所もしっかり綺麗にできることです。ブラシでは掃除しにくい場所も指を使って洗えます。

ゴム手袋の廃棄

掃除が終わった後はゴム手袋を裏返すようにして外しながら、使用したペーパーも中に入れてしまえば、手が汚れずにそのままゴミ箱に捨てられます。

最後にもう1枚ペーパーを使い、除菌スプレーでドアノブや床などを拭いて除菌をして終了です。

便器に手を入れることに最初は抵抗を感じましたが、隅々までしっかり掃除できることやブラシを洗う手間などを考えると、一番簡単で掃除のハードルを下げてくれる方法でした。

トイレ掃除はシンプルに

トイレ掃除

トイレは汚れだけでなく、臭いなども気になる場所です。嫌な臭いは、汚れをそのままにしておくことでついてしまいます。

でも、トイレ掃除の方法をシンプルにすれば、気軽に掃除をすることができて頑固汚れがつきにくくなります。
頑固汚れがつかなければ、余計な洗剤も必要なく、掃除に長い時間をかけることもなくなるはずです。

トイレ掃除を見直したいという方は、手を使って洗う方法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

※掃除の際は換気を十分に。マスクを着用し、洗剤の取り扱いには気をつけましょう。

Source: 日刊住まい