【大正義】吉野家の「ねぎだく牛丼」が最高すぎる → 玉ねぎだけ追加できないのか中の人に聞いてみた結果…

出だしから唐突ではあるが、もうみなさんは吉野家の『ねぎだく牛丼』を召し上がっただろうか? 万が一まだ「食ってないけど?」という人は、悪いことは言わない、今すぐ吉野家へ駈け込め。自動ドアを突き破る勢いですべり込め。それくらい『ねぎだく牛丼』は最高だ。

おそらく吉野家の「ねぎだく牛丼」は「オニオングラタンスープ」と同じくらい玉ねぎがウマいメニューであるが、欲を言えばもっともっと玉ねぎだけを追加したい。どうにかならんものか……? いても立ってもらいられず、吉野家に問い合わせてみることにした。

・ウマいけどややこしい

遠慮なしに申し上げるが、吉野屋の『ねぎだく牛丼』はシステムがやや難しい。というのも通常の「牛丼」と『ねぎだく牛丼』ではそもそもの価格設定が違い、多くの人がイメージするであろう「値段はそのままだけど玉ねぎが多めの牛丼」ではないからだ。

つまり「牛丼」と『ねぎだく牛丼』は「カレーとカツカレーの関係」だと思えばスッキリする。通常の牛丼に玉ねぎを追加トッピングした牛丼、それが吉野家『ねぎだく牛丼』なのだ。

ところがどっこい、さらに複雑なのは「小盛」「並盛」「アタマの大盛」「大盛」「特盛」「超特盛」……と、それぞれ肉と玉ねぎの比率が違うため、玉ねぎ単体での追加注文ができないということ。これが一般的なカツカレーと大きく異なるところで、例えば「ねぎダブル」のような注文は不可能だ。

・なんとかならないのか?

とはいえ、マジのマジで吉野家の「ねぎだく牛丼」……いや、吉野家の玉ねぎはウマい。とろけるような食感、かと思えばシャキシャキ食感、濃厚な甘み……などなどまさにパーフェクトな玉ねぎである。もし記者が玉ねぎに転生するならば、ぜひとも吉野家に出荷してもらいたいものだ。

それはどうでもいいとして、本気で玉ねぎだけ追加できないものか……! というわけで吉野家の広報に連絡し「玉ねぎだけを追加する方法はないのか?」聞いてみることにした。

──ねぎだく牛丼、最高でした。

「ありがとうございます」

──ただ、少々ややこしいですね? 確認ですが「牛丼とねぎだく牛丼」の関係は「カレーとカツカレー」の関係と考えて間違いないですよね?

「はい、間違いございません。牛丼に玉ねぎをトッピングしたメニューとお考えいただければと思います」

──ただですね、一般的なカツカレーと違って、玉ねぎだけの追加トッピングはできませんよね?

「そうですね……。現状、そのような注文は承っておりません

──そこが理解できません。ハッキリ言って吉野家の玉ねぎは最高です。なぜ玉ねぎだけの追加を可能にしないのでしょうか?

「そうですね……。そもそも、ねぎだく牛丼にはかなりの量の玉ねぎが入っておりますので、さらに玉ねぎをご所望するお客様がいらっしゃることを想定していませんでした」

──ここにいます(キリッ)。というか、日本中に200万人くらいいると思います。

「なるほど……。もしそのようなご要望が多いようであれば、我々としても単体での注文を検討させていただきますが、現状では導入予定はございません……」

──ということは、現段階で “玉ねぎ10倍トッピング” をするとしたら、ねぎだく牛丼を10個買ってくるしかないですかね?

「そうですね、玉ねぎは別容器でご提供させていただいておりますので、その方法であれば10倍なども可能かと思います」

──わかりました。やるしかねえ。

ご覧のように、現時点で「玉ねぎだけの追加オーダーは不可」ということであった。残念ではあるが、まだ発売開始したばかりの商品。鬼神の如く『ねぎだく牛丼』を食いまくりながら、今後の展開を見守ろう。

2020年が始まって間もないが、吉野家の『ねぎだく牛丼』は多くのビジネスマンのスタンダードランチになる可能性を秘めている。まだ召し上がっていない方は、ぜひ1度ご賞味いただきたい。

参考リンク:吉野家
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【衝撃展開】富士そばで「コロッケ1万円分」をトッピングしたらこうなった

全ては計算し尽くされたハズだった──。この記事を書き始めるにあたり、私(P.K.サンジュン)はそう振り返らざるを得ない。もちろん誰にでも失敗はあるものだが、自称「偏差値600万」の私がまさかあんな罠にハマるなんて……。なので先に謝っておこう「ごめんなさい」と──。

今回、大人気シリーズ「1万円トッピング」に登場するのは日本最大級の立ち食いそばチェーン店「富士そば」である。富士そばでコロッケを1万円分トッピングしようと試みたところ、まさかのトラップにハマってしまったのだ。

・富士そば全面協力

手前味噌な言い方で恐縮だが「1万円トッピングシリーズ」はメチャメチャ人気がある企画である。それなのに滅多に登場しない理由はただ1つ……「挑戦させてくれる企業(店舗)がほとんどないから」だ。コンプライアンス第1のこのご時世、それも致し方あるまい。

そんな中、即決で「いいですよ」と返事をくれたのが富士そばである。さすが庶民の味方、富士そば。さすが狂気のメニュー「タピオカ丼」を販売した富士そば。さすが、俺たちの富士そばである。とどのつまり、今回の1万円トッピングは富士そば全面協力のもと行われた。

・コロッケしかない

では、その富士そばで1万円分トッピングするなら何だろう? 肉? わかめ? かき揚げ? 答えはいずれもNOだ。富士そばでトッピングするならばコロッケ一択。味については言うまでもなく「富士そばらしさ」を最も感じさせるメニューはコロッケ以外にあるまい。

富士そばの担当者によると「実はうちが元祖のメニューじゃないんですけど、何年も前からゴリ押ししています」とのことだから、やはり1万トッピングにはふさわしいメニューであろう。もちろん、コロッケを1万円分もトッピングしたことは「記憶にない」とのことであった。

・計算上は可能なハズ

さて、富士そばのコロッケそばは1人前430円。そしてコロッケ単品は120円だから、80個トッピングすると合計で1万30円ということになる。というか、そもそもコロッケ80個が丼に乗り切るのか? その疑問に対し、私はある秘策を用意していた。

その秘策とはズバリ「花びら作戦」──。コロッケを花びらのように並べていき、コロッケがコロッケ同士で支え合うように並べていけば80個も余裕で可能。なんなら200個くらいならイケる。IQ2億の私の頭脳はそう計算していた。

ところが──。

出てきたコロッケやべぇぇぇぇえええええ!!

床やないかッッッ!

とはいえ、計算通りなら80個のトッピングは可能なハズ。そして思惑通り、コロッケの花は順調に巨大化していった。コロッケは意外と強度が高い。これならイケる……! そう確信して30個目に突入した時のことだった。

根元が崩壊──。

なんと鉄壁かと思われていた衣が汁を吸いまくり、フニャフニャになってしまったのである。土台が崩れたコロッケタワーがそびえ立つハズもなく、結局コロッケは27個、つまり3240円分のトッピングが限界であった。1万円分注文した意味……ナッシング。

・味は最高

ただし、富士そばのコロッケのウマさは鉄板であったことは記述しておきたい。なめらかな舌触りのじゃがいもはクリーミーで、素朴で飽きの来ないウマさであった。4個目くらいで何屋に来ているのかわからなくなったことはさておき、やはり富士そばのコロッケはウマい。

また、なんとかコロッケの山をかき分けて辿り着いたときに味わった “そばと汁” のウマさは異常であった。これまで数えきれないくらい富士そばで食事をしてきたが、ここまでそばをウマいと思ったことは初めてである。逆説的ではあるが、コロッケを8個くらい食べてからそばを食べるのが、富士そばのそばを最も美味しく食べる方法……なのかもしれない。

・協力してくれる企業を大募集中

まとめると、今回わかったのは「トッピングできるコロッケは27個が限界」だということと「富士そばはコロッケもそばもウマい」ということ。付け加えるならば「コロッケは猛烈なスピードで汁を吸う」といったところだろうか。人生、やってみないと分からないことがある。

というわけで、久々の登場となったものの厳密には1万円分トッピングできなかった本シリーズ。飲食チェーン店の中で「うちでやってもいいよ!」という勇気ある企業の方はぜひご連絡ください。夢とロマンを追い求めたいです──。

取材協力:富士そば
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【新作】『たべる牧場バナナ』をデコってみた! おすすめアレンジ3選はこちらです 「まるごとチョコバナナ」「追いバナナ」「王道バナナパフェ」

ファミリーマートの『たべる牧場』シリーズといえば、SNSから人気となった爆売れアイスだ。2019年8月27日、その “たべぼく” から新フレーバーが登場! 『たべる牧場バナナ(税抜193円)』である。

牛乳を50%使用したミルクアイスの下には、フレッシュさ&ねっとりしたコクのバナナアイスという2層構造。美味しい予感しかなく、実際に激ウマ。

さて、そんな “たべぼく” と言えばアレンジだ! バナナなら何を載せようか。実際に作ってみたので、おすすめアレンジを3つご紹介したい!

・その1「まるごとチョコバナナ風」


バナナ最強のパートナーと言えば、まずは牛乳。そしてチョコレートだ! 『たべる牧場バナナ』も例外ではなく、チョコやチョコ味のお菓子を追加すると罪深いほど美味しいのだ。

使ったもの:ブラウニー、板チョコ、チョコソース、ホイップクリーム

【作り方】
1.ホイップクリームを“接着剤”にしてブラウニーをペタペタ貼るように配置してみよう。

2.すき間に板チョコをさし、最後にチョコソースをかければ完成。

・その2「追いバナナ」


バナナアイスであるからには、やっぱりバナナを入れたいじゃない? 見た目のボリュームアップはもちろん、バナナ感も大増量。バナナ → ミルクアイス → バナナジェラートと、よりフルーティになって美味しい。

使ったもの:バナナ1本、ホイップクリーム、トッピングシュガー、レモン汁

【作り方】
1.バナナを斜めにスライスする。退色が気になる人はレモン汁を塗っておこう。

2.スプーンでアイスの輪郭に沿って溝をつくる。バナナが倒れないようにするためのものだ。しっかりとつけておこう。

3.溝にバナナをさしていく。花びらや王冠をイメージするとグッドだ。

4.真ん中にホイップクリームをしぼり、トッピングシュガーを振りかければ完成。

・その3「王道バナナパフェ」

バナナデザートの王様であり、“たべぼく” アレンジの王道でもある。難しそうだが、1つのポイントをしっかり押さえれば誰でも簡単にパフェ化できるぞ! それは「縦に向かって盛り付けること」だ。

使ったもの:バナナ1/3本、ホイップクリーム、ポッキー的な棒状のお菓子、チョコケーキ、チョコレートソース

【作り方】
1.バナナを切る。3枚ほど斜めスライス、残りは輪切り。退色が気になる人はレモン汁を塗っておこう。

2.真ん中にホイップをしぼり、土台をつくる。

3.1の土台に貼りつけるように、バナナとお菓子を配置。

4.棒状のお菓子をさす。

5.1の土台の上に、飾り用のホイップをしぼり、チョコソースを全体にかければ完成。

──以上である!

いかがだろうか? 今回使った材料のほか、他のフルーツやビスケット、ホイップクリームをチョコクリームに変えるなどアレンジは無限だだ。そして土台となるアイスがしっかりしているので、パフェやケーキを1から作ってデコレーションするよりずっと簡単。お子様にもオススメである。

なおこの『たべる牧場バナナ』は数量限定だ。前回の『たべる牧場いちご』は約6週間で一旦販売終了となっている。爆売れ商品のNewバージョンなので、楽しみたい人は早めにゲットしておいた方がよさそうだ。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.


Source: ロケットニュース24

【ダイエット】吉野家「ライザップ牛サラダ」のトッピングが “キムチ一択” な理由

日本全国8000万人のダイエッターのみなさん、こんにちは。今日もカロリーや糖質を気にしていますか? 私、P.K.サンジュンは「昼だけ普通に食べるザップ」なるダイエット企画を敢行中なのですが、ガチで週5回は食べているのが吉野家の『ライザップ牛サラダ』です。

ライザップ牛サラダの素晴らしさについては後述しますが、2019年7月12日からそのライザップ牛サラダに「5種類のトッピング」が可能となりました。ただし、数々のダイエット企画に挑戦してきた私から言わせると「トッピングするならキムチ一択」と言わざるを得ません。

・ほぼ毎日食べている

ダイエット企画「昼だけ普通に食べるザップ」を開始してから2カ月が経過しましたが、ここ1カ月ほど平日の夕食は『ライザップ牛サラダ』ばかり。近所の吉野家の店員さんに「ライザップ デスカ?」と先制攻撃されるくらいのリアル愛好者です。

ライザップ牛サラダは本当に優秀です。300グラムあるので腹持ちも良く、たんぱく質は30グラムが摂取でき、糖質は12.2グラムで済みますから文句はありません。味も激ウマとは言いませんが、素っ気なくもそれなりにパンチがあるところが気に入っています。

コンビニで商品を組み合わせればライザップ牛サラダより糖質を抑えることも可能ですが、面倒じゃないところも含めて私はライザップ牛サラダ推し。これで税込540円なので、しばらくはライザップ牛サラダ生活が続くことでしょう。

・5種類のトッピングメニュー

さて、その『ライザップ牛サラダ』に5種類のトッピングができるようになったのは、つい最近のこと。まずは以下でトッピング可能なメニューをご覧ください。

1. 牛肉増し(110円)※ライザップ牛サラダに入っている牛肉の半分の量
2. 納豆(90円)
3. チーズ(110円)
4. キムチ(110円)
5. 野菜増し(90円)

さて、あなたがまあまあ本格的なダイエッターだとしましょう。上記の中で何をトッピングしますか? どれもこれも悪くはありませんが、私から言わせれば「あえて言うならキムチ」となります。以下でその理由をご覧ください。

・あえて言うならキムチ

まず「牛肉増し」ですが、私は「人間の体が1度の食事で摂取できるたんぱく質は20グラム説」を信じています。つまり、元々のライザップ牛サラダに含まれている30グラムのたんぱく質で事足りているということ。「納豆」も同じ理由でトッピング候補から外れます。

お次の「チーズ」は決して悪くはないのですが、私から言わせれば「良くもない」といった感じでしょうか。タンパク質含有量が多い「カッテージチーズ」ならば話は別ですが、一般的なチーズは脂質が高いため、ダイエット向きの食材とは言えません。

そして「キムチ」ですが、これはアリです。なぜならライザップ牛サラダにはない「カプサイシン」を追加することができるから。唐辛子などに多く含まれるカプサイシンは、脂肪を燃焼させると言われていますので、そういう意味でキムチは新たな栄養が追加可能なのです。

ただし「カプサイシンはかなりの量を摂らないと意味がない説」もありますので、トッピング程度のキムチで効果があるのかは疑問が残るところ。なので先述のように「あえて言うならキムチ」となるワケです。

なお「野菜増し」を外したのは、キムチが野菜を兼ねているからで、せっかくならカプサイシンが含まれているキムチの方がいい、という判断です。

・基本的にはそのままで十分

ちなみに、どうせトッピングが可能になるなら、元々のライザップ牛サラダに含まれている「」「ブロッコリー」「鶏肉」あたりを熱望します。これが可能になるなら、かなりガチ系のダイエッターも『ライザップ牛サラダ』を食事に取り入れるのではないでしょうか?

というわけで、結論から言うと「ライザップ牛サラダはそのままでOK。もしトッピングするならキムチ一択」となります。ただし、これはあくまで栄養価的な視線なので、長くダイエットを続けるため、味変的に各種トッピングを追加するのは効果的と言えるでしょう。

参考リンク:吉野家「ライザップ牛サラダ」
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24