熊本の山奥に佇む「八角トンネル」はまるで異世界へと通じる入口 / 摩訶不思議すぎるトンネルをくぐってきた

熊本県の美里町には、歴史ある石橋が数多く残っている。たとえば、高さ約24mの年禰橋(としねばし)は、県道の主要な交通を担うために大正時代に架けられた橋だ。スゴイ迫力を放っているが、どのようにして当時これだけの石を積み上げたのだろうか……とても興味深い。

そして、橋からほど近い場所にあるのが、さらに謎が多く残る「八角トンネル」だ。なんでも山道を歩いていると、突然 “異世界への入口” のような不思議なトンネルが現れるらしい。なんだか楽しそうだぞ……ということで、さっそく異世界へ迷い込んでみることにした!

・八角トンネルを目指す

Googleマップの案内に従って国道443号から脇道に入っていくと、すぐに八角トンネルの看板を発見。山道は車両通行不可となっているから、駐車スペースに車をとめて歩いてトンネルを目指すぞ。目的地は200m先である。

木の葉が揺れる音が心地よい山道。地面の柔らかい感触も気持ちいいから散歩には最適だ。ただ、歩き始めたのがギリギリ日が暮れる前だったため、実はちょっと不気味でもある。まさか誰もいないとはな……序盤から異世界オーラ全開じゃねえか。

そして、いよいよトンネルが見えてきた。「ナゼあんな所に?」と思ってしまう場所で、トンネルが口を開けて待っている……! 

・八角トンネル

八角形の不思議なトンネルに到着。雰囲気的には、まさに現実世界と異世界をつなぐトンネルといった感じ。八角形の建造物が7基連なっていて、シンプルにすげー不思議な空間だ。

トンネルを行ったり来たりすると、タイムマシンに乗っているような気分を味わえる。もちろん乗ったことはないが、時空をワープする時にはたぶんこのような八角形のトンネルをたくさんくぐるだろう。

・熊延鉄道の遺構

聞くところによると、八角トンネルは、熊本~砥用(ともち)間を走っていた「熊延(ゆうえん)鉄道」の遺構のひとつらしい。落石や土砂崩れから線路を守るための「洞門」とのこと。形も構造も謎が多い遺構で、そもそも八角形である理由も不明だという。ほほう、面白いな。

・異世界の雰囲気を味わいたい方にオススメ

ちなみに熊延鉄道は、昭和39年(1964年)に廃線。歩いてきた山道も、かつては線路が通っていたそうだ。時代に取り残されたトンネルは、廃線好きにはたまらないはず。異世界の雰囲気を存分に味わえるスポットなので、興味があればぜひ足を運んでみてほしい。

・今回ご紹介したスポットの詳細データ

名称 八角トンネル
住所 熊本県下益城郡美里町小筵

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【心霊スポット検証】京都で最恐最悪の魔界といわれる「清滝トンネル」が若者のテーマパークと化していて泣いた

華やかなイメージとは裏腹に、多くの心霊スポットを抱える京都。今回はそんな京都でも屈指の知名度を誇る心霊スポット「清滝トンネル」を検証することにしよう。

挙げればキリのないほどの怪談話が語られる当地だが、真の姿は意外なものだった……?

・ボンネットに人が?

今回紹介するのは、京都市右京区にある清滝トンネルだ。トンネルを抜けた先には清流として知られる清滝川があり、行楽シーズンの日中には多くの車が往来する場所でもある。

そんな清滝トンネルは、京都屈指の心霊スポットとしても知られている。やれ車のボンネットに人が落ちてきたとか、窓に手形が張り付いていたとか、その手の怪談話は枚挙に暇がない。

まあ筆者はバイクなので、ボンネットも窓もないんだけどね……。

・霊界へようこそ

そんなこんなで清滝トンネルへとやってきた。

このトンネル、実は入る前から試練が待ち構えている。それはトンネルの前にある信号機で、到着した際に青信号だと「霊から招かれている状態」らしい。つまり危険だということ。

幸いにして、筆者が到着した際は赤信号。いったん停止してからの進入となった。よかった……のか?

・いる

トンネル内を散策する。廃線になった鉄道用トンネルを転用したというトンネルは、まるで心霊スポットの見本のような情景である。

気配を感じる。確かにいる。

しかしいたのは……

霊ではなく人だった。

そう、意外に人が多くいた。休みの日に訪れたのが良くなかったのだろうか? 筆者の他にも肝試しに来たであろう若者グループが複数組いたのに加えて、原付で走り回っているヤンキーまでいる始末で、ちょっとしたテーマパーク状態であった。

これには少し拍子抜けした。他に人がいると、やはり怖さは半減してしまう。心霊スポットとして有名になりすぎたのだろうか? もし筆者がここに住み着いている幽霊なら、転居を考えるかもしれない。

・意味なしミラーの怪

清滝トンネル付近には、いわくつきの場所がもう一カ所ある。トンネルの迂回路である試峠の頂上に設置されているカーブミラー、通称「意味なしミラー」である。

このミラーは鏡面が真下に向いており、先を見通すためのカーブミラーとしては少し不自然な設置角度である。

しかも標識で確認する限り、この道は一方通行のように思われる。一方通行の場所にカーブミラーを設置する意味はあるのだろうか? そんな事情から「意味なしミラー」の名が付き、気味悪がられているのである。この日は特に怪奇現象などは起きなかったが……。

・ビギナー向け

京都No.1の知名度を誇る清滝トンネルだが、怖さという点では少し物足りなさを感じた。

前述したように人が多少いる点に加えて、トンネル周辺には街灯や信号機などがあり、最低限の明るさが確保されているという点も大きかった。

これは以前の記事で紹介した首塚大明神との比較で思うことだが、やはり心霊スポットは暗ければ暗いほど怖い。シンプルに「真っ暗」が一番怖いのだ。

そういった意味でも、清滝トンネルはどちらかというとビギナー向けの場所というべきか。心霊スポット巡りにチャレンジしようと考えている方は、まずここから始めるとちょうどいいかも?

Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → 「心霊スポット検証


Source: ロケットニュース24