ニオイ・カビ・虫の対策してる?大掃除で絶対はずせない3か所

年末の大掃除。最初に手をつけるメインの場所に、「キッチンの換気扇まわり」「窓」「浴室」などをあげる方も多いのでは?

「汚れが目立つ場所から優先的にとりかかりたくなるのもわかります。でも、大掃除でやっておくべき場所は、じつは他にあります。最低でも1年に一度はやっておかないと、カビや虫が発生したり、ニオイの原因にも…」と指摘するのは、掃除に関する著書もある掃除ブロガー・よしママさん。

大掃除で絶対やっておくべき場所、とくに優先順位が高い3つを紹介します。

その1:排水口内部のニオイ対策

大掃除で忘れがちな場所として排水口があげられます。キッチン、浴室、洗面台、洗濯機、外回りの排水口です。シンクや洗面ボウルなどはきれいにしても、排水口の中には、油や髪の毛などの汚れがたまっているもの…。

大掃除

掃除を怠ると、つまりやニオイの原因になってしまうので、排水口の掃除は必須です。市販の排水口専用の洗剤や、酸素系漂白剤などを使って汚れを落としましょう。モコモコ泡が出る洗剤も楽しいですよね。

洗剤を入れてつけ置きしたあとに、熱湯を流すとパイプを傷めてしまうので、ぬるま湯を流すように注意してください。

キッチンの排水溝を掃除

洗剤でつけ置きするのも効果的ですが、その後排水口ブラシでこするとさらにきれいになります。

その2:冷蔵庫裏と蒸発皿のゴキブリ対策

冷蔵庫の下や裏側は、食材ゴミやホコリがたまりやすい場所です。1年に一度は冷蔵庫を手前に移動させて、虫のすみかにならないように掃除しましょう。

大掃除

まず冷蔵庫の足カバーを外して、調節脚のネジを回します。

大掃除

サイドにある持ち手に手をかけて、冷蔵庫を手前にゆっくり引きます。

冷蔵庫の裏側に落ちている食材ゴミや、床のホコリを取り除きます。床は、アルカリ電解水などで拭くと、油汚れなども簡単に落ちます。壁のホコリは乾拭きして、油がついている場合は同じくアルカリ電解水で拭きます。

大掃除

冷蔵庫の裏側にある吸気口のホコリも、掃除機で吸って取り除きます。

※吸気口の位置は機種によって異なります。事前に取扱説明書などで確認してください

※冷蔵庫を動かすときは、転倒に十分ご注意ください。また、メーカーや機種によって動かすときの手順が異なることもあります。取扱説明書などで確認してください

大掃除

冷蔵庫の下にある蒸発皿も、このとき外してしっかり汚れを落としましょう。シンクで食器用洗剤を使って洗います。

※冷蔵庫の機種によっては、蒸発皿の場所が違う、または外せないタイプもありますので、取扱説明書などで確認してください

その3:押し入れ内部の虫・カビ対策

忘れがちな場所。3つめは押し入れの掃除です。キッチンなどの水回りと違って、それほど汚れがたまっていないはず。と、なかなか掃除しない場所だったりしませんか?

とくに北側の外壁に面した押し入れは、冬の結露で内部はカビやすい環境です。ホコリを取り除き、しっかり乾燥させることで、カビの発生やダニの増殖を防ぐことができます。年に一度は中身を全部出して、虫の死骸などたまったゴミを取り除き、内部の壁を拭き掃除するとスッキリします。

大掃除

まずは掃除機をかけてホコリをしっかり取り除きます。

大掃除

拭き掃除に使うのは、無水エタノールを水で80%に薄めたエタノール水(市販の除菌スプレーでもOK)。

エタノール水をしみ込ませた布で床、壁、天井を拭き、しっかり乾かします。壁のカビを防ぐことで、押し入れの中にしまってあるものにカビが発生するのも防げます。

写真のように古靴下を手にはめて拭き掃除するのも便利でオススメ。

今回あげた3点、じつは私の失敗と経験から出てきた場所です。気がつきにくいところですが、ここを掃除しておくと家も気持ちもスッキリ!すがすがしくなります。

もちろん年末の大掃除に間に合わなくても大丈夫。1年に一度、時間のあるときにしっかり掃除しておきましょう。

Source: 日刊住まい

【保存版】美人コスプレイヤー直伝「オタクがニオイを消すためにすべき7箇条」が役に立ちすぎる / 絶対にNGは…

あの夏、あの場所に初めて出かけた日のことをハッキリと覚えています。一言で表すならば「この世の地獄」かと思いました。あの場所とは世界最高レベルのオタクの祭典「コミケ」のこと。腕に絡みつく他人の汗、そして何よりニオイは耐え難いものがありました。

ただ、私自身も中年のおっさん。ニオイを出している側である可能性が極めて高く、その晩はただ涙で枕を濡らしました。己のニオイをどうにかできないものか? 今回はそんな永遠の戦いに終止符を打つかもしれない、美人コスプレイヤー直伝「オタクがニオイを消すためにすべき7箇条」をお届けしましょう。

・美人コスプレイヤー直伝

いまTwitter上で大きな話題になっているのが、美人コスプレイヤー直伝「オタクがニオイを消すためにすべき7箇条」です。公開したのはコスプレイヤーの蒼井らむね(@ramune_nanoda)さんで、特筆すべきは具体性に富んだ “超実践的ニオイ対策” だということです。

よく「コミケに行く前にシャワーを浴びろ」なんて言われますが、蒼井さんによれば「前日入ったくらいじゃ体臭はどうにもならない」とのこと。果たして我々はどうすべきなのか? 蒼井さんの投稿から、オタクが実践すべきニオイ殺しテクニックをご覧いただきましょう。

その1: 朝はシャワーを浴びよう
その2: 香水でごまかすな(体臭と混ざると地獄)
その3: シャンプーはとにかく脂を殺すヤツ
その4: 耳の後ろもちゃんと洗おう
その5: 洗剤よりも重要なのは柔軟剤と香りのビーズ
その6: ファブリーズでニオイの上書き厳禁
その7: これらを習慣化しよう

とにかく重要なのは、その日限りではなく「習慣化すること」だそう。つまり、毎朝シャワーを浴び、その都度脂を殺すボディソープなどでガシガシ耳の裏を洗うということ。また、洋服も重要で「柔軟剤と香りのビーズ」にはこだわった方がいいのかもしれません。

・絶対にしちゃいけないこと

また絶対のNGは「ファブリーズでのニオイの上書き」とのことです。香水も同様ですが、臭いものにファブると「本当に臭い」とのことなので、良かれと思っても絶対に追いファブはやめましょう。むしろ「ファブってるから安心」は大間違いのようです。

ニオイは非常にデリケートな問題で、かなり近しい人でもなかなか正直には話してくれません。つまり、自分でどうにかするしかないのです。ただし、それが誤った方法では意味がないどころか逆効果。そういう意味で、あの地獄を幾度となく経験している蒼井さんの教えは非常に信頼度が高いハズです。

というわけで、今日から私も耳の後ろから血が出る勢いで、ガシガシ体を洗いたいと思います。なお、蒼井さんのTwitterにはその他の注意事項なども記載されていますので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか? ズバリ、保存版です。

参考リンク:Twitter @ramune_nanoda
Photo:蒼井らむね , used with permission.
執筆:P.K.サンジュン


Source: ロケットニュース24