【マジか】滋賀県のココイチでしか食べられない「マジカフライ」をトッピングしたカレーが美味い! 鹿じゃないぞ!

みんな大好き、カレーハウスCoCo壱番屋(以下、ココイチ)。そんなココイチには、店舗限定メニューが存在しているのをご存知だろうか? ご当地グルメや各地の素材を合わせたカレーが、けっこう充実しているのだ。

今回は滋賀県内の一部店舗でしか食べられない「マジカフライ」をトッピングしたカレーを食べてきたぞ! これがなかなか美味しかったのだが……そもそも「マジカ」って何かって? 鹿じゃないぞ!

・コイに似た淡水魚

さてさて、あまり引き伸ばしてもいけませんな。マジカとは淡水魚の一種で、正式にはニゴイという魚らしい。これを滋賀県ではマジカと呼ぶのだ。

今回レビューするのは「びわ湖のマジカフライカレー(821円)」で、ココイチの公式HPによると食べられるのは長浜8号バイパス店、大津におの浜店、近江八幡サウスモール店、彦根中藪店、守山播磨田店、栗東インター店、EXPASA多賀店。いずれも滋賀県内の7店舗である。

そもそもマジカという魚の味が分からないうえ、果たしてココイチのカレーと合うのだろうか。色々興味が尽きない「びわ湖のマジカフライカレー」を食べるため、今回は大津におの浜店へとやってきた。

・ゴロッと厚切り、フックラジューシー

マジカのフライはゴロッと分厚く、見た目はボリューミー。メニューには白身の魚と書かれていたので、いわゆる一般的な白身魚フライ(海苔弁とかに入っているあれ)のような姿を想像していたのだが、少し趣は異なるようだ。

試しにフライだけ食べてみると、食感はフックラ、そして意外にジューシーで美味しい!

具体的にどんな味かというと、サバに近いものがある。少しあっさりしたサバという感じだ。皮が付いたまま揚げられているので、皮のコンガリした感じも味わうことができる。その点でもサバの竜田揚げを食べた感じと似ている。

また淡水魚ということで小骨も気になるところだが、これは大丈夫。思いっきり精神統一して食べると小骨らしきものの存在を感じることができるが、普通に食べればまず気になることはないだろう。

肝心のカレーとの相性は、まずまずといったところ。個人的にはウスターソースとかタルタルソースをかけて食べると、もっと美味しくなるような気がする。まあココイチの卓上にはソースが置いてあるしタルタルも追加注文できるのだが、それに気付いたときには既に食べ終わっていた……。マジか……。

しかしながら、初めて食べたマジカの美味しさにはビックリ。淡水魚ということで、もう少しクセのある味を予想していたぞ。掘ればまだまだ奥の深そうな、ココイチの店舗限定メニュー。今後も随時ピックアップしていくので、期待してくれよな!

参考リンク:カレーハウスCoCo壱番屋「びわ湖のマジカフライカレー
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24