【食欲の秋】冷食の季節メニュー「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」を食べてみた → 右肩上がりの業界に納得!

最近の冷凍食品ってホントにスゴい。レンジでチンするだけで出来上がりなのに、まるでどこかの飲食店で食べるような完成度。このご時世ながら右肩上がりで業界が成長しているのは、それだけ味が認められている証拠だろう。しかも「ウマい・早い・安い」の三拍子だけでなく、季節だって盛り込むからまたニクい!

そう言うのもつい先日のこと。今の時期だと「食欲の秋」だし、季節系メニューが前面に押し出されているのかな〜とスーパーの冷食コーナーを漁っていたら……やはりあった! 「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」なる新商品があったのだ。よし、買った!!

・パッケージがそこはかとなくウマそう

「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」はニチレイから発売されており、お値段は298円(2019年9月にスーパーで購入)。名前からしてすでにウマそうだが、パッケージに書いてある文言がまた食欲をそそる。というのも……

ポルチーニの芳醇な旨味とトリュフの香りが広がる、きのこが主役の炒めバターピラフです。

おしゃれな横文字がちょいちょいあると、何だかテンションが上がるのは気のせいじゃないだろう。冷静になれば美味しそうな文言を書くのは当たり前とは当たり前なのだが、具材の組み合わせもヨロシなので期待できそうだ。では、作ってみよう!

・最近の冷食ってスゴい

ちなみに同商品は、牛乳とチーズでリゾットにもできる。冷凍食品らしく、凍ったままの商品を皿に盛り付けラップをしてチンするだけではあるが、手順を守ってしっかりレンチン。数分待って取り出せば……

完成!

内容量が430gとそこそこあるため、これなら男性でも満足できるだろう。ひらたけ・エリンギ・しいたけをバター醤油で味付けしているとあって、ラップを外したらフワリといい香りが漂ってくる。

さて、肝心のお味はどうだ。口に入れてみると、ポルチーニのパウダーを使用しているとのことでホンワリ高級さが漂ってきた。一言で表すならばアッサリしていて優しい。トリュフがそこまで主張してこなかったものの、そつなくウマい。うむ、よいよい。秋ですねぇ〜。

商品的にはとがって伸るか反るかよりも、平均点をとりにきたって感じだろうか。濃い味をがっつり食べたい人は物足りないかもしれないが、より多くの人に受け入れられる味と言っていい。

ニチレイのご飯系といったら「本格炒め炒飯」が真っ先に出てくるが、いつもとはちょっと違ったメニューを食べたいなぁという人にちょうどいい。どちらかというと女性の方が気に入るかも。

それにしても、およそ300円という安さで気軽に季節メニューを味わえるなんて。冷蔵庫に入れておけばいつでも食べられるし、右肩上がりの業界に改めて納得した。いやぁ、最近の冷食ってホントにスゴい。

参考リンク:ニチレイ「トリュフ香る3種のきのこのバターピラフ」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

冷食スイーツがこんなに美味だなんて…! ニチレイの「今川焼」が週3で食べたくなるほどウマくて目からウロコの発見も!

冷食スイーツがこんなに美味だなんて……! これまで冷凍食品といえば、ご飯や麺類、お弁当のおかずばかりだと思っていた。しかし、どうやら開拓されてスイーツさえも売られる時代が到来していたらしい。

固定概念が覆されたのは他でもない。冷凍食品コーナーで買った「今川焼」が美味しすぎたからである。地域によって「回転焼」や「大判焼」ともいうが、これがお店で食べるのと同じくらい美味で衝撃を受けてしまった。

・財布に優しい値段設定

この度、購入した今川焼はニチレイのものでカスタードクリームとあずきあんの2種類だ。値段はともに259円、5個入りなので1つあたり50円ちょい。お店で買うとなると100円くらいなので安さが爆発……とまではいかないが、まぁ安くて財布に優しい。

ただ、お店で食べるものに比べたらどうしても味落ちは否めないだろう。何しろ、目の前で焼いてくれるのとレンチンである。これで大差ないなんてあってはならないし、ある訳がない。……ところがどっこい!

・食べてみた感想

これがなかなかどうして美味しいのだ。まずカスタードクリームからレンチンして食べてみたのだが、中からブニュッと出てくるクリームの食感がたまらず甘さ加減もちょうどいい。それに加えてフワッとした口当たり……これが50円ちょいで食べられるなんて、いい時代になったものだ。

また、あずきあんも同様によろし。フワッとした食感からあずきが口の中を攻めてくると、簡単に脳への侵攻を許してしまう。牛乳やコーヒーと一緒にするとギルティな味なだけでなく、中身もギッシリでサイズも一口サイズより大きいから週3で食べたくなる。

しかも、レンチンだけでOKなので調理が簡単。個数によるがレンジなら1分もかからず、何なら室温が20度くらいあれば自然解凍もできてしまう。1個ずつ食べられるのもいいし、ちょっと甘いものを求めるときなんか最適だろう。

・目から鱗の発見もあり

あとニチレイのHPに書いてあったのだが、夏はひんやりアイス感覚で食べ方をアレンジできるとのことだからスゴい。今川焼は温かい食べ物というイメージがどうしても強いだけに、これは盲点……冷凍食品であることに強みが出てしまうのだから感服した。

そしてこれまた同HPにあった情報で、今川焼の呼び方は軽く30個はあるそうな。なんと海外にも存在し、台湾では「車輪餅」、韓国では「オバントク」と呼ばれているらしい。まさか冷食スイーツ1つでここまで目からウロコの発見があるなんて、ニチレイの今川焼おそるべし……!!

参考リンク:ニチレイ・今川焼「あずきあん」「カスタードクリーム」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」


Source: ロケットニュース24