ニットの型崩れ対策に、3COINS「衣類干しネット」。大満足の仕上がりに

ニットセーターと3COINS衣類干しネット

ウォッシャブル素材が広く出回り、自宅で簡単にお手入れができるようになったニット製品。洗濯したあとは、どう干していますか?ハンガー干しでは型崩れしそう…と悩んでいる人も多いはず。

そんなときに便利なのが、洗濯物を簡単に平干しできる3COINSの「衣類干しネット」。今回は日刊住まいライターがお気に入りのセーターを干してみました。型崩れさせずに干す方法も紹介します。

型崩れが気になるニットは「平干し」が正解!ハンガー干しより乾きもいい

冬場は特に着用シーンが多いニット製品。こまめに洗濯をして、清潔に気持ちよく着たいものです。しかしセーター類は洗濯すると重みが増し、ハンガー干しをすると生地が伸びたり、肩部分に跡がついたりと、型崩れしやすくなります。

畳んでハンガーにかける方法もありますが、イマイチ乾きが遅い、重なった部分が生乾き状態、といった場合も。
そこで紹介したいアイテムが3COINSの衣類干しネット!ニット類は通気性のよい場所で平干しをすると型崩れを防ぐことができ、まんべんなく乾きます。

手軽に物干し竿に設置でき、ニット類をワンアクションで平干しできる万能アイテムです。

3COINSの衣類干しネットはプチプラなのに高機能!

3COINSの衣類干しネット

3COINSの衣類干しネットの存在を知るや否や、店舗に足を運び購入しました。価格はもちろん300円(税抜)です。まずは衣類干しネットのスペックを紹介していきましょう。

コンパクトに折りたためる二段タイプの衣類干しネット

3COINSの衣類干しネットのパッケージと商品

パッケージには、衣類干しネットがコンパクトに畳まれた状態で入っています(パッケージサイズ:縦約31㎝×横約26㎝)。

留めてあるゴムを外し大きく広がった3COINSの衣類干しネット

パッケージから取り出し、留めてあるゴムを外すと大きく広がります。
衣類干しネットの骨格部分はワイヤー製で、勢いよく広がるので顔や体が当たらないよう気をつけて開いてください。

3COINSの衣類干しネットの接続フック

1段目のネットと2段目のネットをフックで結合すれば完成です。1段目だけで使用することもできますよ。

物干し竿に手軽にかけられるフックタイプ

3COINSの衣類干しネットを吊るした様子

物干し竿にかけやすいよう上部にフックがあります。物干し竿に吊るした状態の大きさは直径約59㎝×高さ約63㎝(製品記載)。耐荷重量は1段につき約1kg以下、全体で1.7kgとなっています。

網目が細かく小物を干す際にも便利

衣類干しネットの網目が細かいので、小物類が引っ掛かりにくい、落ちにくい、といった特徴があります。ニット類のみでなく、デリケートなランジェリー類も安心して干せそうです。

実際にニットを洗濯して衣類干しネットで平干しに挑戦!

お気に入りのセーターをセルフクリーニングし、3COINSの衣類干しネットを活用して平干ししてみたので、紹介していきます。

まずはニットの洗濯表示を確認して洗濯

ニットの洗濯表示

ニット類のお手入れは、必ず洗濯表示を確認してから始めましょう。中にはホームクリーニングできないデリケートなアイテムもありますのでご注意を。
今回セルフクリーニングの例を紹介するのは綿とアクリル素材のセーターです。洗濯表示に従い、手洗い、日陰での平干しでケアします。

直径約59㎝の衣類干しネットでセーターを畳まず平干し

3COINSの衣類干しネットで干しているニット

手洗いしたニットは、大きなタオルなどにはさんで軽く水をきってから平干ししましょう。平干しの際のポイントは、ニットのかたちを手で整えてから置くことです。3COINSの衣類干しネットの直径は約59㎝と大きなつくりなので、一般的なレディースサイズのセーターであれば袖の部分以外は折り畳まずに干せます。

物干し竿に衣類干しネットをあらかじめ設置しておけば、サッとセーターをネットの上に乗せるだけなので、ワンアクションで完了。手早く干せるのはとても便利ですね。

型崩れ、生地の伸びもなく満足の仕上がり

セルフクリーニングで平干し後のニット

温度や気候、衣類の厚さなどにより乾燥するまでの時間は異なりますが、一般的なセーターであれば外での陰干しと室内干し合わせて丸1日ほどで乾きます。
もちろん型崩れ、生地の伸びなどはなく、仕上がりはセルフクリーニング前と比べても遜色なしです!

ちなみに、使用後の衣類干しネットはふたたびコンパクトに畳んで袋に入れて収納できます。ただ、畳み方にはコツがいるように感じました。慣れてしまえば問題なさそうですが、薄くてかさばらないのでランドリースペースに立てかけて収納してもよさそうです。

デリケートな素材のため、干し方に迷うという人が多いニット製品。3COINSの衣類干しネットを活用すれば、型崩れさせず、これまでの手間がウソのように簡単に干すことができますよ。
秋、冬、春にかけて大活躍するニット製品は、こまめにお手入れして大事に着ましょう。

※重いもの、とがったものを吊るす場合は、フックやバーなどの耐荷重を確認してください。また、小さなお子さんがケガをしないよう、設置する場所に注意してください

Source: 日刊住まい

ニットの型崩れを防ぐには?干し方、たたみ方、収納の仕方を解説

そろそろ、ニットを着る機会が増える季節に。どうしても気になるのが型くずれ。

じつはこれ、ニットの干し方やたたみ方、収納法を少し工夫するだけで、防ぐことができます。詳しくやり方を説明していきましょう。

洗濯後のニットの干し方

お気に入りのニットを家で洗濯する時に悩むのが干し方。

おしゃれ着洗剤を使用してドライコースで洗濯しても、洗濯後の干し方が悪いとニットが重みでのびてしまいます。大切なニットを家で洗濯した時は、ハンガー数本を使って干すのがおすすめです。

ハンガー数本を使ってニットを干す

袖と身頃をハンガーに掛けるようにすれば、洗濯後のニットの重みによる型くずれを防げます。風通しも良く乾きも早くなりニットへの負担が少ない干し方です。

※ニットの洗濯は、ニットの洗濯表示や、洗濯機と洗剤の注意書きを参照してから行いましょう

洗濯後のニットの収納方法

衣装ケース

薄いニットなどは、たたんで衣装ケースに収納する場合も多いと思います。

ニットはどうしても折りじわができやすい衣類です。家でたたんで収納する時は、袖や首元、胸元のしわをなるべくつくらないように意識して収納しています。

縫い目に合わせてニットをたたむ

①〜③のようになるべく縫い目に合わせたたたみ方をして、最後に整えてから収納すると着用時のしわも気になりません。

我が家では④の状態から軽く半分に折り、衣装ケースに立てて入れます。衣装ケース内もぎゅうぎゅうに収納するのではなく、余裕をもってゆったりと収納するのがコツです。

ブックエンドを使用して薄いニットを収納

重ねて収納すると下にあるニットが重みで潰されてしまうので、立てたり丸めたり収納することで、型くずれしにくく取り出しやすい収納スペースとなります。

薄いニットを収納する時は、ブックエンドを使用すると倒れにくく、同時に衣装ケース内も乱れにくいです。

タオルをはさんでニットの折りじわを軽

長期間着用しないニットや、折りじわをなるべく防止したいニットの場合は、タオルをはさむだけでもニットがふっくらするので、折りじわを軽減してくれます。

毛が抜けやすいタオルだとニットに付いて目立つので、ニットの色に合わせたタオルにするか毛羽立ちの少ないタオルを選ぶのもポイントです。

吊り下げホルダー

吊り下げホルダーニットを収納

厚みのあるニットだと衣装ケースに収納しにくい場合もあります。

そういった時に便利なのが吊り下げホルダー。クロゼットのポールに取り付けでき、ニットだけでなく帽子などを収納することも可能です。

1マスに厚めのニットなら1~2枚、薄手のニットは3~4枚ほどは入ります。ゆったりと通気性を確保してニットを収納でき、服選びもしやすい便利な収納アイテムです。

ハンガー収納

ハンガーに掛ける場合は、なるべく重みでニットが伸びないように収納します。

重みでニットが伸びないようハンガーにかける

①ニットを半分に折る
②V字になるように置き脇部分にハンガーを合わせる
③④袖と身頃をハンガーに掛ける

他にも、ドルマンスリーブなど袖がゆったりしたデザインのニットや、ロングカーディガンなどの収納方法もご紹介します。

ドルマンスリーブやロングカーディガンを収納

・袖を折りたたむ
・ハンガーを通す
・半分に折る

ハンガー収納は掛けるだけなので、手軽にできるのが魅力です。お家にあるニットのデザインに合わせた収納方法を選んでみてください。

ニットは型崩れしにくい方法で収納を

テーブルの上に置いたニット

秋冬に大活躍するニット。なるべく型くずれやしわがない状態で長く大切にしたいもの。

型くずれは収納方法やたたみ方など、少しの工夫で防止することができます。便利な収納アイテムなども上手に使って、ニット収納の参考にしてみてください。

Source: 日刊住まい