【転売反対】品薄の『リングフィットアドベンチャー』を3カ月かけて定価で購入した今1つだけ言えること → 「あきらめた頃に買える」

新垣結衣さんが出演するニンテンドースイッチ用ソフト『リングフィットアドベンチャー(通称:リングフィット)』のテレビCMを見るたび、お茶の間でため息をついている人も多いだろう。なぜならリングフィットは慢性的な品薄状態。買いたくても買えないのだから。

「自宅で楽しく運動ができる」との噂を聞き、私がリングフィット購入を決めたのは今年5月のことだ。それが約3カ月にも及ぶ死闘の幕開けだなどと、あの時は想像もしていなかったが……ともかくブツを手に入れた今、購入までの戦術や注意点などをお伝えできればと思う。

・正攻法で!

なお、私がリングフィットを購入するべく奮闘した期間は今年の5月初旬〜8月初旬。今後品薄状態は改善が見込まれており、状況が変化していくことをご注意いただけると幸いだ。

現在リングフィットについてネットで検索すると、1万3000円ほどで即時購入できるサイトがいくつもヒットする。定価は8778円(税込)だから当然これらは転売商品なのだが、私を含め「4000円くらいの差なら……」と感じてしまう人も多いだろう。

が、しかし! そういう需要が転売行為を生み、さらなる品薄状態を引き起こしているのはご存知の通りだ。何よりも自分の信念のため、私は絶対に定価以上で購入するつもりはない。できれば皆さんもそうであってほしいと思う。

さて現在までの数カ月間、正規ルートでリングフィットを購入する方法は「ネット抽選」の割合が大きい。ニンテンドーの公式ストアをはじめ、ビックカメラやヨドバシといった家電量販店、ゲーム販売店など多くのショップが抽選を行なっている。

“受付期間は2〜3日、数日後に結果発表” というパターンが多く、とにかく情報を掴むことがカギだ。SNSで「お店に行ったら買えた」「ネットで在庫が復活していた」という報告を目にすることもあるが、相当なラッキーパターンと思っておいた方がいいだろう。

「重複当選しちゃったら困る」との思いから、最初はチマチマと応募するのだが……

笑っちゃうくらい落選したため、 “手当たり次第エントリー” に作戦変更を余儀なくされた。

これだけ多く抽選が行われていれば普通、品薄は解消に向かいそうなものである。しかしサイトに表示される抽選倍率は一向に下がらぬ様子。「やはり転売需要か」と考えると悔しいが、悔しがったって買えないものは買えない。無心でエントリーするのみ、である。

そこからは「朝起きれば即、情報収集とエントリー」の日々が始まった。応募回数50回超。気づけばチャレンジ開始から3カ月が経過していた。そして……とうとう私は……

リングフィット購入を諦めた。

・疲れちゃったんだもん

が!!!!! それからわずか数日後のこと。私のスマホに「当選しました」と電話をくれたのは、いつもお世話になっている『ゲオ』の人だ。

『ゲオ』の抽選方法は少し特殊で、まず購入希望者から一気に申し込みを受け付ける。そこから約1カ月間、入荷があるたびにその中から抽選を行う。つまり1回応募すれば約1カ月、常に当選する可能性があるのだ。私は応募から1カ月近く経過していたため、すっかり忘れてしまっていた。

諦めた途端に手に入るとは超皮肉である。抽選は恋愛のごとく思い通りにならぬもの……とはいえ、もちろん売ってくれると言うなら欲しいぞ! ホイホイとゲオへ行き、店頭で当選番号を告げれば……ついに!

リングフィットと初対面なのだ! イェェェイ!!!

それではさっそく……

姪っ子にスイッチを借りるぞォォォ!!!!!

・えっ?

そう……実は私、肝心のニンテンドースイッチ本体を持っていないのである! 正確にはスイッチに関しても抽選にトライしまくっているところであり、先にリングフィットが当選してしまったというワケなんだ。姪がスイッチを持っていてくれて、本当によかったよ!

さて現在のリングフィット需要に外出自粛の影響があるのは明らかである。中には私と同様「リングフィットで初めてスイッチをプレイする」「いい年して久々にゲームをする」という人も多いはずだが、個人的には初プレイに際し “3つの大きな誤算” が生じた。そのあたりを簡単にお伝えしておこう。

・落とし穴 × 3

誤算①説明書がなくてキツイ

リングフィットアドベンチャーとは『ソフト』『リングコン』『レッグバンド』の3つがセットになったもの……だということすら、私は箱を開けて初めて知った。しかしさらに驚くべきは “説明書がどこにもない” という点である。

結局ソフトを起動させれば操作説明が表示される仕組みだったのだが、それに気づくまでがひと苦労。さらには「まずジョイコン(R)を……」などと当たり前のように専門用語が頻出し、初心者には何が何やらサッパリ分からないのだ。

けっきょく姪(小2)がテキパキと組み立てを代行してくれ、ゲームをプレイできる状態まで設定してくれた。パソコンが登場した頃は私が両親に使い方を教えたものだが……これぞ世代交代。少しショックな気持ちだ。

誤算②テレビに接続しないとキツイ

またスイッチは液晶画面付きの携帯ゲーム機であるため、本体さえあればリングフィットをプレイすることが可能。

……なのだが、いかんせん画面が小さいのである。

リングフィットをプレイするにはそれなりのスペースが必要だ。中にはけっこう複雑な動きもあるため、案内音声に加えて画面の文字を見ながらプレイすることになる。つまり何が言いたいかというと、近眼の私には文字がほとんど読めなかった

聞けばリングフィット本体にはもともと『スイッチドック』といって、テレビ画面に接続できる機器が付属しているらしい。分かっていればあらかじめ姪に「スイッチドックも持ってきて」と頼んだものを……。視力のいい人なら液晶画面のみでプレイするのも可能だが、正直あまり現実的ではないように思う。『スイッチドック』も必須と言っていい。

誤算③けっこうキツイ

それから最後に、リングフィットで行う運動は思ったより全然激しかった。どれくらいかというと、リアルに想像の5倍くらいである。これは「エクササイズもできるゲーム」ではなく「ゲーム風だけどガチのエクササイズ」だったのだ……。

普段運動に慣れていない人なら5分で汗ビチャ、10分でヘトヘトになるとみて間違いないだろう。

・品薄も含めてフィットネス

……と同時に、正しく行えばジム通いレベルのトレーニング効果があることもまた確か。どことなく『マリオ』っぽさがあってゲームとしても楽しい。「自宅で楽しく運動」と銘打つ商品は過去にもたくさんあったけど、これほど看板に偽りのないモノは初めてである。そりゃ品薄にもなるわけだ。

今のところ購入までに少し苦労するが、手に入れた喜びはひとしお。現在ツイッターなどのSNS上には “スイッチやリングフィットの抽選情報を発信するだけのアカウント” が多数存在しており、私は大いに活用させてもらっているぞ。運動不足に悩んでいる人はチャレンジする価値ありだ!

さて、早いとこスイッチ本体も入手せねば……。

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【あつ森】「住民が入れ替わらない」の巻 / 第7回「あつまれ どうぶつの森」日記

どうもみなさん、こんにちは、こんばんは。ロケットニュース24のP.K.サンジュンです。ニンテンドースイッチ専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』が発売されて2カ月が経過しました。社会現象は言い過ぎかもしれませんが、近年稀に見る大ヒットゲームであることは間違いないでしょう。まだしばらくは “あつ森ブーム” が続きそうな気配です。

さて、発売開始から2週間遅れであつ森民になった私の化身「サンチェル少年」も、変わらずロケッ島(ろけっとう)での生活を満喫しています。ただ、最近はマンネリ気味というのでしょうか? あまり変わり映えのしない毎日が続いており、その一因が「住民が入れ替わらない問題」だと思うのです……。

・交配メインの生活

まずはここ1週間のトピックをご報告しましょう。花の交配に土地を取られ、思うように開発が進まないロケッ島ですが、ユリとコスモスに続き、キク、ヒヤシンス、チューリップの交配が完了しました。新しい色の花が咲いた時の喜びは筆舌に尽くしがたく、最近は「花の交配ゲーム」としての比重が非常に大きいです。

残りはバラ・アネモネ・パンジーの3種類で「青バラ」と「紫アネモネ」が最大の難関となるハズ。島によって咲きにくい花と咲きやすい花があるようですが、ロケッ島は「紫バラ」が咲きにくいんですよね。白バラ同士をびっしり交配させているものの、いまだに4本しか咲いていませんから。青バラへの道は険しそうです。

もう1つ、ロケッ島に移住した直後から空港近くにあった我が家を、思い切ってお引越しさせました。プライベートビーチも捨てがたかったものの、今回は高台をチョイス。いずれまた別の場所に引っ越そうと思っていますが、高台は高台で気に入っています。

・同じことの繰り返し…

さて、冒頭でお伝えした「住民が入れ替わらない問題」とも関連するのですが、サンチェル少年の1日の流れをざっと説明させてください。移住当初は深刻なベル不足に陥っていたものの、現在はカブのおかげでベルの心配はありません。そのうえで、最近はこんな1日を過ごしています。

朝ログイン: 浜辺と住人からレシピ回収。化石の鑑定。
昼ログイン: 住民からレシピの回収(2回目)。タヌキ商店などで買い物。
夜ログイン: 住民からレシピの回収(3回目)。花の整理、木のゆすり、石叩き、花の水やりをして終了。

3歳の娘がいる関係で、サンチェル少年の活動時間は主に深夜。再三お伝えしている花の交配の関係で、これだけでも結構な時間がかかってしまうんですね。開発にまとまった時間が取れるのは週末くらいなので、どうしても同じような1日になってしまいがちなのです。

・新しい住人に会いたい

加えて「住民が入れ替わらない問題」です。みなさんはこれまでどれくらい住人が入れ替わりましたか? この記事を執筆中、まさに明日引っ越そうとしている住人を含め、ロケッ島からは3人が巣立ちました。ロケッ島生活53日目ですから、ざっくり2週間で1人が入れ替わっている計算です。

これが多いのか少ないのかはわかりかねますが、個人的には週1くらいで住人が入れ替わって欲しいところ。仲良くなった住人との別れは切ないものもありますが、それ以上に「次は誰が来るんだろう?」というワクワクの方が個人的には大きいのです。

なので、住人から「引っ越しを考えている」と言われても基本的には引き止めません。だって、あつ森の住人って300匹以上いるらしいじゃないですか? まだ見ぬどうぶつ達との出会いも “あつ森” の魅力であると同時に、マンネリ感を打破してくれる大切な要素だと思うのです。

また、調べてみたところ「時間操作をして住人を追い出す方法」があるらしいのですが、そこまではしたくないんですよね。ごくごく自然にナチュラルに、ロケッ島の住人が入れ替わって欲しいのです。おいでよ、新しいどうぶつたち。ロケッ島で待ってます──。

・ロケッ島の一部

最後に、人様にお見せできる範囲でロケッ島の一部をご紹介しましょう。以前の記事で「博物館」「第1リング」「おみやげ広場」をご覧いただきましたが、今回は「釣り堀」と「住宅街」です。なお、凄腕YouTuberさんたちのレベルではありませんのであしからず。

まず「釣り堀」ですが、島クリエーターでガンガン埋め立てを進めていたところ、池が無くなったことに気付いたんですね。そのまま池を作っても良かったんですが、せっかくなのでちょっとデコレーションを施して「釣り堀」に仕立てあげてみました。釣竿を道具ではなく、飾りとして使用しているのがポイントです。

住民たちの住宅は、9軒ズラリと並べて「住宅街」にしてみました。1つ1つの住宅を作り込むか悩んだのですが、そこまでのテクニックはなく……。また、住宅が並んでいるとレシピの回収が楽でいいんですよね。物干し竿やホースリールを配置して、生活感を演出しています(YouTuberさんの受け売り)。


というわけで、マンネリ気味とは言いつつも、ロケッ島での生活を満喫している今週のサンチェル少年でした。島の評価が☆4のままなので、まずは☆5を目指してコツコツと開発に着手したいと思います。

参考リンク:あつまれ どうぶつの森公式サイト
Report:P.K.サンジュン
ScreenShot:あつまれ どうぶつの森(Nintendo Switch)


Source: ロケットニュース24