【お猫様へ】ちゅ~る専用ポチ袋がついてくる! 短歌集『猫のいる家に帰りたい』のふろくが秀逸

今年6月に発売された、とある短歌&エッセイ集。歌人・仁尾智(におさとる)氏が猫専門誌『ネコまる』『猫びより』で連載していた作品を単行本化。保護猫や飼い猫など多くの猫と暮らしてきた同氏が、軽妙なタッチで日常をつづる……とここまでは普通に書籍紹介なのだが、今回お伝えしたいのはここから。

なんと初版限定ふろくとして「CIAO ちゅ~る」専用ポチ袋「ちゅ~る袋」がついてくるのだ! これは世界初では!?

・ちゅ~る専用ポチ袋

こちらがそのポチ袋。3種類のうち1つがもらえる。

筆者のふろくは「猫がくる ほめてほめてという顔で何か不穏なものをくわえて」バージョンだった。この歌めちゃめちゃわかる!

一昔前まではネズミやスズメなんかの小動物。完全室内飼いの今では「ゴミ箱から拾い出したもの」とか「ちぎった書類」とか、とにかく人間を「ギャフン」といわせるものばかりなのだ。

物の損害ならまだしも、誤飲誤食は笑えない。おかげでうちでは、猫の立ち入る場所にはゴミ箱なし、コンセントにはキャップ、雑貨はすべて棚の中、スライドドアは鍵つきと厳戒態勢だ。(※個体差があります、たぶん)

ちなみに「CIAO ちゅ~る」は「いなば」から販売されている猫用おやつ。「ちゅ〜る、ちゅ〜る、チャオちゅ~る〜!」というやたら耳に残るテーマソングをご存じかもしれない。海外では猫のあまりの食いつきに「猫用コカイン(KittyCrack)」と呼ばれているんだとか!

トロトロのペースト状のフードで、縦に細長い独特のパッケージが特徴だ。普通のポチ袋にはもちろん入らないのだが……なんということでしょう、「ちゅ〜る袋」ならシンデレラフィット!

裏面にはポチ袋らしく「おなまえ欄」があって、プレゼントにできるよ。「猫友だちへの手土産にどうぞ!」だって。

・貢ぎ物ごっこ

残念ながら猫友だちはいないので、うちのお猫様にあげてみる。閣下「ちゅ〜る」でございます。

「ちゅ〜る」のこの細長い形状は、猫とスキンシップをはかりながら、手に持ってなめさせるのに都合よくできているのだけれど……

あまりの美味しさに猫がグレムリン化するので(※これも個体差があります、たぶん)

結局いつもお皿使用だ。

・本書も必読

本書は短歌×エッセイ×イラスト集で、どれもとてもいい。猫好き「あるある」な、くすりと笑えるエピソードもいいのだけれど、看取りとか里親にもらわれていくとか、ちょっと切ない一幕もたくさん描かれている。猫と暮らしたことがあるなら、どういうシチュエーションかすぐにピンとくる歌ばかりなのだ。

イラストレーター・小泉さよさんによる描き下ろし色鉛筆画も優しくて素敵。発行は辰巳出版から、A5判・オールカラー112Pで税込1430円。使用後のポチ袋はヒモを通してしおりにできる。ふろくは初版限定なので、購入時によくご確認を!

参考リンク:valuepress辰巳出版FINDERSいなばペットフード株式会社
Report:冨樫さや
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24