【発明】鼻ほじりマシンを扇風機にしてみた / 高速回転する指からハネが飛び立つまでの全記録

少し前に、全自動で鼻をほじるマシン「ノーズピッカー」を購入したのだが、これが恐ろしいほどに使えなかった。グルグルと回転する “指” が太すぎて鼻の穴に入らないし、ちょっとでも鼻に当たるとピタッと回転が止まってしまう……マジかよ、買った意味ねぇぇ

しかし、このまま捨ててしまうのはもったいない。何か「鼻をほじる」以外の使い道はないだろうか。そう考えていたところ、これからの季節にピッタリの “扇風機” に変身させるアイデアがひらめいた。善は急げ……というわけで、鼻ほじり機、扇風機にしちゃいやす。

・手動式扇風機のハネを使って……

まず、ミニ扇風機を100均で購入した。レバーをぎゅっと握るとハネが回転する「ハンディ扇風機」が、たった数分後には「全自動扇風機」に生まれ変わる予定。つまり「鼻ほじり機に扇風機のハネを付ける」というのが、今回のミッションである。

せっかくなら「鼻ほじり機」もパワーアップさせたい。扇風機として使用するのであれば、可能な限り回転数を上げて風力をアップさせるべきだろう。ってことで、インパクトドライバーを用意して……

ドライバー先端に “” を装着した。

試しに回してみると……うむ、かなり良い。強い。抜群のスピード感である。

これほどの速度で回転する “指” はなかなかないだろう。最後に、扇風機のハネをピタッと付ければ「鼻ほじり機型扇風機」の完成である。予想どおり、ハネのサイズ感は完璧。違和感は……ない!

そんなわけで、さっそく扇風機をデスクに設置してみた。ドライバーのハンドル部分をデスクの穴に沈めることで、角度を上手く調整……よしよし、イイ感じだぞ。

それでは……スイッチON!

おいおい見事に扇風機じゃねえか。

想像していた以上の完成度である。全然使えなかった「鼻ほじり機」が扇風機として生まれ変わった。ドライバー音は少々うるさいが、風はそこそこ感じる。やはり、鼻ほじり機は「鼻をほじる」以外の使い道があったようだ。

ちなみに……

数分後にハネは飛んで行ってしまった。

実は、いつか飛んでいくのは分かっていたこと。両面テープで貼り付けただけだからな。今後も扇風機として使い続けるつもりはなかったので問題はない。むしろ、今回の検証によって「鼻ほじり機」の秘められた可能性をさらに感じることができた。

・また会いましょう

──というわけで、今後も「鼻ほじり機」の研究は続ける予定だ。機会があれば、また新たな発明品を発表しようと思う。それではまた会う日まで、さようなら。

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

【革命】全自動で鼻をほじれるマシン「ノーズピッカー」がヤバ過ぎた! 電源ONでグルングルンいっちゃいます


どうしても鼻をほじりたい時がある。しかしこのご時世、鼻の穴に直で指を突っ込むのはよろしくないだろう。汚い指で鼻をほじったら、粘膜からウイルスが体内に侵入するかもしれない。手洗いうがいを徹底していても、感染リスクは徹底的に排除すべきだ。うーむ……。

あるわけないが、どこかに「全自動で鼻をほじってくれるマシン」は売ってないだろうか。売ってるならマッハで買うのに。そう思ってテキトーにググってみたところ……あった。あるのかよ。もちろん購入したので、どんな感じだったかお伝えしたい。

・ノーズピッカー

今回、購入したのは「ノーズピッカー」という名のアメリカン雑貨だ。説明によると、自動的にグルグルとスピンする “” で、鼻をほじる革命的なマシンらしい。価格は送料別で638円だった。使用するには単3電池が2本必要。さっそくセットしてから……

動作確認をしてみる。スイッチを入れると……

待て待て待て。

けっこうな勢いでグルングルンいっちゃってます。なんだか少し恥ずかしい気持ちになるな。指も太すぎる気が……。たしかに革命的ではあるが、今のところ実用的かどうかは不明。とりあえず、いつでも使えるように胸ポケット、もしくはカバンに忍び込ませておこう。

・ほじりたくなる時

──さて、最近、私は散歩にハマっている。朝食前や夕食後など、人通りが少ないタイミングを狙って1時間ほど歩くのが日課だ。自然豊かな散歩コースを歩きながら澄んだ空気を吸うことで、心も体もスッキリ整う。とても気持ちがいい。

しかし、散歩を楽しんでいる最中も……

鼻をほじりたくなる。

大自然に包まれながら少しだけほじりたい。景色とまったくマッチしていないデザインだが、今こそ全自動鼻ほじり機「ノーズピッカー」の出番だろう。というわけで、スイッチ入れたら……静寂の中にウイーンウイーンとマシーン音が響いた。すごいなぁ。

では、いよいよである。ノーズピッカーの使い心地はどうなのだろうか。スピンを続ける指を鼻へ……グググッ

いや、全ッ然入らん。

ダメだ太すぎる……マジで全ッ然入らん。しかも、鼻に当たるとスグに回転が止まってしまうじゃないか。おいコラ、スイッチを入れた直後の勢いはどうした? もっとグイグイ攻めてこんかい!

・実用的ではないが……

結果的に、全自動鼻ほじり機「ノーズピッカー」は実用的とは言えなかった。しかし、こいつはタダのジョークグッズでは終わらない秘めた可能性を感じる。というわけで、もう少しノーズピッカーと向き合っていく所存だ。続報に期待してほしい。

参考リンク:Candy Tower「ジョークノーズピッカー」
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24