【キッチンマサイ】牛の「干し肉」を作るときの注意点 / マサイ通信:第382回

スパ! 人が疑問を持つポイントってのは、わからないもんだなぁ〜。というのも、まいどおなじみリクエストボックスに、ほぼ同じ質問が届いたんだ。質問主は「マチコ」さんと「松尾」さん。前回お伝えした「牛の調理法」に関する質問なのだが、

「牛の肉を焼いたり干したりしてるとき、野生動物が横取りしにきたりする?

「その381の最後で干し肉を作っているときに「見張ってないと、食われちゃうからな」とありましたけれど、どんな動物が食べに来るのか教えてください。それとも、美味しすぎてつまみ食いしすぎて無くなってしまうからでしょうか?」

てな感じ。よし、それでは答えよう。牛の「干し肉」を作っている時、見張ってないとイカン理由は……

野良ハイエナが来るからだ。

干してる肉を狙っているのは犬でもなければ人間でもない。野良ハイエナのみ! しかも決まって「夜」にヤツらはやってくる。よって、夜の間もハイエナが来ないよう、干し肉のそばで寝て見張る必要があるわけだ。

なお、だいたい3日間くらい干せば「干し肉」は完成する。なので、誰かしらが3日間、夜も肉のそばで寝る必要があるってワケさ。干し肉を作るのも大変なんだ。でも、うまいぞ〜〜〜〜っ! ではオレセリ!!

Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24

オレたちが最も手を焼いている野生動物は「野良ハイエナ」だ / マサイ通信:第290回

野良ゾウ野良ダチョウ野良ライオン……。オレらマサイ族が住むケニアの端っこアンボセリには、様々な野良動物(野生動物)が生息している。人間に対して何もしてこない動物もいれば、人を殺める動物もいる。

しかし、その中でも、もっともオレたちが手を焼いているのが、ずばり「野良ハイエナ」だ。野良じゃないハイエナなんているのかって話もあるが、ハイエナ、本当にやっかいな存在なのだ。たとえば……

って写真をゴー(羽鳥)に送ったところ、「あまりにも凄惨な画像なのでそのままは掲載できない」と自主規制。どんな画像なのかというと、「ハイエナに片目を食べられたヒツジ」だ。まだ生きてるが、かわいそうだ。

ヒツジだけじゃなく、家畜のヤギやウシとかも、たまーにこうして攻撃される。オレらの村、トゲトゲのバリケードがあるから、野良ゾウや野良ライオンは入れないのだけれど、たまーにハイエナは入ってくるんだ。

もしもオレがハイエナを見つけたら、殺しにかかる。だが、ハイエナは人間を見るとマッハで逃げるから、なかなか退治することもできなかったりする。人間を恐れるわけだ。よって、家の中にも入ってきたりはしない。

何度か対峙したことはあるけど、襲われたことは一度もない。いつも、一目散に逃げていく。だが、ハイエナの集団に襲われて命を落とした人もいたりするんで、くれぐれも気をつけてほしい。てな感じで、オレセリ!

参考リンク:AFP BB NEWS
Report:ルカ(マサイ族)
超訳:GO羽鳥
Photo:RocketNews24.

« 前の話へ | 第1回から読む


Source: ロケットニュース24