【驚愕】アルコール激安によって “ほぼ居酒屋” と化した「やよい軒」でせんべろしてみた結果 → 令和最大の衝撃を受けたでござる

前回の記事でもお伝えした通り、「やよい軒」が今、ほぼ居酒屋のような状態になっている。期間限定で生ビールにハイボール、レモンサワーといったアルコール類が超お得な価格で提供されているのだ。ハイボールとレモンサワーに至ってはまさかの税込190円である。やっす!

そこで “せんべろ” でもしようかと、超~久しぶりに「やよい軒」まで行ってみたところ……居酒屋としての使い勝手の良さに改めて驚きつつ、同時に私(あひるねこ)は令和最大とでも言うべき衝撃を受けることになるのだった。マ、マジかよ……!!

・やよいでせんべろ

昨日2020年7月21日より始まったこのキャンペーン。普段は定食の陰に隠れがちなサイドメニューが、いざ飲みモードになった瞬間、コスパに優れた激安つまみとして実力を発揮することは前回お伝えした通りだ。

今回は “せんべろ” ということで、なるべく会計を1000円前後に抑えようと思う。生ビールは小ジョッキが税込290円、中ジョッキが税込390円とそれぞれ100円安くなっているが、先のことを考え小ジョッキにとどめておくとしようか。

・有能揃いのサイドメニュー

キンキンに冷えたビールで喉を潤しながら待っていると、一緒に買った食券の料理が運ばれてきた。定食目的の来店ではほとんど目に入ることがないであろう、サイドメニュー界切っての陽キャ。そう……

フライドポテトである。

ビールとポテトさえありゃあ、後はもうこっちのもんだ。ちなみにこれ、定価で税込170円と地味にめっちゃ安い。やよい飲みには欠かせない名脇役なのだッ。その都度食券を買わねばならないところが少々面倒ではあるものの、お通しも席代も存在しない「居酒屋やよい軒」に隙はない。

ではここで2杯目、ハイボールを投入。

税込190円という鬼安さながら、しっかり中ジョッキでのご登場とは嬉しいではないか。さて、ホントは先ほどのポテトがまだ残ってるんだけど、我が布陣をさらに充実させるため、早々に次のつまみを召喚しておきたい。「やよい軒」の裏番長とでも呼ぶべき鉄板メニュー、玉子焼き降臨!

「やよい軒」の玉子焼きの魅力については、当編集部・中澤による記事が詳しいのでぜひ参照されたし。税込190円とは思えないほどの超優良クオリティーだぞ。激推し! さあ、ハイボールをお冷のように飲み干した後は、本日最後の一杯となるレモンサワーを注文。グッドリズムだ。

一応ここまでの合計額を計算すると、アルコール3杯にサイドメニューが2品で……おおおお! なんと税込1030円なり!! ガチせんべろキターーーーー! この値段でこの満足度は熱すぎるだろ!! 「やよい軒」の本気を垣間見た瞬間である。

・異変

あれ? レモンサワーがまだたっぷりあるのに、つまみはもういいの? 良い質問ですね。でも心配はいらない。「やよい軒」には各テーブルに頼もしい助っ人が常駐していることを、よもや忘れたワケではあるまいな。さあカモン! みんな大好き、やよいの漬物ォォォォォォォオオオオ!!

……え?

つ、漬物……?

・まさかの撤去

その刹那、私の思考は完全に停止していた。「やよい軒」を初めて利用して以来、どれだけの月日が経ったのかハッキリとは覚えていないが、その傍らには常に漬物が入った鉢が置いてあったはず。それが今、テーブル上には漬物鉢の影も形も見当たらないのだ。

よくよく考えると、私が最後に「やよい軒」に来たのは1年以上も前の話である。他のテーブルにも置かれていないところを見ると、おそらくコロナの影響等で撤去されたのだろう。つまりこれは、セルフおかわり自由の最強つまみが消滅してしまったことを意味する。バ、バカな……!

・諦められぬ

漬物よ、二度とキミには会えないというのか? どうしても気になった私は、確認のため、ここでまさかの定食を購入。この機を逃すともう永遠にサヨナラな気がしたからだ。頼む……! 行かないでくれ……!! 果たして定食の中に漬物の姿はあるのか!? 漬物は……!

漬物は……!!

いた。

・遅れてきたヒーロー

小鉢に盛られ、「うっす」みたいな感じでなんか普通に来たぞ。ふざけんな。店舗によって異なるのかもしれないが、ご飯のおかわりは『ごはんおかわりロボ』で、漬物のおかわりは店員さんへの申告制になったようである。なるほど~。

ただこうなると、アルコールとサイドメニューの利用だけでは漬物が食べられないということになるな。ちょっと残念だが、どうしても漬物で飲みたい人はつまみに定食を頼むしかないだろう。むしろ、それも全然アリだと思うぞ。

・来月末まで

思わぬ漬物ショックによって話が大きく逸れてしまったが、今の「やよい軒」が居酒屋として完璧に仕上がっていることは疑いようのない事実である。キャンペーンは8月31日の14時まで実施しているので、せんべろ好きはぜひ足を運んでみて欲しい。その際、テーブルに漬物がなくても慌てないでくれよな。

参考リンク:やよい軒
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24

「吉野家」で飲み放題をやってる店舗があるらしいぞ! 料理付き60分1080円!! 実際に行ってみたらやっぱり『スラムダンク』っぽい感じになった

「ちょい飲み」という言葉が世間に浸透して久しいが、吉野家はそのブームの先陣を切った飲食チェーンの一つだ。都心部の店舗を中心に展開するちょい飲みサービス「吉呑み」を利用したことがある人は、きっとそれなりに多いのではないか。

ではあなたは、吉野家に飲み放題を実施している店舗があることをご存じかな? そう、なんと1時間1080円で、ハイボールを何杯でも楽しめる吉野家がたしかに存在するのだ! そこで実際にチャレンジしてみたところ、なぜか『スラムダンク』っぽくなったでござる。

・実施店舗はここ

この飲み放題はすべての「吉呑み」店で実施されているわけではない。限られた店舗にのみ試験的に導入されている、レアなサービスなのだ。吉野家に問い合わせてみたところ、現在飲み放題を実施しているのは以下の2店(2019年6月20日時点)。

新橋烏森口店
JR神田駅店

そう、まさかの都内2店舗のみである。激レアさん……! 平日17時から22時まで提供されており、ハイボール飲み放題に から揚げ皿か牛皿の並盛が1皿付いて、料金は1時間1080円(税込)となっているぞ。血がたぎるぜ。

飲食チェーンで飲み放題に挑戦するのは、2年前にお伝えした丸亀製麺以来である。丸亀が30分のセルフサービスだったのに対し、今回は60分制でお酒は店員さんが持って来てくれるスタイルだ。が、時間に余裕があるとはいえ油断はできない。徹底的にガンガン飲まなくては……! というわけで、いざ参る。

・飲み放題スタート

店内はサラリーマン客がポツポツといる程度。そのため、ハイボールの提供はスピーディーだ。それでは乾杯。グビ、グビと、炭酸が効いた琥珀色の液体を体内に流し込み。うっ……! こ、これは……なかなかに濃い……!!

・けっこうクる

こいつぁとんだ じゃじゃ馬娘である。飲み放題だからってバカにできないぞ。気を抜けば、たちまち懐に飛び込まれること必至。上等だよ……! ハイボールをお冷のように飲み干した私(あひるねこ)は、すぐさま2杯目に取り掛かる。これは時間との、そして吉野家との真剣勝負なのだ。

・選べるつまみ付き

するとそこへ、頼もしい援軍がやって来た。セットで付く牛皿である。よっしゃ、まるで湘北に宮城と三井が加わったかのような頼もしさ。これで狙える……! インターハイも……!! こうなったら牛肉1切れでハイボール1杯イクのもやぶさかではない。

ただ、やはり丸亀の時と比べ、60分制だと緊張感が持続しないな。そこで、「吉呑み」の1番人気メニューだという『だしまかず(税込180円)』なる商品を頼んでみた。要はだし巻き玉子の巻いてないバージョンなのだが、これがつまみとして非常に有能。よしよし、1本ッ! 集中だ!!

気合いを入れ直した私は、そこから3杯、4杯と順調にジョッキを空けていく。ハイボールオンリーだとさすがにキツくなってくるが、全国に行くためダンコ勝たねば。

・紅しょうがを上手く使え

そろそろ牛皿もなくなってきただろって? 甘いぞ。皿をよく見ろ。まだ汁が残ってんだろ。そこにだな……

紅しょうがを投入して絡める! あとは七味でもかけてやりゃあ、立派なつまみになるんだよ。オラ、ガンガン攻めるぞ! オーフェンス!! オーーフェンス!!

・迫る時間

そうこうしている間に、試合も後半戦に突入だ。ヤ、ヤバイ。まだ5杯しか飲んでない……! このままだと、負ける……!! 心なしか店員のおっちゃんが陵南の監督に見えてきたぞ。不安要素はハイボールってか? やかましいわ。クッソォォォオオオ! 負けねェェェェェエエエエ!!

・激闘

ドクン、ドクン──。制限時間を目前に最後の攻撃を仕掛けんとする私。そう、諦めたらそこで試合終了だ。もうオレにはリング……いや、ハイボールしか見えねぇ。

6杯目!

──残り15分

7杯目!

──残り10分

8杯目!

うおおおおおおおおお!

いっけぇぇぇぇぇぇエエエエエエエ!!!

その結果……。

テーブルの上には、なんとこの日9杯目のハイボールが置かれていた! やったーーーーーーーッ!! 歓喜の瞬間である! この試合、オレたちの勝利だァァァァァアアアアア!!

・1杯100円以下に

何がどうなったら勝ったことになるのか自分でもよく分からなかったが、とりあえず1時間で9杯のハイボールを飲むことに成功したぞ。これはつまり、1杯あたり約83円で飲んだ計算になる。魂を削る死闘ではあったものの、まさに破格の安さと言っていいだろう。うむ。

1時間もあればそれなりにガッツリ飲めるので満足感も高い。吉野家によると、実施店舗が増える予定は今のところはないとのことだが、仕事帰りに寄りたくなるようなサービスであった。

ただ……やはりハイボールだけは飽きてしまうのも事実。ビールとサワーも仲間に入れて欲しいと願うのは贅沢というやつだろうか。吉野家さん、ぜひご検討くださいませ。

参考リンク:吉野家
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.


Source: ロケットニュース24